絵画の転売に古物商許可は必要?

この記事は専門家が監修しています

中古品の転売ビジネスを行うには許可が必要だということを知っていますか?

中古の絵画の転売ビジネスを行うには、古物商許可が必要です。

転売する目的で中古品を仕入れるとき古物商許可が必要

近年、ネットオークションやフリマアプリなどが普及したことで、中古品の転売ビジネスに誰でも気軽に参入できるようになりました。

僕も中古品の転売ビジネスに興味があってね。

中古品の転売ビジネスで、従来、主流だった骨董品店やリサイクルショップといった、店舗を構えて営業するスタイル。
ネットオークションやフリマアプリを活用して、ネットだけで取引を行うスタイル。
どちらも同じように古物商許可が必要です。

僕は絵を観るのがすきだから、中古の絵画の転売ビジネスにでも挑戦してみようかな。

中古の絵画の転売ビジネスもやはり、古物商許可が必要です。

ですが、どんな転売にも古物商許可が必要だというわけではありません。

例えば、

  • 自分で描いた絵画を販売
  • もらった絵画を転売
  • 自分の趣味で集めていた絵画を転売
  • 海外で仕入れた絵画を転売

※ 中古品の仕入れ先が海外の場合、古物商許可は必要ありません。
逆に、日本で仕入れた中古品を海外で転売する場合は、古物商許可が必要です。

これらの転売例には、古物商許可は必要ありません。

もらったものや、元々自分で持っていたものを、リサイクルショップやネットオークションなどで転売したことのある人は多いでしょう。

そのような転売は不用品処分のためであって、転売ビジネスではありません。

古物商許可が必要な転売とは、ビジネスとしての転売です。

ビジネスとしての転売?

具体的に言うと、転売する目的で中古品を仕入れるときに古物商許可が必要なんです。

例えば、はじめから転売する目的で、ネットオークションで中古の絵画を買う(仕入れる)。

このようなとき、古物商許可が必要です。

『中古品』の転売ビジネスに古物商許可が必要 

古物商許可は“中古品”の転売ビジネスに必要な許可です。

なので、転売する目的で“新品“のものを仕入れる場合、古物商許可は必要ありません。

ただ、『新品』の捉え方には注意すべきことがあります。

古物商許可について定めている古物営業法という法律では、中古品をこう定義しています。

未使用でも、一度でも取引されたことのあるものは古物(中古品)

つまり、もの自体は新品でも、一度だれかの手に渡ったら中古品とみなすということです。

この決まりがあるので、ネットオークションで仕入れを行うときは注意が必要です。

ネットオークションでは、『新品 未開封』と表示して出品されている商品をよく見ます。

このような商品は確かに新品なのでしょうが、古物営業法上は中古品である可能性があるんです。

何で?

このような商品は、出品者がどこかのお店で買ってきたものかもしれません。

その場合、商品は、お店から出品者の手に渡った時点で、古物営業法上は中古品となります。

古物商許可を取得するのが面倒だからと、許可のいらない新品の転売に絞って取引するという人もいるかもしれません。

ですが、ネットオークションで仕入れる場合、新品を仕入れているつもりが、古物営業法上の中古品を仕入れている可能性もあるので注意しましょう。

許可を取らないと罰せられる可能性がある

転売する目的で中古品を仕入れるとき、古物商許可が必要となります。

もし、許可を取らずに中古品の仕入れをしたら、法律違反となります。

無許可営業という違反にあたり、3年以下の懲役または100万円以下の罰金、もしくは両方が科せられる可能性があります。

おぉ…結構な罰則だね。気をつけなきゃ!

品目は「美術品類」か「道具類」

古物商許可では、取り扱う中古品をジャンルごとに分けています。

そのジャンルのことを品目といって、全部で13種類あります。

全ての品目をザッと紹介します。

美術品類
(美術的価値の高い絵画、工芸品、登録日本刀、など)
衣類
(洋服、敷物、布団、など)
時計・宝飾品類
(時計、宝石類、貴金属類、など)
自動車
(自動車本体、自動車のタイヤ、カーナビ、など)
自動二輪車及び原動機付自転車
(バイク本体、原付き本体、バイクのタイヤ、など)
自転車類
(自転車本体、自転車のかご、空気入れ、など)
写真機類
(カメラ、レンズ、望遠鏡、など)
事務機器類
(パソコン、コピー機、FAX、など)
機械工具類
(ゲーム機、工作機械、電話機、など)
道具類
(絵画、ゲームソフト、家具、など)
皮革・ゴム製品類
(鞄、靴、毛皮、など)
書籍
(本、マンガ、雑誌、など)
金券類
(商品券、航空券、株主優待券、など)

