おもちゃ・玩具の転売に古物商許可は必要?

この記事はトラスト行政書士事務所が監修しています

2020年4月1日古物営業法が全面改正されました。そのため記事の内容に一部古い情報がある場合があります。詳しくは【2020年4月1日全面施行】古物営業法が改正されましたをご覧ください。

昔遊んでたおもちゃをメルカリで売ったら結構高く売れたよ

よかったわね

本格的に転売すれば、いいお小遣い稼ぎになりそう

でも、おもちゃ・玩具の転売には古物商許可が必要って知ってた?

何となく聞いたことはあるけど、詳しくは知らないなぁ

今回は、おもちゃ・玩具の転売古物商許可について詳しく説明をします。

おもちゃ・玩具の転売(せどり)には古物商許可が必要です!

転売の代表的なジャンルといえば「古本」「古着」「家電」などですが、おもちゃ・玩具も十分稼ぐことのできるジャンルの1つです。

おもちゃ・玩具の転売だけで、月に数十万円を稼いでいる人も珍しくありません。

おもちゃや玩具に興味のある人からすると、かなり魅力的な商材といえるのではないでしょうか?

ただし、おもちゃ・玩具をビジネスとして転売するためには、「古物商」という許可が必要になります。

この許可なく、転売を続けると警察に逮捕されてしまうかもしれません。

最近では、スマホやパソコン1つあれば誰でも転売ビジネスを始めることが可能です。

ですが、その分、無許可で転売して逮捕される人の数も急増しています。

おもちゃ・玩具の転売に興味のある方は、まず、古物商許可についてしっかり理解をすることが必要なのです。

逮捕されたらどうなっちゃうの?

無許可営業で逮捕された場合の罰則は「3年以下の懲役または100万円以下の罰金」ととても重いの。
だから、転売ビジネスをするときは、必ず許可がいるわ。

重要なポイントは「転売目的の仕入れ」

古物商許可は、ビジネスとして転売をする場合に必要となる資格です。

「ビジネスとして転売」というのは、具体的にいうと「転売する目的で古物を仕入れた」場合のことをいいます。

例えば、次のような場合には許可が必要です。

  • 中古のおもちゃをメルカリで仕入れてヤフオクで転売する
  • レトロ玩具をリサイクルショップで仕入れてメルカリで転売する
  • ジャンク品のおもちゃを仕入れて自分で修理して転売する

どれも、転売する目的でおもちゃや玩具を仕入れているね

逆に言うと、転売目的で古物を仕入れていない場合には、許可は不要です。

次のような場合には、許可はいりません。

  • 新品のおもちゃをおもちゃ屋さんで購入してメルカリで転売する
  • 長年コレクションしてきたおもちゃが不要になったので、ヤフオクで転売する
  • 友達からタダでもらった玩具をリサイクルショップで転売する

重要なのは、「転売目的の仕入れ」があったかどうかです。

もし、自分の取引に許可が必要かどうか気になった方は、警察や行政書士に相談するとよいでしょう。

転売目的かどうかって誰が判断するの?

おもちゃや玩具を転売目的で仕入れる場合に許可が必要ってのはわかったんだけど、それって誰が判断するの?

転売目的の仕入れかどうか、判断をするのは無許可営業の取り締まりをしている警察です。

警察は、色々な事情から転売目的かどうかを判断します。

例えば、購入する商品の種類や、取引の金額、取引の回数などです。

もし、警察から転売目的と判断されてしまったら、「実は転売目的じゃなかった」などの言い訳は通用しないと思った方がよいでしょう。

ですから、心当たりのある方は、なるべくすぐに許可を取得するべきです。

古物商許可を取得するときはここに注意!

