Supreme(シュプリーム)の転売に古物商許可は必要?

この記事は専門家が監修しています

1万円で買ったSupreme(シュプリーム)のTシャツがメルカリで2万円で売れたー!

よかったわね。すごいじゃない!

この調子で、Supremeの転売でお金儲けしようかな

でも、転売でお金を稼ぐんだったら、まず古物商許可を取得しなきゃダメ

古物商~?

もし許可を取らないで転売すると取り返しがつかないことになるかも・・・

今回は、Supreme転売と古物商許可について説明をします。

転売ビジネスには古物商許可が必要です

若者を中心に大人気のファッションブランド「Supreme(シュプリーム)

定価1万円のTシャツが、3,4万円で転売されることなどザラにあります。

転売でお金を稼ぎたい人にとっては、とても魅力的な商品の1つといえるでしょう。

ただし、注意が必要なのは、Supremeの転売ビジネスをするには古物商許可が必要になる場合があるということです。

どんな場合に許可が必要なの

古物商許可というのは、中古品などの「古物」「転売する目的で仕入れる場合」に必要な資格なんです。

ですから、重要なポイントは

  • 「古物」にあたるかどうか
  • 「転売目的の仕入れ」といえるかどうか

の2つです。

それでは、その2つについて詳しく説明をします。

新品でも古物と判断される場合がある

古物商許可が必要なのは「古物」の転売です。

「古物」というのは、一般的には中古品のことをいいます。

そのため、「新品のSupreme(シュプリーム)のTシャツを正規店で購入して転売する」というケースでは許可は必要ありません。

ただし、個人から仕入れる場合には注意が必要なので注意してください。

古物営業法では「新品・未使用品でも個人が取引した物は古物にあたる」とされているからです。

そのため、誰か別の人が正規店で購入した商品を仕入れる場合には許可が必要なんです。

ネットで仕入れる場合はどうなるの?

ネットでも、公式のオンラインストアから仕入れる場合であれば、許可はいりません。

ですが、個人が運営しているサイトの場合は、そのサイト名が「〇〇ショップ」や「〇〇ストア」となっていても、許可が必要になります。

そんなの見分けがつかないなぁ

そうね。
だから、ネットで取引をする場合は相手が個人かどうかしっかりチェックすることが大事よ。
でも、何より一番安全なのは古物商許可を取ってしまうことね

転売目的かどうかは警察が判断します

古物商許可は古物を転売する目的で仕入れるときに必要です。

転売する目的かどうかって、本人しか分からないんじゃない?
誰がどうやって判断するの?

転売目的については、無許可営業を取り締まっている警察が判断します

警察は、無許可営業の疑いがあると判断した場合、過去の取引記録や履歴などを全部調べます。

そして、転売目的だと判断した場合、逮捕をするのです。

「本当は転売目的ではありませんでした」って言ってもダメなのかな?

警察は逮捕する前に十分な捜査をしているから、逮捕された後に下手な言い訳をしても一切通用しないわよ

許可を取らないとどうなる?

古物商許可を取らないまま転売をすると具体的にどうなっちゃうの?

無許可営業をした場合、警察に逮捕されて処罰されます

その際の罰則は「3年以下の懲役または100万円以下の罰金」です。

結構重いのね

でも、無許可営業をしている人なんてたくさんいるでしょ。実際に逮捕されることなんてあるのかなぁ

無許可営業はリスクが大きすぎるので絶対にやめましょう

ネットでこっそり転売していれば、許可なんて無くてもバレないと思う方もいるかもしれません。

ですが、実際に逮捕されたケースなどを見ると、無許可営業は思わぬところから発覚するのです。

例えば、自分の転売した商品の中に盗品が混ざっていた場合、警察の窃盗事件の捜査で無許可営業がバレてしまうケースがあります。

取引金額が小さいとか、取引回数が少ないということは、警察にバレるかどうかとは関係がないのです。

転売でお金儲けをしたいのであれば、必ず許可を取得するべきです。

許可申請をするときは「品目」に注意

古物商の許可を取得すれば中古品(古物)を転売できるようになります。

ですが、どんな種類の古物でも取り扱えるというわけではありません。

古物は法律によって13種類(品目)に分類されています。

許可を取得する際に、自分で扱う品目を選択します。

このとき申請した品目以外の古物については、転売することができないのです。

13の品目というのは以下の通りです。

  • 美術品
  • 衣類
  • 時計・宝飾品
  • 自動車
  • 自動2輪車及び原動機付自転車
  • 自転車類
  • 写真機類
  • 事務機器類
  • 機械工具類
  • 道具類
  • 皮革・ゴム製品類
  • 書籍
  • 金券類

この中で、Supreme(シュプリーム)を扱うのであれば、「衣類」の申請は絶対に必要です。

品目は複数申請することが可能です。

そのため、Supremeのファッション雑貨や小物・アクセサリーなども扱うのであれば、「道具類」も申請しておきましょう。

「道具類」には、日用雑貨や楽器、家具などが広く含まれます

もし、間違えて品目を申請してしまったらどうなるの?

品目は許可を取った後からも追加することが可能だから安心して。
ただし、手間だからできれば最初に間違えないように申請することね

Supreme(シュプリーム)転売の注意点

ライバルとの競争が激しい

Supreme(シュプリーム)の人気は高く、安く仕入れることができれば、かなりの確率で転売して儲けることができます。

ですが、それは他の人にとっても同じことです。

そのため、ライバルが多く、安く仕入れることが非常に難しいのです。

特に最近は、中国の業者(バイヤー)が参入した影響で、仕入れの競争が激化しています。

最新作の発売日には、ショップの前に数百人の行列ができます。

前日の朝から並ばないと目当ての商品を購入することは難しいでしょう。

公式のオンラインサイトでは、発売時間から数秒の間に全ての商品が売り切れます。

業者がツールを使っているケースもあるので、一般の人がオンラインで最新作を購入するのはとても大変です。

こうしたライバルとの競争にいかに勝ち抜くかがSupreme(シュプリーム)転売の重要なポイントといえます。

偽物を見極めるのが難しい

Supreme(シュプリーム)は人気ブランドの中でも特に偽物が多く出回っています

ロゴや商品タグである程度の見分けはできますが、中には精巧に作られたものもあり、注意が必要です。

間違って偽物を仕入れてしまうと、転売できず、そのまま損失になってしまいます

もし、偽物を見落としたまま転売してしまうと、クレームなどのトラブルの原因にもなります。

ネットなどで常に最新の商品情報をチェックし、偽物と本物を見分ける目を養うことが重要です。

Supreme(シュプリーム)の転売に古物商許可は必要? まとめ

Supreme(シュプリーム)の転売ビジネスをするには、古物商許可が必要です。

許可が無いまま転売ビジネスをすると、無許可営業として警察に逮捕される可能性があります。

古物商許可の申請は、手続きが複雑でとても分かりにくいので、手っ取り早く許可を取りたいという人は行政書士に依頼するとよいでしょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

当サイトおすすめ 【取得率100%】古物商許可専門のトラスト行政書士事務所
https://kobutsudaikou.com/
古物商許可取得がネットで完結!トラストなら即日着手&古物営業に必要な特典付き(15,000円相当)





必要書類や書類の記入方法に関するご質問は、当サイトにて詳しく解説しておりますので各記事をご覧ください。

※ 無料相談での回答によって生じる一切の損害につき、当所は責任を負いかねます。無料相談の回答(録音データ・メール・LINE等)を弊所に無断で転用することを固く禁じます。