メルカリで転売するのは違法?

この記事はトラスト行政書士事務所が監修しています

2020年4月1日古物営業法が全面改正されました。そのため記事の内容に一部古い情報がある場合があります。詳しくは【2020年4月1日全面施行】古物営業法が改正されましたをご覧ください。

メルカリで物を転売することは、違法ではありません。

ただし、古物商許可を取らずに、仕入れた中古品をメルカリで転売すると、違法となります。

2020年3月15日から、マスクを定価より高く転売すると、違法となります。

古物商許可って何だ?

ワシが詳しく解説するとしよう。

メルカリで物を転売することは違法ではない

メルカリで物を転売することは、違法ではありません。

大体、違法だったら、みんなやらないじゃろ。

でも、SNSで「違法だぞ!」って怒ってる書き込みをよく見かけるよ?

メルカリで物を転売することは、たしかに、違法ではありません。

しかし、SNSで、「転売は違法だ!」といった内容の書き込みを、よく見かけることがあるでしょう。

実は、そういった書き込みは、あながち間違ってはいません。

メルカリで物を転売することは、やり方によっては違法にもなるのです。

えっ!?転売のやり方で、合法にも違法にもなるってこと!?

そうなんじゃよ。

メルカリで物を転売することが違法となるケースを、次の章で詳しく解説しましょう。

古物商許可を取らずに、仕入れた中古品をメルカリで転売すると違法

仕入れた中古品をメルカリで転売する場合、古物商許可がないと違法になります。

ポイントは3つじゃ。

メルカリで物を転売することが違法となるケースは、『仕入れ』、『中古品』、『古物商許可』という3つのポイントから判断します。

ポイント1 仕入れ

まずは、仕入れです。

仕入れとは、転売するために物を買うことです。

仕入れた物をメルカリで転売すると、違法となる可能性があります。

例えば、次のようなものは、仕入れた物にはあたらないので、メルカリで転売しても違法にはなりません。

  • 自分で使っていたが、いらなくなった物
  • タダでもらった物

仕入れた物の転売…メモメモ…

ポイント2 中古品

次に、中古品です。

中古品をメルカリで転売すると、違法となる可能性があります。

なので、新品をメルカリで転売しても違法にはなりません。

中古品っと…メモメモ…

ここで、一旦、整理しよう。

仕入れた物をメルカリで転売しても、それが新品なら、違法にはなりません。

また、中古品をメルカリで転売しても、それが仕入れた物でなければ、違法にはなりません。

『仕入れた物の転売』『中古品の転売』、2つのポイントの両方に当てはまる転売が、違法となる可能性があります。

つまり、仕入れた中古品をメルカリで転売すると、違法となる可能性があるということです。

『可能性がある』ってことは、絶対に違法ではないの?

ポイントがあと1つあったじゃろ。

仕入れた中古品をメルカリで転売することが、すべて違法になるわけではありません。

実は、仕入れた中古品を転売することは、許可を取っていれば違法にはならないのです。

ポイント3 古物商許可

この許可を取っていると、仕入れた中古品を転売することが、違法ではなくなります。

それが、3つ目のポイント、古物商許可です。

古物商許可とは、警察が管理している許認可の一つで、中古品を転売目的で仕入れるときに必要となる許可です。

一般的には、リサイクルショップや中古車屋など、中古品を売り買いしているお店を営業するのに必要な許可として、認識されていることが多い許可です。

そのようなお店に古物商許可が必要なのはもちろんですが、メルカリの取引であっても、仕入れた中古品を転売するなら、古物商許可が必要です。

つまり、古物商許可を取らずに、仕入れた中古品をメルカリで転売することが、違法となります。

なるほど!

