古物商許可の名義貸しをした時の罰則は?

この記事はトラスト行政書士事務所が監修しています

中古品の転売ビジネスに興味があるんだけど、古物商許可を取るのはちょっと大変そうだし・・・どうしよう・・・

そうだ!僕は古物商許可を持っているから、僕の名前で転売ビジネスをやってみたらどう?それで、もし上手くやれそうだったら、改めて自分で古物商許可を取るといいよ。

そうねぇ。ちょっとこぶ吉の名前を借りてやってみようかしら

二人ともちょっと待った!こぶ吉、それは名義貸しといってれっきとした「違法行為」じゃ。警察にばれたら「3年以下の懲役又は100万円以下の罰金」というとても重い罰則を受けることになるぞ

ええぇ~~

今回は、古物商許可の名義貸しとその罰則などについて説明をします。

名義貸しの罰則はとても重い

古物商許可を取得している方の中には、許可を持っていない友人等から

転売をしたいから名前を貸してほしい

と頼まれたことがある方はいらっしゃいませんか?

もし、頼まれても絶対に断りましょう

古物商許可を取得している人が、取得していない人に自分の名義を貸して古物取引をさせることを「名義貸し」といいます。

名義貸し」は古物営業法に違反する「違法行為」です。

もし、名義貸しが警察にばれた場合、逮捕され処罰されます。

そのときの罰則は、「3年以下の懲役又は100万円以下の罰金(またはその両方)」となっています。

これは、無許可営業と並び、古物営業法の中で最も重い罰則じゃ。さらに、名義貸しで処罰された場合、5年間は古物商許可を再取得することはできないというペナルティを受けることになるぞ

仲の良い友人や家族から名義貸しを頼まれても絶対に断るようにしなきゃだめね

名義貸しが規制される理由

なんで名義貸しはやっちゃダメなの?

それは、古物営業法の目的を果たせなくなるからじゃ

古物商許可を申請すると、警察は、申請者が古物商としてふさわしいかどうかをチェックします。

そして、警察にふさわしいと判断された人だけが、古物商許可を取得することができるのです。

ですが、名義貸しの場合、名義を借りる人は警察からそのチェックを受けていません。

そのため、名義貸しを許すと、古物商としてふさわしくない人が古物取引をするというリスクが高くなるのです。

古物営業法の目的は「盗品の流通防止」と「盗品の早期発見」にあります。

古物商としてふさわしくない人が古物取引をすると、これらの目的は達成することができません

そのため、古物営業法は名義貸しに対して重い罰則を科して規制しているのです。

それに、名義貸しを許しては、古物商許可という制度自体が崩壊してしまうかもしれん

どういうこと~?

名義貸しを許すと、わざわざ自分で許可を取得しようと思う人がほとんどいなくなってしまうということじゃ

他人の名義で転売ビジネスができるんだったら、高い手数料を支払って自分で古物商許可を取得しようなんて誰も思わないわね

名義貸しの具体例

名義貸しとは、古物商が古物商許可を持っていない人に対して、自分の名義を貸して古物取引をさせることをいいます。

名義貸しの主なケースとしては

  • 古物商が友人や家族に頼まれて自分の名義を貸す
  • 古物商許可を取り消された人が、別人に許可を取得させ、名義を借りて転売ビジネスをする
  • 法人の代表者名義の古物商許可で法人が古物取引をする
  • 法人名義で取得した古物商許可を使って個人で取引をする

などがあります。

法人名義の古物商許可って社内の人間は使っちゃいけないんだ

法律上、法人と個人は別の人として扱われます。

そのため、法人名義で取得した古物商許可を使って、社内の人間が個人で取引することはできません。

逆に、会社の代表者名義で取得した古物商許可を使って、法人名義で取引することも出来ないのです。

これらの行為は、どちらも名義貸しに該当するので注意が必要です。

ただし、注意が必要なのは、法人が古物商許可を取って従業員に取引させることは名義貸しに当たらないということです。

その場合、従業員は法人の手足となり取引をしているだけなので、名義貸しには当たらないのです。

法人についてはその辺りを勘違いして、名義貸しをしてしまっているケースがあるので注意が必要じゃ。気になる人は、行政書士という専門家がいるので、相談をするとよいでしょう。

