転売ヤーって違法じゃないの?

この記事はトラスト行政書士事務所が監修しています

2020年4月1日古物営業法が全面改正されました。詳しくは【2020年4月1日全面施行】古物営業法が改正されましたをご覧ください。

転売ヤーは違法ではありません。

転売をすること自体を禁止した法律は、日本にないからです。

ただし、法律や決められたルールを守らない転売ヤーは違法になる可能性があります。

違法な転売ヤーとそうでない転売ヤーがいるってことだね

そうよ。そこで今回は、どういう転売ヤーが違法なのか、具体的に説明するわ

転売ヤーは違法ではありません

転売ヤー自体は違法ではありません。

ですが、法律やルールを守らない転売ヤーは違法になることがあります。

最近、高額転売人気商品の買い占めなど、転売ヤーが世間を騒がせる事件が多く起きています。

そのため中には、

転売ヤーって違法なんじゃないの?

と考える人もいるかもしれません。

ですが、それは誤解です。

転売ヤーは違法ではありません。

なぜなら、現在の日本に転売をすること自体を禁止した法律はないからです。

ただ、扱う商品などによっては転売が法律で制限されていたり、免許や資格などが必要になることがあります。

そして、法律のルールを守らなかったり、必要な免許や資格などを取らずに転売をした転売ヤーは違法になる可能性があるのです。

逆に言うと、きちんとルールや法律を守っていれば、転売ヤーは違法ではないってことなの

具体的に、どういう場合に転売ヤーは違法になるの?

一番よく問題になるのは、古物商許可を持っていないのに中古品を取引する転売ヤー

転売することが違法になる場合

転売自体は違法ではありません。

しかし、以下のような転売は違法となる可能性があります。

  • 古物商許可を取らずに中古品を扱う転売
  • チケットの不正転売
  • 必要な免許や資格を取得しないで転売
  • アプリやサイトの利用規約に違反した転売

古物商許可を取らずに中古品を扱う転売は違法です

日本では転売をすること自体は禁止されていないため、転売ヤーは違法ではありません。

ですが、必要な許可や資格を取らずに転売をすることは違法です。

そして、よく問題になるのが、古物商許可を取らずに中古品を転売するケースです。

古物商許可とは、中古品の転売ビジネスをするときに必要となる資格のことをいいます。

例えば、次のような行為を古物商許可がないまま行った場合、転売ヤーは違法となります。

  • 中古家電をリサイクルショップで仕入れてヤフオクで転売する
  • 古本をブックオフで仕入れてメルカリで転売する
  • 中古のバイクを仕入れて、自分で修理・改造したあとに転売する

古物商許可を持っていない転売ヤーが中古品を扱った場合、古物営業法違反として警察に逮捕されてしまいます。

その場合、「3年以下の懲役または100万円以下の罰金」という、かなり重い罰則を受けることになります。

もし、中古品の転売ビジネスに興味のある方は、必ず事前に古物商許可を取得するようにしましょう。

古物商許可ってどうやって取得するの?

