ポケモンカードの転売に古物商許可は必要?

この記事はトラスト行政書士事務所が監修しています

2020年4月1日古物営業法が全面改正されました。そのため記事の内容に一部古い情報がある場合があります。詳しくは【2020年4月1日全面施行】古物営業法が改正されましたをご覧ください。

中古のポケモンカードを仕入れて転売するには、古物商許可が必要です。

えぇっ!?みんな、許可なんか取らずに転売してると思うけど…

それは、違法かもしれないわね。

ポケモンカードの転売をどんな風に行うと古物商許可が必要になるのか、詳しく解説しましょう。

中古のポケモンカードを仕入れて転売するときに古物商許可が必要

中古のポケモンカードを仕入れて転売するには、古物商許可が必要です。

古物商許可が必要かを判断するポイントは、『中古』と『仕入れ』です。

まずは、『中古

古物商許可の『古物』とは、中古品という意味です。

例えば、新品のポケモンカードの転売であれば、古物商許可は不要です。

中古のポケモンカードの転売に限り、古物商許可が関わってきます。

そして、『仕入れ

古物商許可の『商』とは、商売という意味です。

商売とは、売り物を仕入れて、それを販売することです

例えば、自分でコレクションしていたポケモンカードを転売するのであれば、古物商許可は不要です。

ポケモンカードを転売する目的で仕入れる場合に限り、古物商許可が関わってきます。

ポイントは『中古』と『仕入れ』か~。

ポケモンカードを仕入れて転売したとしても、新品のポケモンカードなら、古物商許可は不要です。

また、中古のポケモンカードを転売したとしても、家にあったポケモンカードなど、仕入れたものでなければ古物商許可は不要です。

古物商許可が必要かどうかを判断する2つのポイント、『中古』と『仕入れ』。

2つのポイントが両方当てはまる転売に、古物商許可が必要となります。

つまり、中古のポケモンカードを仕入れて転売するときに、古物商許可が必要となります。

取引の回数は関係ない

中古のポケモンカードを仕入れて転売するには、古物商許可が必要です。

これは、取引の回数は関係ありません。

中古のポケモンカードを仕入れて転売するには、原則として、古物商許可が必要です。

趣味程度に、たまに転売するだけでも古物商許可がないとダメ?

ダメね。

ネット上で、『中古品を仕入れて転売しても、たまにやる程度なら、古物商許可はいらない。』といった情報を見かけることがありますが、これは間違いです。

古物商許可が必要かどうかの判断に、取引の回数は関係ありません。

原則として、古物商許可を取ってからでないと、中古品を仕入れて転売することはできません。

利益の大きさは関係ない

中古のポケモンカードを仕入れて転売するには、古物商許可が必要です。

これは、転売で得た利益の大きさは関係ありません。

中古のポケモンカードを仕入れて転売して、1円しか儲からなくても、古物商許可が必要です。

儲からなくて商売にならない取引でも、古物商許可がないとダメ?

ダメね。

ネット上で、『月に〇〇万円以上稼いでなければ古物商許可はいらない。』といった情報を見かけることがありますが、これは間違いです。

古物商許可が必要かどうかの判断に、利益の大きさは関係ありません。

中古品を仕入れて転売して、たとえ利益が微々たるものでも、原則として、古物商許可が必要です。
赤字でも同じです。

そもそも、利益が出るか出ないか以前に、原則として、古物商許可を取ってからでないと、中古品を仕入れて転売することはできません。

古物商許可がないと逮捕される

中古のポケモンカードを仕入れて転売することを、古物商許可を取らずに行うと、逮捕される可能性があります。

逮捕だって!?そんなに悪いことなの!

