リペア転売に古物商許可は必要?

この記事はトラスト行政書士事務所が監修しています

2020年4月1日古物営業法が全面改正されました。詳しくは【2020年4月1日全面施行】古物営業法が改正されましたをご覧ください。

リペア転売を行うには、原則として古物商許可が必要です。

例外として、自分の持ち物でリペア転売を行う場合は、古物商許可は不要です。

傷んだブランドバッグをリペアして転売すると儲かるんだって。やってみたいな~。

リペア転売ね。やりたかったら古物商許可を取らないといけないわね。

リペア転売と古物商許可について詳しく解説しましょう。

リペア転売には原則として古物商許可が必要

リペア転売を行うときに、古物商許可が不要となるケースもありますが、ほとんどのケースで必要となるため、原則として古物商許可が必要だと言っていいでしょう。

リペア転売とは?

リペアとは、修復、修理、修繕といった意味の英単語です。

リペア転売は、主に傷んだブランド品を仕入れて、それを修復して転売することを指します。

バッグや財布、革靴など、革製品を修復して転売する例が多いです。

中古品を仕入れてリペア転売を行うには古物商許可が必要

中古品を仕入れて、リペア転売を行うには古物商許可が必要となります。

ただ、リペア転売は、傷んだ商品を仕入れて行うのが基本なので、ほぼ確実に中古品を仕入れることになるでしょう。

なので、リペア転売を行うには、原則として古物商許可が必要ということになります。

転売のために中古品を仕入れることは、勝手にやっちゃダメなの。

転売のために中古品を仕入れることは、法律で規制されています。

転売のために勝手に中古品を仕入れると、法律違反になってしまいます。

そうなんだ~。

転売のために中古品を仕入れることを許してもらう許可が、古物商許可です。

古物商許可を取っていれば、転売のために中古品を仕入れても法律違反にならずに済むのです。

なるほどね~。

仕入れだけでも古物商許可は必要よ。

中古品を仕入れるだけでも古物商許可が必要

中古品を転売することが規制されていると思っている人も多いですが、正しくは、転売のために中古品を仕入れることが規制されています。

つまり、古物商許可を取っていなければ、たとえ仕入れた中古品を転売しなかったとしても、転売のために中古品を仕入れる時点で法律違反となります。

おっ!転売しなくても、仕入れるだけで古物商許可が必要なんだ!

古物商許可は、取得の準備から許可をもらえるまでに、短くても40日以上はかかります。

そのため、許可がもらえるまでの間に、仕入れだけは始めておこうと考える人もいるでしょう。

しかし、許可を取れていない状態では、中古品を仕入れるだけでも法律違反となります。

リペア転売の実務を始めるのは、古物商許可が取れてからにしましょう。

法律違反の取引をすると、罰則を受けることになるわよ。

古物商許可を取らずに取引したときの罰則

古物商許可を取らずに、転売のために中古品を仕入れることは法律違反です。

法律違反の取引をすれば、逮捕される可能性もありますし、罰則を受けることもあります。

罰則は、3年以下の懲役または100万円以下の罰金、もしくは両方です。

なんてこった…!

リペア転売を始めるときは、必ず古物商許可を取りましょう。

ちなみに、家にある物をリペア転売するときは、古物商許可はいらないのよ。

不要品のリペア転売に古物商許可は不要

不要品をリペア転売するときに、古物商許可は不要です。

不要品とは、自分で持っていて、いらなくなった物のことです。

例えば次のような物が不要品に当てはまります。

  • 自分で使っていたブランド財布
  • 押し入れに眠っていたブランドバッグ
  • タダでもらった革靴

こういった不要品をリペア転売する場合は、古物商許可を取っていなくても、法律違反となることはありません。

これなら今すぐにでも始められるね。

こぶ吉の家に不要なブランド品はあるの?

僕、ブランドに興味ないから、1個も持ってないや…

不要品のリペア転売は許可なく始められますが、商品が無限にあるわけではないので、稼ぐことはできません。

なので、リペア転売を始めるなら、古物商許可を取って中古品を仕入れて行うのがいいでしょう。

古物商許可って、どうやって取るんだい?

