レンタルショーケースでの転売に古物商許可は必要?

この記事はトラスト行政書士事務所が監修しています

2020年4月1日古物営業法が全面改正されました。そのため記事の内容に一部古い情報がある場合があります。詳しくは【2020年4月1日全面施行】古物営業法が改正されましたをご覧ください。

レンタルショーケースで転売をする場合、古物商許可が必要になることがあります。

それは、レンタルショーケースで中古品の転売ビジネスをするときです。

無許可のままレンタルショーケースで中古品の転売ビジネスをすることは、古物営業法違反となり、警察に逮捕されることになります。

今回は、レンタルショーケースの転売に必要な古物商許可について、詳しく説明するわね

レンタルショーケースでの転売には古物商許可が必要です

レンタルショーケースで中古品の転売ビジネスをするときは古物商許可が必要です。

無許可で転売をすると、警察に逮捕されることもあるので注意しましょう。

最近、レンタルショーケースを使った転売が人気です。

レンタルショーケースというのは、お店が売り場としてショーケースを貸し出すサービスのことをいいます。

契約者がお店に利用料を支払うことで、お店に置かれたショーケースを使ってさまざまな商品を販売することができるのです。

販売する商品は基本的に自由で、コミックやフィギュア、ゲームなどさまざまな商品がレンタルショーケースで販売されています。

利用料は、安いお店であれば月額2000円程度で借りることができます。

そのため、利用者はあまりリスクをかけることなく、自分の商品を販売することが可能なのです。

皆さんの中にも、レンタルショーケースの利用を考えている方がいるかもしれません。

ただ、レンタルショーケースを利用するには1つ注意しなくてはならないことがあります。

それは、レンタルショーケースを使って中古品の転売ビジネスをするのであれば、古物商許可という資格をあらかじめ取得しておかなければならないということです。

この許可がないまま、レンタルショーケースで中古品の転売ビジネスをすると、古物営業法違反として警察に逮捕される可能性があります。

古物商許可の取得には、最低でも2か月以上の期間が必要です。

レンタルショーケースで中古品の転売をするのであれば、出来るだけ早めに古物商許可の申請をするようにしましょう。

古物商許可っていう名前は聞いたことがあるんだけど、どんな許可なのかあまり知らないなぁ

簡単にいうと、中古品の転売ビジネスをするときに必要となる資格のことよ

古物商許可は中古品の転売ビジネスに必要な資格です

レンタルショーケースで中古品の転売ビジネスをするには、事前に古物商許可を取得しておかなければなりません。

古物商許可とは、中古品の転売ビジネスをするときに必要となる資格のことをいいます。

転売ビジネスというのは、中古品を転売目的で仕入れる(買い受ける)ことです。

ですから、中古品の転売でお金を稼ぐためには、原則として、古物商許可が必要なのです。

中古品の転売で古物商許可が必要ない場合ってあるの?

自分の不用品を転売したり、タダでもらった物を転売するときは、転売ビジネスにあたらないから古物商許可は必要ないわ

転売の手段や方法は問いません

古物商許可は中古品の転売ビジネスをするときに必要となる資格です。

転売の手段や方法は問いません。

そのため、レンタルショーケースを使って転売する場合でも、他の場合と同じように古物商許可が必要です。

無許可で転売すると、古物営業法違反として警察に逮捕される可能性があるので注意しましょう。

海外で直接仕入れた商品を転売するときは古物商許可は必要ありません

レンタルショーケース利用者の中には、海外で直接仕入れたフィギュアや雑貨などを転売する人がいます。

この場合、古物商許可は必要ありません。

なぜなら、古物営業法は日本国内の中古品転売を規制する法律だからです。

そのため、海外で直接仕入れた商品を日本国内で転売する場合は、古物営業法は適用されず、古物商許可が必要ないのです。

ただし、古物商許可がいらないのは、あくまで海外で中古品を直接仕入れた場合だけです。

もし、取引の間に、日本の輸入代行業者などが入っている場合は、国内の取引と判断され、古物商許可が必要になる可能性があるので注意しましょう。

無許可営業をするとどうなる?

レンタルショーケースで中古品の転売ビジネスをするときは、古物商許可が必要です。

古物商許可を取らずに、中古品の転売ビジネスをすると、古物営業法違反として警察に逮捕されてしまいます。

その場合「3年以下の懲役または100万円以下の罰金」というとても重い罰則を受けることになります。

また、処罰後5年間は古物商許可の取得ができないというペナルティも課せられます。

このように、無許可営業はとてもリスクの大きい行為なので絶対にやらないようにしましょう。

でも、ネットなんかでは無許可で転売している人が結構いるって聞いたことがあるよ?