犯罪よ。

中古品を仕入れて転売するには、古物商許可が必要。

これは、古物営業法という法律で決められていることなので、守らなかったら犯罪です。

最悪の場合、3年以下の懲役または100万円以下の罰金、もしくは両方が科せられる可能性もあります。

おぉ…罰則も重たいなぁ…

中古のポケモンカードの転売は、責任を持ってやってね。

ポケモンカードの転売で古物商許可が不要なパターン

ポケモンカードの転売は、やり方によっては古物商許可がなくてもできます。

ポケモンカードの転売に古物商許可が不要なパターンを解説しましょう。

  • ポケモンカードを仕入れずに転売する
  • 新品ポケモンカードを転売する

ポケモンカードを仕入れずに転売する

転売のために仕入れたポケモンカードでなければ、それを転売するのに古物商許可は不要です。

仕入れとは、転売する物を買うことです。

古物商許可は、転売するつもりで中古品を買う際に、必要となります。

例えば、こんなポケモンカードは、転売するために仕入れたものには、あたらないわ。

転売するのに古物商許可が不要なポケモンカード

  • 自分でコレクションしているポケモンカード
  • 部屋を整理して出てきた昔遊んだポケモンカード
  • タダでもらったポケモンカード

このように、転売するつもりで買ったポケモンカードでなければ、それを転売するのに古物商許可は不要です。

なので、いらなくなったポケモンカードを、ホビーショップやフリマアプリなどで転売するとき、何も許可がいらないのです。

僕もよく、いらないポケモンカードをメルカリで転売してるけど、許可はいらないんだね。

そうよ。

新品ポケモンカードを転売する

新品のポケモンカードを仕入れて転売するのに、古物商許可は不要です

古物商許可は、中古品を仕入れて転売するときに必要となります。

へぇ~新品だったら、仕入れて転売するのに、古物商許可はいらないんだね。

例えば、デパートで新品のポケモンカードを仕入れて転売するのに、古物商許可は不要です。

新品のポケモンカードの転売であれば、古物商許可を取っていなくても、何度でも行うことができます。

でも、新品の仕入れには注意が必要なのよ。

一般的には新品とされるものでも、古物商許可のルールにてらし合わせると、中古品として扱われるものもあります。

そのため、新品のポケモンカードに絞って仕入れをする際は、注意が必要です。

古物商許可のルールでは、『物自体が新品であっても、一度、取引されていれば中古品とみなす』としています。

えっ?どういうこと?

例えば、こういうことね。

例えば、せど美がデパートで買った新品のポケモンカードをメルカリで転売したとします。

この取引は、新品を仕入れての転売なので、せど美に古物商許可は不要です。

せど美がメルカリに出品した新品のポケモンカードを、こぶ吉が、転売するために買って、それを転売したとします。

この取引でこぶ吉が仕入れたポケモンカードは、せど美がデパートで買った(取引した)ものなので、古物商許可のルールでは、中古品とみなされます。

こぶ吉の取引は、中古品を仕入れての転売となるので、こぶ吉には古物商許可が必要となります。

そうなんだ!

一般的な感覚だと、せど美の例のポケモンカードも、こぶ吉の例のポケモンカードも、同じ新品ですが、古物商許可のルールでは扱いが異なるので、気をつけましょう。

それと、いくらピカピカのカードでも、袋から出してあったら新品とはならないからね。

新品のポケモンカードとは、袋や箱から出していないもののことです。

開封してすぐに、スリーブケースに入れて保管していたポケモンカードでも、中古品となります。

開封してしまえば、どんなにキレイなポケモンカードでも、中古品です。

新品の転売に古物商許可が不要な理由

なんで新品のポケモンカードの転売に、古物商許可はいらないんだろう?

