中古品のせどりには許可が必要?

この記事はトラスト行政書士事務所が監修しています

2020年4月1日古物営業法が全面改正されました。そのため記事の内容に一部古い情報がある場合があります。詳しくは【2020年4月1日全面施行】古物営業法が改正されましたをご覧ください。

中古品のせどりをするには古物商許可が必要です。

古物商許可は中古品の転売ビジネスをするときに必要となる資格だからです。

もし、古物商許可を取らないで中古品のせどりを続けると、警察に逮捕される可能性があるので注意しましょう。

古物商許可って聞いたことはあるけど、どんな許可でどうやって取得すればいいの?

今回はその辺について詳しく説明するからしっかり聞いておいてね

中古品のせどりには古物商許可が必要です

中古品のせどりをするには古物商許可が必要です。

古物商許可とは、中古品の転売ビジネスをするときに必要となる資格のことをいいます。

そして、中古品のせどりは「中古品の転売ビジネス」に該当するため、古物商許可が必要になるのです。

最近、せどりを始める人が急増しています。

せどりとは、ざっくりいうと身の回りにあるいろいろな商品を転売してお金を稼ぐことをいいます。

せどりが人気な理由は、メルカリやヤフオクなどのアプリが充実し、スマホさえあれば誰でも簡単にせどりでお金を稼ぐことができるようになったからです。

皆さんの中にもせどりに興味のある方が多いのではないでしょうか?

ただ、中古品のせどりをする場合には1つ注意しなければならないことがあります。

それは、中古品のせどりをするには古物商許可という許可が必要ということです。

古物商許可って一体どんな許可なの?取得しないと一体どうなっちゃうの?

それじゃあ、一つずつ説明していくわ

古物商許可は中古品の転売ビジネスに必要な資格

古物商許可というのは「中古品の転売ビジネス」をするときに必要となる資格のことをいいます。

そして、中古品のせどりは中古品の転売ビジネスに該当します。

そのため、中古品のせどりをするには古物商許可が必要なのです。

どういう場合に古物商許可が必要なのか、もう少し具体的に教えて欲しいんだけど・・・

もちろんいいわよ。ここで重要なのは「中古品か」「転売ビジネスか」という2つよ。

古物商許可は中古品を扱うときに必要です

古物商許可は中古品(これを古物といいます)の転売ビジネスに必要です。

ですから、新品の商品を転売してお金を稼ぐ、いわゆる「新品せどり」の場合は、原則として古物商許可は必要ありません。

「原則として」っていうのはどういうこと?

新品せどりでも、場合によっては古物商許可が必要になるケースがあるのよ

原則として新品せどりの場合、古物商許可は必要ありません。

ですが、個人から新品の商品を仕入れる場合には注意が必要です。

なぜなら、法律上「新品の商品でも使用のために取引された物は古物に含まれる」とされているからです。

要するに、個人が自分で使用するために購入した物は、たとえそれが新品・未使用品でも古物に含まれるのです。

そのため、その新品の商品を個人から仕入れて転売するときは、古物商許可が必要なのです。

なるほど。新品だからって安心できないんだね

特に、インターネットを利用して商品を仕入れる場合は要注意よ

ネット上でショップやストアと表記されていても、運営者が個人の場合、法律上は個人として判断されます。

そのため、個人が運営しているネットのショップやストアから商品を仕入れる場合、新品でも古物商許可が必要になる可能性があるのです。

相手が個人か企業かチェックすれば問題ないですが、取引の度にそれを調べるのはとても面倒です。

もし、インターネットを利用してせどりをするのであれば、新品せどりしかしない場合でも、安全のために古物商許可を取得することをおすすめします。

古物商許可は転売ビジネスをするときに必要です

古物商許可が必要かどうかの重要なポイント2つ目は「転売ビジネスかどうか」です。

転売ビジネスというのは、「中古品を転売する目的で仕入れる(買い受ける)こと」をいいます。

ですから、転売する目的がない場合や、仕入れ行為がない場合には、古物商許可は必要ありません。

例えば、次のようなケースです。

  • 自分で使用するために中古のスニーカーを購入したが、サイズが合わなかったのでヤフオクに出品する
  • 長年愛用してきた自転車を買い替えるためメルカリに出品する
  • 友人からタダでもらった腕時計をリサイクルショップで売る
  • ゲームセンターで手に入れた景品をメルカリに出品する

これらのケースは転売ビジネスに当たらないため、古物商許可は必要ありません。

転売目的で仕入れる場合は古物商許可が必要だけど、自分で使用するために購入した物を転売するときは、古物商許可はいらないんだよね

そうね。

でも、転売目的か自分で使用するためかって誰がどうやって判断するんだろう?

