中古カメラを修理して転売するには許可が必要です

この記事はトラスト行政書士事務所が監修しています

機械いじりが得意なこぶ吉は、せど美からカメラの修理を頼まれていたようです…

はい、直ったよ~。

ありがとう!
そんな特技があるなら、壊れたカメラを買って、修理して売ってみたら?

いいね!もうかるかも!

ちょっと待った!

買い取ったカメラを修理して転売するには許可が必要なんです!

中古カメラを修理して転売するには古物商許可が必要

古物商許可という許可を知っていますか?

中古品を転売するためには許可が必要なんです。
その許可のことを古物商許可といいます。

転売って?

転売とは、買ったものを売ることです。

例えば…
『カメラを買って、いらなくなったので中古カメラ屋に売る。』

これが転売です。

中古カメラ屋にカメラを売ったことがあるんだけど…。古物商許可なんて取ってないよ…!?

例のような、いらないものを処分するための転売は、許可を取らなくてもできます。

古物商許可が必要なのは、中古品の転売で商売をするときです。

今度は逆の立場で考えてみましょう。

『中古カメラ屋がカメラを買い取って、お店で販売する。』

中古カメラ屋は、買ったカメラを売って商売をしていますね。
つまり、中古品の転売で商売をしています。

このように、中古カメラ屋など、中古品の転売で商売をしているお店は、古物商許可を取って営業しています。

なるほどね~。

ちなみに、こういった中古品を転売する商売のことを古物商といいます。

これはお店に限ったことではありません。

最近は、自宅に居ながらインターネットで中古品を売り買いして、お金をかせいでいる個人も増えています。

このようなビジネスも古物商ですので、古物商許可を取らずにやってはいけません。

そうなんだ!

買い取った中古品を修理して転売する場合も、同じように古物商許可が必要です。

だから、「ちょっと待った!」って言われたのか~。

また、買い取った中古品を分解して、使える部品だけを転売する場合も同じです。

中古品の転売で商売をするときは、古物商許可を取ることを忘れないようにしましょう。

いらないものを処分するための転売に古物商許可は必要ない

中古品の転売で商売をするときに、古物商許可が必要でしたね。

タダでもらった中古品なら、古物商許可がなくても転売することができます。

なんで~?

ポイントは、中古品を買い取った(仕入れた)かどうかです。

商売とは、商品を仕入れて、それを売ってお金をかせぐことです。

もらったものを転売することは、商品を仕入れて売ったということにはなりません。

いらないものを処分するための転売と同じあつかいになります。

いらないものを処分するための転売は、許可がなくてもできるんだったね。

古物商許可を取らずに古物商を始めたら逮捕される

古物商を始めるには古物商許可を取らないといけないんでしょ。もし、守らなかったらどうなるの?

古物商許可を取らずに古物商の営業を始めてしまったら、逮捕される可能性があります。

逮捕!?

これは、古物営業法という法律で決められていることで、無許可営業という違反です。

無許可営業には罰則もあります。

3年以下の懲役または100万円以下の罰金、もしくは両方が科せられる可能性があります。

古物商が許可制になっているわけ

古物商許可を取らずに古物商をはじめたら逮捕されちゃうのか…

でも、なんでわざわざ許可がいるんだろう?

中古品をあつかう商売は、新品だけをあつかう商売と違って、盗品が出回る可能性があります。

そうか~、泥棒が盗んだものを売りにくるかもしれないのか。

古物商の営業が許可制になっているわけは、盗品が出回るのを防ぐためなんです。

へぇ~。でも、なんで許可制にすると盗品が出回るのを防げるの?

古物商許可は警察署に申請して取る許可です。

なので、警察署は取り締まっている地域の古物商を把握しています。

盗難事件が起きたら、警察は地域の古物商に盗品の情報を知らせます。

古物商は、知らされた盗品が自分の元にあったら、商品にしないでお店に保管します。
そして、警察に連絡します。

そうすれば、盗品はこれ以上、出回らずに済みます。

それに、古物商には、台帳に取引の記録をとっておくことが義務づけられています。

記録をたどれば、盗品を売りに来た人が分かるので、犯人逮捕にもつながります。

なるほど、そんな仕組みになってるんだね~。

簡単に古物商許可を取る方法

よし!古物商許可を取って、カメラを修理して転売するビジネスをやってみよう!

でも、古物商許可ってどうやって取るの?

そういえば、知らなかった!

古物商許可を取るのに、難しい試験などはありません。

古物商許可は、書類をそろえて警察署に申請して、審査に通れば取ることができます。

意外と簡単なのね!

