どんなものでも転売するのに古物商許可が必要ですか?

この記事はトラスト行政書士事務所が監修しています

2020年4月1日古物営業法が全面改正されました。そのため記事の内容に一部古い情報がある場合があります。詳しくは【2020年4月1日全面施行】古物営業法が改正されましたをご覧ください。

転売ビジネスに必要な、古物商許可という許可があります。

どんな物でも、転売するのに古物商許可が必要というわけではありません。

仕入れた中古品を転売するときに、古物商許可が必要となります。

古物商許可がなくても転売できる物もあるわよ。

そうなんだ~。

どのような物を転売するときに古物商許可が必要になるのか、詳しく解説しましょう。

ビジネスとして中古品を転売するときに古物商許可が必要

古物商許可は、ビジネスとして中古品を転売するときに必要となります。

中古品を転売するビジネスはみんな、古物商許可を取って営業しています。

例えば、こんなビジネスね。

  • リサイクルショップ
  • 古本屋
  • 中古車屋
  • 中古ブランド屋
  • 金券ショップ

ビジネスに必要な許可なのか~。僕にはあまり関係なさそうだね。

先ほど例に挙げたビジネスは、大手の企業でひしめき合っているので、誰もが始めてみたいと思うビジネスではないでしょう。

実は、中古品を転売するビジネスは、もっと気軽に始められるものもあります。

それは、巷で、せどりと呼ばれているビジネスです。

せどり。なんか聞いたことあるかも~。

せどりは、主にネットショップで中古品を安く仕入れて、それを買ったときより高い値段で転売することで、差額でお金を稼ぐビジネスです。

それってね、やっていることはリサイクルショップと同じなのよ。

中古品を安く仕入れて高く転売するという方法は、どの中古品の転売ビジネスにも共通することです。

ただ、せどりは、インターネット環境さえあれば、店舗がなくても始められますし、本業を持ちながらスキマ時間で行うこともできるので、お小遣い稼ぎなどにも人気です。

イイね!僕もやってみた~い。

せどりも、リサイクルショップなどと同じ方法で行うビジネスなので、始めるには、もちろん、古物商許可が必要になります。

せどりは、流行っているので、許可が必要と知らずに気軽に始めてしまう人が多いです。

せどりを始めるときは、必ず古物商許可を取ってからにしましょう。

そっか~。僕にも古物商許可が必要になることがあるかもしれないのか~。

無許可だと逮捕される

古物商許可を取らずに、中古品の転売ビジネスを行うと、逮捕される可能性があります。

逮捕!?古物商許可って、そんなに大事な許可だったのか!

逮捕されたら、3年以下の懲役または100万円以下の罰金、もしくは両方が科せられる可能性があります。

古物商許可は大事な許可だから、取得を忘れずにね。

古物商許可は、中古品を転売目的で仕入れるための許可

古物商許可が大事な許可なのは分かったけど、古物商許可って、一体なに?

そもそも、古物商許可とは、中古品を転売目的で仕入れるために必要な許可のことです。

古物商許可は、ビジネスとして中古品を転売するときに必要だと、先述しました。

“ビジネスとして”というのがポイントです。

ビジネスとして中古品を転売するとなると、転売する商品を仕入れる作業が伴います。

この、転売する商品を仕入れる作業に、古物商許可は関わってきます。

『古物商許可は、ビジネスとして中古品を転売するときに必要』

だと、ここまで先述してきましたが、これは、厳密に言うと正しくありません。

正しくは、『古物商許可は、中古品を転売目的で仕入れるのに必要』なのです。

なので、古物商許可が必要かどうかを判断するとき、中古品を転売するかどうかは、あまり関係ありません。

中古品を転売目的で仕入れるかどうかで、古物商許可が必要かどうかを判断します。

古物商許可を取らずに、中古品の転売ビジネスを行った場合、中古品を転売目的で仕入れるだけでも、逮捕される可能性があるのです。

そうなのか!

