パソコンの転売に古物商許可は必要?

この記事はトラスト行政書士事務所が監修しています

パソコンは単価も高くて需要もあるから転売でお金を稼ぐのにとっても向いてるわ

へぇ~、そうなんだ。僕もやってみようかな

ただ、パソコンの転売には「古物商」っていう許可が必要なんだけど、知ってる?

名前は聞いたことあるけど、よくわからないなぁ

今回は、パソコン転売と古物商の関係について詳しく説明をします。

パソコン転売には古物商許可が必要です!

パソコンは転売ビジネスの中でも人気ジャンルの1つです。

その理由は、

  • 単価が高く売れた場合の利益が大きいこと
  • 需要が高く、売れ残りのリスクが低いこと

などです。

ですが、パソコンの転売をするには原則として「古物商」という許可が必要です。

古物商許可とは、中古品などの古物を転売する目的で仕入れる場合に必要となる資格です。

ですから、転売をする目的で中古パソコンを仕入れる場合には、この許可が必要になるのです。

古物商許可がないとどうなる?

もし許可がないまま、中古パソコンの転売をしたらどうなるの?

古物商許可がないまま、中古品(古物)の転売を続けた場合、無許可営業として逮捕・処罰される可能性があります。

無許可営業の罰則は重く、「3年以下の懲役または100万円以下の罰金」となっています。

でも、気をつけてればバレないんじゃない?

中には、こぶ吉のように無許可で転売していても、警察にはバレないと思っている方がいるかもしれません。

ですが、無許可営業は思わぬところから発覚するケースが多いのです。

例えば、取引相手が通報したり、扱った商品に盗品が混ざっていたため警察にチェックされてしまった、などです。

安心して転売ができるよう、許可は必ず取得しましょう。

新品でも許可が必要なケースもあります

古物商の許可は、中古品を転売目的で仕入れる場合に必要なんだよね

そうね

じゃあ、新品のパソコンを転売する場合、許可はいらないってことだね

残念だけど、そうでもないのよ

古物営業法によると、新品・未使用品でも「個人が取引した物」は古物に当たるとされています。

ですから、新品・未使用のパソコンであっても、個人から仕入れる場合には許可が必要なんです。

なぜなら、そのパソコンは、既に「個人が取引した物」に当たるためです。

逆に言うと、パソコンショップや家電量販店などのお店から新品のパソコンを仕入れる場合には許可は不要です。

ただし、インターネットでパソコンを仕入れる場合は、注意してください。

ネットだと、個人でも簡単にショップやストアのアカウント名で取引ができるからです。

相手のプロフィールなどの情報をチェックして、本当にショップかどうか確認する必要があるのです。

許可が必要なケースと不要なケース

許可が必要なケースと不要なケースを整理します。

まず、古物商許可は「古物」「転売目的で仕入れる場合」に必要です。

そのため、取引するパソコンが「古物」に当たらない場合、許可は不要です。

例えば、

  • 家電量販店で新品のパソコンを仕入れる
  • パソコン専門店で新品パソコンを仕入れる

などの場合は、許可は不要です。

ただ、先ほども説明したとおり、個人から購入する場合は、許可が必要になるので注意しましょう。

次に、「転売目的の仕入れ」がない場合も許可は不要です。

例えば、

  • 自分で長年愛用してきたパソコンを転売する
  • 友人から無料でもらった中古パソコンを転売する

などです。

もし、「許可がいる取引かどうかわからない」という方は、警察署や専門家(行政書士)に確認するとよいでしょう

許可を取得する際の注意点

古物商許可の申請は警察署の窓口で行います。

そのときの注意点を説明します。

パソコンの品目は「事務機器類」

古物商の許可を取得すると、古物の転売をすることができるようになります。

ただし、どんな種類の古物でも転売できるというわけではありません。

許可を申請するときに、自分が扱う古物の種類を決めなければならないのです。

古物は、法律によって次の13の品目に分類されています。

  • 美術品
  • 衣類
  • 時計・宝飾品
  • 自動車
  • 自動2輪車及び原動機付自転車
  • 自転車類
  • 写真機類
  • 事務機器類
  • 機械工具類
  • 道具類
  • 皮革・ゴム製品類
  • 書籍
  • 金券類

パソコンは、計算や記録、連絡など能率向上の機械に分類されるので、「8、事務機器類」の品目を申請します。

「8、事務機器類」には、パソコンの他、コピー機、ファックス、シュレッダー、などが含まれます。

事務機器専門の古物商もたくさん活躍しているみたいだから、機械が好きな人には向いている品目といえるね

ちなみに、品目は複数申請したり、後から追加することも可能よ

許可の申請は意外に大変!

