SMASELL(スマセル)で買い取ったものを転売するのに古物商許可が必要?

この記事はトラスト行政書士事務所が監修しています

2020年4月1日古物営業法が全面改正されました。詳しくは【2020年4月1日全面施行】古物営業法が改正されましたをご覧ください。

SMASELL(スマセル)を利用して転売する場合、古物商許可が必要になるケースがあります。

それは、SMASELL(スマセル)で古着を買い取って転売する場合です。

無許可で転売をすると警察に逮捕される可能性もあるので注意しましょう。

場合によっては古着と新品の区別が難しいケースもあるから、安全のために古物商許可を取っておくことをおすすめするわ

SMASELL(スマセル)で古着を買い取って転売する場合は古物商許可が必要です

SMASELL(スマセル)で古着を買い取って転売するには古物商許可が必要です。

無許可で行うと、警察に逮捕されることもあるので注意しましょう。

最近、アパレルの転売をしている方の中では、SMASELL(スマセル)というサイトが人気です。

SMASELL(スマセル)とは、アパレルメーカーやブランドの在庫品をまとめ買いができるサイトのことで、アパレル転売の仕入れ先として注目されているのです。

これから、アパレルの転売で稼ごうと思うのであれば、スマセルの利用は検討するべきでしょう。

ただし、スマセルを利用する場合には、1つ注意しなければならないことがあります。

それは、スマセルで古着を買い取って転売するには、古物商許可という資格が必要になるということです。

古物商許可を取らずに、スマセルを利用すると、無許可営業として警察に逮捕される可能性もあるのです。

そもそも古物商許可って何なの?

じゃあまずは古物商許可について説明をするわね

SMASELL(スマセル)の利用に必要な古物商許可ってどんな資格?

SMASELL(スマセル)を使って古着を仕入れる場合には、古物商許可が必要です。

古物商許可とは、中古品の転売ビジネスをするために必要となる資格のことです。

この許可を取らずに中古品の転売ビジネスをすると、無許可営業として警察に逮捕されてしまうので注意しましょう。

なんで、中古品を転売するだけなのに許可なんて必要なの?

それは、盗品の流通を防止するとともに、流通した盗品を早期に発見するためよ

泥棒は盗んだ物を誰かに売って換金するのが一般的です。

そこで転売を許可制にして、泥棒が盗品の取引相手を見つけられないようにしようというのが、古物商許可の目的なのです。

また、古物商には取引内容を記録する義務があります。

ですから万が一、盗品が流通してしまっても、古物商の記録をたどればすぐに盗品を発見できるのです。

スマセルって新品の洋服もたくさん売ってるね。これを買い取って転売する場合も、古物商許可って必要?

その場合は、中古品の転売ビジネスに当たらないから必要ないわ

スマセルで新品のアパレルを買い取って転売する場合は古物商許可は不要です

古物商許可は「中古品」の転売ビジネスをするときに必要となる資格です。

そのため、スマセルで新品のアパレルをメーカーなどから買い取って転売する場合、古物商許可は必要ありません。

どうして新品の場合は古物商許可はいらないの?

先ほど説明したとおり、古物商許可の目的は盗品の流通防止や早期発見にあります。

中古品を仕入れる場合、どこかで盗品が混ざる可能性があるため、古物商許可が必要となります。

ですが、新品の商品をメーカーやブランドから仕入れる場合、盗品が混ざっている可能性はほとんどありません。

そのため、新品の商品をメーカーなどから仕入れる場合は、古物商許可は必要ないのです。

ただし、新品と中古品の区別が難しいケースもあるから注意してね

どういうこと?