管轄の警察署に申請をして取得するんだけど、手続きがかなり面倒だから簡単に取得したい人は、行政書士に代行を頼むといいわよ

チケットの不正転売は違法です

人気アイドルグループやスポーツイベントのチケットが悪質な転売ヤーに買い占められ、社会問題となりました。

そこで、この問題に対処するため、2019年(令和元年)6月14日に、チケット不正転売禁止法が施行されました。

この法律に違反するかどうかのポイントは、主に次の2つです。

  • チケットに転売禁止の旨が明記されているかどうか
  • チケットの取引が不正転売にあたるかどうか

新幹線の乗車券や商品券など、転売禁止の旨が明記されていないチケットの場合、転売してもこの法律に違反しません。

ただし、先ほど説明した「古物商許可」が必要になる可能性があるので注意しましょう。

また、チケットの取引が不正転売に当たらない場合も、違法ではありません。

不正転売とは、ざっくりいうとお金儲けのためにチケットを転売する行為のことです。

そのため、たまたま急用で行けなくなったのでチケットを友人に定価で譲ったような場合、不正転売にあたりません。

チケット不正転売禁止法に違反しない場合でも、イベントの運営が本人以外のチケットの使用を禁止しているケースもあるから注意してね

気になる場合は、チケットを発行している会社に問い合わせるべきだね

必要な免許や資格を取得しないで転売することは違法です

古物商許可以外にも、扱う商品によっては、さまざまな資格や免許が必要になることがあります。

そして、それらの免許や資格を取得しないまま、商品を転売することは違法になります。

例えば、お酒の転売をする場合、酒類販売業免許が必要になります。

免許を取得しないまま、お酒の転売でお金を稼ぐと、酒税法違反として警察に逮捕されてしまいます。

海外の化粧品を国内で転売する場合は、化粧品製造販売業許可が必要です。

また、ペットの転売をする場合には、犬猫等販売業者として知事等の登録を受ける必要があります。

他にも、医薬品や食品など、転売をするために許可や免許が必要になる商品はたくさんあります。

これらの商品を、必要な免許や許可なく取引した転売ヤーは違法となります。

気になる方は、関係機関に事前に確認するようにしましょう。

アプリやサイトの利用規約に違反した転売は違法になる可能性があります

最近の転売ヤーは、ヤフオクやメルカリといったアプリやサイトを利用しているケースがほとんどです。

そして、これらのアプリやサイトでは、利用規約で転売に関するルールを規定しています。

転売ヤーがアプリやサイトの利用規約に違反した場合、アカウントの利用停止などのペナルティを受ける可能性があります。

ただ、利用規約は運営会社が定めたものなので、違反したからといって、ただちにそれが違法になることはありません。

ですが、悪質な場合は、不法行為業務妨害罪といった法律違反に当たる可能性があります。

例えば、利用規約に違反してアカウントを停止されたにもかかわらず、複数アカウントを作成し何度もサイトを利用するようなケースです。

この場合、運営会社から多額の損害賠償を請求されたり、警察に逮捕されたりすることもあるので注意しましょう。

アプリやサイトを使って取引をするときは、事前に利用規約をよく読んで、不明な点があれば運営にしっかり確認することが重要ね

法律やルールを守れば転売はおすすめのビジネスです

これまで、転売が違法になるケースをいくつかご紹介しました。

ただ、逆に言うとこれまで説明したケースにあたらなければ、転売は違法ではありません。

実際、法律やルールをきちんと守って、お金を稼いでいる人がたくさんいます。

法律やルールをしっかり守れば、転売はとてもおすすめのビジネスモデルといえるのです。

最近は、アプリやツールが充実しているので、スマホ1つあれば転売ビジネスを始めることが可能です。

また、ネットを使えば、場所や時間を選ばずに取引することができるので、サラリーマンや主婦の副業にぴったりのビジネスといえます。

興味のある方は、法律やルールをきちんと守って、転売をはじめるようにしましょう。

転売ヤーって違法じゃないの?

転売ヤーは違法ではありません。

なぜなら、現在の日本に転売をすること自体を禁止する法律はないからです。

ですが転売には、たくさんの守らなければならない法律やルールがあります。

これらの法律やルールを守らずに転売をすると、違法となり、警察に逮捕されてしまう可能性があります。

もし、転売に興味のある方は、あらかじめ転売に関する法律やルールをしっかり調べて、それに違反しないように注意しましょう。

当サイトおすすめ 【取得率100%】古物商許可専門のトラスト行政書士事務所
https://kobutsudaikou.com/
古物商許可取得がネットで完結!トラストなら即日着手&古物営業に必要な特典付き(15,000円相当)

こちらは、これから許可を取得したい、取得すべきかどうか迷っている方向けの窓口です。
古物商許可の取得以外に関するご相談や、個別具体的なご質問、書類の記入方法にご回答は致しかねます。

※ご質問はお一人様一つとさせて頂きます。

よくお問い合わせいただく内容について、以下記事でも詳しく解説しておりますので、ぜひご覧ください。

よくある質問と答え



必要書類や書類の記入方法に関するご質問は、当サイトにて詳しく解説しておりますので各記事をご覧ください。

※ 無料相談での回答によって生じる一切の損害につき、当所は責任を負いかねます。無料相談の回答(録音データ・メール・LINE等)を弊所に無断で転用することを固く禁じます。