アイドルの生写真の転売に古物商許可は必要?

この記事はトラスト行政書士事務所が監修しています

2020年4月1日古物営業法が全面改正されました。そのため記事の内容に一部古い情報がある場合があります。詳しくは【2020年4月1日全面施行】古物営業法が改正されましたをご覧ください。

アイドルの生写真の転売には、古物商許可が必要なケースがあります。

それは「取引されたことのあるアイドルの生写真を転売する場合」です。

もし、無許可で転売をすると警察に逮捕される可能性もあるので注意が必要です。

アイドルの生写真を転売して稼ぐのであれば、古物商許可が必要なケースかどうか、自分で判断ができるようにしておきましょう。

そこで今回は、どういう場合に古物商許可が必要になるのか、詳しく説明するわ

よろしく~

アイドルの生写真の転売には古物商許可が必要なケースがあります

アイドルの生写真を転売する場合、古物商許可が必要になるケースがあるので注意しましょう。

もし、無許可でアイドルの生写真を転売すると警察に逮捕される可能性があるからです。

アイドルの生写真の転売は、意外と人気の高い転売ジャンルの1つです。

その理由はとても簡単です。

単純に「稼げるから」です。

アイドルに関する知識さえあれば、転売経験があまりない方でも、十分稼ぐことが可能なジャンルです。

ネットで検索すると、アイドルの生写真を扱っているサイトがたくさんヒットすると思います。

これは、アイドルの生写真の転売が稼ぎやすいことの証拠ともいえます。

皆さんの中にも、アイドルの生写真を転売して、お小遣いを稼ぎたいと考えている人がいるのではないでしょうか?

ただ、アイドルの生写真を転売する前に、注意しなければならないことがあります。

それは「古物商許可が必要になる場合がある」ということです。

もし、無許可で転売をすると、警察に逮捕される可能性もあります。

ですから、アイドルの生写真を転売をする場合は、古物商許可が必要かどうか、しっかり判断して行う必要があるのです。

もし、必要であればすぐに古物商許可を取得しなければなりません。

具体的にどういう場合に古物商許可が必要になるの?

簡単にいうと、取引されたことのある写真の転売には古物商許可が必要になるわ

古物商許可は取引されたことのある生写真の転売に必要です

アイドルの生写真を転売する場合、古物商許可が必要になるケースがあります。

それは「取引されたことのあるアイドルの生写真を転売するケース」です。

例えば、

  • メルカリやヤフオクで仕入れたアイドルの生写真を転売する
  • 中古のアイドルグッズショップで仕入れたアイドルの生写真を転売する
  • 古本屋で仕入れた雑誌の付録についていたアイドルの生写真を転売する

これらのケースは、既に取引されたアイドルの生写真を転売していますので、古物商許可が必要となります。

逆に、まだ取引されたことのない生写真を転売する場合、古物商許可は必要ありません。

例えば、

  • アイドルのコンサートで売られていた新品の生写真を転売する
  • 新品の雑誌やCDの付録に付いているアイドルの生写真を転売する
  • アイドルのオフィシャルサイトで購入した生写真を転売する

これらの写真は、どれもまだ取引されたことのないものです。

そのため、転売する場合でも古物商許可は必要ないのです。

また、取引されたことのあるアイドルの生写真の転売でも、例外的に古物商許可が不要となる場合があります。

それは、「不用品の処分にあたる場合」「写真の仕入れ(買い受け)がない場合」です。

例えば、

  • コレクター卒業のため、集めてきたアイドルの生写真をメルカリに出品する
  • 友人からタダでもらったアイドルの生写真をヤフオクに出品する

これらのケースでは、古物商許可は必要ありません。

どうして、取引されたことがない写真や、不用品の処分のケースでは古物商許可がいらないの?

