ジャンクせどりとは?必要な資格は?

この記事は専門家が監修しています

友達が「ジャンクせどり」で稼いでいるらしいんだけど、「ジャンクせどり」って何か知ってる?

もちろんよ。ジャンク品を仕入れて修理して転売するビジネスのことでしょ。中古品の転売ビジネスの1つね。

僕もやってみたいんだけど、簡単にできるかなぁ

ジャンクせどり自体はある程度の商品知識があれば始めることは簡単じゃ。ただ、ジャンクせどりをするには「古物商許可」という資格が必要じゃ

古物商って名前は聞いたことあるけど詳しく知らないんだよね

今回は、ジャンクせどりと古物商許可について詳しく説明をしたいと思います。

ジャンクせどりとは転売ビジネスの1つです

最近は、スマホが普及した影響で、インターネットを使った転売ビジネスが人気です。

中でも特に注目を集めているのが「ジャンクせどり」です。

「ジャンクせどり」というのは、ジャンク品を仕入れて、修理し転売するビジネスモデルのことです。

皆さんも、大手のリサイクルショップなどに行くと、パソコンやプリンターなどのジャンク品ばかり置いてある「ジャンク品コーナー」を見たことがあると思います。

そこで売られているジャンク品を仕入れて、自分で修理し、ネットなどで転売をするビジネスモデルが「ジャンクせどり」です。

最近は、リサイクル意識の高まりもあって、中古品市場がとても活気があります。

また、ジャンク品はご存じの通り、通常の中古品と比べて値段が圧倒的に安く、仕入れ費用がほとんどかからないという特徴があります。

そのため、ジャンクせどりは商品知識さえあれば転売初心者でも利益の出しやすいビジネスといえるのです。

ジャンクせどりには古物商許可が必要です

僕も「ジャンクせどり」をやってみたいと思うんだけどさ、何か資格が必要なんだよね

古物商許可のことね。ジャンクせどりをするためには、古物商許可が絶対に必要よ

ジャンクせどりは、商品知識さえあれば転売初心者でも簡単に始められるビジネスです。

ただし、ジャンクせどりをするには、古物商許可という資格が必要です。

古物商許可とは、中古品の転売ビジネスをするときに必要となる資格のことをいいます。

ジャンクせどりも中古品の転売ビジネスの1つです。

そのため、ジャンクせどりをするには、古物商許可が必要なのです。

もし、古物商許可を取らないでジャンクせどりをした場合、「無許可営業」として警察に逮捕・処罰されます。

そのときの罰則は「3年以下の懲役又は100万円以下の罰金」ととても重いので、必ず許可は取得するようにしましょう。

なぜ古物商許可が必要?

なんで、中古品の転売をするのに古物商許可を持っていないといけないの?

それは、ざっくりいうと泥棒を減らすためじゃ

どういうこと~?

古物商許可の目的は「盗品の流通防止」「盗品の早期発見」にあります。

もし、中古品の転売に古物商許可がいらないと仮定した場合、どうなるでしょうか?

誰でも自由に中古品の転売をすることが可能です。

泥棒も盗んだ物を誰かに売って簡単にお金に換えることができてしまいます。

すると結果的に泥棒は活動がしやすくなり、犯罪の数が増えてしまう危険性があります。

ですが中古品の転売を許可制にして警察がしっかり管理をすれば、泥棒は盗品を売ることが難しくなります。

結果、泥棒や犯罪の数が減少するのです。

古物商許可の取得には行政書士を利用すると便利

ジャンクせどりを始める前に、古物商許可を取得しようと思うんだけど、まずは何からすればいいの?

