【古物商のギモン】どこまでが新品でどこからが中古品なの?

この記事はトラスト行政書士事務所が監修しています

2020年4月1日古物営業法が全面改正されました。そのため記事の内容に一部古い情報がある場合があります。詳しくは【2020年4月1日全面施行】古物営業法が改正されましたをご覧ください。

古物商許可は「中古品」の転売ビジネスをするときに必要となる資格です。

ここでいう中古品とは「一度使用された物」「使用されない物品で使用のために取引された物」「これらの物品に幾分の手入れをしたもの」のことをいいます。

古物営業法違反にならないためには、新品と中古品をしっかり区別できることが重要です。

中古品って誰かが一度使った物だけじゃないの?よく意味がわからないよ~

大丈夫。今回は古物商許可が必要な中古品の意味について、しっかり説明するわ

古物営業法の「中古品」は一般的な中古品と意味が少し違います

古物商許可は「中古品」の転売ビジネスをするときに必要となる資格です。

この許可がないまま、中古品の転売ビジネスをすると、古物営業法違反として警察に逮捕されてしまいます。

逆に、お店やメーカーで仕入れた新品の商品の転売に、古物商許可は必要ありません。

そのため、中古品の転売でお金を稼ぐときは、新品と中古品をしっかりと区別できることが重要です。

古物商許可が必要となる中古品とは、「一度使用された物」「使用されない物品で使用のために取引された物」「これらの物品に幾分の手入れをしたもの」のことをいいます。

一般に使われている「中古品」という言葉とは、少し意味が違うので、どこがどう違うのか、詳しく説明をします。

一度使用された物とは

古物営業法上「一度使用された物」は、中古品にあたります。

そのため、「一度使用された物」の転売をするときは、古物商許可が必要となります。

「一度使用された物」とは、古本や古着、中古家電など、誰かが過去に使用した物のことをいいます。

ここで注意が必要なのは、「使用された」とは、実際に物を動かしたり消費することだけでなく、鑑賞したり保管することも含まれるということです。

そのため、鑑賞用として飾っていた絵画や、プレミアが付くことを期待して自宅で保管していた記念切手なども「一度使用された物」に含まれます。

コレクターから、絵画や切手などを仕入れて転売するときも、中古品の転売にあたるため、古物商許可が必要になるので注意しましょう。

いくら綺麗に飾っていたり保管していても、中古品に含まれるから注意してね

使用されない物品で使用のために取引された物とは

古物営業法では、「使用されない物品で使用のために取引された物」が中古品に含まれると規定しています。

ちょっとわかりにくい条文なのですが、要するに「使用するために購入した物は、結果的に未使用のままでも中古品に含まれる」ということです。

たとえばこぶ吉が、百貨店で新品のTシャツを購入したとします。

ですが、自宅に似たデザインのTシャツがあったため、こぶ吉はこれを着ることはなく、そのままヤフオクに出品することにしました。

このTシャツは、こぶ吉が使用するために購入したけど、未使用のままになっている物なので、古物営業法のいう「中古品」にあたります。

ですから、このTシャツを、こぶ吉から仕入れて転売するときは、古物商許可が必要になるのです。

逆に、「使用のために取引された物」に当たらないのはどういう場合なの?

例えば、小売店や問屋がメーカーから新品の商品を仕入れた場合などは、中古品にはなりません。

なぜなら、小売店や問屋は、販売するためにメーカーと取引したのであって、使用のために取引したわけではないからです。

インターネットを使って商品を仕入れるときは要注意

先ほど、「使用されない物品で使用のために取引された物」は、中古品にあたると説明をしました。

個人が出品している未使用品や未開封品は、ほとんどがこのケースに該当します。

そのため、個人から未使用品や未開封品を仕入れて転売するときは、原則として古物商許可が必要と考えておいた方がよいでしょう。

ここで、注意が必要なのは、インターネットを使って商品を仕入れる場合です。

なぜなら、インターネット上では、出品者が個人かどうかを判断することがとても難しいからです。

会社や法人っぽいサイト名やアカウント名でも、運営しているのが個人であれば、法律上は個人として扱われます。

そのため、インターネットで未使用品や未開封品を仕入れるときは、古物商許可が必要なケースかどうかがわかりにくいのです。

じゃあ、どうすればいいの?

