一番くじの景品を転売するのは違法?

この記事はトラスト行政書士事務所が監修しています

2020年4月1日古物営業法が全面改正されました。そのため記事の内容に一部古い情報がある場合があります。詳しくは【2020年4月1日全面施行】古物営業法が改正されましたをご覧ください。

一番くじの景品を転売することは違法ではありません。

ただし、場合によっては、古物商許可という資格が必要になることがあります。

それは、中古の景品で転売ビジネスをするときです。

このとき、古物商許可がないと古物営業法違反として警察に逮捕されてしまう可能性があります。

一番くじの景品って高く売れることが多いから、メルカリやヤフオクを使ってよく転売してるよ。逮捕されるかもしれないなんて知らなかったよ

知らない人は結構多いみたいね。古物商許可が必要な転売かどうか、自分でしっかりと区別できるようになることが重要ね

そこで今回は、どういう場合に古物商許可が必要になるのか、わかりやすく具体例をあげながら説明していきたいと思います。

一番くじの景品を転売するのは原則として違法ではない

一番くじの景品を転売することは、原則として違法ではありません。

なぜなら、一番くじの景品の転売を規制する法律はないからです。

一番くじとは、バンダイが全国のコンビニや書店などで販売しているくじのことです。

景品は主にバンダイのキャラクターグッズで、一番くじでしか手に入らないものが多いのが特徴です。

そのため、人気キャラクターの一番くじの発売時期になると、コンビニに長い行列ができることもあります。

一番くじの価格はだいたい1回600円前後ですが、人気のグッズだとプレミアが付いて、数万円で取引されています。

600円で当てた景品が数万円で売れるのであれば、結構夢のあるくじだといえますね。

ただ、皆さんの中には、「一番くじの景品を売るのって違法じゃないの?」と疑問に思う方がいるかもしれません。

ご安心ください。

一番くじの景品を転売することは、原則として違法ではありません。

なぜなら、今の日本に、くじで当たった景品を売ってはいけないという法律はないからです。

ただ、転売の目的や方法によっては、古物商許可という資格が必要になることがあります。

その場合に、許可なく景品を転売すると、古物営業法違反として警察に逮捕されるかもしれないので注意が必要です。

逮捕されるとか怖すぎる~

そうならないためには、どういう場合に古物商許可が必要になるのか、知っておくことが重要ね

古物商許可が必要かどうかのポイントは2つ

古物商許可とは、中古品の転売ビジネスをするときに必要となる資格です。

そこで、一番くじの景品を転売するときに、古物商許可が必要かどうかのポイントは、

  • 一番くじの景品が中古品にあたるかどうか
  • 転売ビジネスといえるかどうか

という2つです。

それぞれ具体的に見ていきましょう。

中古の一番くじの景品を転売するときは古物商許可が必要

コンビニや書店で手に入れた一番くじの景品を転売するとき、古物商許可は必要ありません。

なぜなら、コンビニなどで手に入れた一番くじの景品は中古品(古物)に当たらないからです。

逆に、ブックオフやリサイクルショップなどで中古の一番くじの景品を仕入れて転売するときは、古物商許可が必要です。

ここで注意しなければならないのは、法律では「既に取引されたことのある物は、未使用品や未開封品でも中古品(古物)に含まれる」と定められていることです。

要するに、ブックオフなどで未使用・未開封の景品を仕入れて転売するときも、中古品の場合と同じように古物商許可が必要なのです。

ネットで仕入れるときも同じです。

メルカリなどで個人が出品している景品は、その人が既に取引して手に入れた物なので、中古品(古物)に含まれます。

そのため、その景品を仕入れて転売する場合は、古物商許可が必要になります。

どうして未使用品でも古物商許可が必要になるの?