転売目的かどうかについては、無許可営業を取り締まっている警察が判断します

警察は無許可営業の疑いがある場合、過去の取引記録などをすべて捜査します。

そして、取引金額や回数、取引相手などから転売目的かどうかを判断するのです。

その結果、もし無許可営業と判断され逮捕された場合「実は転売目的じゃなかった」など下手な言い訳は通用しません。

心当たりのある方は、すぐに古物商許可を取得しましょう。

そもそも、なんで中古品を転売するのに許可なんて必要なんだろう?

それにはしっかりとした理由があるのよ

古物商許可の目的は盗品の流通防止と早期発見

古物商許可の目的は「盗品の流通防止」「盗品の早期発見」です。

泥棒は、盗んだ商品を誰かに売ってお金に換えるのが一般的です。

もし、転売が自由だと、泥棒は盗品を売って簡単にお金を手に入れてしまいます。

そこで、中古品の転売を許可制にして、警察がしっかり管理することで、泥棒が自由に活動できなくしているのです。

また、古物商には取引記録をつける義務があります。

そのため、万が一、盗品が流通してしまっても、古物商の記録をたどれば、盗品をすぐに発見することができるのです。

古物商許可の取得は行政書士に依頼するのがおすすめ

古物商許可を取得するには、自分で申請をする方法と行政書士に依頼する方法という2つの方法があります。

その中で、おすすめなのは行政書士に依頼をする方法です。

なぜなら、行政書士に依頼をした方が圧倒的に簡単に取得できるからです。

古物商許可の申請手続きはとても複雑です。

そのため、一般の方が自分で申請をすると必ずと言っていいほどミスが発生します。

申請のチェックはとても厳しいので、1つでもミスがあると申請は受け付けてもらえず、やりなおしになってしまいます。

そのため、自分で申請をするとなかなか許可が下りず、いつまでたってもせどりが始められない可能性があるのです。

その点、行政書士は書類作成のプロなので、依頼をすれば最短で許可を取ってくれます

依頼者はほとんど何もする必要はなく、ただ許可が下りるのを待っていればいいので、とても効率的です。

もし、面倒な手続きが苦手な方や、楽して簡単に許可を取りたいという方は、行政書士に依頼をするべきです。

中古品のせどりには許可が必要? まとめ

中古品のせどりには古物商許可が必要です。

古物商許可なく中古品のせどりをすると、古物営業法違反(3年以下の懲役または100万円以下の罰金)として警察に逮捕されます。

中古品のせどりに興味のある方は、必ず事前に古物商許可を取得するようにしましょう。

古物商許可の申請手続きはとても複雑でわかり難いので注意が必要です。

もし、簡単に許可を取りたいという方は、行政書士という専門家がいるので、代行を依頼することをおすすめします。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

当サイトおすすめ 【取得率100%】古物商許可専門のトラスト行政書士事務所
https://kobutsudaikou.com/
古物商許可取得がネットで完結!トラストなら即日着手&古物営業に必要な特典付き(15,000円相当)

こちらは、これから許可を取得したい、取得すべきかどうか迷っている方向けの窓口です。
古物商許可の取得以外に関するご相談や、個別具体的なご質問にはご回答は致しかねます。
よくお問い合わせいただく内容について、以下記事でも詳しく解説しておりますので、ぜひご覧ください。

よくある質問と答え



必要書類や書類の記入方法に関するご質問は、当サイトにて詳しく解説しておりますので各記事をご覧ください。

※ 無料相談での回答によって生じる一切の損害につき、当所は責任を負いかねます。無料相談の回答(録音データ・メール・LINE等)を弊所に無断で転用することを固く禁じます。