NETSEAで買い取ったものを転売するのに古物商許可が必要?

この記事はトラスト行政書士事務所が監修しています

2020年4月1日古物営業法が全面改正されました。詳しくは【2020年4月1日全面施行】古物営業法が改正されましたをご覧ください。

NETSEA(ネッシー)で買い取ったものを転売するのに、古物商許可は原則として不要です。

「NETSEAせどり」がせどらーに注目されてるらしいけど、古物商許可は必要なのかな?

基本的に必要ないわね。

NETSEAで買い取ったものを転売するとき、なぜ古物商許可は不要なのか、詳しく解説しましょう。

古物商許可は原則として不要

NETSEAで買い取った物を転売するのに、古物商許可は原則として不要です。

中古品の転売ビジネスは法律で規制されていて、古物商許可を取らないとできないようになっています。

NETSEAに出店しているお店は、すべて卸売り業者です。

卸売り業者が販売する商品は、基本的に新品なので、転売ビジネスの規制の対象ではありません。
(※NETSEAでは、ごく一部、中古品も販売されています)

なので、NETSEAで買い取った物を転売するとき、古物商許可は原則として不要となります。

なんで、中古品の転売ビジネスは規制されてるの?

盗品の流出防止のために許可制になっている

中古品の転売ビジネスが規制されている理由は、盗品が出回るのを防ぐためです。

中古品を買い取ってくれるお店には、泥棒が盗んだ物を換金しに来る可能性があります。

そのため、中古品の転売ビジネスを許可制にして、商品をしっかり管理するように義務づけています。

許可を取らせるだけで、盗品が出回るのを防げるもんかなぁ?

古物商許可は警察が与える許可なので、警察は古物商(古物商許可を取った人や会社)の情報を把握しています。

盗難事件が発生すると、警察は古物商に盗品の情報を伝えて、同じ物を買い取っていないかを確認します。

古物商には、買い取った中古品の情報を、台帳に記録することが義務づけられています。

なので、台帳を見れば、警察から伝えられた盗品を買い取ってしまったかどうかが、分かるようになっているのです。

また、古物商は、盗品を買い取っていなかったとしても、盗品の情報を知っておくことができます。

今後、その盗品が持ち込まれても、盗品だと気づくことができて、買い取らずに済みます。

なるほど~。そういう仕組みになってるのか~。

卸売り業者や、新品だけを取り扱うお店だと、商品に盗品が紛れ込む可能性はほぼないでしょう。

そのため、新品に関しては、転売ビジネスの規制の対象にはなっていません。

新品を買い取って転売することは、古物商許可がなくても行うことができます。

NETSEAは卸売り業者だけが出店しているオンラインモールのため、NETSEAで買い取った物を転売するのに、古物商許可は原則として不要なのです。

便利な「消費者直送サービス」

NETSEAに出店している一部のお店では、消費者直送サービスを行っています。

消費者直送サービス?

NETSEAで仕入れた商品を販売するとき、通常だと、商品の流れはこうなります。

「NETSEA」
 ↓
「販売店(自分のお店)」
 ↓
「お客様」

これが、消費者直送サービスを利用すると、販売店をはさまずに、NETSEA(に出店しているお店)から直接、お客様に商品が届けられます。

お客様が商品を注文する相手は、通常の商売と同じで販売店です。

ですが、注文を受けた販売店が商品を発送するのではなく、販売店の仕入れ先のNETSEAが、お客様に商品を発送してくれるのです。

このような販売方式は、「ドロップシッピング」、「無在庫転売(販売)」などと呼ばれています。

ドロップシッピングは販売店にとって、在庫を持たなくていいというメリットがあります。

個人でせどりをしている人の多くは、自宅を拠点にしているでしょう。

かさばる商品をたくさん自宅で保管すると、部屋が圧迫されて困りますが、ドロップシッピングだとこの問題を改善できるのです。

すげぇ~!そんなサービスがあるんだ!

一見、便利なサービスだけどね、オススメできないわ。

ヤフオク!、メルカリ、Amazonなどではやめるべき

個人でせどりをしている人は、販売先にヤフオク!、メルカリ、Amazonなどを使っている人も多いでしょう。

そのようなサイトで、ドロップシッピングを利用した販売を行うのはやめましょう。

そもそも、ヤフオク!とメルカリでは、ドロップシッピングが規約で禁止されています。

出品禁止物に「手元にないもの」って項目があるわ。

ネットオークションやフリマアプリは、本来、不要品など、自分の持ち物を出品するところです。

通常、商品の写真を撮って出品しますが、商品が手元になければ写真を撮ることができません。

仕入れ先サイトなどの写真を転載して出品している人もいますが、このような出品は、お客様にとっては不安ですし、おすすめできません。

また、商品について質問されても、商品が手元になければ答えることもできません。

そっか…

Amazonでは、ドロップシッピングを行うこと自体は禁止されていませんが、「納品書などは販売店の名前で発行する」など、条件がいくつかあります。

NETSEAでのドロップシッピングが条件を満たせるとしても、在庫を持たずに商品を販売することは、リスクが多いのでおすすめできません。

ドロップシッピングって、たしかに危険だね…

自社サイトとか、BASEで作ったお店で利用するならいいかもね。

NETSEAで買い取ったものを転売するのに古物商許可が必要? まとめ

NETSEAで買い取った物を転売するのに、古物商許可は原則として不要です。

中古品の転売ビジネスは法律で規制されていて、古物商許可を取らないと行うことができません。

古物商許可は、盗品が出回るのを防ぐためにつくられた許可です。

卸売り業者や、新品だけを取り扱うお店は、商品に盗品が紛れ込むことがほぼないので、新品の転売ビジネスは規制されていません

NETSEAは、卸売り業者だけが出店しているオンラインモールなので、NETSEAで買い取った物を転売するのに、古物商許可は原則として不要ということになります。

NETSEAの「消費者直送サービス」を、ネットオークションやフリマアプリ、Amazonなどでの販売に利用するのはやめましょう。

当サイトおすすめ 【取得率100%】古物商許可専門のトラスト行政書士事務所
https://kobutsudaikou.com/
古物商許可取得がネットで完結!トラストなら即日着手&古物営業に必要な特典付き(15,000円相当)

こちらは、これから許可を取得したい、取得すべきかどうか迷っている方向けの窓口です。
古物商許可の取得以外に関するご相談や、個別具体的なご質問、書類の記入方法にご回答は致しかねます。

※ご質問はお一人様一つとさせて頂きます。

よくお問い合わせいただく内容について、以下記事でも詳しく解説しておりますので、ぜひご覧ください。

よくある質問と答え



必要書類や書類の記入方法に関するご質問は、当サイトにて詳しく解説しておりますので各記事をご覧ください。

※ 無料相談での回答によって生じる一切の損害につき、当所は責任を負いかねます。無料相談の回答(録音データ・メール・LINE等)を弊所に無断で転用することを固く禁じます。