メルカリでせどりをするには許可が必要?

この記事はトラスト行政書士事務所が監修しています

2020年4月1日古物営業法が全面改正されました。そのため記事の内容に一部古い情報がある場合があります。詳しくは【2020年4月1日全面施行】古物営業法が改正されましたをご覧ください。

メルカリでせどりをするには、古物商許可や、酒類小売業免許といった許可が必要になる可能性があります。

せどりのやり方によっては、許可が不要なこともあります。

許可が必要かもしれないんだ!もっと簡単にできると思ってたよ。

せどりのやり方によって変わってくるから、注意するんじゃ。

メルカリでせどりをするとき、古物商許可や、酒類小売業免許がどう関わるのか、詳しく解説しましょう。

メルカリでせどりをするときに必要になる可能性がある許可

メルカリでせどりをするには、次の許可が必要になる可能性があります。

  • 古物商許可
  • 酒類小売業免許

古物商許可

古物商許可とは、中古品を転売目的で仕入れるときに必要な許可です。

一般的には、リサイクルショップや中古車屋など、中古品を売り買いするお店の営業許可だと認識されていることが多いです。

その認識で間違っていませんが、実際は、お店だけでなく、個人でインターネットを使って中古品を売り買いしている人、つまり、せどりをしている人にも必要な許可です。

メルカリでせどりをする場合もそうです。

そうだったんだ!

酒類小売業免許

酒類小売業免許とは、お酒を一般向けに販売(転売)するときに必要な許可です。

一般的には、酒屋さんなどが取る許可だと認識されていることが多いです。

その認識で間違っていませんが、せどりでお酒を扱う場合にも必要になる可能性がある許可です。

メルカリでお酒のせどりをする場合もそうです。

へぇ~!

ここからは、メルカリでせどりをするときに、古物商許可が必要になるケースと、酒類小売業免許が必要になるケースを、それぞれ解説しましょう。

メルカリでせどりをするときに古物商許可が必要になるケース

メルカリでせどりをするとき、せどりのやり方によっては、古物商許可が必要になります。

メルカリを使ったせどりで、古物商許可が必要になるケースを、詳しく解説しましょう。

仕入れた中古品を転売するとき古物商許可が必要

仕入れた中古品をメルカリで転売するとき、古物商許可が必要になります。

『仕入れる』というのは、『転売するために物を買う』ということです。

次のような転売は、仕入れた物の転売にはあたらないので、古物商許可は不要です。

  • 自分で使うために買った物を、いらなくなったから転売する
  • 自分で集めていたコレクションを、断捨離のために転売する
  • 押し入れに眠っていた物を転売する
  • タダでもらった物を転売する

これらの例のような転売は、せどりとは言わないんじゃ。

物を仕入れて、それを仕入れたときより高く転売して、差額で儲けることを、せどりといいます。

仕入れずに転売することは、せどりではなく、ただの不要品の転売です。

不要品の転売に、古物商許可が必要になることはありません。

そうなのかぁ~。

もうひとつ大事なことがある。

『仕入れた”中古品“をメルカリで転売するときに、古物商許可が必要になる』と先述しました。

なので、仕入れた物が”新品“であれば、古物商許可は不要です。

仕入れた中古品』の転売だね。覚えておこう。

中古品を転売目的で買うだけでも古物商許可が必要

古物商許可は、中古品を転売目的で仕入れるときに必要な許可です。

なので、せどりの仕入れのために、メルカリで中古品を買う(仕入れる)だけでも、古物商許可が必要になります。

実は、転売するかどうかは関係ないんじゃよ。

メルカリで、中古品を転売目的で買う(仕入れる)のなら、それを転売しようがしまいが、古物商許可が必要なのです。

そうだったのか!

古物ではない物を仕入れる場合は古物商許可は不要

『せどりの仕入れのために、メルカリで中古品を買う(仕入れる)だけでも、古物商許可が必要になる』と、先述しましたが、例外があります。

『古物』ではない物を仕入れる場合、古物商許可は不要です。

古物ではない物?

実は、古物商許可は、世の中のすべての中古品が対象となっているわけではありません。

対象となる中古品が法律で決められていて、それを『古物』といいます。

その古物に当てはまらない物であれば、古物商許可がなくても、転売目的で仕入れることができます。

へぇ~!

