ヤフオクで転売するには古物商許可が必要?

この記事はトラスト行政書士事務所が監修しています

2020年4月1日古物営業法が全面改正されました。そのため記事の内容に一部古い情報がある場合があります。詳しくは【2020年4月1日全面施行】古物営業法が改正されましたをご覧ください。

ヤフオクで古物の転売をするためには、古物商の許可が必要です。

古物の転売をする場合、原則として古物商の許可が必要とされており、ネットでの取引も例外ではないからです。

もし、許可なく取引をした場合、古物営業法違反(3年以下の懲役100万円以下の罰金)として処罰されてしまう可能性もあるため注意が必要です。

しっかり確認して安全に取引をしましょう。

ヤフオクの転売に古物商の許可がいらないという勘違い

古物商というとリサイクルショップや質屋などをイメージする方が多いと思います。

そのため、中には

自分は個人でネット取引をしてるだけだから古物商の許可は必要ないでしょ

と勘違いする方がいるようですが、間違いです。

古物の取引には古物商の許可が原則として必要です。

中古品などの古物を取引する場合にはそれがネット取引であるか、実店舗の取引であるか問わず古物商の許可が必要なのです。

もし、古物商の許可なく古物の取引をしてしまった場合、古物営業法違反(3年以下の懲役100万円以下の罰金)として処罰される可能性もあります。

メルカリやヤフオクはスマホ1つで誰でも簡単に始められるうえに、初期費用がほとんどかからないビジネスです。

ですが、逮捕されてしまっては全く意味がありません。

しっかりとルールを確認した上で取引をしましょう。

古物商の許可が必要なケースと不要なケース

古物の取引には原則として古物商の許可が必要です。

ですが、全ての古物取引に古物商の許可が必要というわけではありません。

そこで、古物商の許可が必要なケースとそうでないケースとに分けて説明したいと思います。

古物商の許可が必要なのは「買受け」がある場合

古物商の許可は、古物を「買受け(仕入れ)」て転売するときに必要です。

リサイクルショップなどの店舗取引に限られず、ネット取引でも同じです。

では、なぜ「買受け(仕入れ)」をする場合に古物商の許可が必要なのでしょうか。

古物商の許可については、古物営業法という法律が規定しています。

古物営業法という法律の目的は、古物の中に盗品が紛れ込まないようにすること、又は、盗品が紛れ込んだ場合にすぐに発見できるようにすることです。

無料で取引される古物の中に盗品が紛れ込むというのはあまり考えられないですよね。

そのため、お金を払って古物を「買受け(仕入れ)」る場合にのみ古物商の許可が必要とされているのです。

古物商許可が必要な例

メルカリやヤフオクなどのネット取引であっても買受け(仕入れ)」た古物を転売する場合には古物商の許可が必要です。

ヤフオクやメルカリを利用した転売といえば、

  • ヤフオクで古物を仕入れてメルカリで転売
  • ヤフオクで仕入れた古物をブックオフで転売
  • メルカリで仕入れた古物を修理してヤフオクで転売

などが考えられます。

これらのケースでは、すべて古物を「買受け(仕入れ)」て他に転売しています。

そのため、古物商の許可が必要です。

古物商許可が不要な例

古物を「買受け(仕入れ)」て転売する場合には古物商の許可が必要です。

ですから、古物を「買受け(仕入れ)」せずに、転売する場合には古物商の許可は不要です。

例えば、

  • 自分や家族が使っていたものをヤフオクで転売
  • ゲームセンターで手に入れた景品をメルカリで転売
  • 知人から無料で貰った古物をヤフオクで転売

などです。

これらのケースでは、「買受け(仕入れ)」といえる行為がないため、古物商の許可は不要です。

上記の他にも、海外で直接仕入れた古物を転売する場合には古物商の許可は不要です。

なぜなら、古物営業法が基本的には国内の取引を対象としているからです。

ただし、古物商の許可が不要となるのは、あくまで「海外で直接仕入れた」場合のみです。

日本の業者を介して海外の古物を仕入れた場合には、古物商の許可が必要なので注意が必要です。

古物商許可を取得せずに営業するとどうなる?

古物の取引については原則として古物商の許可が必要です。

それは、メルカリやヤフオクといったネット取引でも変わりません。

もし、古物商の許可なく古物の取引をしてしまった場合、無許可営業(3年以下の懲役100万円以下の罰金)として処罰される可能性もあります。

それだけでなく、その後5年間は古物商の許可が取得できなくなるというペナルティを受ける可能性もあります。

安心して取引をするためには、必ず古物商の許可を取得しましょう。

ただし、古物商許可の申請は手続きが複雑で一般の方にはわかりにくい点がたくさんあります。

ネットの転売などで利益を出したいと考えている方は、古物商許可の専門家に相談するべきです。

古物商の許可を利用したヤフオク転売ビジネスは儲かる?

