洋服の転売に古物商許可は必要?

この記事はトラスト行政書士事務所が監修しています

2020年4月1日古物営業法が全面改正されました。詳しくは【2020年4月1日全面施行】古物営業法が改正されましたをご覧ください。

皆さんが洋服を転売する場合、

  • 自分用に洋服を買ったけどサイズが合わないから
  • 長年愛用した洋服だけどもう着なくなったから
  • お金儲けのため

など、色々な理由があると思います。

その中で、「お金儲けのため」に洋服の転売をするには、古物商許可という資格が必要なのをご存じですか?

もし、許可なく転売をすると警察に逮捕されてしまうかもしれません

今回は、洋服転売と古物商許可について説明をしたいと思います。

古物商許可は古着を買い取る(仕入れる)場合に必要

まず、古物商許可について少し説明をします。

古物商許可というのは、古着や古本など(これを古物といいます)を転売する目的で買い取る(仕入れる)際に必要な資格です。

許可なく古物を買い取ると無許可営業で逮捕されてしまう可能性があります。

なんで、こんな許可が必要なんだろう?

それは、盗品が中古品の市場に紛れ込むことを防止するためよ

どういうこと?

中古品の売買を許可制にして警察が管理すれば、泥棒が盗品を処分しにくくなるでしょ

なるほど~

洋服の転売でも古物商許可が不要なケースがあります

古物商許可は、古着を転売目的で買い取る(仕入れる)場合に必要です。

逆に言えば、それ以外の転売のケースでは許可は不要です。

例えば、

  • 自分で長年愛用していた古着を古着屋に売却する
  • 友人から貰った古着をメルカリで転売する

この場合「転売目的の買い取り(仕入れ)」がありませんね。

そのため、古物商許可は不要です。

次に、

  • 百貨店で洋服を購入したけどサイズが合わないからメルカリに出品する
  • セレクトショップで人気ブランドの洋服を購入し、価格が高騰するまでまって新品のまま転売する

上記では、新品の洋服をショップで購入していますね。

この場合、洋服は「古物」に当たらないため、許可は必要ありません

大事なのは、古物に当たるかどうかという点と、転売目的で仕入れたかどうかってことね

古着屋を始めるためには古物商許可が必要です

古物商許可は古物を転売目的で買い取る(仕入れる)場合に必要です。

古着は当然古物に当たります。

そのため、古着屋を始めるためには、古物商許可が必要です。

注意が必要なのは、法人登録などをしていなくても許可は必要だということです。

個人商店として古着屋を始める場合にも許可は必要です。

ヤフオクやメルカリで古着を転売する場合も古物商許可が必要です

スマホの普及により、ネットで物を売買することが身近になりました。

ヤフオクやメルカリなどのアプリを使えば、誰でも簡単に洋服の転売をすることが可能です。

こうしたアプリを利用して、古着を転売目的で仕入れる場合、古着屋と同じように古物商許可が必要です。

たまに「ネット取引の場合は古物商許可はいらない」と言っている人をみかけますが、それは誤解です。

法律は、ネット取引か店舗での取引かを区別していません。

ネット取引の場合でも、転売目的で買い取る場合は許可が必要なんです。

なんで、ネットだと許可がいらないって勘違いする人がいるんだろ?

おそらく、古物商っていうとリサイクルショップみたいなお店をイメージする人が多いからだと思うわ。
でも、ネット取引でもちゃんと許可が必要だから気を付けてね

古物商許可を取得する場合の注意点

古着などの古物を転売目的で買い取る場合、古物商の許可を取得しなければなりません。

許可を申請するときの注意点について説明をします。

品目を選ばないといけません

古物は法律によって13の品目に分類されています。

古物商許可を申請する場合、自分で取り扱う品目を13の中から選んで申請をしなければなりません。

13の品目には以下のようなものがあります。

  • 美術品類
  • 衣類
  • 時計・宝飾品
  • 自動車
  • 自動二輪車及び原動機付自転車
  • 自転車類
  • 写真機類
  • 事務機器類
  • 機械工具類
  • 道具類
  • 皮革・ゴム製品
  • 書籍
  • 金券類