古着と新品の区別が難しいケースもあります

古物商許可は中古品の転売ビジネスをするときに必要となる資格です。

ですから、スマセルで古着を買い取って転売する場合には古物商許可が必要ですが、新品のアパレルの場合には古物商許可は必要ありません。

ただし、場合によっては古着と新品の区別が難しいケースもあります。

例えばスマセルでは、消費者から返品された商品も、新品として販売をしています。

ですが古物営業法上、消費者の手に渡ってしまった物は、たとえそれが未使用だったとしても、中古品(古物)として判断される可能性があります。

そのため、スマセルで消費者の返品した商品を無許可で仕入れた場合、古物営業法違反として逮捕される可能性があるのです。

このように、新品か古着かの判断には、専門的な知識が必要になるケースがあるので注意しましょう。

古物商許可を持っていれば、古着でも新品でも気にせず転売できるんだよね。

そうね。だからスマセルで効率的に稼ぎたいんだったら、古物商許可の取得をすることをおすすめするわ

古物商許可の取得は行政書士に任せるのがおすすめ

スマセルで古着の仕入れをするには古物商許可が必要です。

古物商許可については、専門家である行政書士に代行依頼することをおすすめします。

なぜなら、その方が楽して簡単に古物商許可の取得ができるからです。

古物商許可の申請手続きは、一般の方にとってはとても面倒です。

たくさんの専門的な書類を準備しなければならず、また、担当警察官の書類チェックもかなり厳しいからです。

場合によっては、何度もやり直しを指示されて、手続が全然進まないというケースもあるのです。

ですが、行政書士に依頼をすれば、基本的な手続はすべて代わりにやってくれます。

また、専門家による申請なので、ミスなどはなく、最短で許可を取得することが可能になります。

もし、効率よくスムーズに古物商許可を取得したいという方は、行政書士の利用を検討してみましょう。

古物商許可の他にSMASELL(スマセル)で稼ぐときの注意点

ブランド品を安く大量に仕入れることのできるスマセルですが、いくつか注意点もあります。

まず、個人で利用する場合は、個人事業主としての登録が必要という点です。

スマセルは消費者向けのサイトではないため、個人で利用するためには、税務署に個人事業の開業届出をしておく必要があります。

また、スマセルはまだ新しいサイトのため、出品者側の登録が少なく、ジャンルによっては品薄な場合があるので注意しましょう。

例えば、メンズのハイブランド古着などは、出品数がまだまだ少なく、メインの仕入れ先として利用するには厳しいかもしれません。

SMASELL(スマセル)で買い取ったものを転売するのに古物商許可が必要? まとめ

SMASELL(スマセル)の利用には、古物商許可が必要になることがあります。

それは、スマセルで古着を買い取って転売する場合です。

もし、無許可で古着の仕入れをすると、古物営業法違反として警察に逮捕されてしまいます。

その場合、「3年以下の懲役または100万円以下の罰金」という重い処罰を受けることになるので、必ず事前に古物商許可を取得しておきましょう。

新品のアパレルを仕入れる場合、古物商許可は必要ありません。

ですが、新品と古着の区別が難しいケースもあるので、安心して仕入れをするためには古物商許可を取得しておくことをおすすめします。

古物商許可の申請については、行政書士という専門家が代行サービスを提供しています。

普段忙しくて自分で申請ができない方や、難しい手続きが苦手という方は、行政書士に依頼することをおすすめします。

当サイトおすすめ 【取得率100%】古物商許可専門のトラスト行政書士事務所
https://kobutsudaikou.com/
古物商許可取得がネットで完結!トラストなら即日着手&古物営業に必要な特典付き(15,000円相当)

こちらは、これから許可を取得したい、取得すべきかどうか迷っている方向けの窓口です。
古物商許可の取得以外に関するご相談や、個別具体的なご質問、書類の記入方法にご回答は致しかねます。

※ご質問はお一人様一つとさせて頂きます。

よくお問い合わせいただく内容について、以下記事でも詳しく解説しておりますので、ぜひご覧ください。

よくある質問と答え



必要書類や書類の記入方法に関するご質問は、当サイトにて詳しく解説しておりますので各記事をご覧ください。

※ 無料相談での回答によって生じる一切の損害につき、当所は責任を負いかねます。無料相談の回答(録音データ・メール・LINE等)を弊所に無断で転用することを固く禁じます。