特定の人(企業)からのみ買取する場合でも古物商許可は必要?

この記事はトラスト行政書士事務所が監修しています

古着や中古家電などの中古品(古物)を転売目的で買い取る場合には古物商の許可が必要です。

特定の人(企業)からのみ買い取る場合でも同じく許可が必要です。

古物商の許可なく古物の取引をすると無許可営業で逮捕・処罰されてしまう可能性があります。

今回は、特定の人や企業からのみ買い取る場合の注意点などについて説明をします。

買取の相手が特定の人(企業)のみの場合でも古物商許可は必要です

今度、古着屋を始めようと思うんだ

いいじゃない。それじゃあまずは古物商の許可を取るところからスタートね

そのことなんだけど・・・。
古物商の許可って特定の人からのみ古物を買い取る場合にも必要なのかな?

どういうこと?

実は、古着屋を始めるにあたって、友達が古着を安く売ってくれるんだ。
だから、古着の買取はその友達からしか行わない予定なんだよ。

へぇ~

たしか、古物商許可の目的は、盗品の流通防止と早期発見にあるんだったよね。
特定の人からしか買い取らないんだったら、盗品が流通することはないから古物商の許可はいらないんじゃないかって思うんだけど・・・どうかな?

こぶ吉も色々考えたのね。でも残念。
特定の人や企業からしか買い取りをしない場合であっても古物商の許可は必要なの

ええぇ~なんで?

たしかに、こぶ吉が言う通り、古物営業法の目的は盗品の流通防止と早期発見にあるわ。
特定の人からしか買取をしないんだったら、盗品が流通しないようにも見えるわね。

うん

でも、こぶ吉はその友達から買い取った古着をたくさんの人に販売するわけよね。
だったら、やっぱり盗品が広く流通してしまって、警察の捜査が難しくなる可能性があると思わない?

たしかに・・・

だから、特定の人からのみ古物を買い取る場合でも、原則として古物商の許可は必要なのよ

そうだったのか~

古着やリサイクル品などの中古品(古物)を転売目的で買取る場合には、古物商の許可が必要です。

特定の人や企業からのみ古物の買取をする場合であっても古物商の許可は必要です。

古物商許可の目的は、古物取引の中に盗品が紛れ込むことを防ぐとともに、盗品が流通してしまった場合に警察がすぐに発見できるようにするためです。

買取先が特定の人や企業であっても、それを広く一般に販売する場合、盗品が流通する危険性があるからです。

ネット上で「特定の相手からしか買い取らないのであれば古物商の許可はいらないらしい」といった誤った情報を目にすることがありますが、安易に信用しないようにしましょう。

古物商許可が必要な取引例

中古品などの古物を転売目的で買い取ったり交換する場合には古物商の許可が必要です。

買い取る相手が特定の人や企業などの場合であっても変わりません

古物商の許可が必要な取引の例として以下のようなものがあります。

  • 古物を買い取って売る。
  • 古物を買い取って修理等して売る。
  • 古物を買い取って使える部品等を売る。
  • 古物を買い取らないで、売った後に手数料を貰う(委託売買)。
  • 古物を別の物と交換する。
  • 古物を買い取ってレンタルする。
  • 国内で買った古物を国外に輸出して売る。
  • これらをネット上で行う。

注意が必要なのはネット取引であっても古物商の許可は必要だということです。

「ネット取引では古物商の許可はいらないらしい」というガセ情報をネットの掲示板などで見かけます。

古物商というと古本屋や骨董屋など店舗をイメージする方が多いのが原因でしょう。

ですが、古物営業法は古物商許可が必要な取引について、ネットかどうかを区別していません

そのため、ネット取引であっても、転売目的で古物を買い取る場合には古物商許可が必要なのです。

無許可営業をした場合、古物営業法違反として逮捕される可能性があります。

ネットの情報を安易に信用しないようにしましょう。

気になるという方は、古物商の専門家である行政書士に相談することをおすすめします。

例外的に許可がいらない場合も

特定の相手からのみ古物を買い取る場合でも古物商許可は必要なのか~

そうね。ただ、例外もあるけどね

どんな場合?

