電子ピアノを修理して転売するには古物商許可が必要です

この記事はトラスト行政書士事務所が監修しています

2020年4月1日古物営業法が全面改正されました。そのため記事の内容に一部古い情報がある場合があります。詳しくは【2020年4月1日全面施行】古物営業法が改正されましたをご覧ください。

電子ピアノを修理して転売をするには、ある資格が必要です。

それは「古物商許可」です。

古物商許可って何?持ってなかったらどうなっちゃの?

落ち着いて、こぶ吉。今回は電子ピアノの転売に必要な古物商許可について、詳しく説明をするわ

電子ピアノを修理して転売するなら必ず古物商許可を取得しましょう

電子ピアノを修理して転売をするには、古物商許可を取得しなければなりません

特に中古の電子ピアノを転売する場合は、必ず事前に古物商許可を取得しておきましょう。

最近、転売でお金を稼ぐ人が増えています。

メルカリやヤフオクなどのアプリが充実し、誰でも簡単に転売できるようになったのが理由です。

中でも、転売で稼ぎやすいアイテムとして密かに人気なのが「電子ピアノ」です。

特に中古の電子ピアノは、利益率も高く稼ぎやすいと注目されています。

そのまま転売したり、ジャンク品を自分で修理して転売するのが一般的な転売方法です。

皆さんの中にも、電子ピアノの転売に興味のある方がいるのではないでしょうか?

ただ、電子ピアノの転売をするには、1つ注意しなければならないことがあります。

それは、中古の電子ピアノを転売するには、古物商許可が必要ということです。

もし、古物商許可を取らないで電子ピアノの転売をすると、警察に逮捕される可能性があるので注意が必要です。

そもそも、古物商許可ってどういう許可なの?

それじゃあ、まずは古物商許可がどんな許可なのか詳しく説明するわ

古物商許可は中古品の転売ビジネスに必要な資格

古物商許可とは、中古品の転売ビジネスに必要となる資格のことをいいます。

ですから、中古の電子ピアノを転売してお金を稼ぐためには、必ず古物商許可を取得しなければなりません。

例えば、

  • 中古の電子ピアノをリサイクルショップで仕入れてヤフオクで転売する
  • 中古の電子ピアノをヤフオクで仕入れてメルカリで転売する
  • ジャンク品の電子ピアノを仕入れて、自分で修理してメルカリで転売する

これらのケースでは、すべて古物商許可が必要です。

逆に、電子ピアノを転売する場合でも、それが中古品の転売ビジネスにあたらなければ、古物商許可は必要ありません。

例えば、

  • 新品の電子ピアノを楽器店で購入してヤフオクで転売する
  • 長年愛用してきた電子ピアノを買い替えるためメルカリに出品する
  • 知り合いからタダでもらった電子ピアノをリサイクルショップで売る

などのケースでは、古物商許可は必要ありません。

要するに、新品の電子ピアノを転売する場合や、不用になった電子ピアノを処分する場合、古物商許可はいらないんだね

そういうことね

中古品の電子ピアノを転売するのに古物商許可が必要な理由とは

中古品の電子ピアノを転売するには古物商許可が必要です。

では、なぜ中古品の転売に古物商許可が必要なのでしょうか?

それは、「盗品の流通防止」「盗品の早期発見」という2つの目的のためです。

どういうこと?

泥棒は、盗んだ商品を誰かに売ってお金に換えるのが一般的です。

そのときに、誰でも自由に物の売買ができると、泥棒は簡単にお金を手に入れることができてしまいます。

そこで、中古品の転売を許可制にして、警察がしっかり管理することで、泥棒が活動しにくくしているのです。

また、古物商には取引を記録する義務があるので、万が一、盗品が流通してしまっても、古物商の記録をたどれば盗品を簡単に発見することができるのです。

なるほど。泥棒がお金儲けできなくしているんだ

そうね。そして電子ピアノは価値が高く、盗品の可能性があるから、転売には古物商許可が必要なのよ

古物商許可を取得するときは品目に注意

古物商許可を取得したからといって、どんな中古品でも転売できるわけではありません。

古物商が扱える中古品は、法律によって13個の種類に分けられています。

この中古品の種類のことを「品目」といいます。

古物商許可を取得するときは、自分で扱いたい品目を選んで申請しなければなりません。

法律が定めた13の品目は以下のとおりです。

  • 美術品類
  • 衣類
  • 時計・宝飾品類
  • 自動車
  • 自動二輪車及び原動機付自転車
  • 自転車類
  • 写真機類
  • 事務機器類
  • 機械工具類
  • 道具類
  • 皮革・ゴム製品類
  • 書籍
  • 金券類

この中で、電子ピアノを転売するのであれば「道具類」を申請します。

他の品目を申請した場合、電子ピアノを転売することはできないので注意しましょう。

もし間違って別の品目を申請しちゃったらどうすればいいの?

