家電の転売に古物商許可は必要?

この記事はトラスト行政書士事務所が監修しています

2020年4月1日古物営業法が全面改正されました。そのため記事の内容に一部古い情報がある場合があります。詳しくは【2020年4月1日全面施行】古物営業法が改正されましたをご覧ください。

家電の転売といえば、転売ビジネスの中で最もメジャーで人気のあるジャンルの1つです。

ですが、家電を転売するには、「古物商」という許可が必要なことをご存じでしたか?

許可なく家電転売を続けた結果、警察に逮捕されてしまったという人も・・・

今回は、家電転売と古物商許可について詳しく説明をしたいと思います。

家電の転売には古物商という許可が必要です

家電の転売は「家電せどり」という言葉があるくらい、転売ビジネスの中ではメジャーです。

家電転売が人気な理由は、転売初心者でも利益が出しやすいからです。

転売の時期や人気カテゴリーをしっかりと抑えておけば、転売初心者でも利益を出すことは、それほど難しくないのです。

ただし、家電を転売するには、「古物商」という許可を取得していなければなりません。

この許可がないまま家電の転売を続けると、警察に逮捕されてしまうことがあるからです。

ちなみに、無許可転売で逮捕されたときの罰則は、3年以下の懲役または100万円以下の罰金よ

そもそも古物商って?

でも、なんで家電を転売するのに、わざわざ許可が必要なんだろ?

どうやら、泥棒や盗品と関係があるみたいね

古物営業法の目的は、「盗品の流通防止」「盗品の早期発見」にあります。

例えば、泥棒が盗品を誰かに売り、買った人がまた別の誰かにその盗品を売ったとします。

この盗品の転売が繰り返されると「盗品がどこにあるか」「誰が犯人なのか」がとても分かりにくくなり、警察の捜査がとても大変なのです。

そこで、古物商許可という制度が作られました。

この制度により、警察が「誰が誰に何を売ったか」を把握できるようになったのです。

これだと、盗品や犯人を見つけることも簡単だね

そうね。それに泥棒の立場からすると、盗品の転売自体が難しくなるわね

家電の転売に古物商許可が必要なケースと不要なケース

家電の転売には、古物商許可が必要だと説明をしました。

ですが、すべてのケースに許可が必要だというわけではありません。

古物商許可は、「中古家電(古物)をビジネスとして転売する場合」に必要なのです。

例えば次のケースには許可が必要でえす。

  • 中古家電を買い取って自分の店舗で転売する
  • インターネットで中古家電を買い取って転売する
  • 壊れた中古家電を買い取って自分で修理して転売する
  • 日本で買い取りした家電を海外へ輸出して転売する

逆に、「中古家電(古物)をビジネスとして転売する場合」に当たらない場合に、許可は必要ありません。

次のようなケースです。

  • 自分の家電が不要になったので転売する
  • 新品の家電を電気屋さんから格安で買って販売する
  • 無料でもらった家電を修理して転売する
  • 海外で直接買い取った家電を日本で転売する