この中で、洋服の転売をする場合は「2、衣類」を選んで申請をします。

品目は複数選んでもかまいません。

洋服の他に、装飾品なども会わせて取り扱う場合は、「2、衣類」と「3、時計・宝飾品」も申請しましょう。

自分で申請をすると大変

古物商許可の申請には特別な資格は必要ありません。

ですから、自分で書類を用意して申請することも可能です。

ただ、古物商許可の申請は自分でやるととても大変です。

申請書の作成、必要書類の収集、担当警察官との交渉など、たくさんやることがあるからです。

もし、簡単に許可を取りたいのであれば行政書士に依頼をしましょう。

報酬は必要ですが、面倒な手続きを全部代わりにやってくれます。

それに、行政書士によっては許可を取得した後のサポートまでしてくれる人もいるので、上手に活用しましょう。

洋服転売のメリット

意外に利益率が高い

洋服は転売ビジネスの中でも特に人気のあるジャンルの1つです。

その理由の1つに、利益率が高いことがあります。

例えば、ハイブランドのシャツなどを扱った場合、1000円前後で仕入れた古着が5,6000円で転売できた、というケースなどよくあることなのです。

また、ノーブランドのシャツでも、商品紹介や写真など販売方法を工夫することで数千円で転売することも可能です。

商品が軽く配送料が安い

洋服は、家電などと比べてコンパクトで重量も軽く、配送料が安くてすみます。

「なんだ、それだけか」と思う方もいるかもしれません。

ですが、ビジネスとして取引を繰り返す上で、配送料が抑えられるというのは、とても大きなメリットなのです。

洋服転売のデメリット

ライバルが多い

洋服転売は人気の高いジャンルです。

そのため、ライバルが多いというデメリットがあります。

特に人気ブランドは、高値で取引されますが、その分ライバルが多く、あまり利益を期待できません。

そのため、あえて人気のないノーブランド品を専門に扱う人もいるようです。

どれだけ他の人と差別化を図れるかがとても重要です。

検品が面倒

洋服の転売をしていて面倒なのが商品の検品です。

買い取る時だけでなく、販売するときも商品の状態をしっかりとチェックしなければなりません。

検品をしっかりしないと、クレームや返品につながります。

こうした手間がかかるのが洋服転売のデメリットの1つといえるでしょう。

洋服転売で稼ぐコツ

シーズンをずらす

洋服転売で上手に稼ぐには、仕入れ価格を出来るだけ抑えることが重要です。

そのため、あえてシーズンをずらして仕入れを行うことも効果的です。

冬用のアウターなど、夏場に仕入れると市場価格の半額以下で仕入れることも可能です。

ただし、販売シーズンまで在庫として保管しなければならないため、その分の費用が必要になるので注意しましょう。

アプリを使い分ける

洋服の転売で成功するには、インターネットの活用は必須といえます。

特に、メルカリやヤフオクなどのサービスの利用は不可欠です。

ただし、これらのアプリは、それぞれの特性を理解した上で利用するべきです。

例えば、メルカリの場合、利用者の年齢層が低いため、若者向けの洋服がよく取引されています。

逆にヤフオクの場合は、年齢層が高めなので、落ち着いた洋服が人気で、値段も比較的高めです。

こうした特性をしっかり理解した上で活用することが、成功のコツといえます。

洋服の転売に古物商許可は必要? まとめ

洋服を転売する場合、原則として古物商許可が必要です。

古物商許可は、古着などの古物を転売目的で買い取る場合に必要です。

そのため、

  • 新品の洋服を転売する
  • 自分の不用品を転売する

場合、許可は不要です。

古物商許可を取得する場合、手続きがとても面倒なので注意が必要です。

簡単に許可を取りたい方は、専門家である行政書士に依頼することをおススメします。

当サイトおすすめ 【取得率100%】古物商許可専門のトラスト行政書士事務所
https://kobutsudaikou.com/
古物商許可取得がネットで完結!トラストなら即日着手&古物営業に必要な特典付き(15,000円相当)

こちらは、これから許可を取得したい、取得すべきかどうか迷っている方向けの窓口です。
古物商許可の取得以外に関するご相談や、個別具体的なご質問、書類の記入方法にご回答は致しかねます。

※ご質問はお一人様一つとさせて頂きます。

よくお問い合わせいただく内容について、以下記事でも詳しく解説しておりますので、ぜひご覧ください。

よくある質問と答え



必要書類や書類の記入方法に関するご質問は、当サイトにて詳しく解説しておりますので各記事をご覧ください。

※ 無料相談での回答によって生じる一切の損害につき、当所は責任を負いかねます。無料相談の回答(録音データ・メール・LINE等)を弊所に無断で転用することを固く禁じます。