中古品の転売はネット販売でも古物商許可が必要です

この記事はトラスト行政書士事務所が監修しています

2020年4月1日古物営業法が全面改正されました。そのため記事の内容に一部古い情報がある場合があります。詳しくは【2020年4月1日全面施行】古物営業法が改正されましたをご覧ください。

中古品をビジネスとして転売する場合は古物商許可が必要です。

ネット販売かどうかは関係がありません。

古物商許可がないまま中古品の転売ビジネスを続けた場合、警察に逮捕される可能性があるので注意しましょう。

ネット販売だと古物商許可はいらないんだと思ってた

最近、そういう噂を聞くことがあるがそれは誤解じゃ。警察に逮捕されないためにも、今回はどういう場合に古物商許可が必要か、しっかりと説明するぞ

中古品のネット販売でも古物商許可は必要です

中古品の転売ビジネスをする場合、古物商許可が必要です。

販売方法は関係がありません。

ネットで販売する場合でも、店舗で販売する場合でも、転売ビジネスに当たるのであれば古物商許可が必要なのです。

なぜなら、古物商許可は、中古品の転売ビジネスに必要となる資格だからです。

古物商許可が必要かどうかの重要なポイントは、ネット販売かどうかではなく、転売ビジネスにあたるかどうかなんじゃ

転売ビジネスって具体的にどういう場合のことをいうの?

古物商許可が必要な転売ビジネスとは?

古物商許可は中古品の転売ビジネスをするときに必要となる資格のことです。

ネット販売でも、それが中古品の転売ビジネスであれば古物商許可が必要です。

ここでいう、中古品の転売ビジネスとは、中古品を転売する目的で仕入れることをいいます。

ですから、次のようなケースでは古物商許可が必要です。

  • フリマで仕入れた古着をメルカリに出品する
  • メルカリで仕入れた中古家電をヤフオクに出品する
  • ヤフオクで仕入れた古本をブックオフで転売する

これらの行為は、すべて転売ビジネスにあたります。

そのため、古物商許可なくこれらの行為をすると無許可営業として警察に逮捕される可能性があるのです。

逆に、転売ビジネスに該当しない場合はというと

  • 長年愛用してきた中古自転車をメルカリに出品する
  • 家族からもらった中古家電をヤフオクに出品する
  • 友人から無料で引き取った中古車をヤフオクに出品する

これらの行為には、転売目的の仕入れはありません。

そのため、転売ビジネスにあたらず、古物商許可は必要ありません。

無料でもらったものや、不用品をネット販売する場合は、古物商許可は必要ないんだね

そういうことじゃ

古物商許可が必要になる転売目的かどうかって誰がどうやって判断するの?

既に説明したとおり、中古品を転売目的で仕入れる場合は、古物商許可が必要です。

仕入れた中古品をネット販売するか、店舗で販売するかは関係がないので注意しましょう。

でも、転売する目的かどうかってその人にしかわからないんじゃない?いったい誰がどうやって判断するんだろう?

転売目的の仕入れにあたるかどうかは、無許可営業を取り締まっている警察が判断をします。

警察は、無許可営業の疑いがある場合、過去の取引記録などをすべて捜査します。

そして、取引金額や回数、商品の種類などから転売目的だったかどうかを判断するのです。

もし、警察から転売目的と判断され、無許可営業で逮捕されてしまった場合、下手な言い訳は通用しません

もし、これから転売ビジネスを始めようと思っている方や、心当たりのある方は急いで古物商許可を取得しましょう。

古物商許可に関するネットの情報には注意しましょう

古物商許可とは中古品の転売ビジネスに必要となる資格です。

ネット販売かどうかは関係がありません。

「ネット販売であれば古物商許可はいらない」というのは、誤った情報なので注意しましょう。

その他にも、ネットの掲示板などでは、

  • 取引金額や回数が少ない場合は古物商許可はいらない
  • 個人で取引する場合は古物商許可はいらない
  • 警察に聞かれても不用品の処分と答えれば逮捕されない

