質屋を始めるのに古物商許可は必要?

この記事はトラスト行政書士事務所が監修しています

2020年4月1日古物営業法が全面改正されました。そのため記事の内容に一部古い情報がある場合があります。詳しくは【2020年4月1日全面施行】古物営業法が改正されましたをご覧ください。

質屋を始めるのに古物商許可は必要ありません。

質屋営業と古物商は全く別の制度だからです。

質屋営業を始めるためには、質屋営業許可を取得しなければなりません。

ただし、質屋のビジネスの幅を広げるためには、古物商許可があった方が便利です。

それでは詳しくみていきましょう。

質屋を始めるのに古物商許可は不要です

最近、質屋に興味があるんだけど、質屋を始めるためには古物商の許可をとればいいのかな?

何言ってるの?質屋を始めるのに必要なのは質屋営業許可で、古物商許可はいらないわよ

そうなの?どちらも、お客さんから中古品を受け取ってお金を払うビジネスだから、勘違いしてたよ

質屋営業と古物商とは全く別の制度なの。
だから、古物商許可があっても質屋営業を営むことはできないわ

そうだったんだ

質屋を始めるためには、質屋営業許可が必要となり、古物商許可は不要です。

質屋営業と古物商とは全く別の制度だからです。

質屋営業とは、お客さんからバッグやジュエリーなどを受け取って、それを担保にお金を貸し出すビジネスです。

古物商は、お客さんから中古品などの古物を買い取って代金を支払うビジネスなのです。

どちらも、お客さんの物を受け取ってお金を渡すビジネスであるため勘違いしがちですが、両者は全く別の制度であることをしっかり認識しておきましょう。

古物商許可があるとビジネスの幅が広がります

質屋を始めるのに古物商許可はいらないんだね

そうね。でも、できれば古物商許可は取得しておくことをおすすめするわ

なんで?

ビジネスの幅が広がるからよ。
質屋営業許可があれば、お客さんの物を担保にお金を貸し付けることはできるけど、お客さんの物を買い取ることはできないの。
お客さんの物(古物)を買い取るには、やっぱり古物商の許可が必要なのよ

そうか~。もし質屋営業許可と古物商許可の両方を持っていれば、お客さんの物を担保にしてお金を貸してつけることも、買い取ることもどちらもできるんだね

質屋営業を始める場合、古物商許可も併せて取得することがおすすめです。

古物商許可を取得することで、質屋ビジネスの幅が広がる可能性があるからです。

ただし、どちらの許可申請も複雑で一般人にとってはかなり難しい手続きのため、もし気になる方は一度、古物商許可申請を専門とする行政書士に相談してみるとよいでしょう。

迷ったら古物商がおすすめ

明確なビジネスプランがある場合は問題ないのですが、もし、質屋と古物商で迷っている場合は、古物商許可をはじめに取得することがおすすめです。

その理由などについて説明をします。

現在は古物商の方が人気ビジネス

う~ん。質屋営業と古物商どっちを取得しようかなぁ

こぶ吉は質屋がしたいんじゃなかったの?

実は、質屋と古物商のどっちをやろうか迷っていたんだ

もしも、どうしても質屋がいいっていうのでなければ、古物商からスタートすることをおすすめするわよ

どうして?

一番の理由は、古物ビジネスの方が人気だからよ。
一般的にお店で行う質屋と比べて、古物ビジネスはスマホ1つで簡単に始めることが可能よ。
それに、古物商はメルカリやヤフオクなどのオンラインサービスと相性が良いのも人気の理由ね

そうか、初期費用も圧倒的に古物商の方が少なくてすむんだね

そうね。それに最近では、リサイクル意識の高まりもあって、中古品の取引市場はどんどん大きくなってるの。
たくさん利益が出せる可能性があるのは、やっぱり古物商の方ね

スマホの普及によりメルカリなどのフリマアプリ利用者が急増しています。

そのため、古物商許可を利用した古物ビジネス市場は拡大を続けています。

反対に、店舗営業が基本の質屋ビジネスは衰退し市場もどんどん小さくなっています。

これから始めるという方は、古物商からスタートすることがおすすめです。

質屋営業許可の取得は難しい

古物商をおすすめするもう一つの理由は、許可取得の手軽さにあるわ

質屋は許可取得が難しいの?