そもそも古物商許可は、中古品の転売を規制して盗品の流通を防止することが目的です。

未使用品でも一度取引されてしまうと、その途中で盗品が混じってしまう可能性が高くなります。

そのため、既に取引されたことのある物については、中古品(古物)として扱うと定められているのです。

古物商許可は転売ビジネスをするときに必要です

古物商許可が必要かどうかは、取引の目的も重要なポイントです。

古物商許可は、中古品の転売ビジネスをするときに必要です。

そして、転売ビジネスというのは、転売目的で中古品を仕入れることをいいます。

ですから、転売目的で仕入れた商品でなければ、転売するとき古物商許可は必要ありません。

例えば、

  • コレクター引退のため集めてきた景品をメルカリに出品する
  • 引越しの際にいらなくなった景品をブックオフで売る
  • 同じ景品が2つ当たってしまったので1つをヤフオクに出品する

これらのケースは、転売ビジネスにあたらないため古物商許可は必要ないのです。

でも、転売目的で購入したかどうかって、本人しか分からない気がするんだけど・・・

転売目的だったかどうかについては、無許可営業を取り締まっている警察が判断をします

無許可営業の疑いがあるとき警察は、過去の取引回数や金額などから転売目的の有無を調べるのです。

警察から転売目的と判断されてしまった場合、下手な言い訳は通用しません。

もし、心当たりのある方は、出来るだけ早く古物商許可を取得するようにしましょう。

でも、古物商許可ってどうやって取得すればいいの?

古物商許可を取るのにはとっても簡単な方法があるの

古物商許可は簡単に取得する方法があります

古物商許可を取得するにはとても簡単な方法があります。

それは、行政書士に依頼をするという方法です。

自分で古物商許可を取得しようとすると、役所などをまわってたくさんの書類を準備しなければならないため、とても面倒です。

また、一度で申請が通ることはほとんどなく、何度も警察に足を運ばなければならないのです。

ですが、行政書士に依頼をすれば、最短で確実に古物商許可を取得することができます。

もし、効率的に古物商許可の取得がしたいのであれば、行政書士に依頼をするべきです。

一番くじの景品を転売して上手に稼ぐポイント

一番くじの景品を転売して上手に稼ぐポイントは、次の2つです。

  • なるべく早く売る
  • 残りの景品数を把握する

一番くじの景品の価格は、日が経つにつれてどんどん下がるのが一般的です。

中には期間を置くことでプレミアがつく商品もありますが、かなり稀なうえ、プレミアのつく商品を見分けるには専門的な知識が必要です。

もし、グッズの知識があまりない方であれば、なるべく早く売る方がよいでしょう。

中には、景品を当てる前に予約販売をする方もいるようですが、万が一、注文の品を手に入れられなかった場合は、クレームにつながる等のリスクがあるので注意が必要です。

また、むやみやたらにくじを引くのではなく、残りのくじの数と景品数を計算したうえで購入しましょう。

その方が、目的の商品を手に入れやすくなります。

また、残りのくじ数を計算しておけば、最後のくじを引いた人に特別な景品がもらえる「ラストワン賞」狙いもできるのでおすすめです。

一番くじの景品を転売するのは違法? まとめ

一番くじの景品を転売することは違法ではありません。

ですが、中古の景品を転売目的で仕入れる場合は、例外的に古物商許可という資格が必要になります。

もし、この許可が必要なのに無許可で転売をすると、古物営業法違反として警察に逮捕されるので注意しましょう。

古物商許可の取得については、自分で手続きをするととても大変なので、行政書士という専門家を利用すると効率よく取得できるのでおすすめです。

当サイトおすすめ 【取得率100%】古物商許可専門のトラスト行政書士事務所
https://kobutsudaikou.com/
古物商許可取得がネットで完結!トラストなら即日着手&古物営業に必要な特典付き(15,000円相当)

こちらは、これから許可を取得したい、取得すべきかどうか迷っている方向けの窓口です。
古物商許可の取得以外に関するご相談や、個別具体的なご質問、書類の記入方法にご回答は致しかねます。

※ご質問はお一人様一つとさせて頂きます。

よくお問い合わせいただく内容について、以下記事でも詳しく解説しておりますので、ぜひご覧ください。

よくある質問と答え



必要書類や書類の記入方法に関するご質問は、当サイトにて詳しく解説しておりますので各記事をご覧ください。

※ 無料相談での回答によって生じる一切の損害につき、当所は責任を負いかねます。無料相談の回答(録音データ・メール・LINE等)を弊所に無断で転用することを固く禁じます。