古着の転売には古物商許可が必要です

この記事はトラスト行政書士事務所が監修しています

2020年4月1日古物営業法が全面改正されました。詳しくは【2020年4月1日全面施行】古物営業法が改正されましたをご覧ください。

古着を転売してお金を稼ぐのであれば、原則として「古物商許可」が必要です。

もし、無許可で古着の転売をしてお金を稼ぐと、法律違反として警察に逮捕されてしまう可能性があるので注意しましょう。

僕もちょうど副業で古着の転売をやってみようと思っていたところなんだ。ところで古物商許可って何なの?

良く知らない人も多いみたいね。今回は古着の転売ビジネスに必要な古物商許可について詳しく説明するわ

古着の転売には原則として古物商許可が必要です

古着の転売を始める準備の中で、最も重要なのが「古物商許可を取得すること」です。

古物商許可とは中古品の転売ビジネスをするために必要となる資格のことをいいます。

古物商許可がないまま古着の転売をすると、古物営業法違反(3年以下の懲役または100万円以下の罰金)として処罰される可能性があるのです。

古着の転売ビジネスを始めるには、仕入れ先の確保や転売方法をどうするか決めるなど、いろいろな事前準備で忙しくなるでしょう。

しかし、古物商許可がなければ、転売ビジネス自体を始めることが出来ません。

古着の転売に興味のある方は、なるべく早めに古物商許可を取得するようにしましょう。

古物商許可って名前は知ってるんだけど、詳しくは何にも知らないや

じゃあ、まず古物商許可がどんなものなのか説明するわね

古物商許可は中古品の転売ビジネスに必要な資格

古着の転売でお金を稼ぐのであれば、事前に古物商許可を取得しなければなりません。

古物商許可は中古品の転売ビジネスに必要となる資格だからです。

転売ビジネスというのは、中古品(古物)を転売目的で仕入れることをいいます。

ですから、古着を転売目的で仕入れるときは、あらかじめ古物商許可を取得しておくことが必要なのです。

なんで、古着を転売するだけなのに、わざわざ許可なんて取らないといけないの?

それは、盗品の流通を防止するとともに、流通した盗品を早く発見できるようにするためよ

中古品の転売を許可制にすれば、泥棒が盗んだ物を流通させることができなくなります。

万が一、盗品が流通してしまったとしても、古物商の記録をたどれば犯人や盗品をすぐに発見することができます。

そのため、中古品を転売するには、古物商許可が必要とされているのです。

犯罪防止のためだったのか~

そうよ。だから古着の転売をするんだったら、必ず古物商許可は取得するようにしましょうね

メルカリやヤフオクみたいにネットで仕入れたり転売するときも、古物商許可って必要なのかな?どこかの掲示板でネット取引にはいらないっていうのを見たんだけど・・・

ネット取引でも必要よ

ネット取引でも古物商許可は必要です

先ほども説明したとおり、古物商許可は中古品の転売ビジネスをするときに必要となる資格です。

取引をネットでするか、店舗でするかということは全く関係がありません。

たまにネット上の掲示板などでは、

メルカリやヤフオクで転売するときは古物商許可はいらない

という書き込みを目にすることがありますが、これは完全に誤った情報なので、信用しないようにしましょう。

その他にも、

1万円以内の取引であれば古物商許可はいらない

法人や事業としての取引でなければ古物商許可は不要

といった書き込みもすべて誤りです。

重要なのは、中古品を転売目的で仕入れたかどうか、という点です。

その他の取引金額や取引回数、法人かどうかなどは一切関係がないので注意してください。

要するに、お金を稼ぐつもりで古着などの中古品を転売するんだったら、古物商許可が絶対に必要ってことだね

そういうことよ!

もし仮に、古物商許可を取らないで古着の転売をしちゃったらどうなっちゃうの?

