チャイナマートで買って転売するには古物商許可が必要?

この記事はトラスト行政書士事務所が監修しています

2020年4月1日古物営業法が全面改正されました。そのため記事の内容に一部古い情報がある場合があります。詳しくは【2020年4月1日全面施行】古物営業法が改正されましたをご覧ください。

古物商許可は日本の制度なので、海外の商品を直接仕入れて転売する場合は必要ありません。

ですが、日本の業者を通して海外の商品を仕入れる場合は、日本国内の取引と判断されるため、古物商許可が必要になります。

そのため、チャイナマートで買った商品を転売する場合、古物商許可が必要になる可能性があるので注意が必要です。

もし、無許可営業と判断された場合、古物営業法違反として警察に逮捕されることもあります。

チャイナマートって商品の種類は多いし値段も安いから、転売の仕入れ先としてもってこいなんだよね

そうね。ただ、チャイナマートで仕入れをするには、古物商許可が必要かもしれないから注意してね

チャイナマートで仕入れをするには古物商許可が必要になる可能性があります

チャイナマートで商品を仕入れて転売するには、古物商許可が必要かもしれないので注意しましょう。

チャイナマートは、中国最大のインターネットショッピングモール「タオバオ」を日本語で利用することができるサイトです。

タオバオの扱う商品の数は8億点を超えるといわれており、日本国内のショッピングサイトなどと比べるとその規模の大きさは圧倒的です。

また、商品のジャンルについても、ファッション雑貨から最新家電に至るまで豊富に取り揃えています。

もし、転売でたくさんお金を稼ぎたいのであれば、チャイナマートの存在は無視できません。

ただ、チャイナマートを仕入れ先として利用する場合は、「古物商許可が必要かもしれない」という点に注意しましょう。

中国の商品を転売する場合でも、古物商許可って必要なの?

それは、間に日本の業者が入っているかどうかで違ってくるわ

海外の商品を転売する場合でも古物商許可が必要になる可能性があります

古物商許可は「日本国内で中古品の転売ビジネスをするときに必要となる資格」です。

そのため海外で直接仕入れた商品を転売する場合、古物商許可は必要ありません。

あれ?チャイナマートってたしか中国の商品を扱っているサイトだよね。だったら古物商許可はいらないんじゃない?

日本の輸入業者や代理店などを利用して海外の商品を仕入れた場合、日本国内の取引と判断される可能性があります。

その場合は海外の商品の仕入れであっても、原則どおり古物商許可が必要になります。

そのため、チャイナマートを利用して仕入れをする場合も、古物商許可が必要になる可能性があるのです。

要するに、タオバオから直接仕入れて転売する場合、古物商許可は必要ないけど、チャイナマートを通す場合は、古物商許可が必要になるかもしれないってことね。

新品の商品でも古物商許可が必要になることがあります

古物商許可とは「中古品の転売ビジネスに必要となる資格」です。

そのため、新品の商品を仕入れて転売する場合、原則として古物商許可はいりません。

チャイナマートで扱っている商品ってほとんど新品だよね。それでも古物商許可がいるの?

古物営業法によると「新品であっても、既に取引された物は中古品(古物)に含まれる」とされています。

要するに、個人が販売している商品は、たとえそれが新品・未使用品であっても、法律上は中古品(古物)として扱われるのです。

そのため、個人から商品を仕入れる場合は、基本的に古物商許可が必要になります。

そして、ネット上の販売者の表記が「〇〇ストア」や「〇〇ショップ」となっていても、運営しているのが個人であれば、法律上は個人の販売として扱われます。

そのため、チャイナマートで新品の商品を仕入れる場合であっても、古物商許可が必要になる可能性があるのです。

古物商許可を持っていないとどうなる?

もし、チャイナマートの利用に古物商許可が必要と判断された場合、無許可で仕入れをするとどうなってしまうのでしょうか?

