せどり初心者が気をつけるべき転売行為

この記事はトラスト行政書士事務所が監修しています

2020年4月1日古物営業法が全面改正されました。詳しくは【2020年4月1日全面施行】古物営業法が改正されましたをご覧ください。

せどり初心者が最も気をつけるべき転売行為は「無許可営業をしない」ということです。

無許可営業とは、古物商許可を持たないまま中古品のせどりをすることです。

それをやっちゃうとどうなるの?

うっかり無許可でせどりをすると、警察に逮捕されてしまうこともあるわ

せどり初心者が最も気をつけるべき転売行為は「無許可営業」です

せどり初心者が転売を始めるとき、一番注意しなければならないのは、「無許可営業をしない」ということです。

無許可営業をすると、古物営業法違反で警察に逮捕される可能性があるので気をつけましょう。

最近、せどりでお金を稼ぐ人が増えています。

スマホのアプリやツールが充実し、誰でも簡単にせどりで稼ぐことができるようになったからです。

ただ、せどり初心者には、気をつけなければならないことがあります。

それは、

「無許可営業を絶対にしない」

ということです。

無許可営業とは、古物商許可を取らないまま中古品せどりをすることです。

無許可営業は、古物営業法という法律で禁止されており、違反すると警察に逮捕されてしまいます。

その場合、「3年以下の懲役または100万円以下の罰金」という重い罰則が科せられます。

中古品せどりをするのであれば、必ず事前に古物商許可を取得しましょう。

僕はヤフオクで新品の商品しか仕入れないつもりだから無関係だね。

ちょっと待って!それは、無許可営業になっちゃうかもしれないわ!

え~!

新品や未使用品でも古物商許可が必要になるケースがあります

せどりには、新品の商品を扱う「新品せどり」と、中古品を扱う「中古せどり」があります。

そして古物商許可は、中古品の転売ビジネスをするときに必要となる資格です。

そのため、新品せどりをする場合、原則として古物商許可は必要ありません。

例えば、新品の商品をメーカーの直営店から仕入れて転売する場合、古物商許可は不要です。

ただ、場合によっては新品や未使用品のせどりも古物商許可が必要になるケースがあるので要注意です。

どういうこと~?

古物営業法には「新品でも既に取引された物は中古品として扱う」旨の規定があります。

例えば、こぶ吉がメーカーで仕入れた新品の商品を、そのままネットに出品したとします。

これは、こぶ吉によって「既に取引された物」なので、法律上は中古品として扱われます。

そのため、これを仕入れて転売をする場合、古物商許可が必要になるのです。

ネット上などで個人が出品している新品の商品は、ほとんどがこのケースに該当します。

そのため、個人から商品を仕入れる場合は、たとえそれが新品でも、原則として古物商許可が必要なので注意しましょう。

要するに、出品者が個人か法人かによって古物商許可が必要かどうかが変わってくるってことね

ストアやショップが出品している新品の場合は、個人じゃないから大丈夫だよね

運営者が個人であれば個人に該当するわ。ネット取引では相手が個人かどうか判断が難しいから、安全のためにも、念のため古物商許可を取得することをおすすめするわ

ネット取引しかしない場合でも古物商許可は必要です

たまに、ネットの掲示板などを見ていると、

ネット取引の場合、古物商許可はいらない

といった書き込みを目にすることがあります。

ですが、これは誤った情報なので気をつけましょう。

先ほどもお伝えしたとおり、古物商許可とは中古品の転売ビジネスをするときに必要となる資格のことです。

転売する方法がネットかどうかは一切関係がないのです。

その他にも、

せどりの回数や金額が少ない場合は古物商許可はいらない

個人で取引する場合は古物商許可は不要

といったコメントもありますが、これらもすべて誤りです。

無許可営業にあたるかどうかと、せどりの金額や回数、個人かどうかなどは関係がありません。

中古品のせどりをするのであれば、必ず事前に古物商許可を取得しておきましょう。

古物商許可についてネットで情報を集める場合は、ここのサイトのように専門家が監修しているサイトに限るべきね

すでに無許可で中古品のせどりを始めてしまっている人はどうすればいい?

