【古物商】許可取得業者や取得者の検索方法

この記事はトラスト行政書士事務所が監修しています

2020年4月1日古物営業法が全面改正されました。そのため記事の内容に一部古い情報がある場合があります。詳しくは【2020年4月1日全面施行】古物営業法が改正されましたをご覧ください。

取引相手が古物商許可を取得しているかどうかを検索する方法には、次のようなものがあります。

  • 古物商プレートを確認する
  • 古物商許可証の提示を求める
  • ホームページ上の許可証番号等を確認する
  • 都道府県公安委員会のHPで確認をする
  • 警察に確認をする

取引相手が古物商許可の取得者かどうかを調べるのって意味があるの?

古物商許可を取得していれば、それは正規の転売業者っていうことよ。一般の転売ヤーとの取引と比べてトラブルになりにくいっていうメリットがあるわ。

同じ物を買うんだったら、古物商から購入した方が安心ってことだね

そういうこと。そこで今回は、取引相手が古物商許可を持っているかどうか確認する方法を紹介をするわ

取引相手が古物商許可を取得しているかどうか検索する主な方法について

中古品の売買をするのであれば、相手はなるべく古物商許可を取得している人を選びましょう。

なぜなら、その方がトラブルが少なく安全に取引ができるからです。

ただ、「相手が古物商許可を取得しているかどうか、調べ方がわからない」という方もいるかと思います。

そこで、以下では、取引相手が古物商許可を取得しているかどうか、簡単に確認できる方法をいくつかご紹介します。

古物プレートを確認する

対面で取引をする場合に、相手が古物商かどうかを確認する最も簡単な方法が、古物商プレートを確認する方法です。

古物商の営業所には「古物商プレートを掲示しなければならない」という義務があります。

古物プレートには何が書かれているの?

古物商プレートには、その古物商がメインで扱っている中古品の種類(これを品目といいます)、古物商許可番号などが記載されています。

古物商プレートは、取引相手から見えやすい位置に掲示しなければならないと決められています。

そのため、相手が古物商であれば、簡単に古物商プレートの確認ができるはずです。

古物商許可証の提示を求める

もし、対面取引をする場合に、古物商プレートが見当たらないときは、古物商許可証の提示を求めましょう。

古物商は許可を取得した際に、古物商許可証の交付を受けています。

古物商許可証には、古物商の氏名や住所のほか、古物商許可番号や交付した公安委員会などが記載されています。

古物商が営業所で取引をする場合、古物商に古物商許可証の提示義務はありません。

ですが、ほとんどの古物商は、きちんと説明をすれば提示に応じてくれるでしょう。

もし、古物商プレートがなく、古物商許可証の提示も断られた場合は、古物商であることを疑った方がいいかもしれません。

ホームページ上の許可証番号等を確認する

次に、インターネット上で取引をする場合についてです。

この場合は、相手のサイトに古物商許可証の番号等が表示されていないかどうかを確認します。

古物商はホームページなどインターネット上で中古品の取引をする場合、サイトに古物商の氏名や古物商許可証番号などを表示することが義務づけられています。

サイトのどのあたりに表示されているの?

通常は、中古品を扱っているサイトのトップページに表示されています。

不当に見えにくい位置や、著しく小さい文字での表示は、表示していると認められません。

ヤフオクやamazonの場合はどうなの?

古物商がヤフオクやamazonを利用する場合は、表示義務がある場合とない場合があります。

ざっくりいうと、単発の取引などの場合は、表示する義務はありません。

ただ、古物商の情報を表示した方が信頼を得やすいとの理由で、あえて表示しているケースもあるようです。

公安委員会のホームページで確認する

もし、取引相手のホームページに古物商に関する情報が表示されていない、又は、表示されているが本物かどうか疑わしいという場合は、公安委員会のホームページで確認することが可能です。

古物商がホームページ上で取引をする場合には、サイトのURLを届け出なければなりません。

そして、届け出たURLや古物商の情報については、各都道府県の公安委員会がインターネット上で公表しています。

そのため、取引相手が本当に古物商かどうかわからないときは、公安委員会のページを見ると確認できます。

どうやってそのページを見つければいいの?

