オークションでの転売に古物商許可は必要?

この記事は専門家が監修しています

ヤフオクやモバオクなどアプリの普及で、誰でも簡単にオークションに参加できるようになりました。

中には、何かを転売してお金を稼いだことのある人もいるかもしれません。

ただ、オークションを利用して転売するには、古物商という許可が必要だということをご存じでしたか?

無許可で転売をすると警察に逮捕されてしまうかもしれないのです。

今回は、オークションの利用と古物商許可について詳しく説明をしたいと思います。

オークションでの転売には古物商許可が必要です

オークションにも色々なものがありますが、最近はヤフオクやモバオクなどネットを利用したオークションが人気です。

スマホ1つあれば誰でも参加できるという使いやすさが人気の理由です。

必要な物を安く落札できるだけではなく、オークションで商品を転売してお金を稼ぐことも可能です。

実際にオークションを利用した転売で月に数十万円を稼いでいる人はたくさんいます。

ただし、オークションを利用して転売するには、「古物商」という許可が必要だということをご存じでしたか?

「古物商」というのは、中古品(古物)を転売する目的で仕入れる場合に必要となる資格です。

もし、許可なく転売を続けると警察に逮捕されてしまう可能性があります。

う~ん・・・「古物」とか「転売する目的」とかよくわからないなぁ

じゃあ、まずは「古物」から説明をしていくわね

「古物」って何?

古物商許可は「古物」の転売に必要となる資格です。

この「古物」というのは、ざっくりいうと古着や古本、中古家電のような「中古品」のことです。

ですから、

  • 新品の家電を百貨店で購入してオークションで転売する
  • 新品未使用のスニーカーをショップで購入しオークションで転売する

などの場合には、許可は不要です。

ただ、注意が必要なのは、「新品・未使用品であっても一般消費者が取引したものは古物にあたる」ということです。

どういうこと?

例えば、こぶ吉が新品の商品をお店で購入したとします。

この時点では、まだ商品は古物に当たらないため、こぶ吉に許可は不要です。

ですが、この商品をせど美がこぶ吉から買い取ろうとした場合、せど美は許可が必要なのです。

その商品は、こぶ吉という「一般消費者」が取引したものなので、「古物」に当たるからです。

個人から買い取る場合は、新品でも許可が必要になってくるってことね

じゃあ、ネットで新品の商品を仕入れるとき、仕入先がショップやストアであれば許可はいらないってことだよね?

それがそうでもないの・・・

ネット上では、個人でも簡単にショップやストアを名乗ることが可能です。

そのため、仕入先がショップやストアになっていても、許可が必要になるケースがあるのです。

じゃあ、どうすればいいんだよ~

ネットで取引するときは相手が一般消費者なのか、メーカーや卸業者なのかをしっかりチェックすることが大事なの。
でも、一番安心なのは念のために古物商許可を取得しておくことね

「転売目的の仕入れ」は誰がどうやって判断するの?

古物商許可は古物を「転売する目的で仕入れる場合」に必要な資格です。

転売する目的っていうけど、誰がどうやって判断するの?

転売目的については、無許可営業を取り締まっている警察が判断をします

警察は、取引された商品の種類や、金額、取引回数などいろいろな事情から転売目的があったかどうかをチェックします。

もし、警察から転売目的と判断された場合、許可を持っていなければ逮捕されてしまいます。

逮捕された後に「転売目的じゃなかった」といっても通用しません。

転売ビジネスをするのであれば、許可はあらかじめ取得しておくべきなのです。

せっかく転売で稼げても逮捕されたら意味ないね

そもそも何で転売に古物商許可が必要なの?

そもそも転売するのに、なんで許可を取らなくちゃいけないの?

古物営業法の目的は、「盗品の流通防止」「盗品の早期発見」にあります。

もし、古物の転売に許可がいらなかったらどうなるでしょう?

誰でも自由に中古品を転売することができます。

すると、泥棒は盗んだ物を転売して簡単にお金に換えることができます。

盗品が次々に転売されると、誰が盗品を持っているのか、最初に売ったのは誰なのか、何もわかりません。

こうした事態が起きないようにするために、古物商許可があるのです。

要するに、警察が古物の流通を管理して、泥棒が盗品を処分できなくしているのね

なるほど。だから無許可の取引には重い罰則があるんだね

ネット取引でも許可は必要です

たまに、ネットの掲示板などを見ていると

ネット取引であれば古物商はいらない

ネットオークションの転売で稼ぐのに許可なんかいらない

などの書き込みを目にすることがあります。

ですが、こうした書き込みはウソです。

これまでに説明したとおり、古物商許可は古物を転売目的で仕入れるときに必要なのです。

ネットの取引かどうかは関係がありません。

ネット上では、古物商に関してかなりいい加減なコメントや書き込みが目立ちます。

このサイトのように、専門家が監修しているサイト以外はあまり簡単に信用しない方がいいかもしれません。

無許可営業って本当にバレるの?

無許可の転売って本当に警察にバレるのかな?みんなやってる気がするんだけど・・・

ヤフオクなどの普及で誰でも気軽に転売ビジネスを始めることができるようになりました。

その一方で、古物商許可を持っていない、いわゆる「無許可営業」も急増しています。

ですが、無許可営業は絶対におすすめしません。

日本の警察は優秀です。

今はバレなくても、無許可営業を続けていれば、いつか必ず警察にバレてしまいます。

警察にバレるきっかけはさまざまです。

取引でトラブルが発生し、取引相手が警察に通報して発覚したというケースもあります。

警察に逮捕されたら、それまでに転売で稼いだ利益以上の代償を支払わなければなりません。

転売ビジネスをするのであれば、必ず許可を取得して、安全な取引を心がけましょう。

許可の申請は自分でもできる?

古物商許可の申請に特別な資格は必要ありません。

そのため、自分で申請書類を作成して、申請することも可能です。

ですが、その方法はあまりおすすめできません。

なぜなら、古物商許可の申請手続きはとても複雑で分かりにくいからです。

自分で申請をすると手続きがなかなか進まず、いつまでたっても許可が下りないという結果になりかねません。

もし、効率よくスムーズに許可を取りたいのであれば、行政書士に依頼をしましょう。

行政書士は古物商の専門家です。

安全に最短で許可を取ってくれるのでとても便利なのです。

オークションでの転売に古物商許可は必要? まとめ

オークションでの転売でも、原則として古物商許可は必要です。

古物商許可は、転売目的で古物を仕入れるときに必要です。

許可がないまま転売ビジネスを続けると警察に逮捕されます。

その場合、罰則が「3年以上の懲役または100万円以下の罰金」ととても重いので許可は必ず取得しましょう

許可の申請は自分でもできますが、あまり効率が良い方法とはいえません。

古物商の専門家である行政書士に代行を依頼すると、簡単に許可が取れるのでこちらの方法をおすすめします。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

当サイトおすすめ 【取得率100%】古物商許可専門のトラスト行政書士事務所
https://kobutsudaikou.com/
古物商許可取得がネットで完結!トラストなら即日着手&古物営業に必要な特典付き(15,000円相当)





必要書類や書類の記入方法に関するご質問は、当サイトにて詳しく解説しておりますので各記事をご覧ください。

※ 無料相談での回答によって生じる一切の損害につき、当所は責任を負いかねます。無料相談の回答(録音データ・メール・LINE等)を弊所に無断で転用することを固く禁じます。