レゴ(LEGO)の転売に古物商許可は必要?

この記事はトラスト行政書士事務所が監修しています

レゴを転売しようと思ってるんだけど、古物商許可って必要なのかな?

中古品のレゴをビジネスとして転売する場合には古物商許可が必要じゃが、そうでない場合は不要じゃ

今回は、レゴの転売と古物商許可について説明したいと思います。

レゴ(LEGO)の転売には古物商許可が必要な場合と不要な場合があります

レゴの転売は儲かるという話を聞いたことがある方も多いのではないでしょうか?

レゴは世界中で人気があり、中にはプレミアが付くものもあるので、転売をすると結構稼げる商品の1つです。

皆さんの中にもレゴの転売に興味のある方は多いと思います。

ただし、レゴの転売には、古物商許可が必要な場合があるので注意をしてください。

もし、古物商許可なくレゴの転売を続けていると、場合によっては警察に逮捕されてしまうことだってあるのです。

古物商許可が必要な場合とそうでない場合をはっきり知りたいよ

ふむ。では、それぞれ具体例をあげて説明をするからしっかり覚えるんじゃぞ

中古品のレゴ(LEGO)で転売ビジネスをする場合には古物商許可が必要です

古物商許可とは、中古品の転売ビジネスをするときに必要となる資格のことをいいます。

ですから、レゴで例えると、

中古品のレゴをビジネス目的で転売する場合には、古物商許可が必要です。

具体的には、

  • リサイクルショップで中古のレゴを仕入れてネットオークションで転売する
  • ネットショップで仕入れた中古のレゴをアマゾンで転売する
  • 中古品レゴのショップを運営する

などです。

これらは全て中古品の転売ビジネスに該当するため、古物商許可が必要なのです。

ネットで転売する場合でも、古物商許可って必要なんだね

中古品の転売ビジネスをする場合、ネットかどうか関係なく古物商許可が必要なんじゃ

たまに「ネットを使った転売に古物商許可はいらない」という噂を聞くことがあるけど、それは間違った情報だから注意しなきゃいけないわ

新品のレゴ(LEGO)を転売する場合は古物商許可は不要です

古物商許可が必要なのは「中古品」「転売ビジネス」をするときです。

ですから、新品のレゴを転売する場合は古物商許可は不要です。

具体的には、

  • レゴ専門店で新品のレゴを購入してネットで転売する
  • おもちゃ屋さんで新品のレゴを購入してリサイクルショップで転売する

場合などです。

どうして新品の場合は、古物商許可が不要なの?

古物商許可の目的は「盗品の流通防止」「盗品の早期発見」にあります。

ですが、新品の商品を店から購入して転売をする場合、盗品が紛れ込む可能性はとても低いといえます。

ですから、新品の商品を転売する場合、古物商許可は不要なのです。

転売ビジネスに当たらない場合は古物商許可は不要です

先ほども説明したとおり、古物商許可は「中古品」「転売ビジネス」をする場合に必要となる資格です。

ですから、扱うレゴが中古品である場合でも、それが「転売ビジネス」に当たらなければ古物商許可は必要ありません。

転売ビジネスって具体的にはどういうケースのことをいうの?

転売ビジネスとは、具体的にいうと「最初から転売する目的で仕入れる(買い受ける)行為」のことをいいます。

ですから、次のようなケースでは、転売ビジネスに当たらず古物商許可は必要ありません。

  • 集めていたレゴ(LEGO)が不要になったのでネットオークションで転売する
  • 友人から無料で貰ったレゴ(LEGO)をリサイクルショップで転売する

「最初から転売する目的で仕入れたかどうか」ということは、古物商許可が必要かどうかを決めるうえでとても重要なのです。

最初から転売する目的だったかどうかって、誰がどうやって判断するの?