書類を警察署に持っていくのよ。

古物商許可を取るのは大変

書類を警察署に持っていって申請をして、警察の審査に通ると、古物商許可がもらえます。

おっ!思ったより簡単に取れそうだね。

どうかな~。

古物商許可を取るための書類集めは、自分でやるとなかなか大変な作業です。

書類は種類が多いですし、内容も複雑です。

また、申請する人によって必要な書類は異なるので、自分に必要なものをリストアップするだけでも、調べものが多くて大変です。

リストアップした書類を集めるときも、役所に行ったりする必要があるので手間がかかります。

そして、自分で書類を用意すると間違ってしまうことも多く、申請を受け付けてもらえずに、やり直しになってしまうこともあります。

うわぁ~。僕もやらかしそうだなぁ…

書類を自分で用意できないと思ったら、行政書士にお願いするといいわ。

行政書士に頼めば簡単

古物商許可を取るための書類集めは、行政書士に頼むと簡単にできます。

行政書士は、許認可の申請書類を作成するプロなので、どんな依頼者にはどんな書類が必要かということを熟知しています。

行政書士なら、確実に許可が取れる書類を作成してくれますし、任せていればいいので手間もかかりません。

古物商許可の取り方が難しくて分からない、忙しくて書類を用意する時間がないという人には、行政書士を利用することをおすすめします。

自分でやるよりずっと簡単だし確実だね!僕なら行政書士にお願いする!

最後に、リペア転売の情報も紹介するわね。

リペア転売について

壊れた電化製品などを修理して転売することも、リペア転売と言えばリペア転売です。

ですが、傷んだブランド品(特に革製品)を修復して転売することが、主にリペア転売と呼ばれています。

リペア転売についての情報をいくつか紹介しましょう。

売れない物がお宝になる

高価なブランド品でも、黒ずんでしまった革製品や、靴底が削れた靴などは、転売しても大した価格では売れません。

売れればまだいい方で、買い手がつかないことも珍しくありません。

そのような商品でも、リペア(修復)のひと手間を加えるだけで、高利益の商品になります。

普通なら売れない商品がお宝に変わるんだね!

例えば、革が傷んだ財布を2000円程度で仕入れてリペアすると、15000円程度で転売できたりします。

元々の価格が高い商品だと、10万円程度で仕入れて20万円程度で転売できたりもします。

本来ならお金にならないような商品を、1つ売るだけで10万円稼ぐことも夢じゃないのです。

でもリペアって、相当な技術が必要なんじゃないの?

そうね。上達するまでは大変かも。

技術は必要だが素人にも始められる

革製品の黒ずみを取り除いたり、はげた色を再染色するには、それなりの技術が必要です。

そういったことを職業として行っている人でないと、リペア転売には参入できないだろうと思う人も多いでしょう。

リペア転売は、意外とまったくの素人でも始められると言われています。

専門学校に通ったり、工房で修行したりせずに、素人からリペア転売を始めた人はたくさんいます。

えぇー!独学で始められるの!?

リペア転売の先輩に教わるのが手っ取り早いわね。

リペア転売は、まだやっている人が少ない分野の転売ビジネスです。

そのため、リペア転売に必要な技術に関する情報は、世間にあまり公開されていません。

しかしながら、リペア転売に関するブログを書いたり、セミナーを開いている人もわずかながらいます。

そのような人からノウハウを教われば、素人でもリペア転売の技術を身につけることができるでしょう。

リペア転売に古物商許可は必要? まとめ

リペア転売を行うには、原則として古物商許可が必要です。

古物商許可とは、転売のために中古品を仕入れるときに必要な許可です。

傷んだブランド品を仕入れて行うリペア転売は、中古品を仕入れることがほとんどなので、原則として古物商許可が必要となります。

例外として、自分の持ち物でリペア転売を行うときは、古物商許可は不要です。

古物商許可を取らずに、転売のために中古品を仕入れると、3年以下の懲役または100万円以下の罰金、もしくは両方を科せられる可能性があります。

古物商許可を取るための書類集めは、行政書士に頼むと簡単にできます。

当サイトおすすめ 【取得率100%】古物商許可専門のトラスト行政書士事務所
https://kobutsudaikou.com/
古物商許可取得がネットで完結!トラストなら即日着手&古物営業に必要な特典付き(15,000円相当)

こちらは、これから許可を取得したい、取得すべきかどうか迷っている方向けの窓口です。
古物商許可の取得以外に関するご相談や、個別具体的なご質問、書類の記入方法にご回答は致しかねます。

※ご質問はお一人様一つとさせて頂きます。

よくお問い合わせいただく内容について、以下記事でも詳しく解説しておりますので、ぜひご覧ください。

よくある質問と答え



必要書類や書類の記入方法に関するご質問は、当サイトにて詳しく解説しておりますので各記事をご覧ください。

※ 無料相談での回答によって生じる一切の損害につき、当所は責任を負いかねます。無料相談の回答(録音データ・メール・LINE等)を弊所に無断で転用することを固く禁じます。