そうなの。古物商も質屋も許可申請をする際には、独立した営業所が必要なんだけど、古物商の場合は特に免責要件や設備要件などの審査はないの
でも、質屋の場合は、防火性や盗難防止設備などの要件が厳しく決められていて、許可申請のハードルがとっても高いのよ

質屋の方は初期費用が大きくなる可能性があるんだね

古物商も質屋も許可申請には、営業所を決めて届け出なければなりません。

営業所とは、実際に取引を行う場所のことをいいます。

古物商の場合は、独立性を備えていれば他の設備要件などはありません。

そのため、自宅の一軒家や賃貸マンションなどを営業所として届け出ることが可能であり、初期費用をかなり低く抑えることが可能です。

質屋の場合、営業所には防火設備や盗難防止設備などを備えた蔵が必要となり、古物商のようにスマホ1つではじめることはできません。

そのため、初期費用・設備費用が大きくなる可能性があります。

これからビジネスをスタートさせたいという人にとって、初期費用をどれだけ抑えられるかということは非常に重要なことだと思います。

まずは初期費用のかからない古物商からスタートさせ、軌道に乗ったあと、質屋営業を追加するかどうかを検討するべきです。

専門家に相談しよう

じゃあ、古物商許可から取得しようかな。
でも、許可を取得するって何からやればいいのかさっぱりわからないや

古物商許可にしても質屋営業許可にしても、手続はとっても複雑で、私たちのような一般人にとってはとてもハードルが高いから注意してね

そうなの?

一般人が自分で申請すると何度もやり直しになって、なかなか申請が通らないみたいね

うわ~~なんだか大変そうだなぁ

もし、こぶ吉が効率よくスムーズに許可を取得したいのであれば、行政書士の先生に相談してみることね

行政書士?

そう。行政書士は官公庁に対する許可申請手続きのスペシャリストなの。
だから、古物商許可だけでなく、質屋営業許可についても相談にのってくれてとっても心強いわよ

でも、行政書士の先生と話すのってなんだか緊張するな・・・

大丈夫よ。電話だけでなくメールでも相談できるし、最近ではLINEで無料相談を受け付けている行政書士の先生もいるみたいよ

そうなんだ。じゃあ安心だね

古物商許可や質屋営業許可申請には、たくさんの資料が必要になるなど手続はとても複雑になっています

時間や労力を無駄にすることなくスムーズに許可を取得したいのであれば、専門家である行政書士に相談しましょう

行政書士に許可申請の代行を依頼すれば、必要な手続きはすべて代わりにやってくれ、さらに、最短で許可を取得してくれます。

質屋を始めるのに古物商許可は必要? まとめ

質屋を始めるのに古物商の許可は必要ありません。

質屋と古物商とは全く別の制度だからです。

その代わり、質屋を始めるためには質屋営業許可の申請が必要となります。

メルカリやヤフオクなどオンラインサービスの普及によって、質屋ビジネスは低迷し、逆に古物ビジネスが拡大しています。

もし、どちらを始めるか悩んでいる人は、古物商からスタートすることをおすすめします。

許可申請は自分でやると、とても時間や労力がかかるので、専門家である行政書士に代行を依頼するとスムーズに許可を取得することが可能です。

当サイトおすすめ 【取得率100%】古物商許可専門のトラスト行政書士事務所
https://kobutsudaikou.com/
古物商許可取得がネットで完結!トラストなら即日着手&古物営業に必要な特典付き(15,000円相当)

こちらは、これから許可を取得したい、取得すべきかどうか迷っている方向けの窓口です。
古物商許可の取得以外に関するご相談や、個別具体的なご質問、書類の記入方法にご回答は致しかねます。

※ご質問はお一人様一つとさせて頂きます。

よくお問い合わせいただく内容について、以下記事でも詳しく解説しておりますので、ぜひご覧ください。

よくある質問と答え



必要書類や書類の記入方法に関するご質問は、当サイトにて詳しく解説しておりますので各記事をご覧ください。

※ 無料相談での回答によって生じる一切の損害につき、当所は責任を負いかねます。無料相談の回答(録音データ・メール・LINE等)を弊所に無断で転用することを固く禁じます。