転売目的があったかどうかについては、無許可営業の取り締まりをしている警察が判断をします

もし、警察から転売目的だと判断された場合、古物商許可を持っていなければ無許可営業として逮捕されます。

転売目的でレゴを仕入れるのであれば、事前に必ず古物商許可を取得しておきましょう。

海外で直接仕入れる場合は古物商許可は不要です

海外で直接仕入れたレゴを日本で転売する場合、それが「中古品」であっても、「転売目的」であっても古物商許可は不要です。

なんで海外で仕入れた場合は不要なの?

古物営業法は日本国内の仕入れを対象とした法律です。

そのため、海外で仕入れた場合には、古物営業法が適用されず、古物商許可は不要になるのです

ただし、古物商許可が不要なのはあくまで直接海外で仕入れた場合だけです。

間に問屋や卸売店などが入っている場合は、古物商許可が必要になるケースがあるので注意しましょう。

レゴ(LEGO)の転売の注意点

これからレゴの転売を始める方にむけて、レゴを扱う際の注意点をいくつかご紹介します。

検品が面倒

レゴはご存知のとおりパーツの1つ1つがかなり細かく、検品が大変です。

パーツが欠けていたりした場合、思った通りに組み立てられない場合もあります。

また、レゴはプレゼントとして利用されることが多いため、箱などのチェックも重要です。

パーツや箱をしっかり検品しておかないとクレームにつながってしまうかもしれません

あらかじめ状態をしっかりチェックして、キズなどがある場合は、きちんと事前に説明することが重要です。

転売を始めてなれるまでは、検品作業がかなりの負担になるかもしれないので注意が必要です。

仕入れの費用や在庫の管理費用がかかる

レゴは世界中で人気がある商品です。

そのため、商品の単価が高く仕入れの費用も大きくなってしまいます

また、レゴは物によってはかなりサイズが大きいので、保管するスペースが必要になります。

場合によっては、保管専用の部屋などを借りなければならないかもしれません

このように、レゴの転売をする場合、最初にある程度のまとまった資金が必要になるので注意しましょう。

出品規制の対象になるかもしれません

レゴは人気商品のため、詐欺などの事件に利用されることもあります。

そのため、一部のネットサービスでは、レゴを出品規制の対象にしているケースがあります。

例えば、Amazonでは、最近作ったアカウントでレゴを出品することができなくなっています

その場合は、Amazonにメーカーの承諾書や卸売業者の請求書などを提示すると規制が解除されます。

ですが、規制の解除手続きはかなり面倒なので、あらかじめ自分の利用するサイトがレゴの出品を認めているのかどうかしっかりと確認しておくことが重要です。

レゴ(LEGO)の転売に古物商許可は必要? まとめ

レゴの転売には、古物商許可が必要なケースと不要なケースがあります

必要なケースとは、中古品のレゴをビジネスとして転売する場合です。

この場合に、もし古物商許可なく転売をすると古物営業法違反として警察に逮捕されるので注意しましょう。

不要なケースとは、

  • 新品のレゴを転売する場合
  • ビジネス目的以外で転売をする場合
  • 海外で直接仕入れたレゴを日本で転売する場合

です。

区別があいまいなケースもあるので、もし気になったら管轄の警察署などに相談をするとよいでしょう。

古物商許可を取得する場合は、自分で申請するとかなり面倒です。

行政書士のような専門家に依頼することをおすすめします。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

当サイトおすすめ 【取得率100%】古物商許可専門のトラスト行政書士事務所
https://kobutsudaikou.com/
古物商許可取得がネットで完結!トラストなら即日着手&古物営業に必要な特典付き(15,000円相当)

こちらは、これから許可を取得したい、取得すべきかどうか迷っている方向けの窓口です。
古物商許可の取得以外に関するご相談や、個別具体的なご質問にはご回答は致しかねます。
よくお問い合わせいただく内容について、以下記事でも詳しく解説しておりますので、ぜひご覧ください。

よくある質問と答え



必要書類や書類の記入方法に関するご質問は、当サイトにて詳しく解説しておりますので各記事をご覧ください。

※ 無料相談での回答によって生じる一切の損害につき、当所は責任を負いかねます。無料相談の回答(録音データ・メール・LINE等)を弊所に無断で転用することを固く禁じます。