調べるには、古物商の営業所がある都道府県公安委員会のページにアクセスします。

通常の場合は、トップページに古物商関連のリンクがあるので、そこから調べることができます。

警察に相談をする

もし、取引でトラブルが起きている場合などは、警察に確認するというのも1つの手です。

古物商許可を管轄しているのは、各都道府県の公安委員会(警察)です。

そのため、警察に問い合わせれば、相手が本当に古物商かどうかを調べることができます。

中古品の取引相手はなるべく古物商を選びましょう

最近、インターネットを中心に中古品の転売を始める人が急増しています。

理由は、メルカリやヤフオクなどのツールが充実し、誰でも気軽に転売でお金を稼ぐことができるようになったからです。

ただ、転売が人気になるにつれて、悪質な転売ヤーも増加しています。

中には

  • 商品が壊れていて動かない
  • 購入した商品が偽物だった
  • お金は払ったのに商品が届かない

などといったトラブルも増加しているようです。

こうしたトラブルを避け、安心して取引をするにはどうすればよいでしょうか?

おすすめは、「古物商許可を取得している相手と取引をすること」です。

どうして、古物商と取引をした方がいいの?

それにはちゃんとした理由がるのよ

古物商許可を取得するには審査があります

古物商許可は申請をすれば、誰でも簡単に取れるというものではありません。

古物商許可を取得するには、警察で審査を受け、それに通らないといけないのです。

もし、欠格要件に該当する場合などは、審査に通らず許可を取得することはできません。

欠格要件というのは、過去に犯罪歴のある人や、暴力団関係者など、古物商許可が取得できなくなる要件のことをいいます。

そのため、古物商許可を持っているということは、その古物商がある程度信頼できるという証明になるのです。

それに、古物商の名前や営業所の住所なども公にされているから、急に連絡が取れなくなる心配もほとんどないわ

古物商は法律を守って取引しなければなりません

古物商が中古品の売買をするときは、古物営業法という法律を守って取引をしなければなりません。

例えば、先に説明したような、古物商プレートの掲示やホームページ上の情報の表示などです。

他にも、盗品の疑いがある場合は、直ちに取引を中止し警察に申告しなければならないなどの義務もあります。

このように、古物商が取引をする際のルールは法律で厳しく定められているのです。

もし、古物商がこれらのルールを破った場合は、営業停止命令や許可取消処分が下される可能性があります。

そのため古物商とは、安心して取引することができるのです。

【古物商】許可取得業者や取得者の検索方法 まとめ

取引相手が古物商許可取得業者や取得者であるかどうかを検索するには、次のような方法があります。

  • 古物商プレートを確認する
  • 古物商許可証の提示を求める
  • ホームページ上の許可証番号等を確認する
  • 都道府県公安委員会のHPで確認をする
  • 警察に確認をする

もし、中古品の取引をするのであれば、できるだけ相手は古物商を選びましょう。

なぜなら、古物商は警察に認められた正規の転売業者なので、トラブルになる可能性が低いからです。

当サイトおすすめ 【取得率100%】古物商許可専門のトラスト行政書士事務所
https://kobutsudaikou.com/
古物商許可取得がネットで完結!トラストなら即日着手&古物営業に必要な特典付き(15,000円相当)

こちらは、これから許可を取得したい、取得すべきかどうか迷っている方向けの窓口です。
古物商許可の取得以外に関するご相談や、個別具体的なご質問、書類の記入方法にご回答は致しかねます。

※ご質問はお一人様一つとさせて頂きます。

よくお問い合わせいただく内容について、以下記事でも詳しく解説しておりますので、ぜひご覧ください。

よくある質問と答え



必要書類や書類の記入方法に関するご質問は、当サイトにて詳しく解説しておりますので各記事をご覧ください。

※ 無料相談での回答によって生じる一切の損害につき、当所は責任を負いかねます。無料相談の回答(録音データ・メール・LINE等)を弊所に無断で転用することを固く禁じます。