古物に当てはまらない物はこれじゃ。

古物に当てはまらない物

盗まれる可能性が低い、盗まれても見つけやすい物

  • 廃品(金属くず、空き缶、繊維くず、古新聞、被覆のない銅線類、など)
  • 大きな庭石や石灯籠
  • 航空機
  • 鉄道車両
  • 1トンをこえる機械で、土地や建物に固定されているもの
  • 20トン以上の船舶(せんぱく)
  • 船舶以外の5トンをこえる機械で、自走または牽引(けんいん)できないもの

使ったり、食べたりするとなくなる物

  • お酒
  • △食品
  • △化粧品
  • △サプリメント

(注)メルカリにて 出品可能 物によっては出品可能 出品不可

古物商許可は、盗品が市場に出回るのを防止するために作られた許可なので、盗まれる可能性が低い物や、大きな物は古物から除外されています。

また、使ったり、食べたりするとなくなる物も、古物から除外されています。

とは言え、メルカリで取引される物の中で、古物に当てはまらない物は限られています。

メルカリは、規約の中で、出品してはいけない物を設けています。

メルカリで出品できる物は、がついている物です。
△がついている物は、物によっては出品できます。

これらの中で、メルカリでせどりをするときに扱われやすいのは、お酒、食品、化粧品、サプリメントといったところでしょう。

ただし、お酒のせどりは、古物商許可は不要ですが、酒類小売業免許が必要になる可能性があります。

法律上の新品はややこしい

新品を仕入れて、それをメルカリで転売する場合、古物商許可は不要です。

ただ、新品の判断はややこしいので、注意が必要です。

どういうこと?

法律でいう新品は、意味がちょっと違うんじゃよ。

古物営業法という、古物商許可を取り締まる法律があります。

その法律では、『物自体が新品でも、一度でも取引されれば中古品とみなす』というルールがあります。

例えば、TSUTAYAに新品のCDが売られています。

そのCDは、古物営業法でも新品とみなして構いません。

ですが、そのCDは、誰かに買われた時点で、古物営業法では中古品とみなされます

TSUTAYAから買われた(取引された)からです。

たとえ、そのCDが未開封でも、TSUTAYAから買われた時点で中古品とみなされます。

何それ!そんなルールがあるの!

例えば、TSUTAYAで新品のCDを転売目的で仕入れて、それをメルカリで転売したとします。

この取引に、古物商許可は不要です。

仕入れている物が、古物営業法でも新品とみなされるものだからです。

では、先の例でメルカリに転売されたCDを、転売目的で買う(仕入れる)としましょう。

この取引では、古物商許可が必要になります。

仕入れている物が、古物営業法では中古品とみなされるものだからです。

一般的な感覚だと、どちらの例のCDも新品じゃろ。でも法律では異なるから厄介なんじゃ。

法律って、ややこしいんだなぁ~。

小売店で売られている商品は新品

新品を仕入れることは、TSUTAYAなどの小売店、もしくは問屋から直接買う場合にのみ、できることです。

小売店で売られている商品は、小売店が問屋やメーカーから買ったものなので、中古品とみなすことができそうですが、小売店と問屋・メーカーによる取引は考慮しません

小売店で売られている商品は、古物営業法でも新品とみなします。

古物商許可がない場合の罰則

仕入れた中古品をメルカリで転売したり、メルカリで中古品を転売目的で仕入れたりするには、古物商許可が必要です。

このような取引を、古物商許可を取らずに行うと、逮捕される可能性があります。

逮捕されると、3年以下の懲役または100万円以下の罰金、もしくは両方が、科せられる可能性があります。

おっと…!?思ってたより罰が重いぞ。これは気をつけなきゃ…

メルカリせどりは気軽にできるから、古物商許可を忘れがちじゃ。取り忘れないようにな。

メルカリでせどりをするときに酒類小売業免許が必要になるケース

メルカリで、お酒のせどりをするとき、酒類小売業免許が必要になる可能性があります。

メルカリを使ったせどりで、酒類小売業免許が必要になるケースを、詳しく解説しましょう。

メルカリでお酒のせどりをするとき酒類小売業免許が必要になる可能性がある

メルカリで、お酒のせどりをするとき、酒類小売業免許が必要になる可能性があります。

酒類小売業免許とは、お酒を一般向けに販売(転売)するために必要な許可です。

酒屋さんなどは、酒類小売業免許がないと、お店を営業することができません。

これは、酒屋さんに限らず、せどりでお酒を転売する場合も同じです。

前に、もらったお酒をメルカリで転売したんだけど、あれって許可が必要だったの?

