フィギュアの転売に古物商許可は必要?

この記事はトラスト行政書士事務所が監修しています

フィギュアに興味のある方の中には、フィギュアを転売して小遣い稼ぎをしたいと思う方もいるかもしれません。

実際、フィギュアはプレミアが付くものが多く、転売だけで月に数十万円を稼いでいる人もたくさんいます。

ですが、フィギュアを転売してお金を稼ぐには、古物商許可が必要ということをご存じでしたか?

フィギュアを転売するのに許可がいるの?知らなかった。

今回は、フィギュアの転売と古物商許可の関係について詳しく説明をします。

フィギュアの転売ビジネスには古物商許可が必要

フィギュアを転売する場合、「古物商」という許可が必要になるケースがあります

どんな場合にその許可が必要なの?

重要なポイントは、中古フィギュア(古物)を「ビジネスとして転売したかどうか」です。

次のようなケースでは、転売ビジネスに当たるため許可が必要です。

  • メルカリで中古のフィギュアを安く購入してリサイクルショップで転売する
  • フィギュアショップを開いて中古のフィギュアを買い取り、別の人に転売する
  • 国内で中古のフィギュアをたくさん仕入れて海外で転売する

逆に「転売ビジネス」に当たらないケースでは許可はいりません。

例えば、

  • コレクターを引退するため自宅のフィギュアを全てヤフオクに出品する
  • 部屋を掃除していたら昔買ったフィギュアが見つかったのでメルカリで売る
  • 知り合いからフィギュアをタダで貰ったけどいらないのでリサイクルショップで買い取ってもらう

のような場合では、許可なくフィギュアを売ることができます。

新品でも個人からフィギュアを仕入れる場合は許可が必要です

古物商許可」って中古品の転売ビジネスをするときに必要な資格なんだよね。
ってことは、新品のフィギュアを転売するときは許可はいらないってこと?

たしかに、古物とは一般的に中古品のことをいいます。

ですから、新品のフィギュアをおもちゃ屋で購入して転売する場合、許可はいりません。

ですが、新品・未使用のフィギュアでも個人から買い取って転売する場合には許可が必要なので注意して下さい。

どうして新品なのに許可が必要なの?

古物営業法では、「たとえ新品でも個人が取引した物は古物に含まれる」とされているためです。

そのため、個人から買い取る場合は新品・中古品問わず許可が必要なんです。

ネットでショップやストアから新品のフィギュアを仕入れる場合、相手は個人じゃないから許可はいらないんだよね

ネットだと、個人でも簡単にショップやストアを名乗ることができるから注意が必要よ。
もし、ネット上ではショップやストアになっていても、運営している人が個人であれば許可が必要なの。
だから、ネット取引の場合は、慎重に相手を調べることが必要ね

古物商許可を申請するときの注意点

フィギュアの品目は「道具類」

古物は法律によって13の種類(品目)に分類されています。

古物商許可を申請するとき、自分が扱おうとする品目を13の中から選ばなければなりません。

13の品目とは以下の通りです。

  • 美術品
  • 衣類
  • 時計・宝飾品
  • 自動車
  • 自動2輪車及び原動機付自転車
  • 自転車類
  • 写真機類
  • 事務機器類
  • 機械工具類
  • 道具類
  • 皮革・ゴム製品類
  • 書籍
  • 金券類

古物商は自分の選んだ品目以外の古物を転売することができません。

例えば、「書籍」の品目を選んで申請した人は、時計や自動車を転売することはできないってことね

13の品目のうち、フィギュアは「道具類」に分類されます。

道具類はおもちゃの外に、生活雑貨や家具、楽器などが含まれます。

ですから「道具類」で申請をすれば、フィギュア以外のおもちゃやトレーディングカードなども転売することができるようになります。

もし、フィギュアの他に洋服やコスプレ用の衣装なども転売したい場合はどうすればいいの?