ヤフオクやメルカリを利用したネット取引でも古物商の許可が原則として必要です。

では、ヤフオクやメルカリなどのネット取引は儲かるのでしょうか。

もし、全然儲からないのであれば、わざわざ古物商の許可を取得する必要はありませんよね?

そこで、古物の転売ビジネスは儲かるのか?具体的なケースもあげながら説明したいと思います。

ネット取引のメリット

スマホの普及によってヤフオクやメルカリの利用者は年々増え続けています。

そのため、あなたのお客になってくれる可能性のある利用者は、実店舗の営業の場合とは比べ物になりません。

上手く利用すれば、実店舗では考えられないぐらいの利益を出すことも可能です。

こうした可能性を秘めているのがネット取引の大きなメリットといえます。

また、ネット取引はスマホ1つあれば簡単にスタートできます。

リサイクルショップなどと比べると、初期費用が圧倒的に少なくてすむのもネット取引のメリットといえます。

ヤフオクで仕入れてメルカリで転売・メルカリで仕入れてヤフオクで転売

ネットの転売ビジネスで効率よく利益を出すためには、いろいろなサービスを組み合わせて利用すべきです。

ここでは、メルカリとヤフオクを組み合わせて転売するケースを紹介します。

メルカリとヤフオクを使い分ける場合は、それぞれのサービスの違いに注意しましょう。

まず、ユーザーの年齢層です。

ヤフオクでは30代以上が多くを占めているのに対して、メルカリではユーザーの多くが30代未満となっています。

そのため、ヤフオクでは比較的お金に余裕を持っているユーザーが多く、高値での転売が期待できます。

次に、サービスの特徴です。

メルカリはフリマサービスなので、価格交渉が基本です。

そのため、あなたが価格交渉に自信があれば、メルカリで欲しい商品をかなりの安価で仕入れることが可能です。

以上から、メルカリとヤフオクを使い分ける場合、

仕入れはメルカリ、転売はヤフオク

を基本とするのが、利益を出すために有効な使い分けといえます。

ヤフオクで仕入れてブックオフで転売・ブックオフで仕入れてヤフオクで転売

いわゆる「古本せどり」です。

4年前にヤフーとブックオフが業務提携し、ブックオフの商品がヤフオクで販売されるようになりました。

そのため、ヤフオクとブックオフを利用したせどりは以前と比べて難しくなりました。

ですが、まだまだビジネスとしての可能性はあります

例えば、ブックオフでマンガを単品で仕入れ、全巻そろえてヤフオクで売ると、付加価値がついて商品によっては大きな利益が見込めます。

また、ブックオフは価格更新のスピードが遅いため、商品の価格が高騰する前に手に入れることができます。

例えば、アニメの映画公開が発表されると、原作マンガの価格が高騰することがあります。

ブックオフであれば、高騰する前の価格でマンガを手に入れられる可能性があるのです。

そして、手に入れた商品をヤフオクで転売すれば利益を出すことが可能です。

ヤフオクで転売するには古物商許可が必要? まとめ

ヤフオクで古物を転売するには古物商の許可が必要です。

それはネットを利用したヤフオクの転売だけに限りません。

古物商の許可無しで取引をした場合には重いペナルティが課せられてしまう可能性があります。

ですが、古物商の許可を利用したネット取引は、上手に利用すれば大きな利益が期待できます

安心してネット取引をするため、古物商の許可を必ず取得しましょう。

気になる方は、専門家(古物商の許可を専門としている行政書士)に相談することをおすすめします。

当サイトおすすめ 【取得率100%】古物商許可専門のトラスト行政書士事務所
https://kobutsudaikou.com/
古物商許可取得がネットで完結!トラストなら即日着手&古物営業に必要な特典付き(15,000円相当)

こちらは、これから許可を取得したい、取得すべきかどうか迷っている方向けの窓口です。
古物商許可の取得以外に関するご相談や、個別具体的なご質問、書類の記入方法にご回答は致しかねます。

※ご質問はお一人様一つとさせて頂きます。

よくお問い合わせいただく内容について、以下記事でも詳しく解説しておりますので、ぜひご覧ください。

よくある質問と答え



必要書類や書類の記入方法に関するご質問は、当サイトにて詳しく解説しておりますので各記事をご覧ください。

※ 無料相談での回答によって生じる一切の損害につき、当所は責任を負いかねます。無料相談の回答(録音データ・メール・LINE等)を弊所に無断で転用することを固く禁じます。