などのコメントを目にすることがあります。

ですが、これらはすべて誤った情報です。

下手に信用すると取り返しがつかないことになるので気を付けましょう。

もし、気になることがあれば、警察署や行政書士という専門家に相談するとよいでしょう。

ネットで調べるときも、ここのブログのように専門家が監修しているところにするべきじゃ

古物商許可の取得は専門家に任せましょう

古物商許可の取得には、自分で申請する方法と専門家に代行を依頼する方法の2つがあります。

その中で、絶対的におすすめなのが専門家に代行を依頼する方法です。

なぜなら、古物商許可の申請手続きはとても複雑で面倒だからです。

古物商許可を申請する場合、申請書以外にもたくさんの書類をミスなく作成して提出しなければなりません。

1つでもミスがあると申請は受け付けてもらえず、またやり直しです。

書類を集めるのも、平日しか手に入らない書類が多く、サラリーマンであれば会社を休まなくてはなりません。

そのため、自分でやろうとすると申請手続きがなかなか進まず、途中で諦めてしまう人だっているのです。

その点、行政書士という専門家の代行サービスを利用すれば、面倒な手続きに時間を取られる心配はありません。

依頼者は、自分のビジネスに集中することができるので、とても効率的なのです。

でも、タダってわけじゃないんでしょ?

相場だと4万円~6万円の報酬が必要じゃ。時間も取られず、何回も繰り返し申請することを考えれば、結果的にお得といえるじゃろう

中古品の転売はネット販売ととても相性が良い

これから中古品の転売を始めようと思うのであれば、ネット販売を利用するべきです。

なぜなら、中古品の転売ビジネスとネット販売はとても相性が良いからです。

最近は、メルカリやヤフオクなどのアプリを利用すれば、誰でも簡単に中古品の転売で稼ぐことが可能です。

商品の取引だけでなく、市場価格のリサーチなどもアプリ内で行うことができます。

そのため、ネットを使って転売をすれば、自宅から一歩も出ずにビジネスをすることができるのです。

また、ネット販売だと、時間に縛られることがありません。

ちょっとしたすきま時間に取引するだけで、お金を稼ぐことができるのです。

これは、普段忙しいサラリーマンや、専業主婦にとってとても大きなメリットといえます。

用意するのがスマホ1つでいいっていうのは、とても魅力的だね

ただし、古物商許可を事前に取っておくことは絶対に忘れてはいかんぞ

中古品の転売はネット販売でも古物商許可が必要です まとめ

中古品の転売は、ネット販売でも、ビジネス目的であれば古物商許可が必要です。

古物商許可は、中古品の転売ビジネスをするときに必要となる資格だからです。

販売方法がネットかどうかということは関係がありません。

もし、古物商許可なく無許可で営業すると警察に逮捕されてしまいます。

その場合、「3年以下の懲役または100万円以下の罰金」という重い罰則が科されるので注意しましょう。

中古品の転売はネット販売ととても相性が良いのでおすすめですが、古物商許可の取得だけは絶対に忘れないよう注意してください。

古物商許可の申請手続きは、とても複雑で面倒です。

自分でやろうとするとたくさんの手間と時間がかかります。

そのため、効率よく古物商許可を取りたいという方は、行政書士という専門家に代行を依頼するとよいでしょう。

当サイトおすすめ 【取得率100%】古物商許可専門のトラスト行政書士事務所
https://kobutsudaikou.com/
古物商許可取得がネットで完結!トラストなら即日着手&古物営業に必要な特典付き(15,000円相当)

こちらは、これから許可を取得したい、取得すべきかどうか迷っている方向けの窓口です。
古物商許可の取得以外に関するご相談や、個別具体的なご質問、書類の記入方法にご回答は致しかねます。

※ご質問はお一人様一つとさせて頂きます。

よくお問い合わせいただく内容について、以下記事でも詳しく解説しておりますので、ぜひご覧ください。

よくある質問と答え



必要書類や書類の記入方法に関するご質問は、当サイトにて詳しく解説しておりますので各記事をご覧ください。

※ 無料相談での回答によって生じる一切の損害につき、当所は責任を負いかねます。無料相談の回答(録音データ・メール・LINE等)を弊所に無断で転用することを固く禁じます。