古物商許可を取得すると個人情報がどこかに掲載されますか?

この記事はトラスト行政書士事務所が監修しています

古物商許可を取得したら、個人情報がネットに掲載されるって聞いたんだけど…

え~、そうなの!?それはちょっと嫌だなぁ…

そんなに心配しなくていいぞ。
古物商許可を取得したからといって、必ずしも個人情報がネットに掲載されることはない。
ただ、場合によっては掲載されることもあるんだけどな。

古物商許可を取得したら、必ず個人情報が掲載されるというわけではない

古物商許可を取得したからといって、必ずしも個人情報がインターネット上に掲載されるわけではありません。

古物商許可を取得してから行うビジネスのかたちによって、個人情報をインターネット上に掲載するケースと、そうでないケースに分かれます。

個人情報をインターネット上に掲載するケースというのは、インターネットを使って古物の取引を行う場合です。

インターネットを使って古物の取引をする場合、古物商許可受けている公安委員会のサイトに、個人情報が掲載されます。

インターネットで取引をする場合でも、個人情報を掲載しないケースもあります。
このあと、詳しく解説します。

インターネットを使って古物の取引をしない場合、公安委員会のサイトに個人情報が掲載されることはありません。

なるほど~。
必ずしも個人情報が掲載されるわけではないのか。

インターネットを使って取引する場合、URLを公安委員会に登録する

古物商許可を取得したあと、インターネットを使って古物の取引を行いたいのなら、URL登録をする必要があります。

URL登録とは、自分の古物商サイトのURL(アドレス)を、公安委員会に届け出ることです。

これは、自分の古物商サイトを持っていれば、必ず登録しなければならないわけではありません。

URL登録が必要なのは、古物商サイトの中で古物の取引をする場合です。

例えば、自分の古物商サイトを持っていても、単に会社やお店を紹介するだけのサイトなどの場合は、URL登録は必要ありません。

サイトの中で古物の査定や買い取り、販売を行う場合に、URL登録が必要です。

自分のサイトじゃなくて、オークションサイトを使って取引するときもURL登録が必要なの?

URL登録が必要かどうか、ちょっと判断に迷ってしまうケースが、オークションサイトで古物の取引を行うケースです。

オークションサイトの登録は2通りあって、個人で登録する方法と、お店として登録する方法があります。

一般の方と同じように個人で登録して、商品を一点ずつ出品するような場合、URL登録は必要ありません

お店として登録して、たくさんの商品を継続的に出品するような場合、URL登録が必要です

URL登録をすると、個人情報がインターネット上に掲載される

公安委員会にURL登録をすると、公安委員会のホームページに個人情報が掲載されます。

具体的には、許可番号、古物商の氏名(法人なら会社名)、古物商サイトのURLの3点です。

個人情報といっても、住所や生年月日が掲載されるわけではないので、安心してください。

なんだ、何もかも公開されるわけじゃないんだね。よかった~。

そして、URL登録が必要なサイトは、サイト内に以下の個人情報を掲載しなければなりません。

  • 古物商の氏名(法人なら会社名)
  • 古物商許可を受けている公安委員会
  • 許可番号

個人情報が”掲載される”というか、自分でサイトに”掲載する”のね。

古物商サイトに上記の掲載事項を掲載する場合、注意することがあります。

掲載事項は、古物商サイトのトップページに掲載しなければなりません。
トップページ以外ではダメです。

トップページであればどの位置でも構いません。
一番上や一番下など、端の方に掲載されているケースがほとんどです。

例外として、掲載事項が書かれたページへのリンクを貼る方法もあります。

トップページの中に『古物営業法に基づく表示』などといった文言を表示させておいて、そこをクリックすると掲載事項が書かれたページが表示されるようにします。
この方法でも問題ありません。

そして、氏名、会社名は正しく書きましょう。

個人の許可ならきちんとフルネームで、法人の許可なら正式名称で表記します。
お店の屋号や、サイト名ではいけません。
漢字やアルファベットなども正しく使い分けなければいけません。