転売するのに古物商許可が要らない物

転売するのに、古物商許可が要らない物もあります。

それは、次のような物です。

  • 古物に当てはまらない物
  • 新品の物
  • 自分が持っている物

それじゃあ、詳しく解説するね。

古物に当てはまらない物

古物商許可は、中古品を転売目的で仕入れるための許可です。

実は、どんな中古品でも、転売目的で仕入れるときに古物商許可が必要というわけではありません。

えっ!?そうなの?

古物商許可のルールをまとめた法律、古物営業法では、転売目的で仕入れるときに古物商許可が必要になる中古品のことを、古物と呼んでいます。

実は、中古品の中には、古物に当てはまらない物もあります。

古物に当てはまらない物は、こういう物よ。

古物に当てはまらない物

盗まれる可能性が低い、盗まれても見つけやすい物

  • 廃品(金属くず、空き缶、繊維くず、古新聞、被覆のない銅線類、など)
  • 航空機
  • 鉄道車両
  • 1トンをこえる機械で、土地や建物に固定されているもの
  • 20トン以上の船舶(せんぱく)
  • 船舶以外の5トンをこえる機械で、自走または牽引(けんいん)できないもの
  • 大きな庭石や石灯籠

使ったり、食べたりするとなくなる物

  • お酒
  • 食品
  • 薬やサプリメント
  • 化粧品

古物商許可の制度がなぜ作られたかと言うと、盗品が出回らないようにしたり、もし出回っても、すぐに見つけ出せるようにするためです。

そのため、盗まれる可能性が低く、盗まれたとしても見つけやすい物は、古物に当てはまらないことになっています。

また、使ったり、食べたりするとなくなる物も、古物に当てはまらないことになっています。

そのような古物に当てはまらない物は、古物商許可がなくても転売目的で仕入れることができます。

へぇ~。

でもね、転売に古物商許可が要らない物でも、別の許可が必要になることもあるの。

先ほど、『使ったり、食べたりするとなくなる物』として紹介した物は、古物ではないので、転売するのに古物商許可は要りませんが、別の許可が必要になる場合があります。

例えば、お酒を一般向けに販売(転売)するためには、酒類小売業免許という許可が必要になります。

また、食品の販売(転売)に関する許可はたくさんあって、食品の種類によりますが、販売するために食品衛生責任者などの資格が必要になることもあります。

そして、薬や、サプリメントの転売には、医薬品店舗販売業許可や、医薬部外品製造販売業許可といった許可が必要になる場合があります。

また、化粧品の転売には、化粧品製造販売業許可という許可が必要になる場合があります。

詳しくは、日用品の転売に古物商許可が要らないって本当?をご覧ください。

新品の物

古物商許可は、“中古品”を転売目的で仕入れるための許可です。

なので、新品の物であれば、転売目的で仕入れるのに古物商許可は要りません。

そうか、それは気づかなかったなぁ。

インターネットで新品を仕入れるときは、注意が必要なの。

Amazonや、ヤフオク!など、不特定多数の人が商品を出品するサイトで新品を仕入れるときは、誰が出品しているかに注意しなくてはなりません。

なぜかと言うと、新品を仕入れているつもりでも、中古品を仕入れてしまうことがあるからです。

これは、一般的な新品の考え方と、古物営業法での新品の考え方が違うので起きることです。

ん?

古物営業法には、『未使用でも、一度、取引されている物は中古品とみなす』という定義があります。

例えば、お店で新品のDVDを買って、ビニールもはがしていない未使用の状態で、ヤフオク!に出品したとします。

このようなDVDは、『新品・未開封』として出品されるのが普通でしょう。

ところが、古物営業法に照らし合わせると、このDVDは中古品とみなされます。

一度、お店で買った(取引した)物だからです。

なので、このDVDを転売目的で落札するには、古物商許可が必要ということになります。

そうなんだ!

