中古品のみの転売でも古物商許可は必要?

この記事はトラスト行政書士事務所が監修しています

2020年4月1日古物営業法が全面改正されました。詳しくは【2020年4月1日全面施行】古物営業法が改正されましたをご覧ください。

中古品のみを転売する場合でも、古物商許可は必要です。

と言うより、中古品の転売にこそ、古物商許可が必要です。

転売ビジネスに興味があるんだけど、中古品だけ転売するとして、古物商許可は必要かな?

必要も何も、古物商許可は、中古品の転売に必要な許可よ。

中古品の転売と、古物商許可の関係について、詳しく解説しましょう。

中古品の転売にこそ古物商許可が必要

中古品のみを転売する場合、古物商許可が必要です。

誰でも簡単に始められる副業として、『せどり』という転売ビジネスが注目されています。

「せどりを始めるには古物商許可が必要」という話を聞いたことがある人も、多いことでしょう。

たしかね、中古品だけを転売するんだったら、古物商許可はいらないんじゃなかったかな?

違うわよ。そんな情報どこで聞いたのよ。

せどりで扱う商品は、大きく、中古品と新品に分けられますが、中古品のみを転売する場合、古物商許可が必要です。

むしろ、古物商許可は、中古品の転売ビジネスに必要な許可なので、中古品の転売にこそ、古物商許可が必要なのです。

また、中古品と新品を、両方扱う場合も、もちろん、古物商許可が必要となります。

ちなみに、新品のみの転売には、古物商許可は不要です。

勘違いしてたよ~。中古品の転売に古物商許可が必要なんだね。

古物商許可のことならまかせて。もっと詳しく教えてあげる。

古物商許可って一体なに?

中古品の転売には、古物商許可が必要です。

そもそも、古物商許可とは一体何なのか、詳しく解説しましょう。

転売する中古品を仕入れるための許可

古物商許可とは、日本の許認可のひとつです。

中古品を転売するための許可だと思っている人が多いですが、それば誤解で、正しくは『転売する中古品を買い取るための許可』です。

中古品を仕入れてきて、それを転売するときに許可が必要なのではなく、転売するために中古品を仕入れる(買い取る)ときに、許可が必要なのです。

そうなのか~。これも勘違いしてたな~。

こぶ吉は、中古品を買ったことはある?

よく買ってるよ~。えっ!?まさか、古物商許可が必要なの?

リサイクルショップや、古本屋などで、中古品を買ったことがあるという人は多いでしょうが、古物商許可はなくても大丈夫です。

自分で使うために中古品を買ったり、人にプレゼントするために中古品を買うなど、転売が目的でなければ、中古品を買うのに古物商許可は不要です。

転売するために中古品を買う(仕入れる)となると、古物商許可が必要となります。

なんだ、そういうことか~。

ただ中古品を買うだけなら許可はいらないけど、転売するためなら、絶対必要ね。

転売するために中古品を仕入れるなら絶対に必要

転売するために中古品を仕入れるのなら、どんな転売ビジネスを行うときでも、古物商許可が必要です。

せどりに関するネット記事や、SNSなどで、次のような書き込みを見かけることがありますが、これらはすべて間違いです。

  • 取引数が◯◯回以下なら、古物商許可はいらない
  • 売上が◯◯万円以下なら、古物商許可はいらない
  • ネット販売だけなら、古物商許可はいらない

全部、間違ってるのか!

転売ビジネスに古物商許可が必要かどうかということに、取引数や売上、販売方法などは、まったく関係ありません。

どんな転売ビジネスであれ、転売するために中古品を仕入れるのなら、古物商許可が必要です。

なんで、中古品を仕入れるのに、わざわざ許可が必要なんだ?

盗品が流れ出るのを防いでいるのよ。

盗品が出回るのを防止するための許可

転売のために中古品を仕入れるとき、古物商許可が必要な理由は、盗品が市場に出回るのを防止するためです。

誰かから中古品を買い取るとき、もしかしたら相手は泥棒で、盗んできた物を差し出すかもしれません。

そうなると盗品を買い取ることになります。

その盗品を販売してしまうと盗品がまた誰かのもとに流れてしまい、元の持ち主は見つけだすのが難しくなってしまいます。

そのようなことが起きないように、中古品の転売ビジネスをする人には、古物商許可を取らせるようにしています。

なんで、古物商許可を取らせれば、盗品が出回るのを防げるの?

古物商許可は、警察が審査して与える許可です。

なので警察は、許可を与えた人や会社(古物商といいます)のデータを把握しています。

泥棒が発生したら、警察は古物商に盗品の特徴をお知らせしておきます。

盗品の特徴をあらかじめ知っておけば、古物商は盗品を買い取らずに済むので、盗品が市場に出回るのを防止できるのです。

また、古物商には買い取った中古品の情報を、台帳に記録しておく義務があります。

そのため、もし盗品を買い取って誰かに販売していたとしても、台帳の記録をたどって盗品の行方を調べられるようになっています。

へぇ~。そんな仕組みがあったとは!

だから、中古品の転売ビジネスをしたかったら、古物商許可を取らないとダメよ。

もし、取らなかったらどうなるの?

古物商許可を取らなかったら逮捕される

古物商許可を取らずに転売するために中古品を仕入れたら、逮捕される可能性があります。

古物商許可のルールは法律で決められていることなので、守らなかったら法律違反となり逮捕されることだってあり得るのです。

最悪の場合、3年以下の懲役または100万円以下の罰金もしくは両方を、科せられる可能性だってあります。

えーっ!!

