ヤフオクで警察に捕まるかもしれない転売とは?

この記事は専門家が監修しています

オークションサイトの最大手「ヤフオク」

必要な商品を購入したり、いらない物を売ったり、中には転売でお金を稼いだりなど、使い方は様々です。

ただ、ヤフオクで転売をすると警察に逮捕されるケースがあることをご存じでしたか?

ヤフオクで転売して警察に逮捕される代表的なケースは以下の2つです。

  • 無許可での古物転売(無許可営業)
  • 本人確認義務違反の転売

どっちもあまり聞いたことないなぁ

たしかに、あまり馴染みのない言葉だと思います。

ですが、実際にこの2つのケースに該当して逮捕された人は意外と多いのです。

今回は、それぞれについて詳しく説明をします。

ヤフオクの転売で警察に捕まるかもしれない2つのパターン

無許可での古物転売(無許可営業)

ヤフオクの転売で特に注意しなければならないのが「無許可営業」です。

なぜなら、警察に捕まる可能性がとても高いからです。

無許可営業とは、具体的には「古物商許可を取得しないでヤフオクで古物の転売をくりかえすこと」をいいます。

古物商許可~?

古物商許可という言葉は、あまり聞いたことのない方が多いかもしれません。

古物商許可とは、古着や中古家電などの中古品(古物)で転売ビジネスをする際に必要となる資格のことです。

この許可を取得しないままビジネス目的で古物を転売すると「無許可営業」となり、警察の逮捕の対象になるのです。

警察に逮捕された場合の罰則は「3年以下の懲役又は100万円以下の罰金」と、とても重いので注意してね

古物商許可は転売ビジネスをする場合に必要

古物商許可がないと絶対にヤフオクで転売したらいけないの?

古物商許可は、中古品(古物)をビジネスとして転売する場合に必要となる資格です。

ですから、ビジネスとしての転売でなければ、ヤフオクで転売をしても警察に逮捕されるということはありません

具体的には、次のような場合、古物商許可は不要です。

  • 引っ越しでいらなくなった家具をヤフオクで転売する
  • 新しい車を購入したので古い車をヤフオクで転売する
  • 景品でゲーム機が当たったけどいらないのでヤフオクで転売する

これらの場合、どれも転売ビジネスとはいえません。

そのため、古物商許可がなくても警察に捕まることはないのです。

ネット取引でも古物商許可は必要です

古物商についてネットで検索をすると色々な情報が出てきます。

その中で、たまに「ネットの取引だったら許可なんていらない」という書き込みなどを目にすることがあります。

ですが、この情報は完全にウソです。

許可が必要かどうかの重要なポイントは、上で説明したとおり「ビジネス目的で転売をしたかどうか」です。 

ネット取引かどうかは関係がありません。

ですから、ヤフオクで転売ビジネスをするには古物商許可が絶対に必要なのです。

ネットの情報は簡単に信用しないように注意しましょう。

このサイトもネットの情報なんだけど・・・・

このサイトは専門家が内容に間違いがないか、しっかりチェックしているから信用しても大丈夫よ

本人確認義務違反の転売

ヤフオクの転売で警察に捕まる代表的なケースの2つ目は「本人確認義務違反」です。

これは、古物商が古物を買い取る場合に、相手の本人確認をしなかったことを理由に逮捕されるケースです。

古物商の許可を取っても逮捕されることがあるの~?

ヤフオクを使った転売ビジネスには古物商許可が必要だと説明をしました。

ただし、古物商許可を取ればもう逮捕される心配がなくなるというわけではありません。

古物商が古物を買い取る場合、相手の氏名や住所、年齢、職業などをきちんと確認する義務があります。

古物商がこの義務に違反すると「本人確認義務違反」として警察に捕まる可能性があるのです。

許可を取ったからといって安心はできないのね

なぜ古物商は本人確認が必要?

なんで、わざわざ本人確認なんてしなくちゃいけないの?

中古品の転売を「古物商」という許可制にした理由は、泥棒が盗品を転売できなくするためです。

もし、誰でも許可なく転売ができるとした場合、泥棒は簡単に盗んだ物を転売してお金に換えることができてしまいます

ですが、転売を許可制にして、さらに相手の本人確認まで必要だとするとどうでしょう?

泥棒が転売しようとしても、氏名や住所などを確認されてしまうのでは、盗品を売却しにくいですよね。

また、盗品が次々に転売されたとしても、本人確認をしっかりしていれば、その情報を元に盗品を現在誰が持っているか調べることは簡単です。

このように、泥棒が盗品を売却しにくくするために「古物商許可」と「本人確認義務」があるのです。

本人確認って具体的にどうするの?

本人確認義務は法律で定められたルールなので、「本人かどうかが判断できればどんな方法でもいい」というわけではありません。

本人確認の方法についてもしっかりと法律で決まっているのです

特にヤフオクなどのネット取引の場合、簡単に他人がなりすますことができるので、厳しいチェックが求められています。

法律にで定められた確認方法はいくつかありますが、代表的なものを紹介します。

  • 相手に対して本人限定受取郵便等により古物の代金を送付する契約を結ぶこと
  • 相手から住民票の写し等の送付を受け、そこに記載された住所宛に簡易書留等を転送しない取扱いで送付して、その到達を確かめること

本人限定受取郵便というのは、免許証など身分証明書を提示しないと受け取ることができない郵便方法です。

相手から氏名や住所を聞いて、その宛先に本人限定受取郵便等で代金を送れば、届いた時点で間違いなく本人であることが確認できます。

住民票をもらって、そこに代金を送付して到達を確かめた場合も本人であることが確認されます。

本人確認方法は、まだまだ他にもあるからもし気になる人は、管轄の警察に聞いてみるといいわ

古物商許可の取得は専門家に任せると簡単

ヤフオクの転売ビジネスで警察に捕まらないためには、まず古物商許可を取得することです。

古物商許可の申請は自分ですることもできますが、

  • 平日は忙しくてあまり時間がない
  • 面倒な手続きが嫌い

という方は、専門家(行政書士)に依頼をすることをお勧めします。

古物商許可を取得するには、平日に何回も警察署や役所に通う必要があります。

また、ミスが1つあると申請はやり直しになるので、正直とても面倒です。

行政書士に依頼をすると、基本的には何もしなくても最短で許可を取ることができます。

最近では、電話やメールだけでなくLINEでも依頼を受けてくれる行政書士もいるようなので、一度相談をするとよいでしょう。

ヤフオクで警察に捕まるかもしれない転売とは? まとめ

ヤフオクで警察に捕まるかもしれない転売とは、

  • 無許可での古物転売(無許可営業)
  • 本人確認義務違反の転売

です。

警察に捕まった場合、「3年以下の懲役又は100万円以下の罰金」
という重い罰則が科せられます。

ヤフオクの転売ビジネスで警察に捕まらないためには、まずは古物商許可を取得することが必要です。

古物商許可の申請は自分ですることも可能ですが、その場合、長い時間と大きな手間がかかります。

簡単になるべく早く許可が取りたいという方は、専門家である行政書士に依頼することをお勧めします。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

当サイトおすすめ 【取得率100%】古物商許可専門のトラスト行政書士事務所
https://kobutsudaikou.com/
古物商許可取得がネットで完結!トラストなら即日着手&古物営業に必要な特典付き(15,000円相当)





必要書類や書類の記入方法に関するご質問は、当サイトにて詳しく解説しておりますので各記事をご覧ください。

※ 無料相談での回答によって生じる一切の損害につき、当所は責任を負いかねます。無料相談の回答(録音データ・メール・LINE等)を弊所に無断で転用することを固く禁じます。