中古テレビを転売するには古物商許可が必要?

この記事はトラスト行政書士事務所が監修しています

2020年4月1日古物営業法が全面改正されました。詳しくは【2020年4月1日全面施行】古物営業法が改正されましたをご覧ください。

中古テレビを転売するには、原則として古物商許可が必要です。

もし、無許可で転売をすると古物営業法違反として警察に逮捕される可能性もあるので注意しましょう。

古物商許可が必要って話は聞いたことがあるんだけど、実際よくわからないんだよね

今回は、中古テレビの転売と古物商許可の関係についてしっかり説明するから安心してね

中古テレビを転売するには古物商許可が必要です

中古テレビの転売をするときは、原則として古物商許可という資格が必要です。

もし、この許可がないまま中古テレビの転売を続けると古物営業法違反になってしまうので注意しましょう。

最近、中古家電の転売をしてお金を稼ぐ人が増えています。

中古家電は需要が高く、また、新品家電の転売と比べてライバルも少ないので、転売経験があまりない方でも十分に稼ぐことができるからです。

特に人気なのが「中古テレビ」です。

中古テレビは他の家電と比べて単価も高めなので、一度の転売で大きな利益を期待できるからです。

皆さんの中にも、中古テレビの転売に興味のある方がいるのではないでしょうか?

ただ、中古テレビの転売でお金を稼ぐには、古物商許可が必要なので忘れずに取得しましょう。

無許可で中古テレビの転売をすると、古物営業法違反として警察に逮捕されてしまいます。

たまに、無許可で中古テレビの転売をしている人を見かけますが、かなりリスクの高い行為なので絶対にやめましょう。

僕の家にも、もう使わなくなったテレビがあるんだけど、これをメルカリに出す場合も古物商許可が必要?

その場合は必要ないわ。古物商許可が必要になるのは、「転売ビジネス」をするときだけよ

古物商許可は中古品の転売ビジネスに必要な資格です

中古テレビの転売をするときは、原則として古物商許可が必要です。

無許可で行うと、古物営業法違反として警察に逮捕されてしまうので絶対にやめましょう。

ただ、中古テレビの取引にはいつも絶対に古物商許可が必要、というわけはありません。

古物商許可は「中古品の転売ビジネス」をするときに必要となる資格です。

そのため、中古テレビを転売する場合でも、それが転売ビジネスに当たらないのであれば古物商許可は必要ないのです。

例えば次のようなケースでは、古物商許可は必要ありません。

  • 昔から自宅で使っていたテレビが古くなったのでヤフオクに出品する
  • 引越しをすることになったので、自宅の中古テレビをメルカリで転売する
  • 友人から無料で貰った中古テレビをリサイクルショップで売る

これらのケースはどれも「転売ビジネス」にあたりません。

そのため、古物商許可を持っていなくても、警察に逮捕されることはないのです。

要するに、不用品の処分やタダで貰った中古テレビの転売には、古物商許可はいらないってことね

そもそも何で、中古品の転売ビジネスに古物商許可が必要なの?

古物商許可の目的とは?

中古品を転売するだけなのに、なぜわざわざ古物商許可が必要なんでしょうか?

それは、「盗品の流通を防止するため」「盗品を早期に発見するため」です。

泥棒は、盗んだ商品をそのまま使用せず、誰かに売ってお金に換えるのが一般的です。

もし、誰でも自由に転売ができるとなると、泥棒は簡単に盗品の買い手を見つけることができてしまいます。

そこで、「転売を許可制にして泥棒が簡単に盗品を売れないようにしてしまおう」というのが古物商許可という制度の目的なのです。

また、古物商には取引内容を記録する義務があります。

万が一、盗品が流通してしまった場合でも、古物商の記録をたどっていけば、警察は簡単に盗品や泥棒を見つけることが可能になるのです。

なるほど~、要するに泥棒対策ってわけなんだね

そういうことね。だから、無許可で転売した人に対しては厳しい罰則が待っているの

具体的にどうなっちゃうの?