せどりは気軽に始められますが、だからといって古物商許可を取らずに始めてしまうと、お小遣いを稼ぐどころか罰金を払うことになるかもしれません。

そのようなことにならないためにも、きちんと古物商許可を取るようにしましょう。

前科者になるのはやだよ~。古物商許可ってどうやって取るの?

基本は、警察署に書類を出すだけよ。

古物商許可の取り方は複雑

古物商許可を取るには、まず必要な書類を揃えて警察署に提出して申請します。

それから、警察が書類を審査してOKが出れば、古物商許可を受けられます。

ふむふむ…どんな書類をを揃えるの?

一言では説明できないわね。

古物商許可の申請に必要な書類は、たくさんあります。

また、申請する人の状況やビジネスによって必要な書類は変わってくるので、とても複雑です。

見慣れない書類も多いので必要な書類を把握するのは大変ですし、書類の中には役所で手に入れるものもあり、手間もかかります。

そうなんだ…挫折しそうだ…

そんなに落ち込まなくても大丈夫。簡単に取れる方法もあるから!

行政書士に頼めば簡単に取れる

古物商許可の申請書類の準備は、行政書士に頼むと簡単に進められて便利です。

行政書士とは、許認可の申請書類を準備してくれる専門的な職業です。

行政書士に頼んだら、簡単な聞き取り調査に答えるだけで、あとは待っていればOKです。

行政書士が、必要な書類を判断して、すべての書類を集めてきてくれます。

そして、記入が必要な書類は、代わりに記入もしてくれます。

行政書士から書類を受け取ったら、あとは警察署に提出しに行くだけです。

おぉ~!それは素晴らしいね~。

オプションを追加すれば、警察署での申請手続きまでやってくれる行政書士も居ます。

何もしないで古物商許可を取れるね!

新品の転売に古物商許可は不要

中古品を転売するために仕入れるには古物商許可が必要ですが、新品を転売するために仕入れることには古物商許可は不要です。

せどりをやっている人の中には、新品だけ扱っている人もいるわね。

あっ、そうすれば、古物商許可を取らなくてもせどりができるのか~。

新品だけを扱うせどりは、古物商許可を取らずに行っても法律違反にはなりません。
しかし、新品の定義を正しく理解していないと、うっかり法律違反になる可能性があります。

法律では「取引されていたら中古品」

古物商許可についての法律で、新品の定義が定められています。
しかし、その定義と一般的な感覚の新品は、解釈が異なるので注意が必要です。

古物商許可についての法律では、『未使用・未開封のものであっても、一度でも取引されている物は中古品とみなす』としています。

どういうこと?

例えると、こういうことよ。

Aさんが家電量販店で新品のゲーム機を買って、それを未開封のままメルカリで転売したとします。

このとき、Aさんが仕入れたゲーム機は法律では新品とみなされます。

これは、一般的な感覚でも新品と感じるでしょう。

Aさんは新品を仕入れているので、古物商許可は不要です。

うんうん…

では、Bさんがメルカリで、Aさんが出品したゲーム機を買って、それを未開封のままAmazonで転売したとします。

このとき、Bさんが仕入れたゲーム機は法律では中古品とみなされます。

これは、一般的な感覚とは異なるのではないでしょうか。

異なるね!

Bさんが仕入れたゲーム機は、物自体はAさんが仕入れたゲーム機と何ら変わらないので、一般的にはこれも新品だと感じるでしょう。

しかし、Bさんが仕入れたゲーム機は、Aさんが家電量販店で買った(Aさんと家電量販店で取引された)ものなので、中古品とみなされるのです。

法律の定義を思い出して、『一度でも取引されている物は中古品とみなす』ってこと。

なるほど~。

よって、Bさんは中古品を仕入れて転売していることになるので、古物商許可が必要となります。

物自体は新品そのものでも、小売店から直接買ったものか、間で誰かが取引したものかで、新品とみなされるか、中古品とみなされるかが変わってくるのです。

古物商許可がなくても、新品に限定すればせどりをすることができます。
しかし、法律での新品の定義を理解していないと、うっかり違法な取引をするおそれがあるので、注意しましょう。

中古品のみの転売でも古物商許可は必要? まとめ

中古品のみの転売でも、古物商許可は必要です。

古物商許可は、転売する中古品を仕入れるための許可なので、むしろ、中古品の転売にこそ古物商許可が必要です。

古物商許可を取らずに転売するために中古品を仕入れると、3年以下の懲役または100万円以下の罰金もしくは両方を、科せられる可能性があります。

古物商許可の申請書類の準備は、行政書士に頼むと簡単に進められるので便利です。

新品の転売には古物商許可は不要なので、新品に限定すれば古物商許可を取っていなくても、せどりをすることができます。

ですが、法律での新品の定義を理解していないと、うっかり違法な取引をするおそれがあるので注意しましょう。

当サイトおすすめ 【取得率100%】古物商許可専門のトラスト行政書士事務所
https://kobutsudaikou.com/
古物商許可取得がネットで完結!トラストなら即日着手&古物営業に必要な特典付き(15,000円相当)

こちらは、これから許可を取得したい、取得すべきかどうか迷っている方向けの窓口です。
古物商許可の取得以外に関するご相談や、個別具体的なご質問、書類の記入方法にご回答は致しかねます。

※ご質問はお一人様一つとさせて頂きます。

よくお問い合わせいただく内容について、以下記事でも詳しく解説しておりますので、ぜひご覧ください。

よくある質問と答え



必要書類や書類の記入方法に関するご質問は、当サイトにて詳しく解説しておりますので各記事をご覧ください。

※ 無料相談での回答によって生じる一切の損害につき、当所は責任を負いかねます。無料相談の回答(録音データ・メール・LINE等)を弊所に無断で転用することを固く禁じます。