売上何万円から古物商許可が必要なの?

この記事はトラスト行政書士事務所が監修しています

せどりをやってるんだけど、お小遣い稼ぎになっていいよ。

古物商許可は持ってるの?

えっ!?お小遣い稼ぎ程度のせどりなら、古物商許可はいらないんじゃないの!?

ダメだよ~。
せどりをやってるなら売上に関係なく古物商許可は必要なの!

売上額に関係なく古物商許可は必要

ネットオークションやフリマアプリの普及で、せどりなどの古物ビジネスを誰でも気軽にできるようになりました。

古物ビジネスを行うにあたって必要な許可が古物商許可です。

古物商許可は、一昔前は主にリサイクルショップの経営者や、中古車販売店の経営者などが取得する許可だったため、一般的にあまり知られていない許可でした。

そのせいもあってか、一般の者でも気軽に行えるせどりなどの古物ビジネスでは、古物商許可は必要ないと思われがちです。

ですが、ビジネスの規模に関係なく、せどりなどの古物ビジネスでも古物商許可は必要です

ネット上には、『せどりに古物商許可が必要になるのは売上が◯万円から』というような情報も飛び交っていますが、これは間違った情報です。

せどりでも、売上の大小に関係なく古物商許可が必要です

ネットの情報を信じてしまっていたよ…

古物商許可を取得せずに古物ビジネスを行ったら法律違反

古物ビジネスを行うためには、古物商許可が必要です。

古物商許可を取得せずに古物ビジネスを行った場合、古物営業法という法律に違反する可能性があります。

古物営業法違反の無許可営業に当たり、3年以下の懲役または100万円以下の罰金、もしくはその両方の罰則が科せられる可能性もあるのです。

えぇ!そんなに重い罰則があるの…

罰を受けたくなかったら、ただちに古物商許可を取得することね。

転売目的で古物を買い付けていたら古物商許可が必要

古物商許可って一体、どんなときに必要な許可なの?

古物商許可は、古物を転売目的で買い付ける場合に必要な許可です。

買い付けた古物がどれだけ売れたかは関係ありません。
古物を“転売目的で”買い付ける時点で、古物商許可が必要となるわけです。

例えば、せどりのために古物を買って、売りに出しても全然売れず、売上が0円だったとします。
このように、たとえ売上がなくても、転売目的で古物を買い付けていることには変わりないので、その場合でも古物商許可が必要です

売上が赤字でも、やっぱり古物商許可が必要なの?

もちろん。
ゼロでも赤字でも、転売目的で古物を買い付けていたら古物商許可が必要よ。

買い付けなしの転売なら古物商許可は必要ない

自分が使っていたものや、もらったものを売るだけなら古物商許可は必要ありません
先述の古物商許可が必要な場合と同様に、売上の大小は関係ありません。

そうか。だから誰でもオークションに出品したり、古本屋に本を売ったりできるのか。

そういうこと!

買い付けを行わずに、私物を売るだけなら、たとえ売上が100万円あっても古物商許可は必要ありません。

自分で使うために古物を買う場合、古物商許可は必要ない

古物商許可が必要となるのは、転売目的で古物を買うときです。
自分で使うために古物を買う場合は、古物商許可は必要ありません。

だよね。だから誰でもオークションで落札したり、古本屋で本を買ったりできるんだよね。

そういうこと!

古物商許可が必要かどうかは、古物を買う目的で決まるわけですが…

ちょっと待って。
たとえ転売目的で古物を買っていたとしても、「いえ、自分で使うためです!」って言い張れば、古物商許可を取得しないまま古物を買い付けることもできちゃうんじゃないの?

それは確かにそうなのよね…

違反となる取引をしているかどうかは、警察が捜査で判断します。
しかし、古物を買う目的は客観的に判断することが難しいのも事実です。

古物商許可を取得せずに古物ビジネスを行っていて、それを警察に目をつけられたとしても、こぶ吉が言うように、言い逃れることもできてしまいます。

どんな目的で古物を買っていたのかを判断する明確な基準はありません。
ですが、以下に挙げるような買い付けの例では、どんなに言い逃れようとしても警察は転売目的だと判断するでしょう。

  • 同じものを大量に買う
  • プレミア品を何度も買う
  • 古物を買っては売るという流れを何度も行っている

確かに、例のような行動は、自分で使うために買ったと言い張るには無理があるね。
僕がやっていたせどりは、どんな風に受け取られるかなぁ…

そもそも、無許可営業はれっきとした犯罪ですから、絶対にやってはいけません!