無許可で中古品を転売すると大変なことになります

中古品の転売には原則として、古物商許可が必要です。

この許可がないまま、中古品の転売ビジネスをすると、古物営業法違反として警察に逮捕されてしまいます。

無許可営業の罰則は古物営業法の中でも特に重く、「3年以下の懲役または100万円以下の罰金」となっています。

また「処罰を受けてから5年間は古物商許可を取得できない」というペナルティも課せられます。

このように、無許可営業のリスクはとても大きいので、中古テレビの転売をするときは、必ず事前に古物商許可を取得するようにしましょう。

僕も古物商許可を取ろうと思うんだけど、許可申請って何だか大変そうなんだけど、どうなの?

正直言って、古物商許可の申請は自分でやるとすごい大変よ。でも安心して。とっても簡単に取得する方法があるの

古物商許可の取得は行政書士の代行サービスを利用しましょう

古物商許可の申請には、たくさんの書類を準備しなければならず、また、書類に不備があると申請はやり直しになってしまうので、とても面倒です。

ですが、そんな古物商許可を簡単に取得する方法があります。

それは、行政書士の代行サービスを利用することです。

これを利用すれば、基本的な手続きはすべて行政書士が代わりにやってくれるので、とても簡単に古物商許可を取得することができます。

また、専門家が代行してくれるので、スムーズに手続きが進み、最短で許可を取ることができます。

さらに、行政書士によっては、ビジネス開始までのサポートをしてくれるケースまであります。

もし、申請手続きにあまり慣れていないという方には、行政書士の代行サービスがおすすめです。

中古テレビで稼ぐコツ

中古テレビは、転売初心者でも稼ぎやすい転売ジャンルの1つです。

ただ、よりたくさん稼ぐために、中古テレビを転売するときのコツをいくつかご紹介します。

仕入れと転売のタイミングが重要

中古テレビで上手に稼ぐには、仕入れと転売のタイミングがとっても重要です。

例えば、中古テレビを仕入れるのであれば、決算セールの時期が狙い目です。

なぜなら、この時期にはテレビの買い替えをする人が増え、状態の良い中古テレビがたくさん市場に出回るからです。

また、転売のタイミングとしては、オリンピックやワールドカップなど大きなイベントは要チェックです。

イベントに合わせてテレビの需要が上がるからです。

大きなイベントがあるときは、あらかじめ大型テレビの在庫を増やしておくなど、しっかりと準備をしておきましょう。

転売経験の少ない人は国内メーカーの中古テレビを扱いましょう

転売経験の少ない方には、国内メーカーの中古テレビの転売がおすすめです。

最近、中古テレビの市場には、格安の海外メーカーの商品が目立つようになりました。

ですが、海外メーカーの商品の場合、品質に問題があるケースが多く、また、カスタマーセンターもしっかり対応してくれないメーカーがあるので注意が必要です。

品質の悪い中古テレビを扱うと、クレームが増え、トラブルにつながる可能性が高くなります。

国内メーカーであれば需要が高く、品質も安定しているの安心して取引することができます。

また、カスタマーセンターもしっかりと対応してくれるので、商品について困った場合には、相談することができます。

中古テレビを転売するには古物商許可が必要? まとめ

中古テレビを転売するには、原則として古物商許可が必要です。

この許可を取らずに中古テレビの転売をすると、古物営業法違反で逮捕されてしまう可能性があるので注意しましょう。

ただ、古物商許可の申請手続きは、必要な書類が多く、一般の方にとってはかなり面倒です。

場合によっては、行政書士に依頼するなどして、効率的に取得するようにしましょう。

当サイトおすすめ 【取得率100%】古物商許可専門のトラスト行政書士事務所
https://kobutsudaikou.com/
古物商許可取得がネットで完結!トラストなら即日着手&古物営業に必要な特典付き(15,000円相当)

こちらは、これから許可を取得したい、取得すべきかどうか迷っている方向けの窓口です。
古物商許可の取得以外に関するご相談や、個別具体的なご質問、書類の記入方法にご回答は致しかねます。

※ご質問はお一人様一つとさせて頂きます。

よくお問い合わせいただく内容について、以下記事でも詳しく解説しておりますので、ぜひご覧ください。

よくある質問と答え



必要書類や書類の記入方法に関するご質問は、当サイトにて詳しく解説しておりますので各記事をご覧ください。

※ 無料相談での回答によって生じる一切の損害につき、当所は責任を負いかねます。無料相談の回答(録音データ・メール・LINE等)を弊所に無断で転用することを固く禁じます。