ラクマやジモティーで転売する場合に古物商許可は必要?

この記事はトラスト行政書士事務所が監修しています

2020年4月1日古物営業法が全面改正されました。そのため記事の内容に一部古い情報がある場合があります。詳しくは【2020年4月1日全面施行】古物営業法が改正されましたをご覧ください。

リサイクル品などの中古品(古物)を利益目的で売買する場合、原則として古物商の許可が必要です。

ラクマやジモティーなどのフリマアプリを利用した場合も原則として必要です。

古物商の許可なく古物取引をした場合は、古物営業法違反(3年以下の懲役または100万円以下の罰金)とした逮捕・処罰される可能性があります。

ネット上では「警察がラクマやジモティーに古物商の許可はいらないといっていた」という噂が一部で飛び交っています。

なぜこのような噂が発生するのでしょうか。

今回は、ラクマやジモティーの利用に古物商の許可が必要かどうかについて説明をします。

ラクマやジモティーの転売にも原則として古物商の許可が必要です

最近、古着や中古家電の転売で儲かってるんだよね~

へぇ~すごいわね。どうやってやってるの?

ラクマやジモティーみたいなフリマアプリで中古品を安く仕入れて、利益を乗せて転売するだけだよ。
商品知識があれば利益を出すこともそんなに難しくないよ

もちろん古物商の許可はとってるのよね?

え?古物商の許可って必要なの?

もちろんよ。中古品などの古物を利益目的で買受ける(仕入れる)場合には古物商の許可が必要よ。
無許可で古物取引を繰り返すと逮捕される場合もあるから、すぐに取得してね

リサイクル品や古着などの古物を取引する場合には、原則として古物商の許可が必要です。

ですが、すべての古物取引に許可が必要というわけではありません

古物商の許可は、「古物を利益目的で買受ける(仕入れる)場合に必要となる資格」なのです。

ですから、以下の場合には古物商の許可は不要です。

  • ジモティーで不用品を無料で引き取った
  • 自分で長年愛用していた不用品をラクマで売った
  • 自分で使用する目的でラクマやジモティーで古物を購入した

これらの場合、「利益目的での買受け(仕入れ)行為」がないため、古物商の許可は必要ないのです。

ですが、こぶ吉のように、転売目的でジモティーやラクマで古物を買受ける(仕入れる)場合には古物商の許可が必要です。

古物商の許可なくこうした取引をした場合、無許可営業として逮捕・処罰される可能性があるので注意しましょう。

「警察から許可はいらないといわれた」というネットの噂について

う~ん、おかしいなぁ

どうしたの?こぶ吉

ネットの掲示板なんかをみると「警察がラクマやジモティーでは古物商許可はいらないといっていた」という書き込みが目立つんだ。
ラクマやジモティーでも古物商の許可は必要なんだよね?

そうね。転売目的で古物を買受ける(仕入れる)場合には必ず古物商許可がいるわ。
ラクマやジモティーを利用した場合でもそれは変わらないわよ

なんでこんな書き込みがあるんだろう?

それにはいくつか理由が考えられるけど、一番はやっぱり担当警察官の勘違いじゃないかしら?

そんなことあるの?

古物商許可の制度はとっても複雑なの。
担当の警察官によっても当然知識の差があるわ。
それに、ラクマやジモティーといったフリマサービスは最近出てきたばかりでしょ。
警察官がサービスの内容をしっかりと把握していない可能性もあるわね

なるほど

特に、ラクマやジモティーみたいなフリマアプリは原則として不用品の処分をするサービスでしょ。
だから、警察が利益目的の転売はしないと勘違いして古物商許可はいらないって答えた可能性が高いわね

古物商許可は、利益目的の古物取引に必要な資格であって、不用品の処分や不用品を無料で引き取る場合にはいらないんだったよね

他には、電話した人が警察にきちんと説明をしていない場合も考えられるわね。
状況をしっかり説明しないと、担当の警察官だって正しい回答ができないわ

それはそうだね

どちらにしても、ネットの情報を簡単に信じたりせず、気になる場合は自分で確認をするべきね

その場合はやっぱり警察に電話するのがいいのかな?

それもいいけど、一番間違いがないのは専門家に聞いてみることよ

専門家?