古物商許可の申請はとても大変です。

申請は、営業所を管轄する警察署の窓口で行うのですが、この窓口は平日にしかやっていません。

また、申請には、たくさんの添付書類が必要なのですが、その書類のほとんどは平日にしか手に入らないものばかりです。

そのため、許可を取得するには、何日も平日を潰さなければなりません。

そこまでして申請しても、書類に不備があると警察は受け付けてくれません。

古物商許可を取得するにはかなりの時間と根気が必要なのです。

もし、簡単に許可を取りたいのであれば、行政書士に代行を依頼しましょう。

古物商専門の行政書士に代行を頼めば、何もしなくても最短で許可を取ることができます。

面倒な手続きは一切ありません。

もし、これから許可を取ろうと考えている人は、一度検討することをおすすめします。

パソコン転売ビジネスの注意点

商品知識が必須

パソコンの転売ビジネスをするには、商品の専門的な知識が必要です。

パソコンのスペックやパーツの種類、年式などについて詳しくないと、正しい価格の判断ができないからです。

知識が豊富にあれば、ジャンク品として出品されていても完動するものや、少し直せば問題なく使えるようになる品も見極められます。

知識が豊富にあれば、ジャンク品として出品されていても完動するもの少し直せば問題なく使えるようになる品も見極められます。

パソコンがあまり詳しくないという方は、転売をする前に、しっかりと知識を身につける必要があるのです。

知識を身につけるための方法の1つとして、家電量販店にいって店員さんに色々と質問するという手もあります。

自分で色々調べるよりも、全部聞いた方が効率が良いかもしれないね

検品や動作チェックが面倒

パソコン転売で注意が必要なのは、検品や動作チェックがかなり面倒くさいということです。

慣れてくればそれほど時間もかからないのですが、慣れるまではかなり大変です。

とはいっても、このチェックを怠ると、クレームや返品などトラブルの原因になってしまいます。

チェック表を作るなどして、チェック漏れが起きないようにする必要があります。

仕入れのタイミングに注意!

一般的に、大手のPCメーカーは年に2回ほどモデルチェンジを行います。

時期としては、5~6月と9~10月です。

この時期は、パソコンの買い替えをする人が多く、中古市場にもパソコンがたくさん流通するようになります。

たくさん流通すると、中古パソコンの価格が下がるので、仕入れのチャンスといえるのです。

パソコンの転売に古物商許可は必要? まとめ

パソコンを転売するには、原則として古物商許可が必要です。

古物商許可は、中古品などの古物を転売目的で仕入れる場合に必要な資格です。

そのため、新品のパソコンをショップで仕入れて転売する場合、許可は不要です。

許可を申請する場合、自分の扱う古物の品目を選んで申請しなければなりません。

パソコンの品目は「8、事務機器類」です。

ただし、申請手続きはとても面倒なので、手っ取り早く許可を取りたいのであれば、行政書士に代行を依頼することをおすすめします。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

当サイトおすすめ 【取得率100%】古物商許可専門のトラスト行政書士事務所
https://kobutsudaikou.com/
古物商許可取得がネットで完結!トラストなら即日着手&古物営業に必要な特典付き(15,000円相当)

こちらは、これから許可を取得したい、取得すべきかどうか迷っている方向けの窓口です。
よくお問い合わせいただく内容について、以下記事でも詳しく解説しておりますので、ぜひご覧ください。

よくある質問と答え




必要書類や書類の記入方法に関するご質問は、当サイトにて詳しく解説しておりますので各記事をご覧ください。

※ 無料相談での回答によって生じる一切の損害につき、当所は責任を負いかねます。無料相談の回答(録音データ・メール・LINE等)を弊所に無断で転用することを固く禁じます。