古物商許可を申請するとき、必ず取り扱いたい品目を選んで申請します。

許可が取得できたら基本的には、申請のときに選んだ品目に当てはまるものだけを取引できます。

選んでいない品目に当てはまるものを取引することもできますが、その場合、取引した日から2週間以内に品目の追加の届出が必要となります。

届出が済んだら、その先もずっと追加した品目のものを取引できるようになります。

中古の絵画を取り扱いたい場合、古物商許可の申請で選ぶ品目は2つ考えられます。

1つは、『1、美術品類』です。

美術品類はこう定義されています。

あらゆる物品について、美術的価値を有しているもの

美術的価値のあるものなら、絵画以外にも色々なものが当てはまります。

例えば、書、彫刻、工芸品、版画、オブジェ、写真、登録火縄銃、登録日本刀、などです。

ただ、美術品類は美術的価値のあるものだけが対象なので、何枚も大量生産されているような絵画や、知名度のない作家の絵画は取り扱うことができません。

そこで、もう1つ考えられる品目が、『10、道具類』です。

道具類はこう定義されています。

道具類以外の品目に当てはまらないもの

ん?なんかややこしいな。

ちょっと混乱する言い回しですが、こう考えると分かりやすいです。

あるものを分類するとき、一旦、道具類は無視して、残りの12種類のどれに当てはまるかを考えます。

どれにも当てはまらなかった場合、それは道具類に分類される可能性が高いです。

要は、当てはまる品目がないものが行き着く受け皿的な品目なのです。

なるほどね!

なので、道具類で扱えるものはとても幅広いです。

例えば、家具、楽器、運動器具、CD、DVD、ゲームソフト、おもちゃ、トレーディングカード、雑貨、などが挙げられます。

そして、美術的価値が高くない絵画も、道具類に当てはまります。

古物商許可申請のとき、選ぶ品目の数に制限はありません。

中古の絵画の転売ビジネスを始める場合、美術品類道具類、2つの品目を選んで申請するのがオススメです。

そうすれば、美術的価値の高い絵画も、美術的価値の高くない絵画も両方取り扱うことができるからです。

補足ですが、お酒や化粧品など他の法律で販売規制されている物品もあります。
これらの場合には道具類には該当しません。

結論としては別の許可申請が必要となるからです。

古物商許可ではなく、酒類販売免許や化粧品販売許可を得る必要があるのです。
お酒や化粧品を販売・転売したいと考えている方は、許可を得るために行政書士へ依頼するのが良いでしょう。

古物商許可の申請は行政書士に依頼したほうがいい

古物商許可のことがだいぶ分かってきたよ。
早速、申請したいんだけど、どうやるの?

古物商許可の申請は警察署で行います。

必要な書類を揃えて警察署に提出して、警察の審査に通れば古物商許可を取得できます。

なんか思ったより簡単そうだね。

やることはシンプルなのですが、書類を揃える作業は結構大変なんです。

まず、必要な書類を把握するのが大変です。

書類は聞き慣れないものが多く、理解するのが難しいです。

それに古物商許可は、申請者の抱えるケースによって必要な書類も変わるので、自分にどんな書類が必要なのかを調べるのも大変です。

そして、集める作業が大変です。

書類の多くは役所で貰うものなので、平日の日中に時間を作らないと取りに行けません。

サラリーマンなど平日に休みが取りにくい人には難しい作業なんです。

えぇ…全然簡単じゃないじゃん…

でも安心してください。

この大変な作業を全部解消する方法があります。

それは行政書士に依頼するという方法です。

行政書士とは、古物商許可などの許認可の申請にかかる作業を、依頼者に代わってやってくれる専門家です。

行政書士は専門家ですから、依頼者にどんな書類が必要なのかを的確に判断してくれます。

そして、面倒な書類集めまで代わりにやってくれます。

古物商許可の申請を行政書士に依頼した場合、こちら側ですることは特にないので、待っているだけで許可を取得することができます。

行政書士って頼りになるんだね!

『絵画✕古物商許可』の面白いビジネス

古物商許可を取得して、中古の絵画の転売ビジネスをするのもいいですが、他にはない変わったビジネスを考えてみるのはどうでしょうか。

大阪に本社を置く『Casie(カシエ)』という会社は、絵画と古物商許可を組み合わせて面白いビジネスを行っています。

定額制絵画レンタルサービス』というもので、アーティストの卵の方たちから絵画作品を預かって、それを一般家庭や企業、病院や飲食店などに定額料金でレンタルするというものです。

絵画を預けているアーティストには、レンタル売上が還元され、安定した収入源を得ることができます。

そして、レンタルする側は定額料金で気軽に絵画をレンタルできます。
また、毎月、作品を入れ替えることもできるので、気分や季節に合わせて絵画を楽しむことができます。
気に入った絵画は、購入することもできます。

絵画を預けるアーティスト側、絵画をレンタルする側、双方にメリットのあるビジネスです。

このように、単なる転売ビジネスではないビジネスを思いつけば、ライバルに差をつけられるかもしれません。

絵画の転売に古物商許可は必要? まとめ

転売する目的で中古の絵画を仕入れるとき古物商許可が必要です。

中古の絵画の転売ビジネスをしたいとき、古物商許可申請では美術品類道具類2つの品目を選ぶのがよいでしょう。

古物商許可の申請は行政書士に依頼すると便利です。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

当サイトおすすめ 【取得率100%】古物商許可専門のトラスト行政書士事務所
https://kobutsudaikou.com/
古物商許可取得がネットで完結!トラストなら即日着手&古物営業に必要な特典付き(15,000円相当)





必要書類や書類の記入方法に関するご質問は、当サイトにて詳しく解説しておりますので各記事をご覧ください。

※ 無料相談での回答によって生じる一切の損害につき、当所は責任を負いかねます。無料相談の回答(録音データ・メール・LINE等)を弊所に無断で転用することを固く禁じます。