古物商許可が、こんな目的でつくられたからよ。

古物商許可の制度は、盗品が市場に出回るのを防ぐためにつくられました。

中古品の市場には、盗品がまぎれこんでいる可能性がありますが、新品の市場に盗品がまぎれこむことは考えにくいです。

なので、新品は古物商許可の対象ではないのです。

古物商許可を取るなら行政書士がオススメ

古物商許可を取るとき、行政書士のサポートを受けると、簡単に申請できるので便利です。

古物商許可の申請には、たくさんの書類が必要になりますし、人によって必要な書類が異なります。

必要な書類を調べるのは大変ですが、行政書士ならプロなので、すぐに判断してくれます。

また、書類を集めるために、役所に行く必要があります。

役所は年中無休ではないので、役所に行く日程を調整するのも、何かとストレスです。

でも、行政書士に頼めば、自分で役所に行く必要はありません。

行政書士が代わりに書類を集めてくれます。

へぇ~そんなに便利なんだ~。

行政書士に頼めば、特に何もしなくても、待っているだけで古物商許可が取れてしまいます

行政書士に頼む費用の相場は、4~6万円なので、決して安くはありません。

ですが、多くの書類を自分で作成する手間が省けることを考えれば、行政書士に頼むのがオススメです。

ポケモンカードの転売は儲かる

ポケモンカードの転売は、うまくいけば、かなり儲けることができます。

ポケモンは、世界中で大人気のキャラクターで、グッズも数えきれないほどの種類があります。

中でもポケモンカードは集めている人が多く、珍しいカードはコレクターの間で高値で取引されています。

ポケモンカードは、最も手頃なもので、5枚入り150円で販売されていますが、珍しいカードは、中古でも数千円~数万円で取引されることもあります。

今までで一番高く売れたポケモンカードって、いくらだと思う?

んー…10万円!

世界一貴重だと言われているポケモンカードが、最近、アメリカのオークションで落札されました。

落札価格はなんと、19万500ドル!日本円で約2000万円です!

アンビリーバブル!

そのポケモンカードは、『ポケモンイラストレーター』というカードで、1997年と1998年に開催されたイラストコンテストで、優秀賞以上を受賞した人だけに贈られた非売品のカードです。

『ポケモンイラストレーター』は、合計で39枚しか贈られていないので、単純に世界に39枚しかないカードだということになります。

失くしたり、捨ててしまった人もいるでしょうから、キレイな状態で現存しているものは、世界に10数枚程度と言われています。

『ポケモンイラストレーター』の価値はどんどん上がっています。

2016年に約600万円で落札された例が、これまでの最高額でしたが、今回の落札は、それを大幅に上回る結果となりました。

さすがに2000万円級の取引は、一生に一度あるかないかというレベルの話でしょうが、ポケモンカードは、それだけの可能性を秘めた転売アイテムなのです。

トレーディングカード専門フリマアプリ『magi』

ポケモンカードの転売に使えるフリマアプリに、『magi(マギ)』というものがあります。

magiは、トレーディングカード専門のフリマアプリです。

ポケモンカードだけでなく、トレーディングカード全般に特化しています。

基本的な仕組みは、メルカリなどのフリマアプリと同じですが、トレーディングカード専門ということで、そのカード独自のタグをつけることができるようになっています。

ポケモンカードだと、『ポケモン』『エネルギー』『トレーナーズ』といった、カードの種類だったり、『草』『炎』といった、属性でタグをつけることができます。

そのため、一般的なフリマアプリやネットオークションよりも、お目当てのカードを探しやすくなっています。

へぇ~そんなアプリがあるのね。

僕みたいなコレクターは、みんな使ってるよ。

ポケモンカードの転売に古物商許可は必要? まとめ

中古のポケモンカードを仕入れて転売するには、古物商許可が必要です。

古物商許可が必要かどうかの判断に、取引の回数や、利益の大きさは関係ありません。

古物商許可を取らずに、中古のポケモンカードを仕入れて転売すると、3年以下の懲役または100万円以下の罰金、もしくは両方が科せられる可能性があります。

古物商許可の申請は、行政書士に頼むと、手続きを簡単に進められて便利です。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

当サイトおすすめ 【取得率100%】古物商許可専門のトラスト行政書士事務所
https://kobutsudaikou.com/
古物商許可取得がネットで完結!トラストなら即日着手&古物営業に必要な特典付き(15,000円相当)

こちらは、これから許可を取得したい、取得すべきかどうか迷っている方向けの窓口です。
古物商許可の取得以外に関するご相談や、個別具体的なご質問にはご回答は致しかねます。
よくお問い合わせいただく内容について、以下記事でも詳しく解説しておりますので、ぜひご覧ください。

よくある質問と答え



必要書類や書類の記入方法に関するご質問は、当サイトにて詳しく解説しておりますので各記事をご覧ください。

※ 無料相談での回答によって生じる一切の損害につき、当所は責任を負いかねます。無料相談の回答(録音データ・メール・LINE等)を弊所に無断で転用することを固く禁じます。