今は逮捕されていないだけで、無許可営業を続けるといつか必ずバレて逮捕される

実際に有名ブランドの洋服を無許可で転売した人が、古物営業法違反の容疑で警察に逮捕されニュースなどで話題になりました。

テレビで報道されていないだけで、無許可営業で警察に捕まる人はいます。

転売でお金を稼ぎたいのであれば、古物商許可は必ず取得するようにしましょう

古物商許可はどうやって取得すればいい?

古物商許可は、営業所を管轄している警察署で申請をすれば取得できます。

特別な資格などは必要ないので、申請が通れば基本的に誰でも取得することができます。

ただし、古物商許可の申請手続きはかなり面倒なので注意が必要です。

申請にはたくさんの難しい書類を準備しなければならず、また書類にミスがあると申請は受け付けてもらえません。

そのため、場合によっては申請とやり直しを何度も繰り返さないと、許可が下りない可能性があるのです。

もし、楽して簡単に古物商許可を取得したいのであれば、行政書士に依頼するのがおすすめです。

行政書士とは、許認可などの代行をしてくれる法律の専門家のことをいいます。

行政書士に依頼をすれば、基本的な手続きはすべて代わりにやってくれるので、とても便利です。

面倒な手続きは専門家に任せて、空いた時間で転売の準備などを進めた方が効率的です。

気になる方は、一度、古物商許可専門の行政書士に相談することをおすすめします。

レンタルショーケースの転売で稼ぐポイント

レンタルショーケースを使った転売で上手く稼ぐポイントをいくつかご紹介します

契約するショーケースの高さに注意

レンタルショーケースを借りるときは、棚の高さがとても重要になるので注意しましょう。

通常、ショーケースの利用料金は棚の高さごとに違います。

それは、棚の高さが商品の売れ行きに大きく影響するからです。

例えば、男性をターゲットにした商品を置くのであれば、170㎝以上の上段を借りるべきです。

逆に、女性をターゲットにした商品を販売したいのであれば、150㎝以下の少し低い位置を借りましょう。

また、最も人気がないとされる最下段ですが、何とかお客さんをしゃがませることができれば、購買につながるケースが多く、目立つ商品であれば狙ってみるのもよいでしょう。

タイミングに合わせて商品や価格の調整をしましょう

一般的なレンタルショーケースでは、商品の入れ替えは自由です。

ですから、タイミングに合わせて商品の入れ替えをし、効率の良く転売をしていきましょう。

例えば、コミックなどを販売するのであれば、実写化やアニメ化などのタイミングで商品の種類を変えてみるのも一つの手です。

また、イベントなどに合わせて商品の価格を調整するのも有効です。

ただ、場合によっては商品の入れ替えや価格変更ができないショーケースもあるので、あらかじめお店に確認しておくとよいでしょう。

レンタルショーケースでの転売に古物商許可は必要? まとめ

レンタルショーケースで中古品の転売ビジネスをするには古物商許可が必要です。

古物商許可がないままレンタルショーケースで転売ビジネスをすると古物営業法違反で警察に逮捕されることもあります。

もし、レンタルショーケースを使った中古品転売に興味のある方はなるべく早めに、古物商許可を取得しましょう。

古物商許可の取得については、行政書士に依頼すると簡単に許可を取ることができるのでおすすめです。

当サイトおすすめ 【取得率100%】古物商許可専門のトラスト行政書士事務所
https://kobutsudaikou.com/
古物商許可取得がネットで完結!トラストなら即日着手&古物営業に必要な特典付き(15,000円相当)

こちらは、これから許可を取得したい、取得すべきかどうか迷っている方向けの窓口です。
古物商許可の取得以外に関するご相談や、個別具体的なご質問、書類の記入方法にご回答は致しかねます。

※ご質問はお一人様一つとさせて頂きます。

よくお問い合わせいただく内容について、以下記事でも詳しく解説しておりますので、ぜひご覧ください。

よくある質問と答え



必要書類や書類の記入方法に関するご質問は、当サイトにて詳しく解説しておりますので各記事をご覧ください。

※ 無料相談での回答によって生じる一切の損害につき、当所は責任を負いかねます。無料相談の回答(録音データ・メール・LINE等)を弊所に無断で転用することを固く禁じます。