新古品の転売に古物商許可は必要?

この記事はトラスト行政書士事務所が監修しています

2020年4月1日古物営業法が全面改正されました。そのため記事の内容に一部古い情報がある場合があります。詳しくは【2020年4月1日全面施行】古物営業法が改正されましたをご覧ください。

最近、スマホの新古品をたくさん仕入れることができたから、転売してお金儲けしようと思うんだ

新古品って、展示品みたいな販売はされたけど未使用のままの商品のことね。

うん、そうだよ。ただ、新古品の転売でも古物商許可が必要なのかどうか知りたいんだ。

新古品を転売する場合でも古物商許可が必要なケースがある

今回は、新古品の転売と古物商許可について詳しく説明をします。

新古品の転売にも古物商許可が必要なケースがあります

展示品や型落ち品など、一度販売はされたものの、なんらかの理由で消費者に利用されなかった商品を新品や中古品と区別するため「新古品」といいます。

新古品は新品よりも安く仕入れることができる一方で、商品の状態が良いため高値で転売することができるという特徴があります。

そのため、人気商品の新古品を大量に仕入れられれば、かなり利益に期待ができるのです。

ただ、気を付けなければならないのが、新古品の転売でも古物商許可が必要になるケースがあるということです。

古物商許可って中古品のときだけ必要なんだと思ってた

原則はそうなんじゃが、場合によっては新古品でも必要になることがあるんじゃ。その辺りを詳しく説明するからしっかり理解するんじゃぞ

原則として中古品の転売には古物商許可が必要です

古物商許可とは、中古品(古物)の転売ビジネスをするときに必要となる資格です。

そのため、新品の商品を転売する場合、原則として古物商許可は必要ありません。

なんで、新品の場合、古物商許可は必要ないの?

古物商許可の目的は「盗品の流通防止」と「盗品の早期発見」にあります。

転売を許可制にすることで、市場に盗品が紛れ込むことを防止し、泥棒が活動できなくしているのです。

お店で新品の商品を購入して転売する場合、盗品が紛れ込む可能性はほとんどありません。

そのため、新品を転売する場合、古物商許可は原則として不要とされているのです。

だったら、新古品の場合でも古物商許可は不要なんじゃないの?

新古品でも、例外的に古物商許可が必要になるケースがあるんじゃ

新古品でも古物商許可が必要になるケースがあります

古物商許可は中古品(古物)の転売ビジネスに必要となる資格です。

そのため、新品や新古品を転売する場合は、原則として古物商許可は不要です。

ただし、古物営業法によると、「使用のために取引されたもの」は、それが新古品であっても「古物」に該当するとされています。

そのため、新古品が「使用のために取引されたもの」であれば、転売をするには古物商許可が必要なのです。

どういうこと~?

例えば、新古品の洋服をせど美が自分で着るためにショップで購入したとします。

その場合、この洋服は未使用品でも「使用のために取引されたもの」であるため、古物に含まれます。

そのため、せど美から仕入れて誰かに転売をする場合は、古物商許可が必要になるのです。

古物商許可の目的は「盗品の流通防止」と「盗品の早期発見」です。

使用のために取引されたものは盗品が紛れ込む可能性があるため、未使用品でも古物取引に該当するというルールとなっているのです。

ネットで仕入れる場合は特に注意が必要です

新古品の転売でも、「使用のために取引されたもの」である場合は、古物商許可が必要になると説明をしました。

特にネット取引の場合は要注意じゃ。

どうして?

ネットの場合、個人でも簡単にストアやネットショップのアカウントを取得することができます。

そのため、アカウント名がショップや業者になっていても、実際に運営しているのは個人というケースがあるのです。

例えば、個人が自分で使用するために新古品を購入したけど、何らかの理由でネットショップに出品している可能性があります。

この場合、その新古品を仕入れて転売するには、古物商許可が必要になるのです。

でも、そんなの見分けなんかつかないよ

確かにそうじゃ。だから、ネットで新古品を仕入れるのであれば、念のために古物商許可を取得することが一番なんじゃ

無許可営業をした場合、重い罰則が科せられます

新古品の転売でも古物商許可が必要になるケースがあります。

この場合、古物商許可を取らずに転売をつづけると、無許可営業として警察に逮捕されてしまいます。

警察に逮捕されると、「3年以下の懲役または100万円以下の罰金」という重い罰則を科せられます。

でも、本当に警察にバレるのかなぁ

日本の警察はとても優秀です。

無許可営業はすぐにバレなくても、続けていると近いうちに必ずバレて逮捕されてしまいます。

特に最近では、積極的に無許可営業を見つけて警察に通報しようとする人も増えているようです。

「きっとバレない」と考えて無許可営業を続けるのはリスクが大きすぎるので、絶対にやめましょう。

古物商許可の取得は行政書士の代行サービスを利用しましょう

古物商許可は管轄の警察署で申請をすれば、誰でも取得することが可能です。

ですが、効率よく許可を取りたいのであれば、行政書士の代行サービスの利用をおすすめします。

なぜなら、古物商許可の申請手続きは、とても複雑だからです。

申請書の他にたくさんの添付書類を準備したり、警察にアポをとってビジネスの説明をしたりと、やることがいっぱいあります。

そのため、自分で申請をすると、なかなか許可が下りない可能性があるのです。

行政書士に依頼をすれば、任せっきりで、専門家がミスなく最短で許可を取ってくれます。

自分で申請する場合と比べて、簡単に早く許可を取得することができるため、とても便利なのです。

新古品の転売に古物商許可は必要? まとめ

新古品の転売には古物商許可が必要なケースがあります。

古物商許可は中古品(古物)の転売ビジネスをするときに必要となる資格です。

新古品も「使用のために取引されたもの」の場合は、古物に含まれます。

そのため、新古品の転売でも、「使用のために取引されたもの」を仕入れて転売する場合は、古物商許可が必要なのです。

古物商許可を取得せずに転売を続けると、無許可営業として警察に逮捕される可能性があります。

その場合は、3年以下の懲役または100万円以下の罰金というとても重い罰則が科せられるので必ず事前に取得しましょう。

効率よく簡単に古物商許可を取得したいのであれば、行政書士の代行サービスがおすすめです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

当サイトおすすめ 【取得率100%】古物商許可専門のトラスト行政書士事務所
https://kobutsudaikou.com/
古物商許可取得がネットで完結!トラストなら即日着手&古物営業に必要な特典付き(15,000円相当)

こちらは、これから許可を取得したい、取得すべきかどうか迷っている方向けの窓口です。
古物商許可の取得以外に関するご相談や、個別具体的なご質問にはご回答は致しかねます。
よくお問い合わせいただく内容について、以下記事でも詳しく解説しておりますので、ぜひご覧ください。

よくある質問と答え



必要書類や書類の記入方法に関するご質問は、当サイトにて詳しく解説しておりますので各記事をご覧ください。

※ 無料相談での回答によって生じる一切の損害につき、当所は責任を負いかねます。無料相談の回答(録音データ・メール・LINE等)を弊所に無断で転用することを固く禁じます。