安心して、おもちゃ・玩具を転売するには、古物商の許可を取得しましょう。

許可の取得を検討している方に向けて、いくつか注意点をあげておきます。

おもちゃ・玩具の品目は「道具類」

古物商の許可を取得すると古物の転売ビジネスができるようになります。

ですが、どんな古物でも扱えるというわけではありません。

古物は、法律上13の種類(品目)に分類されています。

許可を取得する際に、自分で扱おうとする品目を13の中から選択して申請しなければならないのです。

申請した品目以外の古物を転売するには後から品目の追加申請が必要となります。

ですから、品目の選択は慎重にしなければなりません。

13の品目とは以下の通りです。

  • 美術品
  • 衣類
  • 時計・宝飾品
  • 自動車
  • 自動2輪車及び原動機付自転車
  • 自転車類
  • 写真機類
  • 事務機器類
  • 機械工具類
  • 道具類
  • 皮革・ゴム製品類
  • 書籍
  • 金券類

この中で、おもちゃ・玩具は「10、道具類」にあたります。

道具類で扱える古物の種類はとても広く、家庭用品のほとんどが含まれます。

ですから、道具類を申請して許可を取得すれば、おもちゃ・玩具以外にも、家具や日用品などの転売もできるようになります。

もし、品目を間違えて申請しちゃったらどうなるの?

品目を間違えたり、後から別の商品も扱いたくなったら、品目の追加をすることができるから心配ないわ

専門家に代行を依頼

古物商許可の申請は自分ですることも可能です。

ですが、なるべく早く・簡単に許可を取りたいという方は、専門家に代行を依頼しましょう。

許可申請の手続きはとても複雑です。

自分で申請すると何度もミスを繰り返し、なかなか許可が取れないというケースがとても多いのです。

専門家である行政書士に代行を依頼すれば、そんなトラブルはありません。

専門家がしっかりと責任をもって許可をってくれるので、とても安心して古物ビジネスをスタートできるのです。

おもちゃ・玩具の転売が人気な理由

需要が高く回転が速い

おもちゃ・玩具転売の特徴の1つに需要の高さがあります。

子どもはおもちゃや玩具を傷つけやすく、すぐに新しいおもちゃが必要になります。

また、年齢によっても欲しがるおもちゃの種類が違います。

そのため、おもちゃ・玩具には、常に一定の需要があるのです。

需要が高いということは、商品の回転が早いことを意味します。

これは、転売ビジネスをする場合にはとても大きなメリットです。

商品の回転スピードが遅いと、その分在庫の管理費用がかかります。

特に個人や小規模の転売ビジネスをやる場合、この在庫の管理費用は馬鹿にできません。

そのため、需要が高く、回転の速いおもちゃ・玩具の転売は、転売ビジネスにとても向いているのです。

マニア向け商品など高額転売が狙える

おもちゃや玩具を欲しがるのは子どもだけではありません。

一部のおもちゃ・玩具には、コアなマニアがたくさんいます。

そして、マニア向け商品の中にはプレミア価格で取引されているものがたくさんあります。

商品知識を身につけ、マニア向け商品を扱うことができれば、一攫千金も夢ではありません。

おもちゃ・玩具の転売に古物商許可は必要? まとめ

おもちゃ・玩具の転売ビジネスをするには、古物商許可が必要です。

具体的には、転売する目的で仕入れるときに許可が必要となります。

逆に、不用品のおもちゃなどを処分するとき、許可は必要ありません。

無許可営業を続けた場合、警察に逮捕され処罰されることがあります。

そのため、おもちゃ・玩具の転売をするのであれば、必ず許可を取得しましょう

許可の申請は自分でもできますが、行政書士に依頼する方が効率的です

古物ビジネスのプロである行政書士は、きっとあなたにとって、最高のパートナーになってくれるでしょう。

当サイトおすすめ 【取得率100%】古物商許可専門のトラスト行政書士事務所
https://kobutsudaikou.com/
古物商許可取得がネットで完結!トラストなら即日着手&古物営業に必要な特典付き(15,000円相当)

こちらは、これから許可を取得したい、取得すべきかどうか迷っている方向けの窓口です。
古物商許可の取得以外に関するご相談や、個別具体的なご質問、書類の記入方法にご回答は致しかねます。

※ご質問はお一人様一つとさせて頂きます。

よくお問い合わせいただく内容について、以下記事でも詳しく解説しておりますので、ぜひご覧ください。

よくある質問と答え



必要書類や書類の記入方法に関するご質問は、当サイトにて詳しく解説しておりますので各記事をご覧ください。

※ 無料相談での回答によって生じる一切の損害につき、当所は責任を負いかねます。無料相談の回答(録音データ・メール・LINE等)を弊所に無断で転用することを固く禁じます。