転売って法律違反になる?

この記事は専門家が監修しています

最近、アクセサリーの転売でお小遣い稼ぎをしているの

転売って法律違反じゃないの?

え?転売は別に法律違反じゃないわよ

そうなの?新聞やニュースで転売をして逮捕されたっていう記事を見かけるから、転売って法律違反なんだと思ってたよ。

日本には転売自体を禁止する法律はないから、転売は法律違反ではないぞ。ただ、転売には、許可や免許が必要なケースがある。その場合に許可や免許なく転売をすると、警察に逮捕されてしまう可能性があるんじゃ

今回は、転売と法律違反について詳しく説明をします。

転売は法律違反にはなりません

最近は、インターネットが普及した影響で、スマホやパソコンが1つあれば誰でも簡単に転売でお金を稼ぐことができます。

皆さんの中にも、転売でお金儲けをしてみたいという方がいると思います。

ですが、中には「転売って法律違反なんじゃないの?」と考えている方、いらっしゃいませんか?

ご安心ください。

転売は法律違反ではありません。

現在、日本に転売自体を禁止している法律はないからです。

ですが、新聞やニュースなどで、転売がきっかけで逮捕されたという記事を目にすることがあります。

これは一体どういうことでしょうか?

実は、転売をする商品によっては、許可や免許が必要になるケースがあるのです。

そして、その許可や免許を取得しないで、転売を続けると警察に逮捕・処罰されてしまうのです。

転売自体は禁止されていないけど、扱う商品によっては許可や免許が必要になるってことね

それで、転売は法律違反って勘違いしちゃったんだ。でも、一体どんな許可や免許が必要になるんだろう?

それについては、次で詳しく説明するぞ

転売で最も基本的な許可は「古物商許可」です

転売をすること自体は法律違反ではありません。

ですが、扱う商品によっては、許可や免許が必要になることがあります。

具体的にどんな許可や免許が必要になるの?

実は転売に必要な許可や免許はさまざまなものがあります。

例えば、お酒の転売には「酒類販売免許」、化粧品の場合は「化粧品販売許可」などが必要となる場合があります。

その他にも、食品やペット、医薬品などを扱う場合にもそれぞれ別の許可や免許が必要です。

え~、そんなの全部覚えられないよ~

安心して、こぶ吉。転売ビジネスをするには、一番基本的な許可があるの。
それが「古物商許可」よ。他の許可や免許については、必要に応じて調べれば十分よ

古物商許可は転売ビジネスの最も基本的な許可です。

転売でお金を稼ぐのであれば、まずはこの「古物商許可」についてしっかり理解をしたうえで、許可を取得しましょう。

古物商許可ってどんな資格?

「古物商許可」という言葉は聞いたことがあっても、あまり詳しく知らないという人は多いと思います。

ですが、実は「古物商許可」を取得して転売ビジネスをしている人たちは、私たちの身の回りにたくさんいます。

例えば、

  • 古着屋
  • 古本屋
  • 中古車ディーラー
  • リサイクルショップ
  • アンティークショップ
  • 買取と販売をしているトレカショップ
  • 中古家電のレンタルショップ

など、これらはすべて古物商許可を利用して、転売ビジネスをしています。

古物商許可とは、中古品など古物の転売ビジネスをするときに必要となる資格のことをいいます。

この許可がないと中古品の転売ビジネスを始めることはできないのです。

もしも、古物商許可を取らずに転売ビジネスをしたらどうなっちゃうの?