古物営業法によると、無許可営業をした人に対しては「3年以下の懲役または100万円以下の罰金」というとても重い罰則が科せられます。

また、処罰後5年間は中古品の転売ビジネスができなくなるというペナルティも受けることとなります。

古物商許可は更新制度や年会費がなく、一度取得をすれば生涯有効な資格として多くのビジネスに利用することが可能な資格です。

もし、転売に興味があるのであれば、これを機に古物商許可を取得しておきましょう。

古物商許可の取得は行政書士に任せましょう

古物商許可の取得には、1つ注意しなければならないことがあります。

それは、申請の手続きがとても面倒くさいということです。

古物商許可を申請するには、たくさんの書類を用意しなければなりません。

そして、警察による書類のチェックはとても厳しく、1か所でもミスがあると申請は受け付けてもらえません。

また、担当の警察官から、事業の内容や計画についていろいろと質問されることもあります。

そのため、なかなか申請手続きが先に進まず、中には半年以上たってもまだ許可が下りないというケースもあるのです。

え~、そんな手続き嫌だよ~。どうにかならないの~?

安心して。簡単に取得する方法がちゃんとあるわ

もし、古物商許可を簡単に取得したいのであれば、行政書士に依頼をしましょう。

行政書士は書類作成のプロなので、面倒な申請書の準備もミスなくスムーズに行ってくれます。

また、担当警察官との交渉なども代わりにやってくれるので、依頼をすれば、とても簡単に古物商許可を取得することができるのです。

もし、面倒な手続きや複雑な書類作成が苦手だという方は、行政書士の代行サービスを利用することをおすすめします。

チャイナマートで商品を仕入れる際の注意点

チャイナマートでは、豊富な種類の商品がとても安い価格で販売されています。

ただ、チャイナマートを仕入れ先として利用する場合には、いくつか注意しなければならないポイントがあります。

以下では、主な注意点について説明をします。

家電・ブランド品の仕入れは避ける

チャイナマートで仕入れをする場合、家電やブランド品は避けましょう。

家電については、商品の規格が日本の規格と異なり、正常に動作しない可能性があります。

また、タオバオでは高級ブランド品の偽物が多く出回っているため、誤って偽物を仕入れてしまうリスクが高くなります。

チャイナマートでは原則として返品の対応をしておらず、これらの商品を仕入れるとトラブルにつながる可能性もあります。

おまかせプランの手数料が高い

チャイナマートには、商品の検品をしてくれる「おまかせプラン」があります。

検品をしてくれるので、粗悪品を仕入れるリスクが減るというメリットはありますが、手数料は最低でも5%が必要です。

仕入れる商品の数や価格にもよりますが、手数料が高いとその分、転売で稼ぐのは難しくなります。

もし、転売で効率よく稼ぎたいのであれば、検品サービスのない「一括直送プラン」にするべきでしょう。

チャイナマートで買って転売するには古物商許可が必要? まとめ

チャイナマートで買って転売をするには、古物商許可が必要になる可能性があります。

もし、無許可営業と警察に判断された場合、逮捕され重い処罰を受けることとなります。

ですから、チャイナマートで仕入れ先として利用するのであれば、念のため古物商許可を取得しておくことをおすすめします。

古物商許可については、行政書士という書類作成のプロが代行サービスをやっているので、利用するとよいでしょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

当サイトおすすめ 【取得率100%】古物商許可専門のトラスト行政書士事務所
https://kobutsudaikou.com/
古物商許可取得がネットで完結!トラストなら即日着手&古物営業に必要な特典付き(15,000円相当)

こちらは、これから許可を取得したい、取得すべきかどうか迷っている方向けの窓口です。
古物商許可の取得以外に関するご相談や、個別具体的なご質問にはご回答は致しかねます。
※ご質問はお一人様一つとさせて頂きます。

よくお問い合わせいただく内容について、以下記事でも詳しく解説しておりますので、ぜひご覧ください。

よくある質問と答え



必要書類や書類の記入方法に関するご質問は、当サイトにて詳しく解説しておりますので各記事をご覧ください。

※ 無料相談での回答によって生じる一切の損害につき、当所は責任を負いかねます。無料相談の回答(録音データ・メール・LINE等)を弊所に無断で転用することを固く禁じます。