無許可営業には重たい罰則が科せられます

古着の転売ビジネスをするときは、古物商許可が必要です。

古物商許可を取らないで古着の転売ビジネスをした場合、無許可営業として警察に逮捕されてしまいます。

そして「3年以下の懲役または100万円以下の罰金」というかなり重い罰則が科せられます。

さらに、処罰を受けてから5年間は古物商許可の取得ができないというペナルティも受けることになります。

このように、無許可営業に対するリスクはとても大きいので、古着の転売をするときは、必ず事前に古物商許可を取るようにしましょう。

古物商許可を取りたいんだけど、なんだか面倒くさそう・・・

そういう人には、ぴったりの方法があるわ

古物商許可の取得は行政書士に任せればとても簡単

古物商許可の申請は、正直かなり面倒です。

たくさんの書類が必要になるだけでなく、警察のチェックもかなり厳しいからです。

書類に1つでも不備があると、申請は受け付けてもらえず、あらためて申請をやりなおさないといけません。

慣れていない方が自分でやると、かなりの時間や手間が必要になるでしょう。

もし、楽して簡単に古物商許可を取りたいのであれば、行政書士に依頼するのがおすすめです。

行政書士というのは、許認可の代行をしてくれる法律家のことです。

専門家である行政書士に依頼をすれば、最短で確実に許可を取ってくれるのでとても効率的です。

気になる方は、古物商専門の行政書士に相談してみるとよいでしょう。

古着の転売で上手に稼ぐコツ

古着は中古品の中でも、かなり稼ぎやすいジャンルです。

ただし、ライバルも多いので、何も知らずに古着転売を始めると、初めのうちは苦戦するかもしれません。

そこで古着転売で、効率よく稼ぐコツをいくつかご紹介します。

できるだけターゲットを絞る

古着の転売をするときは、ターゲットを絞るのが重要です。

そして、そのターゲットが求めている古着を用意するようにしましょう。

ターゲットが求めている古着を見つけるのにはいくつか方法があります。

例えば、20代前半の女性をターゲットにする場合、その世代の女性から人気のある女性有名人が普段どういう洋服を着ているかチェックします。

そして、その女性有名人が来ている洋服と同じテイストの古着を用意すれば、20代前半の女性からの購入が期待できるのです。

ネットで転売をするときは商品の写真が重要

メルカリなどネットを使って転売するのであれば、商品の写真がとにかく重要です。

同じような写真ばかりにならないように工夫をするのがポイントです。

商品ごとにハンガーや背景となる壁紙を変えたり、光の当て方などを工夫して、魅力のある写真を撮るようにしましょう。

スマホで写真を撮る場合、アプリを使えば、ブランドロゴを写真内に入れられたり、明るさを変えたりできるので、いろいろと試してみると良いでしょう。

古着の転売には古物商許可が必要です まとめ

古着の転売をするときは、原則として古物商許可が必要です。

無許可で古着転売を続けると、古物営業法違反として警察に逮捕されることもあるので注意が必要です。

古物商許可の取得については、行政書士という法律家が代行サービスをやっています。

平日忙しい方や、面倒な申請手続きが苦手という方は、依頼するとよいでしょう。

許可取得後のサポートもしてくれるので、きっと心強いパートナーになってくれるはずです。

当サイトおすすめ 【取得率100%】古物商許可専門のトラスト行政書士事務所
https://kobutsudaikou.com/
古物商許可取得がネットで完結!トラストなら即日着手&古物営業に必要な特典付き(15,000円相当)

こちらは、これから許可を取得したい、取得すべきかどうか迷っている方向けの窓口です。
古物商許可の取得以外に関するご相談や、個別具体的なご質問、書類の記入方法にご回答は致しかねます。

※ご質問はお一人様一つとさせて頂きます。

よくお問い合わせいただく内容について、以下記事でも詳しく解説しておりますので、ぜひご覧ください。

よくある質問と答え



必要書類や書類の記入方法に関するご質問は、当サイトにて詳しく解説しておりますので各記事をご覧ください。

※ 無料相談での回答によって生じる一切の損害につき、当所は責任を負いかねます。無料相談の回答(録音データ・メール・LINE等)を弊所に無断で転用することを固く禁じます。