レンタルショーケースで仕入れて転売するには古物商許可が必要?

この記事はトラスト行政書士事務所が監修しています

2020年4月1日古物営業法が全面改正されました。詳しくは【2020年4月1日全面施行】古物営業法が改正されましたをご覧ください。

レンタルショーケースの商品を仕入れて転売するには、原則として、古物商許可が必要です。

レンタルショーケースで仕入れて転売するのって、古物商許可が必要なの?

例外もあるけど、基本的には必要と言っていいわね。

レンタルショーケースの商品を仕入れて転売するとき、古物商許可が必要な理由を、詳しく解説しましょう。

原則として古物商許可が必要

中古品を転売目的で仕入れるには、古物商許可が必要です。

レンタルショーケースの商品は、基本的に中古品です。

そのため、レンタルショーケースの商品を仕入れて転売するには、原則として、古物商許可が必要です。

そのことについて、詳しく解説しましょう。

商品が中古品なら古物商許可が必要

レンタルショーケースの商品を仕入れて転売するとき、その商品が中古品であれば、古物商許可が必要です。

レンタルショーケースに売られている物は、中古品であることがほとんどです。

よって、レンタルショーケースに売られている物を仕入れて転売するとき、原則として、古物商許可が必要だと言ってよいでしょう。

えっ、レンタルショーケースで新品が売られていることって、結構あると思うけど?

そう思うのも仕方ないわ。これを理解するには「新品のとらえ方」を知る必要があるわね。

レンタルショーケースの商品のほとんどは法律では中古品

レンタルショーケースには、新品の商品が売られていることもありますが、そういった商品のほとんどは、法律では中古品とみなされる物です。

どういうことだ?

私たちの思う新品と、法律での新品は違うのよ。

仕入れて転売したい商品が中古品かどうかは、一般的な新品のとらえ方ではなく、法律での新品の定義で考えます。

古物商許可のことをまとめた、古物営業法という法律の条文には、中古品の定義がこう書かれています。

未使用、未開封であっても、一度でも取引されたものは中古品とみなす

よく分からないなぁ…

例えば、小売店に売られている新品のフィギュアは、誰もが新品と考えるでしょう。

これは、古物営業法でも同じで、新品ととらえます。

では、このフィギュアを、こぶ吉が買ったとしましょう。

すると、フィギュアは、こぶ吉の手に渡った途端に、古物営業法では中古品とみなされます。

僕の手に渡った途端に中古品!?箱を開けてもないのに?

フィギュアが買ったままの状態であれば、新品と思うのが普通ですが、古物営業法では、中古品とみなされます。

理由は、フィギュアが、小売店とこぶ吉で取引された(小売店からこぶ吉が買った)物だからです。

古物営業法では、『未使用、未開封であっても、一度でも取引されたものは中古品とみなす』と定義しているので、小売店とこぶ吉で取引されたフィギュアは、中古品なのです。

なるほど~。

レンタルショーケース店でショーケースを借りる人は、小売店ではなく一般の消費者がほとんどです。

なので、レンタルショーケースに売られている商品は、基本的に、ショーケースの利用者がどこかで取引した(買った)物です。

つまり、レンタルショーケースに売られている商品は、古物営業法で中古品とみなされる物がほとんどなのです。

そのため、レンタルショーケースの商品を仕入れて転売するには、原則として、古物商許可が必要ということになります。

レンタルショーケースの商品でも、仕入れるのに古物商許可がいらない例外もあるわ。

例外の商品

ハンドメイド商品(制作者が販売しているものに限る)

レンタルショーケースでは、ハンドメイド商品が売られていることも多いです。

その人が作って販売しているハンドメイド商品であれば、仕入れて転売するのに古物商許可は不要です。

制作者が販売しているハンドメイド商品は、小売店に売っている新品の商品と同じで、古物営業法でも新品ととらえられる商品だからです。

ハンドメイド商品は、作った本人ではない人が、レンタルショーケースで販売していることもあるかもしれません。

そのようにして、作った本人ではない人によって販売されたハンドメイド商品は、仕入れて転売するのに古物商許可が必要になります。

そのようなハンドメイド商品は、レンタルショーケースで販売される前に取引されているからです。

ただ、レンタルショーケースに売られているハンドメイド商品は、見ただけでは、制作者が販売しているものか、そうではないものか分かりません。

なので、レンタルショーケースでハンドメイド商品を仕入れて転売するには、古物商許可を取っておくべきでしょう。

古物商許可ってどんな許可?