この記事を読んでいる方の中には、

古物商許可を取らないまま、すでに中古品のせどりを始めてしまっている

という人もいるかもしれません。

そういう人が無許可営業で警察に逮捕されないためには、どうすればいいのでしょうか?

まずは、直ちにすべての取引を中止することが重要です。

ネットで取引をしている人は、アカウントを停止したり、サイトを一時的に閉鎖しましょう。

簡単なことのようですが、これがなかなか出来ないために、無許可営業が発覚して警察に逮捕されてしまうケースが多いので注意しましょう。

全ての取引を中止したら、すぐに古物商許可を取得します。

このとき、できれば行政書士に依頼をして取得することをおすすめします。

なぜなら、行政書士に依頼をした方が、警察に逮捕されるリスクが低くなるからです。

古物商許可の申請は、営業所を管轄する警察署で行います。

場合によっては申請時に、過去の無許可営業について担当の警察官から質問される可能性があるのです。

その場合、上手く対応しないと、過去の無許可営業を理由に逮捕されてしまうかもしれません。

ですから、専門家である行政書士に代行を依頼して、そのリスクをできるだけ避けるべきです。

行政書士って何?

許可申請の代行をしてくれる法律家のことよ。サービスの内容や料金など、気になる場合は相談してみるといいわ

古物商許可以外にせどり初心者が気をつけるべき転売行為

古物商許可以外に、せどり初心者が気をつけなければならない転売行為について、いくつかご紹介します。

法律で転売が禁止されている商品のせどり

私たちの周りには、法律で転売が禁止・制限されている商品が意外とたくさんあります。

こうした商品を、許可や資格なく転売すると、警察に逮捕される可能性があるので注意しましょう。

例えば、お酒やチケット、医薬品などは法律で転売が禁止・制限されています。

お酒は、転売で稼ぎやすい人気ジャンルの1つですが、せどりをするには酒類販売業免許が必要です。

無許可でお酒を転売すると酒税法違反として警察に逮捕されるので注意しましょう。

また、転売禁止が明記されたチケットの転売は、不正チケット転売禁止法によって禁止されており、購入した側も罪に問われます。

医薬品や医療機器の転売は薬機法によって規制されており、一部の化粧品やサプリメントなどもこれに含まれるので注意が必要です。

健康被害が起きる可能性のある商品のせどり

健康被害が起きる可能性のある商品はなるべく扱わないようにしましょう。

なぜなら、トラブルが発生した場合に、責任が取れない可能性があるからです。

例えば、食品を転売して、相手がお腹を壊してしまった場合、多額の損害賠償を請求される可能性があります。

化粧品やサプリなどは、転売の人気ジャンルですが、健康被害のリスクが高いのであまりおすすめしません。

せどり初心者が気をつけるべき転売行為 まとめ

せどり初心者が最も気をつけるべきなのは「無許可営業」です。

無許可営業とは、古物商許可を取得せずに中古品のせどりをすることです。

無許可営業をすると、古物営業法違反(3年以下の懲役又は100万円以下の罰金)として警察に逮捕されてしまいます。

中古品のせどりに興味があるのなら、行政書士に依頼するなどして、なるべく早めに古物商許可を取得しておきましょう。

当サイトおすすめ 【取得率100%】古物商許可専門のトラスト行政書士事務所
https://kobutsudaikou.com/
古物商許可取得がネットで完結!トラストなら即日着手&古物営業に必要な特典付き(15,000円相当)

こちらは、これから許可を取得したい、取得すべきかどうか迷っている方向けの窓口です。
古物商許可の取得以外に関するご相談や、個別具体的なご質問、書類の記入方法にご回答は致しかねます。

※ご質問はお一人様一つとさせて頂きます。

よくお問い合わせいただく内容について、以下記事でも詳しく解説しておりますので、ぜひご覧ください。

よくある質問と答え



必要書類や書類の記入方法に関するご質問は、当サイトにて詳しく解説しておりますので各記事をご覧ください。

※ 無料相談での回答によって生じる一切の損害につき、当所は責任を負いかねます。無料相談の回答(録音データ・メール・LINE等)を弊所に無断で転用することを固く禁じます。