その場合は、品目の変更や追加ができるから安心して

古物商許可の取得はプロに任せましょう

古物商許可の取得は、プロに代行を依頼するのがおすすめです。

なぜなら、その方が簡単に古物商許可を取ることができるからです。

古物商許可の申請には、たくさんの書類が必要になります。

書類の多くは、住民票など平日にしか取得できないものが多く、場合によっては会社やバイトを休まなければならなくなります。

また、申請の手続きは複雑でわかりにくく、一般の方が自分でやると必ずミスが発生します

ミスが発生した場合は、担当の警察官からやり直しを指示され、なかなか手続きが先に進みません。

そのため、自分で申請をすると、何か月たっても許可が下りない可能性があるのです。

ですから、古物商許可の申請は、プロに任せるのがおすすめです。

ここでいうプロとは、古物商許可を専門に扱っている行政書士のことをいいます。

行政書士に依頼をすれば、必要な書類の準備から、担当警察官との交渉まで、面倒な手続きはほとんど代わりにやってくれるのでとても便利です。

もし、これから転売ビジネスを始めるのであれば、面倒な古物商許可の取得はプロに任せて、自分はビジネスの準備に専念するべきです。

もし興味のある方は、行政書士に相談してみるとよいでしょう。

電子ピアノの修理・転売は儲かる?

中古の電子ピアノを修理して転売するビジネスは儲かります

これから、その主な理由について説明します。

まず、中古の電子ピアノの修理・転売が儲かる1つ目の理由は「ライバルが少ないこと」です。

一般家電やブランド品といった人気ジャンルと違い、電子ピアノの転売には、ほとんどライバルがいません。

そのため、ライバルと競って転売価格を下げる必要もなく、転売初心者でも稼ぎやすい商品といえるのです。

電子ピアノの転売が儲かる理由の2つ目は「利益率が高い」ことです。

電子ピアノは新品の価格が高いので、中古品がよく売れます。

ジャンク品を修理して転売できる知識や技術があれば、安く仕入れて高額で転売することが可能です。

ジャンク品といっても、商品の状態はさまざまで、中には内部のほこりを取るだけで済むものもあります。

簡単に安く修理できるものを選んで仕入れることができれば、さらに利益率がアップします。

電子ピアノを修理して転売するには古物商許可が必要です まとめ

電子ピアノを修理して転売するには、古物商許可が必要です。

古物商許可は、中古品の転売ビジネスに必要となる資格だからです。

古物商許可なく電子ピアノの修理・転売をすると警察に逮捕されてしまう可能性があるからです。

無許可営業で警察に逮捕された場合「3年以下の懲役または100万円以下の罰金」として、重く処罰されます。

もし、電子ピアノの修理・転売に興味があるのであれば、行政書士に相談するなどして、早めに古物商許可を取得することをおすすめします。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

当サイトおすすめ 【取得率100%】古物商許可専門のトラスト行政書士事務所
https://kobutsudaikou.com/
古物商許可取得がネットで完結!トラストなら即日着手&古物営業に必要な特典付き(15,000円相当)

こちらは、これから許可を取得したい、取得すべきかどうか迷っている方向けの窓口です。
古物商許可の取得以外に関するご相談や、個別具体的なご質問にはご回答は致しかねます。
※ご質問はお一人様一つとさせて頂きます。

よくお問い合わせいただく内容について、以下記事でも詳しく解説しておりますので、ぜひご覧ください。

よくある質問と答え



必要書類や書類の記入方法に関するご質問は、当サイトにて詳しく解説しておりますので各記事をご覧ください。

※ 無料相談での回答によって生じる一切の損害につき、当所は責任を負いかねます。無料相談の回答(録音データ・メール・LINE等)を弊所に無断で転用することを固く禁じます。