ネットでの転売に古物商許可が必要?

この記事はトラスト行政書士事務所が監修しています

2020年4月1日古物営業法が全面改正されました。そのため記事の内容に一部古い情報がある場合があります。詳しくは【2020年4月1日全面施行】古物営業法が改正されましたをご覧ください。

ヤフオクやメルカリなどネットを使った転売が人気です。

皆さんの中にも興味のある方が多いのではないでしょうか。

ただ、皆さんの中に

ネットでの転売に古物商許可って必要なのかな?

と、気になっている方はいらっしゃいませんか?

実は、ネット取引の場合でも、原則として古物商許可が必要なんです。

許可がないと警察に逮捕されてしまう可能性もあります。

今回は、ネット取引と古物商許可の関係について説明をします。

ネットの転売でも古物商許可が必要です!

スマホの普及によりネットを使った転売がとても身近になりました。

ヤフオクやメルカリなどのアプリを利用すれば、誰でも簡単に取引をすることが可能です。

ただ、注意が必要なのは、中古品の転売をする場合、原則として古物商許可が必要ということです。

それは、ネット取引であっても変わりません。

皆さんの中には、

ネット取引だったら古物商許可なんかいらないんじゃない?

と勘違いしている方がいるかもしれません。

ですが、それは誤解です。

ネットの掲示板などを見ると、

古物商許可が必要なのは店舗の取引の場合だけ

個人でネット取引をするのに、わざわざ許可なんかいらない

などの書き込みを目にすることがあります。

しかし、これらの情報は全てガセです。

古物営業法は、取引がネットかどうかは区別していないのです。

そのため、中古品の転売ビジネスをする場合、ネット取引かどうかに関係なく古物商許可が必要なんです。

許可なく古物の転売をすると警察に逮捕されてしまう可能性があります。

中古品の転売ビジネスを考えている方は、必ず許可を取得しましょう。

では、具体的にどういう場合に古物商許可が必要になるのか、具体例をあげて説明をします。

古物商許可が必要かどうかのポイント2つ

中古品などの古物を転売目的で買い取る(仕入れる)場合、古物商許可という資格が必要です。

ネット取引かどうかは関係がありません。

古物商許可が必要かどうかの重要なポイントは、以下の2つです。

  • 取引対象が「古物」であること
  • 転売目的の買い取り(仕入れ)があること

それぞれ、具体的に説明をします。

1、「古物」の取引かどうか

まず、古物商許可が必要かどうかの重要なポイントの1つ目は、取引対象が「古物」であることです。

「古物」というのは、一般的には中古品のことをいいます。

例えば、中古家電や古着、古本、骨董品など、誰かが使用していた物のことです。

そのため、お店で買った新品の商品を転売する場合、古物商許可は必要ありません。

取引対象が「古物」に当たらないからです。

例えば、

  • 百貨店で新品の洋服を購入したけど、サイズを間違えたのでそのまま転売する
  • ゲームショップで新品ゲーム機を購入したけど、不要になったので新品のまま転売する
  • 人気ショップで限定品のスニーカーを新品で購入し、値段が上がったので転売する

これらの場合、取引対象が「古物」に当たらないため、許可は不要です。

ただし、注意が必要な点が1つあります。

それは、「新品・未使用品であっても一度、個人が取引した物は古物に当たる」ということです。

例えば、ヤフオクで個人の出品者から新品のお皿を購入したとします。

このお皿は新品の商品なので中古品ではありません。

ですが、このお皿は個人が一度取引をした物なので、古物に当たるのです。

そのため、このお皿を転売目的で購入するためには古物商許可が必要なのです。

とても分かりにくいルールですが、なぜこのような決まりがあるのでしょうか?

古物営業法の目的は、中古品取引の中に盗品が紛れ込まないようにすることにあります。

お店の場合、商品の在庫がしっかり管理されているので盗品が紛れ込む可能性はありません。

ですが、一度個人の手に渡ってしまうと、どこかで盗品が紛れ込んでしまう可能性が高くなります。

そのため、一度個人が取引した物は、それが新品であっても許可が必要とされているのです

2、「転売目的の買い取り(仕入れ)」があったかどうか

古物商許可が必要かどうかのポイントの2つ目は、「転売目的の買い取り(仕入れ)」があったかどうかです。

転売目的がない場合には許可は必要ありません。

なぜでしょうか?