中古品を転売目的で仕入れるためには古物商許可が必要

古物商許可を取らずに、仕入れた中古品を転売すると違法となります。

これは、メルカリに限ったことではありません。

Amazonやヤフオク!といった、メルカリ以外のショッピングサイトやアプリ、または、リサイクルショップの店舗など。

どのような媒体やお店でも、古物商許可を取らずに、仕入れた中古品を転売すると、違法となります。

もう少し補足するとだな…

古物商許可は、中古品を転売目的で仕入れるときに必要な許可だと、先述しました。

つまり、取引に古物商許可が必要かどうかは、物を仕入れるときに判断します。

なので、転売が違法かどうかも、転売する物を仕入れるときに判断します。

厳密に言うと、古物商許可を取らずに、仕入れた中古品を”転売すること”が違法なのではなく、古物商許可を取らずに、中古品を転売目的で”仕入れること”が違法となります。

重い罰則もある

古物商許可を取らずに、仕入れた中古品をメルカリで転売することは、違法です。

このような取引を行うと、3年以下の懲役または100万円以下の罰金、もしくは両方が、科せられる可能性があります。

( ゚Д゚)ひえぇ~!

中古品を仕入れて本格的に転売したいなら、きちんと古物商許可を取るんじゃよ。

古物商許可を取るなら行政書士がオススメ

古物商許可を取るなら、行政書士のサポートを受けることをオススメします。

古物商許可を取るには、必要な書類を用意して、警察署に申請して、審査に通る必要があります。

書類は、見慣れないものも多く、また、申請する人によって異なるので、自分に必要な書類を把握するのは大変です。

また、書類を手に入れるために役所に出向く必要もあるので、手間がかかります。

そうなんだ~。面倒くさいね。

行政書士のサポートを受けた場合、面倒なことはすべて、行政書士が代わってくれます

行政書士は、依頼者に必要な書類をすぐに判断して、役所に書類を取りに行くことも、代わりにやってくれます。

警察署への申請も代わってくれるので、依頼者は、ほとんど何もせずに待っているだけで、古物商許可を取ることができます

へぇ~!こんなに便利なサポートがあるんだ!

行政書士には、分からないことを質問することもできるから、オススメじゃよ。

メルカリで物を転売するとき、違法にはならないケース

メルカリで物を転売するとき、違法にはならないケースを紹介しましょう。

  • 自分で使っていたが、いらなくなった物を転売する
  • タダでもらった物を転売する
  • 新品を転売する

このような転売をメルカリで行っても、違法ではありません。

また、このような転売を行うとき、古物商許可があってもなくても、結論は変わりません。

ただ、『新品を転売する』は、ややこしいから、詳しい解説が必要じゃな。

ルールを知らないと、新品のつもりで中古品を取引するかもしれない

『新品の転売』は、ややこしい点があるので、詳しく解説しましょう。

古物商許可のルールでは、新品の捉え方が、一般的な感覚とは異なります。

古物商許可には、『物自体が新品であっても、一度でも取引されたものは中古品とみなす』というルールがあります。

よく分からないなぁ?

例1
CDショップで新品のCDを転売目的で買って、それを未開封のまま、メルカリで転売する。

例1の取引は、新品の転売なので、違法ではありません

また、古物商許可があってもなくても、結論は変わりません。

例2
例1でメルカリに転売されたCDを、転売目的で買って、それを未開封のまま、またメルカリで転売する。

例2の取引は、古物商許可がなければ違法となります

例2は、一般的な感覚だと、新品の転売でしょう。

ですが、例2で転売するCDは、CDショップで買われた(取引された)ものです。

古物商許可のルールでは、『物自体が新品であっても、一度でも取引されたものは中古品とみなす』ので、例2で転売するCDは中古品とみなされ、例2は中古品の転売となります。

仕入れた中古品の転売は、古物商許可を取らずに行うと違法です。

それは知らなかったなぁ~。

転売の違法性は物を仕入れるときに判断する

どんなに状態の良い新品でも、お店で買われた瞬間に、古物商許可のルールでは中古品になります

ん?だったら、さっきの例1も、”中古品の転売”になるよね?

