同人誌の転売は違法?

この記事は専門家が監修しています

コミケで同人誌たくさん買っちゃったー

そんなに買ってどうするのよ。

ネットで転売してお小遣い稼ぎをしようかと思ってるんだ。ただ、ちょっと気になるのが、同人誌の転売って別に違法じゃないよね?

たぶん大丈夫だと思うけど・・・一応、Drコブツに聞いてみましょう

同人誌の転売は違法ではない。ただ、場合によっては「古物商許可」が必要になるケースがあるから注意するんじゃな

古物商許可~?

今回は、同人誌の転売について詳しく説明をします。

同人誌の転売は違法ではありません

「同人誌の転売は儲かる」という話を聞いた方はいませんか?

実は、同人誌は、かなり儲けやすい転売ジャンルの1つです。

人気の作家にはコアなファンがいて、かなりのプレミアが付くことがあるからです。

同人誌は知識や興味のある方に、おすすめの商品なのです。

ただ、ネットなどを見ていると、

同人誌の転売って違法なんじゃないの?

同人誌の転売って逮捕されるのかな?

と心配される方を目にすることがあります。

ご安心ください。

同人誌の転売は違法ではありません。

同人誌の転売自体を禁止する法律は、今のところ日本にはないからです。

でも、転売で逮捕されたっていうニュースを見たことがあるよ

それは、無許可営業のケースじゃな。同人誌の転売は違法ではないが、場合によっては「古物商許可」が必要になることがあるんじゃ。この許可がないまま同人誌の転売をすると警察に逮捕されることもあり得るから注意が必要じゃ

同人誌の転売には古物商許可が必要となるケースがあります

同人誌の転売は違法ではありません。

転売自体を禁止する法律が日本にはないからです。

ただ、場合によっては「古物商許可」という資格が必要になることがあります。

この許可がないまま同人誌の転売をすると、無許可営業として警察に逮捕され処罰されてしまいます。

では、「古物商許可」が必要なケースとは一体どんな場合でしょうか?

重要なポイントは、

という点です。

それぞれについて詳しく説明します。

古物に当たるかどうか

同人誌の転売に古物商許可が必要かどうかの重要なポイントの1つ目は、転売する同人誌が「古物」に当たるかどうかです。

古物っていうのは、中古品のこと?

半分正解じゃが、半分はずれじゃ

古物とは、一般的には古着や古本など中古品のことをいいます。

ですが、法律によると、個人が一度取引した物はそれが新品・未使用品であっても「古物」に当たるとされています。

新品の同人誌をコミケなどのイベントやお店で購入して転売する場合は、古物商許可は必要ありません。

その同人誌は「古物」に当たらないからです。

ですが、個人から未使用品の同人誌を購入して転売する場合には、古物商許可が必要です。

なぜなら、その同人誌は「個人が一度取引した物」なので、新品・未使用品であっても古物に当たるからです。

転売ビジネスかどうか

次に、同人誌の転売に古物商許可が必要かどうかの重要なポイントは、「転売ビジネスといえるかどうか」です。

「転売ビジネス」とは、転売する目的で同人誌を仕入れることをいいます。

ですから、転売してお金を稼ぐために、中古の同人誌などを仕入れる場合は、古物商許可が必要です。

逆に次のようなケースでは古物商許可は必要ありません。

  • コレクションしていた同人誌が不要になったので転売する
  • 友人からタダで同人誌を貰ったが、いらないので転売する
  • 間違えて既に持っている同人誌を購入してしまったので1つを転売する

これらのケースでは、転売目的の仕入れ行為がありません。

そのため、古物商許可は必要ないのです。

自分で読むために購入したのか、転売目的で購入したのかって、自分にしかわからないと思うんだけど・・・転売目的かどうかって誰が判断するの?

転売目的だったかどうかについては、無許可営業を取り締まっている警察が判断します

無許可営業が疑われる場合、警察は、過去の取引回数や取引内容、金額などすべてチェックします。

その結果、転売目的と判断され逮捕されてしまった場合、下手な言い訳は一切通用しません。

もしも、お金を稼ぐ目的で同人誌の転売をするのであれば、あらかじめ必ず古物商許可を取得しましょう。

古物商許可を取得するときの注意点

同人誌の転売は違法ではありませんが、場合によっては古物商許可が必要です。

もし、無許可営業として警察に逮捕された場合は、「3年以下の懲役または100万円以下の罰金」というとても重い罰則が科せられます。

もし、安全に同人誌の転売を続けたいのであれば、絶対に古物商許可を取得しておくべきです。

そこで、古物商許可を取得するときの注意点について説明をします。

品目に注意しましょう

中古品などの転売をするには古物商許可が必要です。

ですが、古物商許可を取得すれば、どんな古物でも転売できるというわけではありません。

古物は法律によって13の種類(品目)に分類されています。

古物商許可を申請するときは、この13品目の中から扱いたい品目を選ばなければなりません。

このとき選んだ品目以外の古物については、許可取得後も転売することはできないので、慎重に選択しましょう。

13の品目は以下の通りです。

  • 美術品類
  • 衣類
  • 時計・宝飾品
  • 自動車
  • 自動二輪車及び原動機付自転車
  • 自転車類
  • 写真機類
  • 事務機器類
  • 機械工具類
  • 道具類
  • 皮革・ゴム製品類
  • 書籍
  • 金券類

同人誌を転売するのであれば、この中から「書籍」を選択します。

なお、品目は複数選ぶことも可能です。

ですから、「書籍」と一緒に「道具類」も選択すれば、同人誌と一緒に同人グッズなども扱えるようになります。

もし、品目についてわからないことがあれば、管轄の警察か、行政書士という専門家がいるので相談するとよいでしょう。

古物商許可の申請は行政書士を活用しましょう

古物商許可の申請手続きはとても面倒です。

申請書の書き方はよくわからないし、提出しなければならない必要書類もたくさんあるからです。

もし、ミスが1つでもあると申請は受け付けてもらえず、やり直しになってしまいます。

そのため、自分で申請をするとたくさんの時間を無駄にしてしまうかもしれません

もし、楽して簡単に許可を取得したいのであれば、行政書士に依頼をしましょう。

行政書士は古物商許可の専門家です。

依頼をすれば、楽して最短で許可を取ることが可能です。

これから古物商許可を取得しようという方は、行政書士の利用も検討するとよいでしょう。

同人誌の転売は違法? まとめ

同人誌の転売は違法ではありません

同人誌の転売自体を禁止する法律は今の日本にはないからです。

ただし、場合によっては「古物商許可」が必要になることがあるので注意が必要です。

古物商許可がいるかどうかの重要なポイントは、

  • 同人誌が古物にあたるか
  • 同人誌の転売が転売ビジネスといえるかどうか

です。

もし、無許可で同人誌の転売を続けると、古物営業法違反(3年以下の懲役または100万円以下の罰金)として警察に逮捕・処罰されます。

これから、同人誌の転売を始めようと考えている方は、行政書士に依頼するなどして、すぐに古物商許可を取得しておくべきです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

当サイトおすすめ 【取得率100%】古物商許可専門のトラスト行政書士事務所
https://kobutsudaikou.com/
古物商許可取得がネットで完結!トラストなら即日着手&古物営業に必要な特典付き(15,000円相当)





必要書類や書類の記入方法に関するご質問は、当サイトにて詳しく解説しておりますので各記事をご覧ください。

※ 無料相談での回答によって生じる一切の損害につき、当所は責任を負いかねます。無料相談の回答(録音データ・メール・LINE等)を弊所に無断で転用することを固く禁じます。