どう主張すれば無許可営業であることを言い逃れられるのか、そんなことを考えてもしょうがないです。
面倒なことになりたくないのなら、ちゃんと古物商許可を取得してから古物ビジネスを行えばいいのです。

古物商許可があれば、堂々と古物ビジネスを行うことができます。

言い訳を考えている場合じゃないでしょ!

すみません…すぐに古物商許可を取得します。

自分が無許可営業だと気づいたら、すぐに古物商許可を取得するべきです。

その際、許可取得が完了するまでは、古物の取引を全て止めるようにしましょう。

ただ取引をやめるだけでなく、サイトを運営しているならサイトを閉じたり、フリマアプリを使っているならアカウントを削除するようにしましょう。

古物商許可の取得方法

古物ビジネスを行う場合、売上がいくらであろうと古物商許可がなくてはいけません。

古物商許可が必要なことは、よ~く分かったよ。
早速、取得したいんだけど、古物商許可ってどうやって取得するの?

古物商許可は、要件を満たした上で警察署に申請するだけで、比較的、簡単に取得できる許可です。

ですが、要件を満たしていることの証明は、全て書面で行わなければならないため、書類の知識がなければ、あまり簡単な作業とはいきません。

満たすべき要件の数が多いので、それだけ証明書類もたくさん用意する必要があります。

それに、証明書類の多くは官公庁で入手するものです。
平日、自由に動けない会社員などにとっては、書類集めは困難な作業です。

どうにかこうにか書類を集め、申請までこぎつけても、書類に不備があればやり直しとなります。
また時間を作って、足りない書類を集めなければなりません。

全然、簡単じゃないじゃん!

大丈夫。簡単に取得できるいい方法があるの。

古物商許可の取得を簡単に行いたいなら、行政書士に依頼するのがオススメです。

行政書士とは、許認可申請にかかる作業を代行する専門家です。

古物商許可の申請を行政書士に依頼すれば、面倒な証明書類集めを代行してくれます。

えっ!こっちは何もしなくていいってこと!?

そうよ。
こっちがやることは書類への署名、捺印だけ。
あとは丸投げでいいの!

しかも、行政書士は専門家なので、当然、書類のことは熟知しています。
行政書士に任せておけば、書類に不備が見つかるということはありません。

行政書士は手際もいいので、最短期間での古物商許可取得が可能です。

古物商許可申請には、申請手数料として1万9千円の費用がかかります。

行政書士に依頼した場合、この1万9千円とは別に、行政書士への報酬を支払う必要があります。
古物商許可申請の行政書士報酬の相場は、4~5万円です。

ん~、ちょっとお金はかかるけど、自分でやるよりもメリットが大きいから、4~5万円払う価値はあると思うよ!

賢い判断ね!

行政書士が扱う許認可は多岐に渡ります。
中には、10万円以上の費用がかかるものもあるので、古物商許可申請の報酬額は比較的お手頃と言えます。

古物商許可申請を行政書士に依頼するときは、『古物商許可専門』などと看板を掲げた事務所を選ぶようにしましょう。

どんな許可申請でも私にお任せください!

などと言う行政書士は、優秀に思えますが、実はそうではないこともあるんです。

必ずしもそうではありませんが、そのような行政書士は、やったことのない申請をむやみに引き受けて、挙句の果てには取得に失敗することだってあるのです。

専門分野を設けて運営している行政書士事務所の方が、より確実に許可を取得できます。

売上何万円から古物商許可が必要なの? まとめ

せどりなど、古物ビジネスを行うには古物商許可が必要です

古物商許可が必要かどうかに、古物ビジネスの売上の大小は関係ありません。
古物商許可は、古物を転売目的で買う場合に必要な許可です。

無許可で古物ビジネスを行うと、3年以下の懲役または100万円以下の罰金、もしくはその両方が科せられる可能性もあります。

古物商許可の取得は行政書士に依頼すると便利です。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

当サイトおすすめ 【取得率100%】古物商許可専門のトラスト行政書士事務所
https://kobutsudaikou.com/
古物商許可取得がネットで完結!トラストなら即日着手&古物営業に必要な特典付き(15,000円相当)

こちらは、これから許可を取得したい、取得すべきかどうか迷っている方向けの窓口です。
よくお問い合わせいただく内容について、以下記事でも詳しく解説しておりますので、ぜひご覧ください。

よくある質問と答え




必要書類や書類の記入方法に関するご質問は、当サイトにて詳しく解説しておりますので各記事をご覧ください。

※ 無料相談での回答によって生じる一切の損害につき、当所は責任を負いかねます。無料相談の回答(録音データ・メール・LINE等)を弊所に無断で転用することを固く禁じます。