トレーディングカードの転売に古物商許可は必要?

この記事は専門家が監修しています

トレーディングカードの転売は初心者でも儲けやすいジャンルです。

ですが、トレカを転売するには古物商の許可が必要ということをご存じでしたか?

知らずに転売を続けると大変なことになってしまうかもしれません。

そこで、今回はトレカ転売と古物商許可について詳しく説明をしていきます。

トレーディングカードの転売には古物商許可が必要

手軽に転売でお金を稼いでみたいという方にトレカ転売はおすすめです。

なぜかというと、トレカ転売には次のような特徴があるからです。

  • 仕入れ値が安く初期費用がかからない
  • ネットで簡単に転売できる
  • 在庫の管理費用も不要

トレカ転売は転売初心者でも利益が出しやすいジャンルなんです。

ただし、注意しなければならないことが1つあります。

それは、「中古のトレカ転売には古物商という許可が必要」ということです。

この許可を取らないままトレカ転売を続けると大変なことになってしまいます。

具体的にどうなるかというと、警察に逮捕され重い罰則を科せられてしまう可能性があるのです。

古物営業法によると、無許可営業には3年以下の懲役または100万円以下の罰金が科せられることになっているわ

トレカ転売を始めるまでに、許可を絶対に取っておかなくちゃいけないってことだね

古物商許可は転売目的で買い取る場合に必要です

中古のトレーディングカードを転売をするには古物商という許可が必要だと説明しました。

ですが、トレカを転売する全てのケースに許可が必要というわけではありません。

古物商許可は中古のトレカを「転売する目的で買い取る場合」に必要なのです。

なんで転売する目的のときだけ必要なの?

古物営業法の目的は、盗品の流通を防止することです。

転売する目的がなければ、盗品が人から人へ流通してしまうことはあまり考えられませんよね。

そのため、転売目的の場合にのみ許可が必要なのです。

古物商許可を取得するときはココに気を付けよう

品目を間違えないようにしましょう

古物商許可を取得する場合は「品目」に注意しましょう。

品目というのは、ざっくりいうと中古品の種類です。

古物は法律によって13個の種類(古物)に分類されています。

  • 美術品
  • 衣類
  • 時計・宝飾品
  • 自動車
  • 自動2輪車及び原動機付自転車
  • 自転車類
  • 写真機類
  • 事務機器類
  • 機械工具類
  • 道具類
  • 皮革・ゴム製品類
  • 書籍
  • 金券類

この中で、トレーディンカードは「10、道具類」に分類されます。

そのため、古物商許可を取得する際には、13の品目の中から「10、道具類」を選んで申請しなければなりません。

もし、間違えて他の品目を申請してしまうと、トレカ転売ができなくなるので注意しましょう。

仮に間違えて申請しても、あとから品目を追加することは可能よ

でも、その間は取引できないから、やっぱり間違えないように申請することが重要だね

営業所の届出が必要

古物商許可を申請する場合、営業所の届出が必要です。

営業所とは、実際に古物取引を行う場所のことをいいます。

注意すべきなのは、ネット取引しかしない場合でも営業所の届出は必要だということです。

ネット取引だと営業所はいらないと勘違いしている方がたまにいます。

しかし、営業所の届出がない場合、申請は受け付けてもらえません。

必ず営業所を届け出るようにしましょう。

トレーディングカード転売が儲かる理由

仕入れ値が安く利益率が高い

トレカ転売は仕入れ値が安く低資金で始められるというメリットがあります。

たまに数万円を超えるレアカードもありますが、そんなのは稀です。

そもそもトレーディングカード自体の単価があまり高くないので、数万円の予算で転売を始めることが可能です。

また、転売にメルカリやヤフオクなどのサービスを利用すれば、スマホやパソコン1つあれば簡単に転売ビジネスをスタートできます。

サイズが小さいので保管スペースが不要

トレカはサイズが小さく保管費用がほとんどかかりません。

転売ビジネスを続けるうえで、保管費用がかからないというのはとても大きなメリットです。

例えば、大型家電などサイズの大きな商品を扱う場合、保管費用だけでかなりの額を支払わないといけません。

そのため、商品が売れ残った場合、大幅に値下げして無理やり在庫を処分しなければならないケースがあるのです。

その点、トレカは自宅で管理・保管できるのでそういった心配がありません

ライバルが少ない

トレカの転売にはある程度の商品知識が必要です。

どんなカードが高額で転売できるのか、カードの性質や特性をしっかり理解しておく必要があるのです。

転売ビジネスを続けている方の中で、トレカの知識を持っている人というのはあまり多くありません。

そのため、トレカ転売にはライバルが少ないのです。

ですから、他の商品のように、ライバル同士で値引き競争が起きることもあまりありません。

ライバルが少なく、有利に転売をすることができるのです。

トレーディングカード転売の注意点

偽物に要注意

トレカの中には、数万円で取引されているレアカードがあります。

運よくレアカードを仕入れることができれば、かなりの利益を期待できます。

ですが、レアカードには偽物も多く出回っているので注意が必要です。

中にはとても精巧に作られていて、ちょっと見ただけでは本物かどうか判断できないものもあります。

偽物のカードを掴まされてしまうと、転売することもできず、すべて損失になってしまいます

ですから、偽物のカードを仕入れてしまわないよう、カードに関する最低限の知識は頭に入れておかなければなりません。

ネットで仕入れをするのであれば、相手の評価や取引実績などをチェックすることも重要です。

急に値下がりすることも

トレカの市場価格は突然値下がりすることがあります

値下がりの理由はいろいろあります。

例えば、大会のルール変更によって、これまで最強のカードだったのが、雑魚カードになってしまった場合です。

カードの需要がなくなり、他の人も一斉に売りに出すので急激に値段が下がるのです。

もし、同じ種類のカードを大量に持っていて、こういう状況になったらたまったものではありませんね。

普段から商品価値に関係がありそうな情報にアンテナを張っておくことが重要です。

また、同じ種類のカードを大量に抱えておくとこうしたリスクがあるので、種類やジャンルを分けてカードを仕入れておくことも大事です。

トレーディングカードの転売に古物商許可は必要? まとめ

古物商許可は、中古品などの古物を転売目的で買い取る場合に必要な資格です。

ですから、中古のトレーディンクカードを転売目的で仕入れる場合には、許可が必要です

古物商許可を取得する際は、「道具類」という品目を申請しましょう。
もし、新規申請時に道具類の品目が漏れている場合には後から追加の手続きが必要なので手間が増えてしまいます。

また、ネット取引しかしない場合であっても、営業所の登録がなければ許可は取得できません。

許可の申請手続きはとても面倒です。

もし、手っ取り早く許可をとってすぐにトレカ転売を始めたいという方は、行政書士に許可の取得を依頼しましょう

行政書士は許認可に関する専門家です。

その中でも古物商に詳しい行政書士に依頼をすれば、安全に最短で許可を取ってくれるのでとても便利なのです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

当サイトおすすめ 【取得率100%】古物商許可専門のトラスト行政書士事務所
https://kobutsudaikou.com/
古物商許可取得がネットで完結!トラストなら即日着手&古物営業に必要な特典付き(15,000円相当)





必要書類や書類の記入方法に関するご質問は、当サイトにて詳しく解説しておりますので各記事をご覧ください。

※ 無料相談での回答によって生じる一切の損害につき、当所は責任を負いかねます。無料相談の回答(録音データ・メール・LINE等)を弊所に無断で転用することを固く禁じます。