掛軸の転売に古物商許可は必要?

この記事はトラスト行政書士事務所が監修しています

2020年4月1日古物営業法が全面改正されました。そのため記事の内容に一部古い情報がある場合があります。詳しくは【2020年4月1日全面施行】古物営業法が改正されましたをご覧ください。

掛軸の転売は、初心者には少しハードルが高いですが、高額で取引されることもあり魅力的な商品の1つです。

また、最近では海外での人気も上がりつつあるようです。

ですが、1つ注意しなければならない点があります。

それは、掛軸を転売するには原則として古物商許可が必要になるということです。

古物商」って名前はたまに聞くけど、どんなものか全然わからないなぁ

それじゃあ、まず古物商許可がどんなものか、しっかり説明するわ

掛軸の転売をする場合は古物商許可が必要です

中古品などの「古物」をビジネスとして転売する場合、古物商許可が必要になります。

掛軸も例外ではありません。

掛軸を転売してお金を稼ぐのであれば、原則として古物商許可が必要なのです。

もし、許可を取らないまま掛軸の転売を続けると、警察に逮捕されてしまう可能性があります。

無許可営業の罪は重く、罰則は「3年以下の懲役又は100万円以下の罰金」となっています。

これから、掛軸の転売を始めようと考えている方は、必ず許可を取得しましょう。

重要なポイントは「ビジネスとして転売をしたかどうか」

掛軸の転売には古物商許可が必要だと説明をしました。

ですが、どんな取引でも許可が必要というわけではありません。

不用品の処分や無料のやり取りの場合、許可は必要ないのです。

重要なポイントは「ビジネスとして転売をしたかどうか」です。

具体的には、次のようなケースは転売ビジネスに該当するため、許可が必要です。

  • 知り合いから掛軸を安く売ってもらいネットで転売をする
  • ネットで掛軸を仕入れて、利益を乗せて転売をする
  • 買い取った掛軸を補修して、別の人に転売をする

許可無くこうした行為を繰り返すと警察に逮捕・処罰されるおそれがあります。

逆に、転売ビジネスに当たらないのは次のようなケースです。

  • ずっと自分の家に飾ってあった掛軸が不要になったのでネットで売る
  • 知り合いからタダでもらった掛軸を業者に買い取ってもらう
  • 自分で使用するために掛軸を購入したが、引っ越しに伴って転売する
  • 自分の掛軸を知人に無料で譲る

これらの場合、ビジネスとしての転売には当たらないので、許可はいりません。

ちなみに、古物営業法という法律は日本国内の取引のみを対象としています。

そのため、海外で仕入れた掛軸を日本で転売する場合、許可は必要ありません。

中国の掛軸を日本で転売するときは、許可はいらないってことだね

ただし、許可がいらないのはあくまで直接海外で仕入れた場合だけよ。
間に問屋や代理店が入っている場合は、許可が必要になるから注意してね

許可を申請するときの注意点

掛軸の品目は「美術品」もしくは「道具類」

古物商許可を取得すれば、掛軸をはじめとした中古品の転売をすることができるようになります。

ですが、どんな種類の品物でも転売できるというわけではありません。

古物は法律によって、13個の種類(品目)に分類されており、許可を取得するときはその中から自分で扱う品目を選ばなければなりません。

そして、自分が選んだ品目以外の古物については、転売することはできないのです。

13個の品目は以下の通りです。

  • 美術品
  • 衣類
  • 時計・宝飾品
  • 自動車
  • 自動2輪車及び原動機付自転車
  • 自転車類
  • 写真機類
  • 事務機器類
  • 機械工具類
  • 道具類
  • 皮革・ゴム製品類
  • 書籍
  • 金券類