それは、自分が販売した商品を相手から買い取る場合よ。
この場合には、自分と相手しかいないんだから、盗品が流通する可能性はないでしょ。
だから、例外的に古物商の許可は不要とされているの

なるほど。確かにその場合は盗品が紛れ込んで流通する可能性はなさそうだね。
でも、どんな場合がそれにあたるの?

例えば、商品の販売後、相手がその商品を気に入らなければ売主が買い取るという契約を結ぶ場合があるわ。
これが、その例外にあたるわね。
ただ、この例外にあたるケースというのはそんなに多くないからあまり気にしなくてOKよ

古物を転売目的で買い取る場合には古物商の許可が必要です。

買取先が特定の人や企業の場合であっても同じです。

ただし、自分が販売した商品をその相手から買い取る場合には、例外的に古物商の許可は不要です。

古物営業法の目的は、古物取引の中に盗品が紛れ込むことを防止することにありますが、この場合は盗品が紛れ込む危険性がないためです。

許可の取得は専門家に依頼するのがおすすめ

う~ん。やっぱり古物商許可は必要だったか~~

なんでそんなに許可を取りたくないの?

だって、分かりにくいし面倒くさいんだもん

たしかに、古物商許可の受付は平日の決まった時間にしかやってないし、手続は複雑だし自分でやるととても大変ね

うん。ネットで調べてみたんだけど自分で申請する自信がないや

そういう場合は、古物商許可の専門家に相談をするべきね

専門家って、たしか行政書士の先生だっけ?

良く知ってるじゃない。ただ、行政書士は業務分野がとても幅広いから、相談するときは必ず古物商を専門に扱っている行政書士にしてね。
古物商を専門にしている行政書士であれば、許可申請のことだけでなく、古物ビジネスに関する相談もできて、とても心強いわ

そうだね。このまま悩んでいてもしょうがないから、一度相談してみるよ

古物商許可の申請はとても複雑で自分でやると必ずといっていいほどミスが発生します。

ミスがあると申請書は受理されず、申請手続きは初めからやり直しになってしまい、とても時間と労力がかかります。

効率よくスピーディに許可を取得したいのであれば、古物商許可の専門家である行政書士に代行を依頼するべきです。

行政書士に依頼した場合、必要な手続きはすべて代わりにやってくれるので、あなたは書類にサインとハンコを推すだけで許可をとることが可能です。

ネットや電話で無料相談を受け付けている行政書士もいるので一度チェックしてみましょう。

特定の人(企業)からのみ買取する場合でも古物商許可は必要? まとめ

古物を転売目的で買い取る場合には古物商の許可が必要です。

買取先が特定の人や特定の企業の場合であっても同様に許可が必要です。

古物営業法の目的は、盗品の流通防止と早期発見にあります。

買取先が特定の人や企業の場合であっても、販売先が不特定の場合、やはり盗品が流通してしまう可能性が高く規制する必要があるからです。

古物商の許可なく古物取引をした場合、古物営業法違反(3年以下の懲役または100万円以下の罰金)として逮捕・処罰される可能性があります。

また、古物商許可の申請はとても複雑で分かりにくいので、専門家である行政書士に代行を依頼すると簡単に許可を取ることが可能です。

気になる方は一度相談してみることをおすすめします。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

当サイトおすすめ 【取得率100%】古物商許可専門のトラスト行政書士事務所
https://kobutsudaikou.com/
古物商許可取得がネットで完結!トラストなら即日着手&古物営業に必要な特典付き(15,000円相当)





必要書類や書類の記入方法に関するご質問は、当サイトにて詳しく解説しておりますので各記事をご覧ください。

※ 無料相談での回答によって生じる一切の損害につき、当所は責任を負いかねます。無料相談の回答(録音データ・メール・LINE等)を弊所に無断で転用することを固く禁じます。