たしかにそうなんじゃが、違法かどうかの見極めは、仕入れの段階で行うんじゃよ。

古物商許可は、中古品を転売目的で仕入れるときに必要となる許可です。

なので、取引に古物商許可が必要かどうかの判断は、物を転売するときではなく、物を仕入れるときに判断します。

先ほどの例1のCDは、仕入れの段階では、一度も取引されていない新品なので、例1の仕入れに古物商許可は不要なのです。

ただ、CDショップで売られているCDは、CDショップがメーカーや問屋から買った(取引した)ものなので、中古品とみなされるようにも思えます。

ですが、小売店で売られている新品の商品は、古物商許可のルール上も新品とみなして構いません。

迷惑な転売はやめましょう

人気キャラクターのグッズが大量に買い占められて、メルカリで転売されることが、しばしば、問題になっています。

また、2020年には、中国で発生した、新型コロナウイルスの感染危機に便乗して、メルカリでマスクを高額転売する人が相次ぎ、それも問題になっています。

このような転売は、迷惑で許しがたい行為ですが、厄介なことに、古物営業法(古物商許可を取り締まる法律)違法ではありません

メルカリで物を転売するとき、違法ではないケースで解説したように、小売店で新品の商品を仕入れて転売することは、古物商許可があろうがなかろうが、違法ではないのです。

SNSでは、迷惑な転売に関して、こんな意見をよく目にします。

金儲け目的の転売なら古物商ないとダメなんだよ!どうせ許可なんか取ってないんだろ!

新品でも、転売目的で仕入れんのは古物商が必要。そのうち捕まるよ(笑)

このような意見は間違っています。

問題になっているような転売は、古物営業法では違法性がないケースがほとんどです。

ただし!マスクの転売は、別の法律で違法になったぞ!

マスクを定価より高く転売すると違法

マスクが手に入らない事態を重くみた政府は、国民生活安定緊急措置法という法律に基づいて、マスクの転売を禁止する政令を公布しました。

2020年3月15日からは、マスクを定価より高く転売すると、国民生活安定緊急措置法違反となります。

とうとう法律の改正にまで発展しちゃったか…

マスクを定価より高く転売することが違法となるのは、個人だけではありません。

製造業者卸売業者小売店などが、消費者に対して、マスクを定価より高く転売することも違法となります。

ただし、製造業者から卸売業者卸売業者から小売店といった、通常の卸売取引は、違法とはなりません。

誰が転売しても違法ということじゃな。

対象となるマスクは、カゼや花粉症対策に使われるタイプのマスクや、医療現場で使われるタイプのマスク、工場などで使われるタイプのマスクなどです。

美容用のフェイスマスクや、防護マスクは、規制の対象ではありません。

罰則なんかもあるの?

マスクを定価より高く転売すると、1年以下の懲役または100万円以下の罰金、もしくは両方が、科せられる可能性があります。

違法なのはマスクだけだからといって、他の物なら迷惑な転売をしていいことにはならんぞ!

キャラクターグッズを買い占めて転売することなどが、違法ではないからといって、迷惑な転売を真似するのはやめましょう。

たとえ古物営業法では合法でも、他の法律や条例で違法となる可能性もあります。

メルカリで転売するのは違法? まとめ

メルカリで物を転売することは、違法ではありません

ですが、古物商許可を取らずに、仕入れた中古品をメルカリで転売すると、違法となります。

古物商許可を取らずに、仕入れた中古品をメルカリで転売すると、3年以下の懲役または100万円以下の罰金、もしくは両方が、科せられる可能性があります。

古物商許可を取るときは、行政書士のサポートを受けると、簡単に許可が取れて便利です。

当サイトおすすめ 【取得率100%】古物商許可専門のトラスト行政書士事務所
https://kobutsudaikou.com/
古物商許可取得がネットで完結!トラストなら即日着手&古物営業に必要な特典付き(15,000円相当)

こちらは、これから許可を取得したい、取得すべきかどうか迷っている方向けの窓口です。
古物商許可の取得以外に関するご相談や、個別具体的なご質問、書類の記入方法にご回答は致しかねます。

※ご質問はお一人様一つとさせて頂きます。

よくお問い合わせいただく内容について、以下記事でも詳しく解説しておりますので、ぜひご覧ください。

よくある質問と答え



必要書類や書類の記入方法に関するご質問は、当サイトにて詳しく解説しておりますので各記事をご覧ください。

※ 無料相談での回答によって生じる一切の損害につき、当所は責任を負いかねます。無料相談の回答(録音データ・メール・LINE等)を弊所に無断で転用することを固く禁じます。