この許可がないまま中古品の転売ビジネスをすると無許可営業として警察に逮捕・処罰されてしまいます。

警察に逮捕された場合の罰則は、「3年以下の懲役または100万円以下の罰金」ととても重いので、必ず許可を取得しましょう。

ネットの転売でも古物商許可は必要です

中古品の転売ビジネスをするには、古物商許可が必要です。

それは、インターネットを利用した転売であっても変わりません。

「古物商」というと、お店のイメージが強いからか、「ネット取引の場合は古物商許可はいらない」と勘違いをしている人がたまにいます。

ですが、法律は古物商許可が必要な取引について、ネットかどうかで区別をしていません。

軽い気持ちで無許可でネットで転売をすると、取り返しがつかないことになるかもしれません。

転売でお金を稼ぐのであれば、古物商許可は必ず取得しましょう。

中古品の転売に許可が必要とされる理由

そもそも、なんで中古品を転売するのに古物商許可が必要なの?

それは、泥棒が自由に活動できなくするためじゃ

どういうこと~?

古物営業法の目的は「盗品の流通防止」と「盗品の早期発見」です。

中古品の転売を許可制にすることで、警察が中古品の流通をしっかり管理できるようにしているのです。

そうすることで、泥棒は盗んだ物を誰かに売りにくくなり、また、犯人や盗品を警察がすぐに見つけられるようにしているのです。

無許可営業は本当に逮捕される?

ヤフオクとか見てると、許可を持ってなさそうな出品者もいるようだけど、本当に無許可営業って警察に逮捕されるの?

ヤフオクやメルカリなどスマホアプリが普及したことにより、無許可で転売ビジネスを始めてしまう人が急増しています。

ですが、その裏では、無許可営業で逮捕されている人の数も増えています。

実際に、古物商の許可がないままヤフオクでチケットの転売を繰り返し逮捕された事件がニュースなどで話題になりました。

また、最近では、ヤフオクやメルカリの利用者が、無許可で転売している人を見つけて積極的に警察に通報するというケースも増えているようです。

安全に転売ビジネスを楽しみたいのであれば、古物商許可は必ず取得するべきです。

古物商許可の取得は行政書士に任せるのがベスト

古物商許可を取ろうと思うんだけど、手続きとか必要書類が難しくてよくわからないな~

そうね。古物商許可の申請手続きは複雑だから、自分でやろうとするととっても時間がかかってしまうの。
もし、簡単に許可を取りたいのであれば、行政書士に依頼をするといいわよ

古物商許可の申請手続きは、複雑なうえに必要な書類も多く、自分でやろうとするとかなり大変です。

また、書類にミスがあると申請はやり直しになってしまうので、たくさんの時間を無駄にしてしまうかもしれません。

もし、効率よく簡単に許可を取得したいのであれば、行政書士に依頼をしましょう。

行政書士は、許認可申請のスペシャリストです。

難しい古物商許可も、簡単に、しかも最短で許可を取ってくれます。

また、転売に他の許可や免許が必要な場合でも、行政書士ならまとめて許可を取ってくれます。

これから転売ビジネスを始めようと思うのであれば、自分で悩むのではなく、専門家に相談をしましょう。

転売って法律違反になる? まとめ

転売は法律違反にはなりません。

転売自体を禁止する法律は日本にないからです。

ただし、転売をする商品によっては、許可や免許が必要になるケースがあり、その許可や免許がないまま転売をすると逮捕や処罰の対象になります。

転売ビジネスを始めるために、最も基本的な許可が「古物商許可」です。

古物商許可とは、中古品の転売ビジネスをするのに必要となる資格です。

古物商許可の申請手続きは、複雑で一般人には分かりにくいので、専門家である行政書士に依頼するとよいでしょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

当サイトおすすめ 【取得率100%】古物商許可専門のトラスト行政書士事務所
https://kobutsudaikou.com/
古物商許可取得がネットで完結!トラストなら即日着手&古物営業に必要な特典付き(15,000円相当)





必要書類や書類の記入方法に関するご質問は、当サイトにて詳しく解説しておりますので各記事をご覧ください。

※ 無料相談での回答によって生じる一切の損害につき、当所は責任を負いかねます。無料相談の回答(録音データ・メール・LINE等)を弊所に無断で転用することを固く禁じます。