例のDVDのような物を、「新品なら無許可で仕入れても大丈夫」と、古物商許可を取っていない人が転売目的で仕入れると、知らぬ間に違法な取引になっている可能性があるのです。

それは怖いなぁ…

新品を仕入れることができるのは、小売店や問屋から買う場合だけです。

Amazonや、ヤフオク!のようなサイトの場合、メーカーや小売店のアカウントが出品した新品でないと、古物営業法上も新品ということにはなりません。

個人が出品した新品の商品は、よほど特殊な例でない限り、古物営業法上は中古品とみなされる物です。

だから、誰が出品しているかに気をつけないといけないの。

Amazonや、ヤフオク!のようなサイトでは、個人でも屋号でアカウントをつくることができます。

なので、アカウント名を見ただけでは、個人か、メーカーや小売店かは判断できないことがあるので注意しましょう。

自分が持っている物

古物商許可は、中古品を転売目的で仕入れるための許可です。

なので、仕入れを伴わない転売であれば、古物商許可は要りません。

仕入れを伴わない転売というのは、つまり、自分が持っている物を転売するときです。

そっか~、要らなくなったものをリサイクルショップに売るとき、許可は要らないもんね。

  • 家にある不要品
  • タダでもらった物

これらを、転売するとき古物商許可は要りません。

これらは、転売目的で仕入れた物ではないからです。

行政書士に頼むと古物商許可を簡単に取れる

古物商許可を取るときは、行政書士に頼むと、手続きを簡単に進められるので便利です。

古物商許可の申請って、自分でやると大変なのよ。

古物商許可の申請には、たくさんの書類が必要になります。

見慣れない書類が多いので、何が必要かを把握するだけでも大変です。

それに書類は、役所を回って集める必要があります。

となると、日中、働いている人にとっては、書類を取りに行く時間をつくるのも大変です。

ですが、行政書士に頼めば、このようなことは何も心配しなくてよくなります。

行政書士は、代わりに書類を集めてくれますし、警察署への申請もやってくれます。

任せていれば、何もしなくても古物商許可が取れるのよ!

すげぇ~!これは便利だ!

古物商許可の申請は、行政書士に頼むことをオススメします。

どんなものでも転売するのに古物商許可が必要ですか? まとめ

どんな物でも、転売するときに古物商許可が必要になるわけではありません。

仕入れた中古品を転売するときに、古物商許可が必要になります。

古物商許可は、中古品を転売目的で仕入れるための許可です。

なので、中古品を転売しなくても、転売目的で仕入れるだけで、古物商許可が必要になります。

古物商許可を取らずに、中古品を転売目的で仕入れると、3年以下の懲役または100万円以下の罰金、もしくは両方が科せられる可能性があります。

次のような物は、転売するのに古物商許可は要りません。

  • 古物に当てはまらない物
  • 新品の物
  • 自分が持っている物

古物商許可の申請は、行政書士に頼むと簡単に行えるので便利です。

当サイトおすすめ 【取得率100%】古物商許可専門のトラスト行政書士事務所
https://kobutsudaikou.com/
古物商許可取得がネットで完結!トラストなら即日着手&古物営業に必要な特典付き(15,000円相当)

こちらは、これから許可を取得したい、取得すべきかどうか迷っている方向けの窓口です。
古物商許可の取得以外に関するご相談や、個別具体的なご質問、書類の記入方法にご回答は致しかねます。

※ご質問はお一人様一つとさせて頂きます。

よくお問い合わせいただく内容について、以下記事でも詳しく解説しておりますので、ぜひご覧ください。

よくある質問と答え



必要書類や書類の記入方法に関するご質問は、当サイトにて詳しく解説しておりますので各記事をご覧ください。

※ 無料相談での回答によって生じる一切の損害につき、当所は責任を負いかねます。無料相談の回答(録音データ・メール・LINE等)を弊所に無断で転用することを固く禁じます。