簡単そうなんですが、難しいと感じる人も少なくありません。

そろえる書類はたくさんあります。
しかも、人によって必要な書類が異なります。

なので、まず、自分に必要な書類は何かを調べることから始めなくてはなりません。

ちょっと面倒だなぁ…

調べてみたら、聞いたことのない名前の書類が、次から次へと出てくることでしょう。

古物商許可の申請に必要な書類は、普段なかなか使うことのないものが多いんです。

うーん…これまた面倒だぞ

書類を調べることに頭を使ったところに、追いうちをかけてくるのが書類を集める作業です。

書類は役所に取りに行くものが多いんです。

役所…仕事があるのに、いつ行ったらいいんだよ

役所はまだしも、法務局に取りに行く書類もあります。

法務局?どこにあるんだよ

役所や法務局での書類集めは、郵送で行うこともできます。
少し手間はかかりますが、これなら働きながらでもどうにかできます。

でも、最後の警察署への申請は、必ず警察署に出向かないといけません。

やっとの思いで申請までこぎつけても、書類に不備が見つかると受け付けてもらえません。

そうなれば、やり直しです。
また足りない書類を集めたり、書き直したりする作業が待っています。

難しい書類が多いので、しっかり確認して、これでOKだ!と思っても、不備が見つかるものなんです。

あーっ!!面倒くさいよ!古物商許可を取るのって面倒くさいよ!!

いったん落ち着こう

これから古物商許可を取ろうと思っている方は、不安になったかもしれません。

でも、大丈夫です!

簡単に古物商許可を取る方法があります!!

もー、それを早く教えてよ~

それは、行政書士にたのむという方法です。

行政書士は、古物商許可を取るのをサポートする専門家です。

行政書士は、書類の知識がたたきこまれているので、どんな書類が必要なのかすぐに判断できます。

そして行政書士の便利なところは、なんといっても、書類集めを代わりにやってくれるということです!

役所に出向いたりするのはするのはもちろん、自分で作らないといけない書類も、代わりに作ってくれます。

そして、警察署への申請もやってくれますし、専門家なので書類に不備が見つかる心配もありません!
一発で申請できちゃいます!

自分で申請するのと全然ちがうね!

うん!行政書士にお願いするしかない!

これから古物商許可を取ろうという方は、ぜひ、行政書士へたのむことをオススメします。

修理技術認定を受けよう

買い取った中古カメラを修理して転売する商売は、古物商許可さえあれば始めることができます。

カメラを修理する資格は必要ないの?

実は、カメラを修理するための資格や免許などはありません。

ですが、カメラ修理ビジネスをするなら、やっぱり修理技術は必要です。

でも、カメラの修理技術を教える専門学校などもありません。

こぶ吉はどこで修理を習ったの?

独学

カメラ修理を仕事にしている人は、修理店で修行したりして技術を身につけています。

また、元々、メーカーでカメラを作る仕事をしていた人が、独立して修理店を開くケースも多いです。

僕は技術があるから、あとは古物商許可を取れば営業できるね。

余裕ね…。

こぶ吉のように技術のある人でも、カメラ修理ビジネスをする上で、あるといいものがあります。

修理技術認定というものです。

カメラ修理店の看板やホームページには、『ニコン修理技術認定店』『キヤノン修理技術認定店』といった表記が見受けられます。

こういった認定は、メーカーで講習を受けたりすることでもらえます。

修理技術認定を受けたら、メーカーから修理に使う部品を供給してもらったりすることができるので、カメラ修理ビジネスの営業に役立ちます。

信頼できる修理店は、たくさんのメーカーから修理技術認定を受けています。

修理技術認定は、メーカーごとに受けるものだと思われがちなのですが、実際はもっと細かくて、機種ごとに受けるものです。

例えば、『ニコン修理技術認定店』をかかげていているお店があって…

その店で、ニコンの◯◯という機種の修理はできても、ニコンの△△という機種の修理はできないというケースもあります。

たくさんのメーカー、機種の修理技術認定を幅広く受けていると、カメラ修理ビジネスをやっていく上で有利です。

修理技術認定を受けていない機種を、あつかってはいけないわけではありません。

自分の技術次第で、認定を受けていない機種でも直せることだってあります。

だいたいの機種は直せると思うけど、ビジネスに有利みたいだから講習会に参加してこよう。

世田谷区にあるカメラ修理専門店『東京カメラサービス』では、カメラ修理店を開業したい人向けに、修理技術を教える教室を開いているそうです。

カメラ修理を仕事にしてみたい方は、そちらに習いに行くのもいいかもしれませんね。

だって。

僕もビジネスが軌道に乗ったら、教室でも開いてみようかな。

中古カメラを修理して転売するには許可が必要です まとめ

中古カメラを買い取って、修理して転売するには古物商許可が必要です。

古物商許可は、中古品を仕入れて転売するのに必要な許可です。

なので、もらったカメラを転売するのなら古物商許可はいりません。

買い取ったカメラを転売するときに古物商許可が必要となります。

古物商許可は、行政書士にたのむと簡単に取ることができます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

当サイトおすすめ 【取得率100%】古物商許可専門のトラスト行政書士事務所
https://kobutsudaikou.com/
古物商許可取得がネットで完結!トラストなら即日着手&古物営業に必要な特典付き(15,000円相当)

こちらは、これから許可を取得したい、取得すべきかどうか迷っている方向けの窓口です。
よくお問い合わせいただく内容について、以下記事でも詳しく解説しておりますので、ぜひご覧ください。

よくある質問と答え




必要書類や書類の記入方法に関するご質問は、当サイトにて詳しく解説しておりますので各記事をご覧ください。

※ 無料相談での回答によって生じる一切の損害につき、当所は責任を負いかねます。無料相談の回答(録音データ・メール・LINE等)を弊所に無断で転用することを固く禁じます。