「転売」の基準とは?

この記事はトラスト行政書士事務所が監修しています

2020年4月1日古物営業法が全面改正されました。そのため記事の内容に一部古い情報がある場合があります。詳しくは【2020年4月1日全面施行】古物営業法が改正されましたをご覧ください。

  • 転売ビジネス
  • 転売で儲ける
  • チケットの転売で逮捕
  • 転売ヤー

などなど…

転売』という言葉を何かと耳にしますが、いったいどういう基準で『転売』になるのかイマイチ分からないという人も多いのではないでしょうか。

転売の意味を、今一度、詳しく解説しましょう。

『転売』という言葉の意味

転売』という言葉の意味は、『買ったものを、売りわたすこと』です。

例えば…

  • 引っ越すことになり、使っていた家具をリサイクルショップに売る
  • コレクションしていたスニーカーを、断捨離のためにヤフオクで売る
  • 5年前に買った土地を、価値が上がったので売却する

これらの行為はすべて、転売です。

チケットの転売で逮捕』、『転売ヤー』など、ニュースなどで聞く転売という言葉の印象から、転売にマイナスのイメージをいだいている人も多いかと思います。

上の例からも分かるように、転売は法律違反でもないし、悪いことでもないんじゃ。

じゃぁ、なんで転売は悪いことだと思われるの?

転売でビジネスをすると、法律がからんでくるからじゃろうな。

転売自体を規制する法律はありませんが、転売でビジネスをするときには、守らなければならない法律があります。

転売でビジネスをする人の中には、法律を守っていない人がいたり、そもそも法律があることを知らずにいる人もいるのです。

悪質な転売で逮捕される人も、少なからずいることから、マイナスなイメージがつきやすいと考えられます。

次の章で、転売のビジネスについて解説します。

転売ビジネスには古物商許可が必要

ものを転売することは、違法ではありません。

うまく転売すると、お金をかせぐこともできるので、世の中にはいろいろな転売ビジネスが生まれています。

  • リサイクルショップ
  • 中古車屋
  • 古本屋
  • 金券ショップ

これらの転売ビジネスに共通していることは、『中古品を仕入れて転売している』ということです。

このような、中古品を仕入れて転売するビジネスは、始めるのに許可がいるんです。

そうなんだ!勝手に始めちゃいけないのね。

これは法律で決められていることで、古物商許可という許可を取らないといけません。

古物商許可を取らずに営業すると、もちろん、法律違反です。

そっか~。それで逮捕されちゃう人がいるのかぁ~。

まぁ、お店を開く場合、古物商許可を取らずに逮捕されるというパターンは、そんなにないだろうな。

中古品を仕入れて転売するビジネスは、例に挙げたようなお店だけではありません。

せどりという転売ビジネスもあります。

せどり?

例えば、

高く売れそうな100円の古本をブックオフで買って、Amazonで500円で売る

これが、せどりです。

古本屋がやっていることを個人でやるようなイメージじゃな。

せどりは、元々、古本屋業界から生まれた言葉ですが、今では、転売するものは古本に限りません。

  • 100円の中古CDをヤフオクで買って、ヤフオクに500円で売る
  • 1万円のビンテージジーンズを古着屋で買って、Amazonで5万円で売る
  • 発売日に並んで買ったiPhoneを、買ってすぐにAmazonで定価より高く売る

これらもみんな、せどりです。

ものを買う場所、それを転売する場所は、どこでもアリですし、ものが中古か新品かも、どっちでもいいです。

ものを安く仕入れて、それを高く売って差額で儲けることが、せどりです。

そんな転売ビジネスがあるのね~。

せどりを始めるときにも、扱うものが中古品であれば古物商許可が必要なんじゃよ。

ちなみに、先ほど解説したように、古物商許可は、“中古品”を仕入れて転売するビジネスに必要な許可です。

なので、中古品ではなく、新品を仕入れて転売する場合には、古物商許可は不要です。

さっきの例だと、iPhoneの転売が新品のせどりに当てはまるな。

古物商許可は、リサイクルショップなどのお店が取る許可だというイメージが強いです。

せどりをやっている人の中には、許可が必要だと知らずに取引している人も多いと思われます。

それで逮捕される人がいるんだね。

どちらかと言えばそうじゃろうな。

古物商許可を取らないことの罰は重い

古物商許可を取らずに、中古品を仕入れて転売するビジネスを始めたら、法律違反です。

逮捕された場合は、重い罰則もあります。

3年以下の懲役または100万円以下の罰金、もしくは両方です。

思ってたより重い!

そうじゃろ。転売ビジネスを始めるなら古物商許可をちゃんと取らなくちゃいかんぞ。

新品にしか見えないものでも法律上は中古品

新品の商品を仕入れてせどりをするなら、古物商許可は不要だと先述しました。

ただ、仕入れる商品が新品かどうかの判断には注意が必要です。

どう見ても新品でも、法律上は中古品として扱われることもあるんじゃよ。

なにそれ?どういうこと?

