日本画の転売に古物商許可は必要?

この記事は専門家が監修しています

日本画は単価が高く上手に転売すればかなり儲けることができます。

日本画に興味のある方や、知識のある方にとっては、魅力的なジャンルの1つといえるでしょう。

ですが、注意しなければならないのは、日本画の転売には古物商許可が必要なケースがあるということです。

現在の日本では、この許可なく中古品の転売ビジネスは原則できません。

今回は、日本画の転売と古物商許可の関係について説明をします。

日本画の転売ビジネスには古物商許可が必要です

日本画を転売するには原則として古物商の許可が必要です。

許可なく転売をすると古物営業法違反として警察に逮捕されるおそれがあります。

ただし、どんな場合でもこの許可が必要というわけではありません。

古物商許可は中古品などの「古物」「転売目的で仕入れる」場合に必要なのです。

古物」とか「転売目的」ってあまり聞きなれない言葉だからよくわからないなぁ

じゃあ、その点についてまず詳しく説明するわね

「古物」とはざっくりいうと中古品のこと

古物商許可が必要になる「古物」というのは、ざっくりいうと中古品のことです。

過去に誰かが使っていた家電や、着用していた古着なんかが古物にあたります。

日本画の場合でも中古品っていうのかなぁ?

たしかに、日本画で中古品というのはピンとこないですよね。

ただし、注意が必要なのは、古物商許可のいう「古物」には、新品でも一度個人が取引したものは古物に含まれることなんです。

どういうこと?

例えば、こぶ吉が新品の日本画をお店で購入したとします。

そして今度は、この日本画をせど美がこぶ吉から購入したというケースを想定してみてください。

日本画自体は新品ですが、こぶ吉(個人)が一度取引したものですから、この日本画は古物にあたるのです。

ですから、せど美が転売目的でこの日本画を仕入れるのであれば、古物の取引にあたるため、古物商許可が必要なのです。

なるほど。個人や転売業者から日本画を仕入れる場合は、新品でも古物商許可が必要ってことだね

「転売目的の仕入れ」とは

古物商許可は、古物を「転売目的で仕入れる場合」に必要です。

転売目的って誰がどうやって判断するの?

転売目的については、無許可営業を取り締まっている警察が判断をします。

過去の取引回数や、金額、取引相手や商品の種類など、色々な事情から転売目的だったかどうかが判断されます。

もし、警察から転売目的だったと判断され、無許可営業で逮捕された場合は、下手な言い訳は通用しません

逮捕された後に「転売目的じゃなかった」っていっても通用しないってことかぁ

そうね。だから、転売ビジネスに興味のある人は、必ず許可を取得しておくべきなのよ

ネット取引でも許可は必要です

最近では、スマホ1つあれば誰でも簡単に転売ビジネスを始めることができます。

ですが、注意しなければいけないのは、ネット取引でも古物商許可は必要だということです。

ネットの掲示板などをみると、「ネット取引の場合は許可はいらない」という書き込みを目にすることがあります。

ですが、こうした書き込みは全てウソです。

古物営業法は、ネット取引か店舗の取引かどうか区別をしていません

このサイトのように専門家がチェックしていないネットの情報を鵜呑みにするのは危険なので注意しましょう。

許可を取得する際は品目に注意

古物商許可を取得すれば、転売ビジネスをスタートすることができます。

ですが、どんな種類の古物でも転売できるというわけではありません。

古物は法律によって13個の品目(種類)に分類されています。

許可を取得するときにこの13個の中から自分で扱う商品の品目を申請しなければなりません。

そして、このとき申請した品目以外の古物は転売することができないのです。

品目は慎重に選ばなきゃいけないってことだね

ちなみに、品目ってどんな種類があるのかしら?