それを答えるには、まず、古物商許可の目的について説明する必要があるわね

古物商許可の目的は「盗品の流通防止と早期発見」

取引されたことのあるアイドルの生写真を転売する場合、古物商許可が必要だと説明をしました。

では、なぜ、取引されたことのある写真について古物商許可が必要なのでしょうか。

それは、古物商許可の目的と関係があるのです。

古物商許可の目的は「盗品の流通防止と早期発見」です。

転売を許可制にすることで、泥棒の盗んだ物が流通しないように規制しているのです。

「取引された物」の場合、取引の過程のどこかで盗品が紛れ込んでいる可能性があります。

そのため、「取引された物」を転売するには古物商許可が必要なのです。

逆に、「取引されたことのない物」の場合、盗品が紛れ込む可能性はほとんどありません。

「不用品を処分する場合」や「仕入れ(買い受け)のない物」についても同様です。

ですから、これらの物を転売する場合には、古物商許可は不要なのです。

新品や不用品、無料でもらった物の中に盗品が混ざるのってあんまり考えられないもんね

そうね。古物商許可が必要かどうかについては、「盗品が紛れ込む可能性があるかどうか」という基準で考えるとわかりやすいわ

なるほど~

それでもわからなかったら、警察署や行政書士という専門家に相談をするといいわ

アイドルの生写真の転売が儲かる理由

アイドルの生写真の転売は、初心者でも稼げる人気のジャンルです。

その理由をいくつか紹介します。

まず、1つ目は「ターゲットが幅広い」ことです。

最近、全国各地でさまざまなアイドルグループが結成されています。

アイドルグループが増えると、その分ファンも増加します。

つまり、アイドルグッズの市場はどんどん大きくなっているのです。

そのため、アイドルの生写真の転売は、他のジャンルと比べて稼ぎやすいといえるのです。

稼げる理由の2つ目は「サイズが小さく転売費用がかからないこと」です。

アイドルの生写真はサイズが小さく、送料はほとんどかかりません。

また、重ねて保管することができるので、在庫の管理費用も気にする必要がありません。

送料や在庫の管理費用は、転売を続けているとかなり大きな負担となります。

そのため、これらの費用がかからないというのは、転売で稼ぐうえでとても重要なメリットといえるのです。

古物商許可は行政書士に頼むと簡単に取得できます

これまで、アイドルの生写真の転売には、古物商許可が必要なケースがあることを説明してきました。

もし、古物商許可を取得するのであれば、行政書士に依頼することをおすすめします。

なぜなら、その方が圧倒的に楽して許可を取ることができるからです。

古物商許可の申請手続きは複雑で、自分でやると、とても大変です。

中には、半年経ってもまだ許可が下りず、申請手続きを繰り返している人もたくさんいるのです。

行政書士に頼めば、そんな大変な思いをすることなく、簡単に古物商許可を取得することができます。

もし、スムーズに転売を始めたいのであれば、行政書士に依頼をするべきです。

アイドルの生写真の転売に古物商許可は必要? まとめ

アイドルの生写真の転売には、古物商許可が必要となるケースがあります。

それは、「取引されたことのあるアイドルの生写真を転売する場合」です。

無許可で転売をすると、古物営業法違反(3年以下の懲役または100万円以下の罰金)として、警察に逮捕・処罰されるおそれがあります。

必ず事前に古物商許可を取得するようにしましょう。

古物商許可の取得は、手続きがとても複雑で、自分で申請をするとなかなか許可が下りません。

楽して簡単に古物商許可を取得するためには、行政書士の代行サービスを利用するとよいでしょう。

当サイトおすすめ 【取得率100%】古物商許可専門のトラスト行政書士事務所
https://kobutsudaikou.com/
古物商許可取得がネットで完結!トラストなら即日着手&古物営業に必要な特典付き(15,000円相当)

こちらは、これから許可を取得したい、取得すべきかどうか迷っている方向けの窓口です。
古物商許可の取得以外に関するご相談や、個別具体的なご質問、書類の記入方法にご回答は致しかねます。

※ご質問はお一人様一つとさせて頂きます。

よくお問い合わせいただく内容について、以下記事でも詳しく解説しておりますので、ぜひご覧ください。

よくある質問と答え



必要書類や書類の記入方法に関するご質問は、当サイトにて詳しく解説しておりますので各記事をご覧ください。

※ 無料相談での回答によって生じる一切の損害につき、当所は責任を負いかねます。無料相談の回答(録音データ・メール・LINE等)を弊所に無断で転用することを固く禁じます。