名義を借りた人も逮捕・処罰されます

古物商が古物商許可を持っていない人に自分の名義を貸して、取引させることを名義貸しといいます。

名義貸しをした古物商には「3年以下の懲役又は100万円以下の罰金(又はその両方)」という重い罰則が科せられます。

また、それだけでなく名義を借りた人にも重い罰則が科せられる可能性があるので注意が必要です。

名義を貸した古物商だけじゃなくって、借りた人も処罰されちゃうの?

古物の転売ビジネスをするには、古物商許可が必要です。

古物商許可なく古物の転売ビジネスをすることを「無許可営業」といい、古物営業法違反として逮捕・処罰の対象となります。

名義貸しの場合、名義を借りた人は、この無許可営業に当たるため、警察にばれると逮捕・処罰される可能性があるのです。

無許可営業の場合の罰則は、名義貸しと同じく「3年以下の懲役又は100万円以下の罰金(またはその両方)」です。

さらに処罰後、5年間は古物商許可を取得できないというペナルティを受けることになります。

名義貸しをした場合、借りた人も貸した人も大変なことになっちゃうのね・・・

絶対に名義の貸し借りはしないようにしないといけないね

名義貸しは警察にばれる?ばれない?

名義貸しがダメってことはわかったんだけど、実際のところ警察にばれたりするのかな?

スマホの普及や、リサイクル意識の高まりもあって、最近では中古品の転売ビジネスがとても人気です。

そのため、名義貸しや無許可営業に手を出してしまう人の数も増えています。

「みんながやってるから」「たぶん警察にばれないから」などと考えて、名義貸しや無許可営業に手を出すことは、とてもリスクが高いので絶対にやめましょう。

日本の警察はとても優秀です。

すぐにばれないとしても、転売を続けているといつか必ず発覚します。

最近は、ヤフオクやメルカリの利用者が、無許可営業や名義貸しを見つけて積極的に警察や運営に通報するというケースも増えているようです。

どんなに警察に気づかれないよう注意していても、思わぬところから発覚してしまうのです。

他にも、別の窃盗事件の捜査中に、名義貸しや無許可営業が発覚するケースもあるみたいね

自分が扱った商品の中に盗品が混ざっていた場合、警察が捜査にやってきます。
そのときに、名義貸しや無許可営業が発覚するケースがあるんじゃ

古物商許可の名義貸しをした時の罰則は? まとめ

古物商が古物商許可を持っていない人に対して、自分の名義を貸して、古物取引をさせる行為を「名義貸し」といいます。

古物商許可の名義貸しの罰則は「3年以下の懲役又は100万円以下の罰金(またはその両方)」です。

さらに、処罰から5年間は古物商許可を取得できないという行政処分も受けることになります。

この罰則は、古物営業法の規定する中で、最も重い罰則になっています。

親しい友人や家族から頼まれても、絶対に名義は貸さないようにしましょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

当サイトおすすめ 【取得率100%】古物商許可専門のトラスト行政書士事務所
https://kobutsudaikou.com/
古物商許可取得がネットで完結!トラストなら即日着手&古物営業に必要な特典付き(15,000円相当)

こちらは、これから許可を取得したい、取得すべきかどうか迷っている方向けの窓口です。
よくお問い合わせいただく内容について、以下記事でも詳しく解説しておりますので、ぜひご覧ください。

よくある質問と答え




必要書類や書類の記入方法に関するご質問は、当サイトにて詳しく解説しておりますので各記事をご覧ください。

※ 無料相談での回答によって生じる一切の損害につき、当所は責任を負いかねます。無料相談の回答(録音データ・メール・LINE等)を弊所に無断で転用することを固く禁じます。