個人情報の掲載は悪いことばかりではない

URL登録をすれば、公安委員会のサイトや自分の古物商サイトに氏名や会社名を掲載することになります。

法人の古物商許可なら会社名で済みますが、個人の古物商許可なら氏名をフルネームで掲載することになるので、抵抗がある人も中にはいるでしょう。

たとえ名前だけでも、ネット上に公開されるのはちょっとなぁ…

そのような方は、インターネットでの取引は行わずに、お客様と対面での取引だけを行うようにすればインターネット上に氏名を掲載せずに済みます。

ただ、インターネット上には掲載されませんが、店舗内に氏名を掲げることにはなります。

古物商には、古物プレートを店舗に掲示する義務があります。
個人の古物商許可の場合、古物プレートに氏名を記載するように決められています。

なので、店舗で対面取引だけ行う場合でも、店舗内での氏名の掲示は避けられません。
悪しからず。

結局、公開しなくちゃいけないのね…

古物商の個人情報を公開することは、嫌なことばかりではないぞ

許可番号や氏名(会社名)などを公開することで、きちんと許可をもらって営業している人(会社)なんだと、お客様に印象づけることができます

これにより、信用を得られるのです。

オークションサイトに個人で登録する場合はURL登録は必要ないと説明しました。

ですが、個人で登録する場合でも、敢えてプロフィールページに古物商の個人情報を掲載することによって、信用を得たり、トラブルを防止することもできます。

なるほど~。
そう考えれば、悪くないかも。

URL登録の手続きは行政書士に依頼すると便利

URL登録は、古物商許可を申請するときに一緒に行う場合と、古物商許可を取得したあとで追加で届け出る場合があります。

いずれの場合でも、届け出るURLのドメインが申請者のものなのかを、書面で証明しなければなりません。

また、ドメインを家族の名前や、社員の名前で登録していて、その使用権限を借りるかたちで使っているような場合、その旨が分かる内容のURL使用承諾書を提出しなければいけません。

このような書類の用意は、難しくて気が乗らない人もいることでしょう。

そんなときは、行政書士に依頼するのがオススメです。

行政書士は許認可申請の専門家なので、必要な書類について分かりやすく教えてくれます。

それに、書類を作成したり、集めたりする作業を代わりにやってくれます。
依頼者側がやることはほとんどないので、とても簡単に手続きを済ませることができます

古物商許可を取得すると個人情報がどこかに掲載されますか? まとめ

古物商許可を取得したあと、インターネットを使って古物の取引を行うのなら、URL登録をする必要があります。

URL登録をすると、許可を受けている公安委員会のホームページに、

  • 許可番号
  • 古物商の氏名(法人なら会社名)
  • 古物商サイトのURL

以上の3点の個人情報が掲載されます。

また、自分の古物商サイトに、

  • 古物商の氏名(法人なら会社名)
  • 古物商許可を受けている公安委員会
  • 許可番号

以上の3点の個人情報を掲載しなければなりません。

オークションサイトに個人として登録する場合、URL登録は必要ありません
お店として登録する場合はURL登録が必要です

スポンサーリンク

スポンサーリンク

当サイトおすすめ 【取得率100%】古物商許可専門のトラスト行政書士事務所
https://kobutsudaikou.com/
古物商許可取得がネットで完結!トラストなら即日着手&古物営業に必要な特典付き(15,000円相当)

こちらは、これから許可を取得したい、取得すべきかどうか迷っている方向けの窓口です。
古物商許可の取得以外に関するご相談や、個別具体的なご質問にはご回答は致しかねます。
よくお問い合わせいただく内容について、以下記事でも詳しく解説しておりますので、ぜひご覧ください。

よくある質問と答え



必要書類や書類の記入方法に関するご質問は、当サイトにて詳しく解説しておりますので各記事をご覧ください。

※ 無料相談での回答によって生じる一切の損害につき、当所は責任を負いかねます。無料相談の回答(録音データ・メール・LINE等)を弊所に無断で転用することを固く禁じます。