レンタルショーケースでは、ショーケースの特性を活かして、フィギュアなどの、いわゆるオタクグッズや、ハンドメイド商品などがよく販売されています。

このように売られている物を仕入れて転売するには、原則として、古物商許可が必要です。

そもそも、古物商許可とはどんな許可なのかを、詳しく解説しましょう。

中古品を転売目的で仕入れるのに必要な許可

古物商許可とは、中古品を転売目的で仕入れるのに必要な許可です。

商品を仕入れて、それを買ったときより高く売って差額で儲ける、「せどり」と呼ばれるビジネスが流行っています。

中古品を仕入れてせどりを行う場合、中古品を転売目的で仕入れることになるので、古物商許可が必要です。

そうなんだ~。

ちなみに、せどりだけでなく、リサイクルショップなどの中古品を販売するお店は、お客様から中古品を転売(販売)目的で仕入れるので、古物商許可を取っています。

こういったお店は、古物商許可を取らずに営業してはいけないと、古物営業法に定められています。

古物商許可を取らずにやってはいけないのは、中古品のせどりも同じよ。

無許可は法律違反

古物商許可を取らずに、中古品を転売目的で仕入れることは法律違反です。

なので、古物商許可を取らずに、レンタルショーケースの商品を転売目的で仕入れると、警察に捕まる可能性があります。

えぇ~っ!

最悪の場合、3年以下の懲役または100万円以下の罰金、もしくは両方という、重い罰則を科せられることもあります。

レンタルショーケースで仕入れた商品を転売したいのなら、必ず古物商許可を取りましょう。

古物商許可って、どうやって取るの?

書類を警察署に提出すれば取れるわよ。

古物商許可の取り方

古物商許可は、必要な書類を用意して、それを警察署に提出することで取ることができます。

それだけ!?

ここまでは、まだ申請の段階よ。

提出された書類を警察が審査して、合格すると古物商許可をもらえます。

この審査は、約40日かかります。

40日!結構待つね~。

審査もそうだけど、書類を用意するのも結構時間がかかるのよ。

古物商許可の申請に必要な書類はたくさんあります。

また、見慣れない書類が多いので、入手方法や、記入方法を調べるのに時間がかかります。

そして、書類をもらうために役所に行ったりする必要もあるので、手間もかかります。

それは面倒だなぁ~。

時間と手間をかけて書類を用意して、やっとの思いで警察署に行ったら、そこで書類の不備を指摘されるなんてことも多いです。

そうなると、足りない書類を用意して出直さないといけません。

大変だなぁ…

でもね、簡単に申請できる方法もあるのよ。

行政書士に頼めば簡単

古物商許可の申請書類は、行政書士に頼むと簡単に用意することができます。

行政書士とは、依頼者の代わりに許認可の申請書類を用意する、専門的な職業です。

行政書士は慣れているので、手際よく書類を用意してくれます。

しかも、記入が必要な書類は代わりに書いてくれますし、役所にも代わりに行ってくれます。

てことは、こっちは何もしないで書類を用意できるじゃん!

それに、行政書士はプロですから、確実に不備のない書類を用意してくれるので、申請を一発で済ませることができます。

おぉ~!自分でやるのとは大違いだね!

レンタルショーケースで仕入れて転売するには古物商許可が必要? まとめ

レンタルショーケース内の中古の商品を仕入れて転売するには、原則として、古物商許可が必要です。

古物商許可は、中古品を転売目的で仕入れるのに必要な許可です。

レンタルショーケースの商品は、一部、例外はあるものの、ほとんどが古物営業法で中古品とみなされる物なので、仕入れて転売するには、原則として古物商許可が必要となります。

古物商許可を取らずに、レンタルショーケースの商品を転売目的で仕入れると、3年以下の懲役または100万円以下の罰金、もしくは両方を、科せられる可能性があります。

古物商許可の申請書類は、行政書士に頼むと簡単に用意できるのでオススメです。

当サイトおすすめ 【取得率100%】古物商許可専門のトラスト行政書士事務所
https://kobutsudaikou.com/
古物商許可取得がネットで完結!トラストなら即日着手&古物営業に必要な特典付き(15,000円相当)

こちらは、これから許可を取得したい、取得すべきかどうか迷っている方向けの窓口です。
古物商許可の取得以外に関するご相談や、個別具体的なご質問、書類の記入方法にご回答は致しかねます。

※ご質問はお一人様一つとさせて頂きます。

よくお問い合わせいただく内容について、以下記事でも詳しく解説しておりますので、ぜひご覧ください。

よくある質問と答え



必要書類や書類の記入方法に関するご質問は、当サイトにて詳しく解説しておりますので各記事をご覧ください。

※ 無料相談での回答によって生じる一切の損害につき、当所は責任を負いかねます。無料相談の回答(録音データ・メール・LINE等)を弊所に無断で転用することを固く禁じます。