先ほど、古物営業法の目的は「中古品取引の中に盗品が紛れ込まないようにすること」だと説明をしました。

泥棒が盗んだ物をタダで誰かにあげるということは、あまり考えられませんよね。

そのため、転売目的の買い取り(仕入れ)がなければ許可は不要なんです。

それでは、必要なケース、不要なケースをそれぞれ具体例を挙げてみます。

まず、以下の場合には許可が必要です。

  • メルカリで仕入れてリサイクルショップに転売をする
  • ヤフオクで買い取った古物をメルカリで転売する
  • ブックオフで仕入れた古本をヤフオクで転売する
  • 自分で作ったサイトで中古品の仕入れ・販売をする

これらの場合には、「転売目的の買い取り(仕入れ)」があるため許可が必要です。

念のためにもう一度言いますが、ネット取引かどうかは関係がありません。

逆に、以下の場合では古物商許可は不要です。

  • 友人から無料で貰った古着をメルカリで転売する
  • 自分で使用する目的で購入した古本が、いらなくなったのでブックオフで転売する
  • 家族から貰った故障中のバイクを自分で修理してヤフオクで転売する
  • ゲームセンターで手に入れた景品をメルカリで転売する

これらのケースでは、どれも「転売目的の買い取り(仕入れ)」がありません。

そのため、古物商許可が不要なんです。

ちょっと待って!自分で使用する目的だったのか、転売目的なのかって誰がどうやって判断するの?

転売目的だったかどうかは、取り締りをしている警察官が判断をします。

警察官は、取引の期間や回数、金額や種類など色々な事情から転売目的だったかどうかを判断します。

もし、警察に転売目的だと判断された場合、下手な言い訳は一切通用しません。

安全に古物の転売をするには、古物商許可を取得しておいた方が無難なのです。

古物商許可は行政書士に依頼をすれば簡単に取得できます

ネットで転売をする場合、原則として古物商許可が必要だと説明をしました。

ただ、

古物商許可を取得したいけど、何をどうすればいいのか全然わからない

という方もいるのではないでしょうか?

そういう場合、専門家に代行を依頼すれば、簡単に許可を取ることが可能です

専門家とは、古物商を専門としている行政書士のことです。

行政書士に依頼をすれば、必要な書類の作成・提出や、担当警察官との交渉まですべて代わりにやってくれます。

依頼者は、自宅で行政書士から出された書類にハンコを押すだけで、誰でも簡単に許可を取ることができるのです。

古物商許可の申請手続きはとても複雑で自分でやろうとすると大変です。

手っ取り早く許可を取りたいという方には、行政書士の代行サービスをお勧めします。

ネットでの転売に古物商許可が必要? まとめ

ネットでの転売でも、原則として古物商許可が必要です。

法律は、ネット取引かどうかを区別していないからです。

具体的に古物商許可は、「古物を転売目的で買い取る場合」に必要です。

もし、許可なく古物の転売を続けていると、古物営業法違反(3年以下の懲役または100万円以下の罰金)として逮捕されます。

古物の転売を予定している方は、必ず許可を取得するようにしましょう。

古物商許可の申請は、手続きがとても複雑で、自分でやるととても大変です。

簡単に許可を取りたいという方は、専門家である行政書士に代行を依頼しましょう

行政書士に依頼をすれば、必要な手続きはすべて代行してくれるので、とても簡単に許可が取れるのでお勧めです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

当サイトおすすめ 【取得率100%】古物商許可専門のトラスト行政書士事務所
https://kobutsudaikou.com/
古物商許可取得がネットで完結!トラストなら即日着手&古物営業に必要な特典付き(15,000円相当)

こちらは、これから許可を取得したい、取得すべきかどうか迷っている方向けの窓口です。
古物商許可の取得以外に関するご相談や、個別具体的なご質問にはご回答は致しかねます。
※ご質問はお一人様一つとさせて頂きます。

よくお問い合わせいただく内容について、以下記事でも詳しく解説しておりますので、ぜひご覧ください。

よくある質問と答え



必要書類や書類の記入方法に関するご質問は、当サイトにて詳しく解説しておりますので各記事をご覧ください。

※ 無料相談での回答によって生じる一切の損害につき、当所は責任を負いかねます。無料相談の回答(録音データ・メール・LINE等)を弊所に無断で転用することを固く禁じます。