うっかり古物営業法違反になってしまわないために、インターネットをよく利用する人は、念のため古物商許可を取得することをおすすめするわ

「これらの物品に幾分の手入れをしたもの」とは

これまでに説明した、「一度使用された物」と「使用されない物品で使用のために取引された物」に「幾分の手入れをした物」も、中古品に含まれます。

これは、これまでに説明した中古品を修理したり改造した物のことをいいます。

ここで注意が必要なのは、ハンドメイド商品との区別です。

新品の材料だけで作ったハンドメイド商品は、中古品にあたらないため、転売をするときも古物商許可は必要ありません。

ですが、材料の中に1つでも中古品が含まれている場合は、中古品に「幾分の手入れをした物」として、古物商許可が必要になる可能性があるので注意しましょう。

無許可で中古品の転売ビジネスをするとどうなる?

中古品の転売ビジネスをするときは、古物商許可が必要です。

古物商許可を持っていない人は、新品と中古品をしっかり区別して、中古品の転売はしないよう注意しましょう。

もし、無許可で中古品の転売ビジネスをしてしまうとどうなってしまうのでしょうか?

まず、古物商許可がないまま中古品の転売ビジネスをすると、古物営業法違反として警察に逮捕されます。

その場合は、「3年以下の懲役または100万円以下の罰金」というとても重い罰則が科されます。

さらに、無許可営業で逮捕されたら、その後5年間は中古品の転売ビジネスができなくなるというペナルティも受けることになります。

ネットの掲示板などでは、「無許可営業で逮捕されることなんかない」というコメントを目にすることがありますが、これは誤解です。

日本の警察は優秀で、日々、無許可営業に関する捜査をしています。

中古品の転売ビジネスをするときは、必ず古物商許可を取得しましょう。

古物商許可の取得は専門家に頼むのがおすすめです

古物商許可の申請は、専門家である行政書士に頼むのがおすすめです。

なぜなら、その方が圧倒的に簡単に取得できるからです。

古物商許可の申請には、たくさんの難しい書類を用意しなければならず、一般の方が気軽にできるものではありません。

そのため、自分で取得しようとすると、たくさんの時間が無駄になってしまう可能性があります。

ですが行政書士に頼むと、基本的な手続きはすべて任せっきりにしたままで、古物商許可の取得ができます。

また、書類作成のプロによる申請なので、無駄なく最短で許可が下りるというメリットもあります。

もし、これから古物商許可を取得しようと考えているのであれば、行政書士の利用を検討するべきでしょう。

【古物商のギモン】どこまでが新品でどこからが中古品なの? まとめ

古物商許可は、中古品の転売ビジネスをするときに必要となる資格です。

古物営業法の定めている中古品とは、「一度使用された物」「使用されない物品で使用のために取引された物」又は「これらの物品に幾分の手入れをしたもの」のことをいいます。

無許可で中古品の転売ビジネスをすると、古物営業法違反として警察に逮捕される可能性があります。

中古品の転売に興味のある方は、行政書士に依頼するなどして、なるべく早めに古物商許可を取得するようにしましょう。

当サイトおすすめ 【取得率100%】古物商許可専門のトラスト行政書士事務所
https://kobutsudaikou.com/
古物商許可取得がネットで完結!トラストなら即日着手&古物営業に必要な特典付き(15,000円相当)

こちらは、これから許可を取得したい、取得すべきかどうか迷っている方向けの窓口です。
古物商許可の取得以外に関するご相談や、個別具体的なご質問、書類の記入方法にご回答は致しかねます。

※ご質問はお一人様一つとさせて頂きます。

よくお問い合わせいただく内容について、以下記事でも詳しく解説しておりますので、ぜひご覧ください。

よくある質問と答え



必要書類や書類の記入方法に関するご質問は、当サイトにて詳しく解説しておりますので各記事をご覧ください。

※ 無料相談での回答によって生じる一切の損害につき、当所は責任を負いかねます。無料相談の回答(録音データ・メール・LINE等)を弊所に無断で転用することを固く禁じます。