掛軸は、価値の高いものは「美術品」、そうでない物は「道具類」に含まれます。

品目は複数申請することができるので、掛軸を扱う場合は、どちらも申請しておいた方がよいでしょう。

もし品目を間違えて申請してしまっても、後から追加することができます。

ただ、追加の手続きが終わるまで古物ビジネスができなくなってしまうので、なるべく間違えないように慎重に選んで申請をしましょう。

実務経験や特別な資格は必要ありません

古物商許可を取得するのに、実務経験や特別な資格などは必要ありません

中には、「許可を取得するのに実務経験などが必要だ」と考えている方もいるようなのですが、誤解です。

古物商許可は欠格要件に該当さえしなければ、原則として誰でも取得することが可能なのです。

欠格要件というのは、古物商許可が取得できなくなる要件のことをいいます。

欠格要件には次のようなものがあります。

  • 破産手続開始の決定を受けて復権を得ない者
  • 過去に犯罪歴のある者
  • 暴力団関係者
  • 住居不定者
  • 未成年者
  • 心身の故障により古物商または古物市場主の業務を適正に実施することができない者

これらの欠格要件に該当していなければ、実務経験などなくても許可の取得が可能です。

実務経験の証明や特別な資格は必要ないんだね~

あくまで許可を取るのにはいらないっていうだけで、ビジネスをするのであれば経験や資格があって損はないわよ

許可の申請には手間と時間がかかります

古物商許可の申請は、必要書類を役所に取りに行ったり、警察署に何度も足を運んだりと、とても大変です。

ミスが1つでもあると申請は受け付けてもらえないので、許可が下りるまでに結構な時間がかかります。

これから自分で許可申請をする方は、それなりの覚悟が必要かもしれません。

もし、簡単に早く許可を取りたいという人は、行政書士に許可取得を依頼しましょう

行政書士に依頼すると、書類集めから警察への交渉なども全部代わりにやってくれるので、とても便利です。

掛軸の転売で上手に稼ぐコツ

商品知識を身につけましょう

掛軸の転売で特に注意しなければならないのが「贋作(がんさく)」です。

贋作を仕入れて自分が損害を受けるのであればまだいいですが、そのまま気づかず転売してしまうとクレームなどトラブルの原因になってしまいます。

贋作を見抜けるようになるには、地道に掛軸の勉強をするしかありません。

最近では、セミナーや勉強会なども開催されているようです。

積極的に利用して、商品知識を身につけましょう。

保管方法に注意

価値のある掛軸も、保存状態が悪いとどんどん価値が下がってしまいます。

そのため、適切な管理保存方法を知っておくことはとても重要です。

例えば、掛軸を濡らすとシミの原因になってしまいますので、濡れた手で触ったり濡れた布で拭いたりするのはやめましょう。

また、掛軸は湿気にとても弱く、カビや破れの原因となります。

風通しの悪い部屋などで保管するのは避けるべきです。

海外に目を向けましょう

最近、日本の茶道が海外で人気になりつつあることをご存じでしょうか?

抹茶や茶器などが海外でよく売れているのです。

掛軸も茶道の道具として欠かせないものですから、海外での需要も期待ができます。

販売ルートの確保が少しハードルが高いですが、海外展開も視野に入れれば、大きなビジネスチャンスになるかもしれません。

掛軸の転売に古物商許可は必要? まとめ

掛軸を転売する場合、原則として古物商許可が必要です。

許可が無いまま転売をすると、古物営業法違反(3年以下の懲役又は100万円以下の罰金)として逮捕される可能性があります。

掛軸の転売ビジネスを考えているのであれば、必ず前もって許可を取得しておきましょう。

古物商許可は自分で申請することもできますが、それだと無駄に時間や手間がかかってしまいます。

簡単に許可を取りたいという方は、行政書士の代行サービスを利用することをお勧めします。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

当サイトおすすめ 【取得率100%】古物商許可専門のトラスト行政書士事務所
https://kobutsudaikou.com/
古物商許可取得がネットで完結!トラストなら即日着手&古物営業に必要な特典付き(15,000円相当)

こちらは、これから許可を取得したい、取得すべきかどうか迷っている方向けの窓口です。
古物商許可の取得以外に関するご相談や、個別具体的なご質問にはご回答は致しかねます。
※ご質問はお一人様一つとさせて頂きます。

よくお問い合わせいただく内容について、以下記事でも詳しく解説しておりますので、ぜひご覧ください。

よくある質問と答え



必要書類や書類の記入方法に関するご質問は、当サイトにて詳しく解説しておりますので各記事をご覧ください。

※ 無料相談での回答によって生じる一切の損害につき、当所は責任を負いかねます。無料相談の回答(録音データ・メール・LINE等)を弊所に無断で転用することを固く禁じます。