【解説】古物商プレートはどこに掲示すべきか

この記事はトラスト行政書士事務所が監修しています

今日から僕は古物商だ!ところで、古物商プレートって、どこに掲示すればいいの?

お客さんが見やすいところなら、どこでもOKよ。

古物商になると必ず、古物商プレートを営業所に掲示します。

掲示場所の決まりは特になく、お客様に見えやすいところであれば、どこでもかまいません。

古物商プレートの掲示場所や、その他のことについて、詳しく解説しましょう。

古物商プレートはお客様に見えやすいところに掲示する

古物商は、営業所に古物商プレートを掲示することが義務づけられています

でも、どこに掲示すればいいのか、悩んでしまう方も多いでしょう。

どこに掲示するかは、ちゃんと法律で定めているわ。

古物商の決まりをまとめた法律、古物営業法では、古物商プレートの掲示場所をこう定めています。

公衆の見やすいところ

つまり、お客様に見えやすいところということです。

それ以外の決まりはないので、お客様に見えやすいところであればどこでもかまいません。

そうなんだ~。お店の外でもいいの?

古物商プレートの掲示場所は、営業所の中でも、外でもかまいません

お客様が見やすいところなら、どこだっていいんです。

壁に貼らないとダメなの?

古物商プレートの掲示方法に決まりはありません

壁に貼ってもいいですし、壁に穴を開けたくなければ、写真立てのように立てかけたりしても問題ありません。

掲示場所や掲示方法の例

古物商プレートの掲示場所でよくあるところを挙げてみるね。

営業所は、店舗の場合もあれば、自宅を営業所とする場合もあります。

営業所のタイプごとに、よく掲示される場所や、掲示方法を挙げてみましょう。

店舗タイプの営業所

  • レジの壁に貼る
  • カウンターの上にスタンドで立てかける

自宅タイプの営業所

  • 表札のそばに貼る
  • 玄関先にスタンドで立てかける
  • 執務室の机の上にスタンドで立てかける

逆に、よくない場所はこんなところね。

  • トイレの中
  • 従業員しか入れない部屋
  • 家族だけが出入りする部屋
  • 商品を置くことでプレートが隠れてしまうような場所

このような場所に古物商プレートを掲示するのは、お客様に見えづらいので、ダメです。

仮設店舗でも古物商プレートを掲示する必要がある

古物商プレートの掲示が必要なのは、営業所だけではありません。

仮設店舗の営業を行うときも、古物商プレートの掲示が必要です。

仮設店舗って何?

デパートの催事場や、お祭りの会場などに、期間限定で開く古物商のお店のことを、仮設店舗といいます。

古物商は、警察署に届出を出せば、仮設店舗を開いて期間限定の営業をすることができます。

そんな営業方法もあるんだ!

仮設店舗に古物商プレートを掲示するときも、掲示場所の決まりは営業所と同じです。

お客様に見えやすいところに掲示しましょう。

古物商プレートを掲示することで信用を得られる

古物商プレートの掲示って、面倒くさいなぁ。大体、何の意味があるの?

面倒くさがっちゃダメ!信用されなくなるよ。

古物商プレートには、次のような情報が記載されています。

  • 古物商許可を受けた公安委員会
  • 古物商許可の許可番号
  • メインで扱う品目
  • 古物商の氏名、名称

このような情報は、きちんと古物商許可を取って営業していることの証になります。

また、それをお客様に公開することは、信用を得ることにもつながります。

自分がお客さんだったら、古物商プレートがあるお店は安心できると思わない?

たしかに!書いてある意味が分からなかったとしても、ちゃんとしたとこだって思えるね。

古物商プレートの掲示は、古物商に義務づけられていることです。

必ず、お客様に見えやすい場所に掲示しましょう。

古物商プレートを掲示しなかった場合の罰則

古物商プレートを掲示しなかったら、高い罰金を払うことになっちゃうんだよ。

古物商プレートを掲示しなかった場合、10万円以下の罰金が科せられる可能性があります。

プレートがないだけで10万円も取られるんだ…ちゃんと掲示しよう。

古物商プレートの様式

古物商プレートの作成は、防犯協会や、一般の看板制作会社に頼んでもいいですし、自分で作ってもかまいません。

ただ、サイズなど、様式が決められているので、それはしっかり守らなければいけません。

古物商プレートの様式はこんな感じ。

古物商プレートの様式

  • 縦8cm、横16cm
  • 金属かプラスチック、または同じぐらいの耐久性のある素材
  • 紺地に白い文字
  • 印字は容易に変えられないようにする(紙に印刷してプレートに貼るだけではダメ)
  • 許可番号は12ケタすべて記載する
  • 『〇〇商』の部分は、主として取り扱う古物の区分(メインで扱う品目)を正しく記載する

こんなにたくさん決まりがあるんだね~。

古物商プレートには、一番大きな文字で『〇〇商』と、主として取り扱う古物の区分が記載されています。

主として取り扱う古物の区分とは、古物商がメインで扱う品目のことです。

品目は、『衣類』、『自動車』、『金券類』といったものがありますが、品目の名称と、古物商プレートに記載する表記は、少し異なります。

中には名称がガラッと変わるものもあるので、記載するときに注意が必要です。

品目の名称と、それを古物商プレートに記載するときの表記の仕方をまとめるね。

品目の名称古物商プレートの表記
美術品類美術品商
衣類衣類商
時計・宝飾品類時計・宝飾品商
自動車自動車商
自動二輪車及び言動付自転車オートバイ商
自転車類自転車商
写真機類写真機商
事務機器類事務機器商
機械工具類機械工具商
道具類道具商
皮革・ゴム製品類皮革・ゴム製品商
書籍書籍商
金券類チケット商

オートバイ商や、チケット商は、全然違う表記になるんだね!

看板制作会社などに古物商プレートの作成を頼むときは、品目の表示を間違えて伝えないように気をつけましょう。

【解説】古物商プレートはどこに掲示すべきか まとめ

古物商プレートを掲示する場所は、特に決められていません。

ただし、お客様に見えやすいところに掲示するという決まりがあります。

お客様に見えやすいところであれば、営業所の中でも外でも、どちらに掲示してもかまいません。

また、壁に貼ったり、スタンドなどで立てかけたりと、どのような方法で掲示してもかまいません。

仮設店舗で営業する場合も、古物商プレートを掲示しなければなりません。

古物商プレートは、掲示することでお客様から信用を得ることができます。

古物商プレートを掲示しなかった場合、10万円以下の罰金が科せられる可能性があります。

古物商プレートは、どのように作成してもかまいませんが、決められた様式を守って作成しましょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

当サイトおすすめ 【取得率100%】古物商許可専門のトラスト行政書士事務所
https://kobutsudaikou.com/
古物商許可取得がネットで完結!トラストなら即日着手&古物営業に必要な特典付き(15,000円相当)

こちらは、これから許可を取得したい、取得すべきかどうか迷っている方向けの窓口です。
古物商許可の取得以外に関するご相談や、個別具体的なご質問にはご回答は致しかねます。
よくお問い合わせいただく内容について、以下記事でも詳しく解説しておりますので、ぜひご覧ください。

よくある質問と答え



必要書類や書類の記入方法に関するご質問は、当サイトにて詳しく解説しておりますので各記事をご覧ください。

※ 無料相談での回答によって生じる一切の損害につき、当所は責任を負いかねます。無料相談の回答(録音データ・メール・LINE等)を弊所に無断で転用することを固く禁じます。