古物商許可を専門に扱っている行政書士の先生のことよ。
専門家は日々たくさんの古物商の案件を扱っているから、より正しい回答をしてくれるはずよ

なるほどね。

メールや電話で無料相談ができる行政書士の先生もいるみたいだから、こぶ吉も一度相談しなさい!

そうだね。知らなかったじゃ済まされないもんね。

ネットの掲示板などには「ジモティーやラクマでは古物商許可は不要」「警察に相談したらいらないって言っていたから間違いない」などといった書き込みが目立ちます。

ですが、その多くは警察の勘違いや相談者の説明不足と考えられます。

ラクマやジモティーを使用した場合であっても、古物を利益目的で買受ける(仕入れる)場合には古物商の許可が必要なのです。

無許可で古物取引をした場合、古物営業法違反(3年以下の懲役または100万円以下の罰金)として逮捕・処罰されてしまう可能性があります。

逮捕されるとき「ネットで見たから」「警察が言っていたから」という言い訳はいっさい通用しません

ネットの情報を鵜呑みにするのではなく、自分で専門家である行政書士に相談するなどして、しっかりとした知識を身に付けましょう。

ネット取引でも古物商許可は必要

ラクマやジモティーに限らず、ネット取引だと古物商許可はいらないっていうネットの書き込みもあったよ

それは間違いなくガセね。
古物商っていうと、リサイクルショップや古本屋さんのような店舗をイメージする人が多いから、それが原因だと思うわ。

なるほど

古物商許可が必要かどうかは、「利益目的の古物の買受け(仕入れ)」があったかどうかが重要であって、ネット取引か店舗の取引かは関係ないわ

ネットの掲示板などには、「ネット取引だと古物商許可がいらないから簡単」などといった無責任な書き込みが見受けられます。

ですが、これは100%ガセです。

古物商許可は古物を利益目的で買受ける場合に必要な資格なのであって、ネット取引か実際の店舗取引かは関係がないので注意が必要です。

無許可営業の罰則はとっても重い

もし無許可で古物取引を続けた場合ってどうなるの?

古物営業法違反で逮捕される可能性があるわね。
その場合「3年以下の懲役または100万円以下の罰金」っていうとっても重い罰則が科されるわ。
刑法の暴行罪が「2年以下の懲役または30万円以下の罰金」であることに比べるとその厳しさがよくわかるわね

せっかく転売で儲かってもそれじゃ意味ないね

許可なく古物取引を行った場合、古物営業法違反として逮捕・処罰されてしまう可能性があります。

実際に、あるオークションサイトの利用者が、古物商の許可なくチケットの転売を繰り返したとして、古物営業法違反で逮捕されニュースで話題になりました。

無許可営業は、取引相手の通報や警察の別事件の捜査など思わぬところから発覚します。

安心して古物取引ができるよう、必ず許可は取得しましょう

ラクマやジモティーで転売する場合に古物商許可は必要? まとめ

ラクマやジモティーで転売する場合であっても古物商の許可は原則として必要です。

古物商許可は、「利益目的で古物を買受ける(仕入れる)場合に必要となる資格」だからです。

ラクマやジモティーで自分の不用品を処分する場合や、逆に不用品を無料で譲り受ける場合には利益目的がないため、古物商の許可は不要です。

ネットでは「ラクマやジモティーでは古物商許可がいらない」といったデマ・ガセが拡散されていますが、安易に信用しないようにしましょう。

気になる方は、専門家である行政書士に相談すれば間違いがありません。

当サイトおすすめ 【取得率100%】古物商許可専門のトラスト行政書士事務所
https://kobutsudaikou.com/
古物商許可取得がネットで完結!トラストなら即日着手&古物営業に必要な特典付き(15,000円相当)

こちらは、これから許可を取得したい、取得すべきかどうか迷っている方向けの窓口です。
古物商許可の取得以外に関するご相談や、個別具体的なご質問、書類の記入方法にご回答は致しかねます。

※ご質問はお一人様一つとさせて頂きます。

よくお問い合わせいただく内容について、以下記事でも詳しく解説しておりますので、ぜひご覧ください。

よくある質問と答え



必要書類や書類の記入方法に関するご質問は、当サイトにて詳しく解説しておりますので各記事をご覧ください。

※ 無料相談での回答によって生じる一切の損害につき、当所は責任を負いかねます。無料相談の回答(録音データ・メール・LINE等)を弊所に無断で転用することを固く禁じます。