品目は複数申請することができるし、あとから必要になれば、追加申請することも可能だから安心してね

フィギュア転売で儲けるコツ

海外を視野にいれましょう

日本の漫画やアニメは海外でとても人気です。

また、日本製のフィギュアは海外製と比べてクオリティが高く、高い値段で取引されています。

そのため、日本で仕入れたフィギュアを海外で転売すれば、大きな利益が期待できるのです。

日本では1万円前後で売られているフィギュアが海外では3万円以上で取引されていることも珍しくありません。

海外で転売するのはちょっとハードルが高そう・・・

と思う方もいるかもしれません。

ですが、最近ではeBayやAmazonなど海外の通販サイトを利用することができるので、それほど苦労はしないと思います。

フィギュアの転売ビジネスでしっかり儲けようと思うのであれば、海外の市場も利用すべきです。

原作の漫画やアニメをチェック

フィギュアの転売ビジネスをするなら、原作のチェックは欠かせません。

原作をチェックすると、どんなキャラクターが人気なのか、ファンはどんなフィギュアを求めているのか、などが自然と分かるようになるからです。

転売ビジネスで上手に儲けるには、これから値段が上がりそうな商品を早く見つけることが重要です。

原作の漫画やアニメをチェックすることで、仕入れや転売のタイミングが掴めるようになるのです。

フィギュア転売で気を付けなければならないこと

箱の状態や開封の有無で値段が大きく変わる

フィギュアの価格は、箱の状態や開封の有無などで大きく上下します

箱は汚れや凹みがあると値段が下がりますし、未開封と開封済みのものではかなり値段に差がつきます。

注意しなければならないのは、未開封を偽装している商品があるということです。

箱とフィギュアを別々に購入し、シールやテープを綺麗に貼りなおして、あたかも未開封のように見せかけた商品が流通しているのです。

気づかないで仕入れてしまうと、大きな赤字の原因となってしまいます

商品を仕入れるときは、出品者が信頼できるかどうかなど、十分に注意して取引をしましょう。

保管スペースが必要です

フィギュアは洋服のように、折りたたんだり重ねたりして収納することができません。

そのため、小さいサイズのフィギュアでも意外と広い保管スペースが必要です。

無計画に仕入れをすると、保管スペースが足らなくなって倉庫を借りるなど、余計な出費が必要になるかもしれません。

あらかじめしっかりとした販売計画を立てることが重要です。

また、フィギュアの素材によっては、日光や蛍光灯の光で日焼けや色褪せをしてしまうものがあります。

日焼けや色褪せをすると商品価値が大きく下がってしまいます。

ですから、保管をする場所も十分に注意をしなければならないのです。

フィギュアの転売に古物商許可は必要?  まとめ

フィギュアの転売をするには原則として古物商許可が必要です。

許可が必要かどうか重要なポイントは「転売ビジネスをしているかどうか」です。

許可の申請は、自分でもすることができますが、その手続きはとても面倒です。

たくさんの必要書類や担当警察官との交渉が必要になるからです。

もし、簡単に許可を取りたいのであれば、行政書士という専門家がいるので、代行を依頼するのも一つの手です

メールやLINEで依頼を受けている行政書士もいるそうなので、一度相談をしてみるとよいでしょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

当サイトおすすめ 【取得率100%】古物商許可専門のトラスト行政書士事務所
https://kobutsudaikou.com/
古物商許可取得がネットで完結!トラストなら即日着手&古物営業に必要な特典付き(15,000円相当)

こちらは、これから許可を取得したい、取得すべきかどうか迷っている方向けの窓口です。
よくお問い合わせいただく内容について、以下記事でも詳しく解説しておりますので、ぜひご覧ください。

よくある質問と答え




必要書類や書類の記入方法に関するご質問は、当サイトにて詳しく解説しておりますので各記事をご覧ください。

※ 無料相談での回答によって生じる一切の損害につき、当所は責任を負いかねます。無料相談の回答(録音データ・メール・LINE等)を弊所に無断で転用することを固く禁じます。