あらかじめ言っておくけど、古物商許可の取得はとっても大変よ。たくさんの時間と手間がかかるから、覚悟が必要よ

古物商許可の申請手続きはとても大変です。

複雑な申請書をミスなく作成したり、たくさんの必要書類を集めたりしなければならないからです。

また、必要書類の多くは平日に役所でしか受け取れないものが多く、サラリーマンの方は、何日も会社を休まなければなりません。

このように、時間と手間のかかる申請手続きですが、簡単に許可を取得する方法が1つあります。

それは、行政書士に許可の取得を依頼することです。

行政書士に依頼すれば、申請書の作成から書類の収集まで全部代わりにやってくれます

依頼者はただ家で待っていれば許可が取れるのでとても便利なのです。

「面倒な手続きは嫌い」「早く許可を取りたい」という方は、行政書士に依頼をするべきです。

ジャンクせどりの特徴

ジャンクせどりは利益率が高い

ジャンクせどりの人気の秘密は何といっても利益率の高さにあります。

通常の転売ビジネスでは、よほどプレミアが付いた商品でもない限り、利益率は高くても10%〜20%です。

ですが、ジャンクせどりの場合、仕入れ値の倍以上の価格で転売できることもめずらしくありません。

大手リサイクルショップのジャンク品コーナーには、定価数万円のパソコンやゲーム機が1000円以下で販売されています。

こうした商品を自分で修理して、中古品として転売すれば、大きな利益が期待できるのです。

ただし、これはあくまで修理にほとんど費用や時間がかからなかった場合のことです。

  • 高額な修理パーツが必要になった場合
  • 修理に長い時間がかかってしまった場合
  • 結局修理できずジャンク品として転売しなくてはならない場合

上記のケースだと、結果的に赤字になってしまう可能性もあります。

商品の状態をしっかり見極めて、修理にお金や時間のかからないジャンク品を見つけ出すことが必要です。

専門的な知識や技術がなくても始めることができます

ジャンクせどりは、ジャンク品を仕入れて自分で修理し転売するビジネスモデルです。

そのため、

ジャンクせどりを始めるには、どんな故障でも修理できる知識や技術が必要

と思い込んでいる人が多いようですが、そんなことはありません。

知識や技術はあった方が良いことは間違いありません。

ですが、専門的な知識や技術がなくてもジャンクせどりを始めることは十分に可能です。

実際、大手のジャンク品コーナーには、簡単な修理で直ってしまうジャンク品が山ほどあります。

例えば、インクが固まって上手く印刷できないだけのプリンターや、バッテリーの寿命が切れてしまったスマホなどです。

これらの商品は、ネットで少し勉強すれば、誰でも簡単に修理することができます。

自分に知識や技術がないうちは、それに見合ったジャンク品を探せばいいというだけです。

そして、ジャンクせどりを続けながら、知識や技術を身につけていけばよいのです。

ジャンクせどりとは?必要な資格は? まとめ

ジャンクせどりとは、リサイクルショップなどからジャンク品を仕入れ、修理して転売するビジネスモデルのことです。

ジャンクせどりを始めるには、古物商許可という資格が必要です。

古物商許可とは、中古品の転売ビジネスをするときに必要となる資格です。

古物商許可を取得せずにジャンクせどりを始めると古物営業法違反(3年以下の懲役又は100万円以下の罰金)として警察に逮捕されるかもしれません。

ジャンクせどりを始める前に絶対に取得しましょう

古物商許可の申請手続きは、とても面倒で時間がかかります。

簡単に早く許可を取って早くビジネスを始めたいという方は、行政書士という古物商の専門家がいるので相談することをおすすめします。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

当サイトおすすめ 【取得率100%】古物商許可専門のトラスト行政書士事務所
https://kobutsudaikou.com/
古物商許可取得がネットで完結!トラストなら即日着手&古物営業に必要な特典付き(15,000円相当)





必要書類や書類の記入方法に関するご質問は、当サイトにて詳しく解説しておりますので各記事をご覧ください。

※ 無料相談での回答によって生じる一切の損害につき、当所は責任を負いかねます。無料相談の回答(録音データ・メール・LINE等)を弊所に無断で転用することを固く禁じます。