13個の品目は以下の通りです。

  • 美術品
  • 衣類
  • 時計・宝飾品
  • 自動車
  • 自動2輪車及び原動機付自転車
  • 自転車類
  • 写真機類
  • 事務機器類
  • 機械工具類
  • 道具類
  • 皮革・ゴム製品類
  • 書籍
  • 金券類

この中で、日本画は美術品としての価値が高い場合「美術品」、そうでない場合は「道具類」に含まれます。

ちなみに、この品目は複数申請することが可能です。

ですから、日本画の転売をする場合には、「美術品」と「道具類」両方の品目を申請しておくべきです。

許可を簡単に取得するには?

古物商許可を取得しようと思ってネットでいろいろ調べたけど、よくわからないんだけど・・・

古物商許可の申請手続きには、法律や専門用語に関する知識が必要です。

そのため、自分で申請するとミスが何回も発生して、なかなか許可が下りないという事態に陥ってしまいます。

もし、簡単かつ最短で許可を取りたいのであれば、専門家に依頼をしましょう。

専門家というのは、古物商を専門に扱っている行政書士のことです

行政書士に依頼した場合、報酬として4万円~6万円の費用が必要です。

ですが、自分で手続きをする手間や精神的な負担を考えると、かなりお得でおすすめです。

日本画の転売で上手に儲けるコツ

古物市場を利用する

日本画の転売ビジネスで上手に儲けるためには、良質な仕入先を確保することが重要です。

古物市場は古物商だけが参加できる超優良な取引場です。

日本画の価値を目利きできれば、非常に有効な仕入れができる市場です。

古物市場に参加しているのは、古物取引のプロばかりなので、人脈を広げたり、情報共有をする場所としても利用できるでしょう。

転売する方法を使い分ける

日本画といっても、価格帯が幅広く、1つ数千円のものから百万円を超えるものまであります。

転売するときは、ジャンルや価格帯によって、ツールなどを使い分けることが重要です。

例えば、ヤフオクやメルカリなどは参加者は多いですが、高額の日本画を転売するのには向きません

クレームや贋作などのトラブルを避けるためです。

数十万円を超えるような高額の日本画を転売する場合は、SBIアートオークションやシンワオークションなど美術品専門のオークションを利用しましょう。

美術品専門のオークションでは、商品の無料査定サービスをしている場合もあります。

ぜひ、利用しましょう。

日本画を転売するときの注意点

日本画転売をするうえで最も注意すべきなのは、贋作の存在です。

贋作を仕入れてしまった場合、転売することもできず、そのまま全て損失となってしまいます。

特に、ヤフオクやメルカリなど参加者の多いサービスを利用する場合は注意が必要です。

対策としては、やはり自身が商品知識を身につけることです。

公演やセミナーなども開催されているので利用してみるとよいでしょう。

また、先ほど説明しましたが、一部のオークションサイトでは写真による無料査定なども行っています。

こうした査定やセミナーを利用し、自分の知識を高めていく必要があるのです。

日本画の転売に古物商許可は必要? まとめ

日本画の転売には古物商許可が原則として必要です。

許可がないまま転売をすると古物営業法違反として警察に逮捕されるおそれがあるので、必ず取得しましょう。

古物商許可の申請手続きは、とても複雑で面倒です。

自分でやると思わぬ時間や労力が必要になってしまいます。

もし、簡単に許可を取って、早く転売をしたいという方は、行政書士の代行サービスを利用しましょう

スポンサーリンク

スポンサーリンク

当サイトおすすめ 【取得率100%】古物商許可専門のトラスト行政書士事務所
https://kobutsudaikou.com/
古物商許可取得がネットで完結!トラストなら即日着手&古物営業に必要な特典付き(15,000円相当)





必要書類や書類の記入方法に関するご質問は、当サイトにて詳しく解説しておりますので各記事をご覧ください。

※ 無料相談での回答によって生じる一切の損害につき、当所は責任を負いかねます。無料相談の回答(録音データ・メール・LINE等)を弊所に無断で転用することを固く禁じます。