それぐらいなら、気にしなくてよい。

お酒が飲めない人などは、プレゼントなどでお酒をもらったりすると、転売しようと考える人も多いでしょう。

そのような理由でお酒を転売する場合、酒類小売業免許は不要です。

いらなくなったお酒を転売するときは酒類小売業免許は不要

もらったものの、飲まないお酒など、いらなくなったお酒を転売するだけなら、酒類小売業免許は不要です。

ただし、お酒集めが趣味で大量に販売する場合は必要となるケースもあります。

他にも、このようなお酒を転売するときには、酒類小売業免許は不要です。

  • 自分で飲むために買ったものの、飲まないまま要らなくなったお酒
  • 自分で飲むために買ったものの、飲みきれず残ってしまったお酒
  • 自宅の蔵に長年、眠っていたお酒

酒類小売業免許は、ビジネスとして、お酒を繰り返し販売(転売)する場合に必要な許可です。

お酒を仕入れて転売するとき酒類小売業免許が必要

酒類小売業免許は、ビジネスとして、お酒を繰り返し販売(転売)する場合に必要な許可です。

『何回お酒を販売(転売)したら許可が必要』という感じで、お酒を販売(転売)する回数に、明確なルールがあるわけではありません。

継続的に販売するには許可が必要と考えよう。

なるほど~そういうことかぁ~。

メルカリでお酒のせどりをするには通信販売酒類小売業免許が必要

実は、酒類小売業免許は、次の3つの許可をまとめた呼び名です。

  • 一般酒類小売業免許
  • 通信販売酒類小売業免許
  • 特殊酒類小売業免許

3つに分かれてるのか!

メルカリでお酒のせどりをする場合、通信販売酒類小売業免許が必要になる可能性があります。

通信販売酒類小売業免許は、2つ以上の都道府県で、お酒を通信販売(転売)するときに必要な許可です。

メルカリは通信販売にあたるからな。

お酒を通信販売する場合でも、1つの都道府県のみであれば、一般酒類小売業免許で構いません。

ちなみに、一般酒類小売業免許は、店舗でお酒を販売(転売)するときに必要な許可です。

特殊酒類小売業免許ってのは、何なの?

会社の中で、従業員にだけお酒を販売するときなどに必要な許可じゃ。せどりには関係ない。

酒類小売業免許がない場合の罰則

(通信販売)酒類小売業免許を取らずに、メルカリでお酒のせどりをすると、1年以下の懲役または50万円以下の罰金が、科せられる可能性があります。

古物商許可と同じように、こちらも、守らなかったら重い罰が待ってるんじゃ。

お酒のせどりは、安易に手を出さない方がいいね。

古物商許可、酒類小売業免許を取るなら行政書士

メルカリでせどりをするとき、古物商許可や、酒類小売業免許が必要になるケースがあります。

こういう許可を取るのって、なんだか難しそう…

たしかに難しい。でも、専門家にまかせれば簡単じゃ。

古物商許可や、酒類小売業免許を取るときは、行政書士に頼むと、手続きが簡単に進められて便利です。

古物商許可や、酒類小売業免許は、申請するにはたくさんの書類が必要です。

申請を一人で行おうとすると、書類の意味を理解するのも大変ですし、書類を集めるために役所を回ったりと、手間もかかります。

特に、酒類小売業免許は、営業計画などを細かく立てる必要もあるので、より手間がかかります。

これを行政書士に頼むと、面倒なことがなくなります

必要な書類の判断や、書類集めなどを、行政書士がすべて代わりにやってくれるので、まかせていればOKです。

手間をかけずに、古物商許可や、酒類小売業免許を取ることができます。

おぉ~!そんな専門家がいるのか!

とても便利だからオススメじゃよ。

メルカリでせどりをするには許可が必要? まとめ

メルカリでせどりをするとき、古物商許可や、酒類小売業免許が必要になる可能性があります。

古物商許可とは、中古品を転売目的で仕入れるときに必要な許可です。

古物商許可を取らずに、メルカリで中古品のせどりをすると、3年以下の懲役または100万円以下の罰金、もしくは両方が、科せられる可能性があります。

酒類小売業免許とは、お酒を一般向けに販売(転売)するときに必要な許可です。

(通信販売)酒類小売業免許を取らずに、メルカリでお酒のせどりをすると、1年以下の懲役または50万円以下の罰金が、科せられる可能性があります。

古物商許可や、酒類小売業免許を取るときは、行政書士に頼むと、手続きが簡単になって便利です。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

当サイトおすすめ 【取得率100%】古物商許可専門のトラスト行政書士事務所
https://kobutsudaikou.com/
古物商許可取得がネットで完結!トラストなら即日着手&古物営業に必要な特典付き(15,000円相当)

こちらは、これから許可を取得したい、取得すべきかどうか迷っている方向けの窓口です。
古物商許可の取得以外に関するご相談や、個別具体的なご質問にはご回答は致しかねます。
よくお問い合わせいただく内容について、以下記事でも詳しく解説しておりますので、ぜひご覧ください。

よくある質問と答え



必要書類や書類の記入方法に関するご質問は、当サイトにて詳しく解説しておりますので各記事をご覧ください。

※ 無料相談での回答によって生じる一切の損害につき、当所は責任を負いかねます。無料相談の回答(録音データ・メール・LINE等)を弊所に無断で転用することを固く禁じます。