法律での中古品の定義には、このようなものがあります。

使っていないものでも、取引されたことがあるものは中古品

これは、どういうことかと言うと、例えば…

聴くつもりで買ったものの、ビニールをはがしていないCD

などです。

CD自体はビニールもついたままで、どう見ても新品ですが、お店で買った(取引された)ものなので、法律上は中古品としてあつかわれます。

へぇ~そうなのね!

じゃぁ、そのCDを転売するには、古物商許可が必要なんだね。

ちょっとややこしいんじゃが、そのCDを買ってきた人が転売するのなら、許可は不要じゃ。

例1
Aさんが、新品のCDをCDショップで買ってきて、ビニールをはがしていない状態でヤフオクに出品する。

例1の取引では、Aさんに古物商許可は不要です。

直売店で買った新品を、一切使わわずに転売することは、新品の転売になります。

古物商許可は、中古品を仕入れて転売するための許可なので、新品の転売には許可は不要です。

例2
例1でヤフオクに出品されたCDを、Bさんが落札して、Amazonで売る。

例2の取引だと、Bさんには古物商許可が必要です。

落札したCDの状態は、例1と全く同じ新品ですが、AさんがCDショップで買った(取引した)ものなので、このCDは法律上は中古品となり、例2中古品を転売目的で買っているということになります。

法律ってややこしいのね…

AさんはCDをヤフオクに出品するとき、商品説明に『新品・未開封』と書くでしょう。

Bさんは、新品を仕入れたいのなら、『新品・未開封』の表示だけで判断せずに、慎重に仕入れなくてはなりません。

古物商許可を取るなら行政書士

転売のことをいろいろ学んだから、転売ビジネスをやってみたくなったんじゃないかな。

やりた~い!

ならば、まずは古物商許可を取ることからじゃな。

古物商許可って、どうやって取るの?

古物商許可の取り方をザックリ言うと…

必要な書類をそろえて、警察署に持っていって申請する

それだけです。

おぉ!簡単そうだね。

ところがどっこい。

古物商許可の申請に使う書類は、聞き慣れないものばかりです。

例えば?

身分証明書

身分証明書ぐらい知ってるよ。

ここで言う身分証明書とは、いわゆる、運転免許証などのことではないぞ。

身分証明書とは、役所で交付してもらう書類のことで、『破産手続き開始の決定を受けて復権を得ない者』ではないことを証明するために必要です。

何じゃそれ?難しいなぁ…

また、書類は役所などを回って集めないといけないので、日中、働いている人だと時間が取れません。

ちなみに、身分証明書は、本籍地の役所でもらうんじゃ。

本籍地!?今、住んでるとこじゃダメなの?

それは面倒だなぁ…

そして、必要な書類は、申請する人によって違います

全部そろえたつもりで申請したら、警察から足りない書類を指摘されて、やり直しになることもあります。

全然、簡単じゃないや…

でも、簡単にできる方法もあるぞ。

古物商許可は、行政書士に頼んでしまえば簡単に取ることができます。

行政書士は、古物商許可を取りたい人に代わって、申請に必要な作業をやってくれる専門家です。

こちら側ですることは特になく、行政書士におまかせするだけで、古物商許可を取ることができます。

そんな専門家がいるの!すごく便利ね!

転売ビジネスをやってみたい方、古物商許可を取るときは、行政書士に頼むのがオススメです。

「転売」の基準とは? まとめ

『転売』とは、『買ったものを、売りわたすこと』です。

転売自体は、法律違反ではありません。

中古品を仕入れて転売するビジネスを始めるには、古物商許可が必要です。

新品を仕入れて転売する場合には、古物商許可は不要です。

古物商許可を取るときは、行政書士に頼むと簡単に許可が取れて便利です。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

当サイトおすすめ 【取得率100%】古物商許可専門のトラスト行政書士事務所
https://kobutsudaikou.com/
古物商許可取得がネットで完結!トラストなら即日着手&古物営業に必要な特典付き(15,000円相当)

こちらは、これから許可を取得したい、取得すべきかどうか迷っている方向けの窓口です。
古物商許可の取得以外に関するご相談や、個別具体的なご質問にはご回答は致しかねます。
※ご質問はお一人様一つとさせて頂きます。

よくお問い合わせいただく内容について、以下記事でも詳しく解説しておりますので、ぜひご覧ください。

よくある質問と答え



必要書類や書類の記入方法に関するご質問は、当サイトにて詳しく解説しておりますので各記事をご覧ください。

※ 無料相談での回答によって生じる一切の損害につき、当所は責任を負いかねます。無料相談の回答(録音データ・メール・LINE等)を弊所に無断で転用することを固く禁じます。