最後の海外で直接買い取った家電を転売するケースには注意が必要です。

古物営業法は、日本国内で古物を仕入れた場合を対象としています。

そのため、海外で仕入れた家電を日本で転売する場合に許可は不要なのです。

ですが、問屋や代理店などの中間業者が入っている場合には許可が必要です。

もし海外取引について気になる人は、警察署や専門家(行政書士)に相談することをおすすめするわ

古物商許可を取得するメリット

古物商許可を取得するメリットは、「中古家電を転売しても警察に逮捕されない」というだけではありません。

古物商許可を取得するその他のメリットについて説明します。

古物商許可には更新がありません

古物商許可には原則として有効期限がありません。

他の許可や資格の多くは、有効期限があり、うっかり更新を忘れて失効してしまうと、始めから取り直しになることがあります。

ですが、古物商許可にはそのようなことはありません。

一度、許可を取ってしまえば、生涯有効な資格なのです。

更新手続きは意外と面倒です。

これから、転売ビジネスをスタートさせたいと考えている方にとって、更新がないということは大きなメリットといえるでしょう。

超優良な仕入先「古物市場」が利用できる

転売ビジネスを成功させるコツは、何といっても優良な仕入先の確保です。

安く仕入れられることはもちろん、安定的に、希望の数を仕入れることができなければなりません。

その優良な仕入先の1つに「古物市場」があります。

「古物市場」は、プロの古物商だけが参加できる市場なので、良質な商品を安く、大量に仕入れることができます。

また、古物市場は定期的に開催されているので、安定的に商品を仕入れることも可能です。

この古物市場に参加できるというだけでも、古物商許可を取得するメリットは十分にあるといえるでしょう。

家電の転売は中古品を扱う方が儲かる

家電の転売で儲けたいなら、中古品を扱うべきです。

その理由について説明します。

中古家電の方が利益率が高い

転売ビジネスで成功する秘訣は、何といっても安く仕入れて高く売ることです。

そのためには、中古家電を扱うことをおすすめします。

新品家電の転売でも利益が出せないわけではありません。

家電量販店などで特別価格で販売されている家電を定価で売れば、多少の利益は出るでしょう。

ですが、その場合の利益率は本体価格の数%程度になると思います。

中古家電の場合、人気ジャンルを見極められれば、10%~20%の利益率は簡単に出すことができます。

そのため、家電の転売で儲けるには中古家電を扱うことが重要なのです。

中古家電にはお宝がたくさん

中古家電の中には、定価以上の価格で取引されるレア家電が存在します。

すでに製造中止になった家電や、古いレトロ家電などです。

こうした家電は、当初の販売価格の数倍から数十倍で取引されることがあり、まさにお宝といえます。

そして、このレア家電は、稀にネットなどで激安で出品されていることがあります。

出品者が価値に気付かず、ただの古い家電として出品しているケースが多いのですが、これは大きなチャンスです。

100円で仕入れた家電が、数万円で転売できたという可能性もあるのです。

僕もヤフオクで買ったジャンク品のオーディオ(500円)が、5000円で売れたことがあるなぁ

こまめにネットをチェックすることと、商品価値に関する情報をたくさん頭に入れておくことが重要ね

中古家電の転売には古物商許可が必要

このように、家電転売で儲けたいのなら、中古家電を扱うべきです。

ですが、忘れてはいけないのは、中古家電の転売をするのには、古物商許可が必要だということです。

許可がなければ、中古家電を扱うことはできません。

家電転売に興味のある方は、まずは許可を取得するところから始めてみてはどうでしょうか。

家電の転売に古物商許可は必要? まとめ

家電の転売には、古物商許可が原則として必要です。

古物商許可は、中古家電などの古物をビジネスとして転売するときに必要な資格です。

ですから、不用品を処分する場合などには許可はいりません。

無許可で、中古家電の転売ビジネスをすると警察に逮捕・処罰されます。

許可の取得は、自分で申請することもできますが、手続きが難しいので出来ればプロに任せましょう

古物商のプロ(行政書士)に依頼をすれば、面倒な手続きを全部代わりにやってくれます。

自分はビジネスの準備に集中することができて、とても効率的なのです。

気になる方は、一度ネットでチェックするとよいでしょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

当サイトおすすめ 【取得率100%】古物商許可専門のトラスト行政書士事務所
https://kobutsudaikou.com/
古物商許可取得がネットで完結!トラストなら即日着手&古物営業に必要な特典付き(15,000円相当)

こちらは、これから許可を取得したい、取得すべきかどうか迷っている方向けの窓口です。
古物商許可の取得以外に関するご相談や、個別具体的なご質問にはご回答は致しかねます。
※ご質問はお一人様一つとさせて頂きます。

よくお問い合わせいただく内容について、以下記事でも詳しく解説しておりますので、ぜひご覧ください。

よくある質問と答え



必要書類や書類の記入方法に関するご質問は、当サイトにて詳しく解説しておりますので各記事をご覧ください。

※ 無料相談での回答によって生じる一切の損害につき、当所は責任を負いかねます。無料相談の回答(録音データ・メール・LINE等)を弊所に無断で転用することを固く禁じます。